カテゴリー「CO2温暖化説」の77件の記事

2017年10月21日 (土)

今年の日本は寒冷化、台風21号接近。かたや、カリフォルニア州は山火事でおびただしい数の街区が焼却された。

10月に入ってからずっと雨降り、気温低下が続いています。秋雨前線が停滞しているのですが。昨日一旦雨が上がり日も出たのですが、夜には再び雨が降りました。そして台風21号がだんだん日本列島に近付いています。明日22日の衆院選挙投票日には、九州に近付き、23日には列島に上陸するとか。それも伊豆半島から上陸と狙いを定めているかのようです。

超大型台風のようで、東海地方はかなりの被害が予想されます。選挙開票のころは、暴風雨真っ最中が予想されます。現在21日午後3時、小雨状態で風はありません。まるで嵐の前の静けさといった状態です。

昨日は柑橘園にある甘柿を獲りに行ってきました。昨年と一昨年は、2本の甘柿の木があるのですが、すべてハクビシンに食べられてしまい、跡形もありませんでした。ハクビシンは木登りが上手で、甘柿が大好物なのです。部農会の仲間が檻やワナを仕掛けて、駆除してはいるのですが、駆除されなかったのもいるので、9月の末に10個ぐらいまだ赤くなっていない甘柿を獲って袋にりんごと一緒に入れ、強制的に熟させたのですが、実が柔らかくなったとは言え、いまいちの味でした。今季はどうやら部農会の駆除努力のせいか、ハクビシンに食べられていなく、20個ぐらいを残して、全部獲ってきました。甘柿はちょうど良い味に仕上がっていました。カミさん大量の甘柿を前にして大喜びでした。

日本は寒冷化、カリフォルニアは温暖化なのか、あの山火事は米国史上最大だったらしいです。・・・・・・・

続きを読む "今年の日本は寒冷化、台風21号接近。かたや、カリフォルニア州は山火事でおびただしい数の街区が焼却された。"

| | コメント (1)

2017年9月 6日 (水)

8月は多雨の冷夏だった。民進党の肉食ジャンヌダルク山尾志桜里若いツバメとダブル不倫が発覚とか。

今年の8月の気象庁の予想は、こんな多雨で低温続きの気候ではなかった。それこそ気候変動枠組合意、パリ協定は正しいと自虐的に人為的気候変動を煽るはずだったのが、現実は世界中で50年ぶりの超大雨だのどちらかと言えば、温暖化とは言えない気候続きでした。さて9月に入ってどうなるか。昨年9月はこの熱海では秋雨前線の影響で雨が異常に多く、オイラの雨量計では累計で451ミリの雨が降りました。例えれば、1㎡に451L(浴槽2杯)分の雨が降ったことになります。そして10月10日まで雨降りが続きました。その結果、柑橘園の成木の下には異常に苔が発生しました。毎日ジメジメしていたのでしょう。

9月1日にあの民進党の代表選挙があり、結果前原が代表となり、早速前原は役員人事に当たり、幹事長に山尾志桜里(43歳)がよさそうだと。それを聞きつけた記者達は山尾のコメントを取ろうと山尾を追っかけました。ところがやっと見つけたら、ちょうど噂だった男とチョメチョメホテルに入って行ったと。5時間後にスッキリ出てきたと。その男の正体も割れている。それを文春砲が記事にして今週発売だと。ゲラ刷りを手にした民進党幹部連と前原、幹事長は大島に変更、さらに山尾の代表代行の話も無くなったと。文春は木曜(明日)販売らしいので、以後話がネットでも盛り上がりますね。民進党は昨年9月蓮舫が代表になって以来・・・・・・

続きを読む "8月は多雨の冷夏だった。民進党の肉食ジャンヌダルク山尾志桜里若いツバメとダブル不倫が発覚とか。"

| | コメント (4)

2017年7月18日 (火)

-地表は常に動いている。気候も常に変化している。人為的気候変動説は未だ信用出来ない

オイラの地域は7月4日の夜中に大雨が降って以来、一切雨降りがありませんでした。連日真夏日で、2か所ある柑橘園の約60本ある苗木と幼木が、水が欲しいよと妄想で聞こえてきました。そこで13日と14日に重い腰を上げて、灌水(水遣り)をしました。毎回ですが、午前中は事務所でCAD設計やネット閲覧、昼食後一休みで2時半ぐらいから行動開始です。軽トラに300L入りのタンクに水満杯、これを現場に運びエンジンポンプで灌水をします。

Cimg0017_r Dscn8168_r

1か所で300L×2で600L、2か所ですから1,200Lを要しました。苗木1本当たり約20Lってところです。ホースに繋がった噴霧棒を地中に突き刺し、地中にしっかり水を流し込みました。このまま10日以上雨なし晴天が続くと、再度灌水ということになります。結局・・・・・・・・・

続きを読む "-地表は常に動いている。気候も常に変化している。人為的気候変動説は未だ信用出来ない"

| | コメント (0)

2016年1月27日 (水)

大寒波襲来。おいIPCC、NOAAよ!人為的温暖化説ってインチキじゃないのか?さらに習キンピラよ!AIIBってインチキ投資銀行じゃないのか?

1月23日~25日は、大寒波が訪れ西日本から北日本、さらに南日本まで気温は急速に下がり、各地は猛吹雪に見舞われたそうだ。しかし、ウチら熱海や伊豆半島、関東南部は、太陽の光が眩しいほどの晴天だった。この傾向は太古の昔から変わらぬ地理的なもので、徳川が関東平野の江戸に幕府を構えたり、さらに明治になってから都としたのも、気候的条件が良かったからだろう。もちろん他に理由は様々あるにしてもだが。

今回の大寒波は、台湾や東南アジアまで巻き込んだと。

猛烈寒波】台湾でなぜ死者続出?2016.1.26 20:09

台湾を23~25日に襲った寒気の影響で、低温が原因とみられる死者数は85~90人となった。中央の消防当局の公式統計ではなく、各県市の消防が独自に「低温が原因」と判断したものを地元メディアが集計したもので、多くは高齢者の心臓や血管の疾患が悪化したとみられる。死者が急増した背景には、記録的な寒気の強さに加え、台湾の各家庭に暖房施設が十分、普及していないことがありそうだ。・・・・・・・

昔「南の島に雪が降る」という戦記映画があったが、ニューギニアで苦闘していた日本軍兵士の仲間を少しでも慰めようと、慰安劇で舞台で雪を紙吹雪で降らせ、いつ日本に帰れるかも分からない兵士仲間に夢と希望を与えるためだった。たとえ空しい夢と希望であっても。

奄美大島では115年ぶりの雪だったと。他も数十年ぶりの地域が多かったと。・・・・・

続きを読む "大寒波襲来。おいIPCC、NOAAよ!人為的温暖化説ってインチキじゃないのか?さらに習キンピラよ!AIIBってインチキ投資銀行じゃないのか?"

| | コメント (0)

2015年4月 9日 (木)

今季北半球は温暖化というより、寒冷化だった。CO2排出による温暖化への疑問沸騰になってきました。しかし、今年12月のパリCOP21の頃は忘れさせられているかも!

7日のBSフジのプライムニュースでは、「日韓首脳”会話”虚実 教科書検定と価値共有」というのを寝ながら、録画をCM飛ばしで見たのだが。日韓議員連盟幹事長の河村建夫と、世宗研究所日本研究センター長の陳 昌洙(チン チャンス)。陳は韓国問題のエキスパートと言われていると紹介され、彼を何回もテレビで見たとがある。  04/07/2015の放送

番組の終わりのほうになって、ウトウトしながら観ていたのだが、最後の数分、視聴者から質問で、「ベトナム戦争当時の韓国慰安婦問題や朝鮮戦争当時の慰安婦問題に関してどう考えるのか?」についてこの陳は「初めて聞いているのですが、慰安婦とは言えないのですが、大統領も謝罪しています」と。再度朝鮮戦争当時の韓国慰安婦について聞くと「それは初めて聞いた話ですが、国内ではあまり議論にはなっていないです」だって。こいつ空っとぼけて言いおった。昨年6月に韓国で元慰安婦122人が提訴して裁判中だろうが。なにが日韓問題のエキスパートだ!都合の悪いことは聞こえないふりをするのと同じだね。この地位にある人物がこれだから、まぁどうしようもない。

Lmknjhy こいつのツラを晒しておきます。

さて、久しぶりに気象についての話です。・・・・・・

続きを読む "今季北半球は温暖化というより、寒冷化だった。CO2排出による温暖化への疑問沸騰になってきました。しかし、今年12月のパリCOP21の頃は忘れさせられているかも!"

| | コメント (0)

2015年1月 6日 (火)

IPCCと国連は人為的CO2に因る世界温暖化だと。しかし実態はそうではなかろうが!

このブログでもさんざん扱ってきたのだが、あのIPCCの発表する世界温暖化、またそれは人間文明が排出する温暖化ガス(主にCO2)が最大の原因だという説についてなのだが。たしかにIPCC(気候変動に関する政府間パネル=Intergovernmental Panel on Climate Change)がその都度出してきた様々な統計とそれに寄る将来予想のグラフを見ると、今年は第5次評価報告書(AR5)が発表され、さらに確定的な結果が来ると。

これについての真偽は、専門科学者の中でも未だに賛否両論が続いているが、何と言っても国連がバックアップしている方が、カネや情報力が強いわけで、IPCCの説が支持されている。オイラもう面倒くさいので、この件について記事にしなくなったが、当初の疑問を捨てたわけではない。

昨年のこの関係の大きなイベントは、・・・・・・・

続きを読む "IPCCと国連は人為的CO2に因る世界温暖化だと。しかし実態はそうではなかろうが!"

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

スコットランドが独立の賛否の住民投票だと。歴史的に世界の民族は離合集散を繰り返して来た。今、流れは離散の方向に向かっているのか?

今年の日本に於いての平均気温は、絶対寒冷化していると思う。メディア界はほとんど温暖化を前提として報道をしているが。中には「温暖化しているから寒冷化になる」なんてどう見ても苦しい言い訳をしている。今夏は東海と関東の海側に於いては高温が続いたが、それ以外日本全域は、雨の日が続き低温と日照不足続きだった。農業に影響は大となるだろう。また集中豪雨が多かった。これも温暖化の影響だと騒いでいるが、数千年の単位で考えて見れば、必ずどこかで集中豪雨はあったわけで、その結果大地の隆起運動を除けば、山は常に土石流・土砂崩れによって、段々低くなって来たのだ。もちろん数千年掛けてだが。また今よりとてつもない温暖化期もあった。そのころ人類はCO2の排出は火を起す程度ぐらいしかなかったのだが。

最近過去の遺跡や地質を調べて分かったことは、寒冷期に入る前の数十年間は、雨が異常に多かったことも発表されている。また、気象に影響を及ぼす、海水温の温度の高低も、地球全体の海底地質のマントルに依る地熱の影響、つまりイメージとして海水の入った釜が熱くなったり、冷えたりが原因の一つではないかと言う説もある。但しこれは現在の科学技術では海底の温度の、平均に関しての調査・統計・解析が出来ないそうだ。

さて本題

今月9月18日には、あの英国本土の北部、スコットランドの独立の是非を問う国民投票が行なわれる。果たしてどうなるのか?・・・・・・・・

続きを読む "スコットランドが独立の賛否の住民投票だと。歴史的に世界の民族は離合集散を繰り返して来た。今、流れは離散の方向に向かっているのか?"

| | コメント (0)

2014年2月15日 (土)

このブログでは、人為的温暖化説は温暖化詐欺だと今も思っています。

先週に続いて、昨日14日はまた関東は大雪になった。東京で積雪27cmとか。やはり45年ぶりになるらしい。熱海市の地域でも特にここ多賀地区は、雪に恵まれない特殊な地形をしているらしく、宇佐美・伊東そして熱海中心部で雪が降っても、ここは雨。これ歴史的にそのようだ。オイラ小学校時代を顧みても、後背地の山には降っても、ここに降ったという記憶がない。ただ全域そうだったように風が強かった。

なんでも、箱根・甲府・山梨はもちろん大雪だったが、積雪は観測至上初めての120年ぶりだったとか。もちろんこれをもって、地球温暖化は嘘だとは云わないが、米国の中央から東地域(ニューヨークなど)は、やはり珍しいほどの低気温と大雪に見舞われていて、毎年例の温暖化説を信じる人は少なくなってきているとか。

ただ、人間が排出してきた温室効果ガス(CO2)がどんどん増えてきているのに、IPCCの説の温暖化は比例して上昇するのではなく、1998年頃から上昇はほとんど停滞していると。むしろ間氷河期である中で、逆に地球は寒冷化して行きつつあるのではないのかという説が多くで聞かれるようになってきた。温暖化説の専門家に云わせると「地球は温暖化したので、地球は寒冷化している」なんて、詐欺同然のトンデモ論まで出まわっている。・・・・・・・

続きを読む "このブログでは、人為的温暖化説は温暖化詐欺だと今も思っています。"

| | コメント (0)

2014年2月 9日 (日)

昨日の東京大雪は、45年ぶりの積雪だった。果たして温暖化は真実なのか。そんな東京で残雪の中投票日。舛添が勝ったら、また再度知事選になるかもしれない。

昨日は、東京では27センチの積雪となって大混乱だったらしい。これ1996年の45年ぶりだったと。オイラそのころ新宿の十二荘(淀橋)に住んでいて、その日の夜同じような積雪だったことを思い出す。ちょうど住宅街に坂道があり、スキーの板を持ってそこまで歩き、スキーを楽しんだ。その翌年の1997年11月に第3回気候変動枠組条約締約国会議(地球温暖化防止京都会議、COP3)が開かれ、CO2削減の方針が決まった。

それから45年たっても、温暖化なんてしていないと思うのは素人だからか?日本だけじゃない、今季は米国中部・東部はこれまでにないほど寒冷化したようだ。逆に僅かな差で米国アラスカは暖冬、数年前激寒だった欧州西部は暖冬、シベリアは激寒とまぁ、年度によって、温暖、激寒が動いているにすぎない。

いまでも、IPCCはCO2(温室効果ガス)の増加で、世界的に温暖化していると主張しているが、それとは違う調査結果では、2000年から温暖化の増加はほとんどなかったという結果が出ている。このブログでは人為的CO2排出増加に依る温暖化というのは、捏造だとさんざん指摘してきたが。寒気団の移動は偏西風に関係して、それが大きく蛇行することに依って、今回のようなことが起きる。これ北極振動といわれるが、特に北極の寒気が弱くなると、逆に蛇行が大きくなり、猛烈な寒気もそれに連動して引っ張られるとか。・・・・

続きを読む "昨日の東京大雪は、45年ぶりの積雪だった。果たして温暖化は真実なのか。そんな東京で残雪の中投票日。舛添が勝ったら、また再度知事選になるかもしれない。"

| | コメント (3)

2013年9月25日 (水)

IPCC第5次報告書の第1作業部会の報告書が27日に公表されます。またマスゴミは大騒ぎをするのかしないのか。

暑さ寒さも彼岸までとは良く云ったもので、本格的に涼しくなりました。昨日は農作放棄地約1,000㎡を1人で草刈機を振り回し草刈りをしました。今日は草刈機でトィストをやりすぎて腰がおかしくなっている。ここは何ていう種類なのか、つる状に地面を這う葉が大きめの雑草で、その分他の雑草は抑えられていいのだが、そのつるが入乱れて幾重にも重なっている。また隣地にまで触手を伸ばしていく。まぁ、寒くなると皆枯れてしまい具合がいいのだが、ふと思うことがあり、草刈りをした。今年の10月末ごろミカンの苗木を植えることにした。

というのは、この土地の周りは住宅が建ち、宅地化されてきたので、農作放棄地は、謂わば罰則として雑種地並の固定資産税+都市計画税が掛かってくる。地価が下がってきたとはいえ、毎年十数万円だ。ここには北米式のタウンハウスを建てようと、設計図は完成しているのだが、いまさら借金して・・・・と思うようになり、ゆくゆくは処分しようと考えている。あと20年若ければ行け行けドンドンなのだが。とりあえず農作放棄地でないように、ミカンの苗木を植え、耕作すれば、固定資産税から開放される。

さて、このブログでは、数え切れないほど、”人為的CO2温暖化”怖いの世界的キャンペーンに対して、懐疑的であり、その矛盾をついてきたが、これの出元はIPCCの報告書からだ。特に2007年の第4次報告書が、人為的CO2の排出の量の爆発的増大により、世界的に平均温度は上昇して、とんでもない世界になってしまうと、アル・ゴアさんの映画でやっていましたね。それを受けて、日本のテレビも大騒ぎで煽っていた。シロクマちゃんが溺れて死んじゃよ!ヒマラヤの氷河が融けちゃうよ!ミカンは東北でも栽培できるようになる!オランダは水没してしまう!まぁ、上げ切れないほど・・・・・・

続きを読む "IPCC第5次報告書の第1作業部会の報告書が27日に公表されます。またマスゴミは大騒ぎをするのかしないのか。"

| | コメント (2)

より以前の記事一覧