カテゴリー「交際」の18件の記事

2017年3月27日 (月)

シンガポールからマラッカに娘同伴で行ってきました。マラッカは発展の途中です。 3

ホテルの客室では、タブレットにWI-FIのパスワードをセットして、日本のネット情報を見ていました。ところでテレビなのですが、シンガポールでは、まず一般のテレビチャンネルで国内ニュースとCNNやBBCをみることができました。チャンネルをどんどん進めて行くとFM放送に変わり音だけになりました。

CH10だったか、NHKのニュース特集番組をやっていて、昨年までブラタモリに出ていた、桑子真帆と男性がキャスターをしていました。この番組は日本にはなく、海外用かも知れません。

シンガポールのテレビ事情

シンガポールでテレビのチャンネルをひねると、英語有り、中国語有り、マレー語有り、と様々な言語が耳に飛び込んできます。シンガポールならではの多言語放送の世界です。 とはいえ、日本に比べると非常にお堅いお国柄。暴力的なシーンやヌードなどの性に絡んだシーンは、すべて国が事前に検閲してカットしています。 ちなみに、シンガポールのテレビの受信方式は、日本のNTSC方式とは異なるPAL方式です。 シンガポールのテレビ放送は、合計7チャンネルありますが、場所によっては、シンガポールに隣接するマレーシアのテレビ放送(TV Satu、TV Dua、TV Tiga)も受信できます。

フジ坊の話では、特別契約をすれば、もっと日本のTV番組を観ることが出来るらしいです。NHK地上やBSなのですが。またマラッカはもっと見れるチャンネルは少なく、テレビで例の金正男の暗殺事件についての情報は少なかったのではと思いました。もちろん新聞がありますからね。

最後の3日間は、シンガポールからリムジンバスで、国境(入江)を超えて、マレーシアのマラッカに行きました。・・・・・・・・

続きを読む "シンガポールからマラッカに娘同伴で行ってきました。マラッカは発展の途中です。 3"

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

シンガポールで前回なかった見学と体験です。 2

シンガポールの続きです。

シンガポールには、国民の74%が華人(中華系)、マレー系が14%、インド系(印僑)が7.9%、その他が1.4%だそうだ。華人を今の中共系と解釈しがちだが、ご先祖は数百年に渡って中国本土の様々な地域から集まってきた混在民族で、言語も福建語、客家語など、いわゆる閩語(びんご)が入り混じっていると。

閩語(びんご)とは、シナ・チベット語族、シナ語派の言語の一つあるいは一群である。 中華人民共和国の福建省、広東省東部及び西南部、海南省、浙江省南部、中華民国、シンガポール共和国、マレーシア、タイ及び各国の華僑・華人の一部の間で使用される。

勿論正式な中国標準語(北京語)を習っている人もいるだろうが、一般的ではない。中共本土でさえ、方言を通り越して、別の言語と云える言語が入り混じっている。使用される漢字なのだが、簡体字(中共)と繁体字(台湾・香港)に分けられるが、現在シンガポールでは簡体字が使われていました。まぁ中共からの観光客が圧倒的に多いですからね。

20150411100514 まさに今やこのシンガポールも中共からの観光客で占められていました。なんたって14億人の人口でビザが緩和ですからね。日本語の案内広告なんて存在していません。まさに世界中の観光客は中共に占められています・・・・・・・・

続きを読む "シンガポールで前回なかった見学と体験です。 2"

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

ウチの娘がシンガポール在住となってしまった。娘訪ねてシンガポールの旅 1 

シンガポール&マラッカから帰ってきました。シンガポールは、1989年に家族旅行でマレーシアのペナン島の次に寄りました。2泊ぐらいだったか。まだ超高層ビルが少なかった時代で、その超高層のホテル(スイソテル・ザ・スタンフォード)に宿泊した。窓から眼下に見える街並は旧市街地で、今回行ったマラッカのホテルから眺めた街並みとよく似ていました。暗闇の中、一つポツンと「KONICA」のネオンサインが目に入りました。次に行ったのは、セーリング・ヨットのクルーの仲間のフジ坊と仲良くなり、彼はシンガポール女性と所帯を持ち、二人の子供を持ち、シンガポールを本拠地としてる。友達の友達はオイラの友達という図々しさで、2011年11月に1人で彼を頼って5日間ほどシンガポールに滞在しました。以下その時の記事です・

23年ぶりのシンガポール。建設バブルを思わせる発展ぶりに驚きました。 2011年11月30日 (水)

シンガポールでの食卓事情と自動車と教育について。グルメのオイラにはたまらない国だ。 2011年12月 2日 (金)

旧市街地と開発地域とのアンバランスなシンガポール。それだけに面白いことが満載な国なのだ。 2011年12月 3日 (土)

今回オイラの末娘夫婦の夫(義理の息子)が、会社の赴任命令で数年このシンガポールを本拠地とした生活になり、彼の父親と長男、オイラ夫婦と合同でシンガポールに行こうということになり、楽しんできました。シンガポールは2011年の6年前よりさらに建設バブルで、公共施設もさらにグレードアップされていました。東京の銀座さえ超えた未来都市の様相でした。・・・・・・

続きを読む "ウチの娘がシンガポール在住となってしまった。娘訪ねてシンガポールの旅 1 "

| | コメント (0)

2016年9月30日 (金)

9月は雨が多かった。従妹の娘が結婚した。9月の蓮舫問題と五輪問題と豊洲問題

今日が9月の末日です。この9月は様々な注目すべきことが起こりました。まず柑橘栽培をしているオイラとすると、恵みの雨が気にかかるところですが、とにかく雨量の多い月でした。事務所前の路地庭から今キンモクセイの良い匂いが漂っていますが、その庭に雨量を測る為にバケツを置いてあります。雨量は多い日もあれば少ない日もありますが、その累計は27.8Lでした。これを1㎡当たりに換算すると451.7ミリの雨量となり、1ミリの雨は1㎡当たり1Lと云う事ですから、なんとこれは1㎡当たり451.7Lの雨量となります。約浴槽2杯分の累計雨量だったということになります。比較的に大雨から免れた日が多かったここ熱海でもこれですから、免れなかった地域は相当な累計雨量だった事でしょう。

9月11日にオイラの従妹の娘の結婚1周年パーティー(Unveiling Party)が伊東市川奈でありました。彼女幼女の頃よく遊びに来て、ウチの娘達ともよく遊びました。オーストラリア人とのハーフなのですが、すっかり美しいレディーになりました。旦那はイタリア人なのですが、もともと家系代々が弁護士で、現在ロンドンのシティーにあるJ.P.モルガン社で法律系を担当しているとの事。昨年結婚式はスペインのバレンシアの海岸の沖合に浮かぶイビザ島で挙げた。なぜここで?と訊いたら、ちょうどこの島に保養で来たら、彼女が音楽ライブに出演していて、そこから発展したそうだ。そうそう彼女は、ロンドンのソーホー地区を拠点にしたシンガー・ソングライターなのです。2013年にロンドンに行った時、連絡が取れなくて会えなかった。ソーホー界隈はウロウロしたのですが。

Dscf4643_r

旦那はイタリア人らしく、明るく朗らかで、オイラが近くに座っている彼の席にワイングラスを持って、昔馴染んだカンツォーネ(チャオチャオ・バンビーナ)を唄いながら行くと、彼は立ちあがって陽気に乾杯(チンチン)で立ち話。敬意を表してオイラに対して目線を合わせるように立ちあがったままでの会話だった。これアチラの礼儀のようだ。時間を置いて、次の唄”ボラーレ(Volare)でも同じようにやった。彼イタリアの名曲なのでさらに陽気になった。congratulations!です。

時事問題に関しては・・・・・

続きを読む "9月は雨が多かった。従妹の娘が結婚した。9月の蓮舫問題と五輪問題と豊洲問題"

| | コメント (0)

2016年3月 7日 (月)

Excel2007以上でなければトラブル発生。農地法が昨年一部改正されました。部農会の研修旅行に行ってきました。

前記事のように、確定申告書の作成の開始をしたのだが、今ストップしています。ソフトは”Excel確定申告”なのですが、途中まで入力はしたのですが、トラブルが発生です。ファイルの一部が起動しなくなりました。さまざま調べたのですが何を試しても解決には向かいません。それで再度ダウンロードサイトを調べてみました。もちろん決済が済んでいて、プロテクトキーが送られ、保護を外してあるのですが。EXCEL確定申告H27

やっと原因が分かりました。2009年に古いPCから新しいPC(W.vista)にしたのですが、以前から使っていたマイクロソフトの「Office2002バージョン」を持っていたので、それを継続して使うことにしました。というのは最新Office自体が高額なためです。2007バージョンが当時たしか3万円前後だったように記憶しています。まぁ時々Excelを使うくらいだから、これでいいやと。ともかく昨年までは、このソフトでも順調でしたから。

しかしこのソフトの注意書きに「本ファイルはExcel2007/2010/2013に対応しています。」と。つまりこれを2002バージョンで動かしていたというと。トラブルが発生して当たり前状態だ。そこで、慌ててOfficeをアマゾンで調べてみたら、vistaでOKの連携ソフトではあるが「KINGSOFT Office 2013 Personal」 がなんと3,000円以下であるではないか。すかさず注文して今それが到着するのを待っているところです。当時将来バージョンアップをしなければと思っていたのですが、すっかり忘れてしまっていました。これでExcel・Wordなど全て2013バージョンとなります。

昨日日曜日は、ウチの地区の農業者の集まり「部農会」の研修旅行?に行ってきました。これ農業者でないと知らない組織です。・・・・・

続きを読む "Excel2007以上でなければトラブル発生。農地法が昨年一部改正されました。部農会の研修旅行に行ってきました。"

| | コメント (0)

2015年12月21日 (月)

土日は横浜でセーリングとヨット仲間との忘年会、そして45年前からの付き合いのポン友と過ごしました。

土日はクルージングヨット内1泊で、横浜に行ってきました。このブログで時々紹介する「オジイの帆掛け舟がやって来たーあ」の母港”横浜ベイ・サイド・マリーナ”です。このマリーナの規模は日本一だそうです。近くの駅は横浜シーサイドラインの鳥浜駅。ここから徒歩5分という便利な場所です。ハマ坊が近くの新杉田駅に午前9時半ごろ迎えに行くというので、熱海駅から80数分掛けて到着しました。そこからハマ坊の車でマリーナの駐車場へ。

マリーナは三井アウトレットと併設されていて、そこを通り過ぎてマリーナへ。噂には聞いていたが、さすが日本一と言われるだけの規模だ。オイラも海外旅行で数々のマリーナを見学したが。一つに纏まっている規模では世界に誇れるマリーナだろう。バンクーバーのウォーターフロント、豪州のゴールドコーストとサンクチュワリーコープ、イスタンブル、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフ、フロリダ半島の両海岸、ハワイ、今年行ったキーウェスト群島など海好きには堪らないマリーナを多く見てきた。世の中には金持ちが多くいるものだ。

このマリーナなのだが、全体を見ると・・・・・・・・

続きを読む "土日は横浜でセーリングとヨット仲間との忘年会、そして45年前からの付き合いのポン友と過ごしました。"

| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火)

サト坊に引かれて、安曇野のハマ坊のところに行ってきました。のどかで素晴らしい場所でした。

時々、このブログで紹介する、オジイのヨットクルーズなのだが、常連のハマ坊は安曇野に住んでいて、ヨットクルージングする時はこの安曇野から中央高速を飛ばして、母港の横浜ベイサイドマリーナまで来る。大抵夜中吹っ飛ばして来るようだが。まぁすこぶる元気だ。ハマ坊とは都立青山高校の時の同級生で、10年前後前に各クラス合同の同期会で再会した。

彼はヨットを大学時代からやっていて、その後”三越”に就職してからもヨットを続けていると。その後50歳で三越を退職して、なぜか”はんこ製作”の自営業者になり、諸般の事情でバブル期、安曇野に家を建てそれでもずっとヨットをやっていると。

オイラはヨットではなく、38歳前後からパワーボートの会に入って海フィッシングを続けていた。まぁそこで海に関して共通項があって、再会以後交際を続けていた。そして、ここ4年前後伊東や熱海に寄港するときはオイラが面倒を見るようになった。まぁ彼のヨット仲間とも仲良くなった。

そんな関係でいたのだが、安曇野に一度来いと何度も言われたが、熱海からだと車で4時間は覚悟だ。以前はスキーに家族や友人と数えきれないほど、信州方面は通って行ったのだが、このごろは長時間一人で車の運転は好きではなくなり、ペンディングにしておいた。・・・・・・・

続きを読む "サト坊に引かれて、安曇野のハマ坊のところに行ってきました。のどかで素晴らしい場所でした。"

| | コメント (0)

2014年12月22日 (月)

ある高級官僚の死に対面しました。近親者が増えることは嬉しいですが、その分様々な人生にも対面します。

昨日は、東京の四谷で近親者の葬儀の一日でした。10月13日に彼の妹の27回忌で、最後には、彼が取っておきの、鹿児島の幻の焼酎”古八幡(いにしえはちまん)”といわれている一升瓶を数本持って来て、とうとうその一升瓶をも二人で空けてしまいました。彼は珍しい酒を集めて、皆に振舞うのが大好きでした。帰りの新幹線は少しフラフラでした。

そして1ヵ月後、彼の長男の結婚式の4日前に、夜中に突然逝去となりました。息子以下90歳の母親もそのことには触れず(病気を口実に)盛大な結婚式をやり遂げたそうです。享年60歳でした。メタボでもなく、日ごろ水泳などで体には気を使っていたのにと。あまりに突然で知らせを受けたときには、信じられませんでした。 合掌   ・・・・・・・・・

続きを読む "ある高級官僚の死に対面しました。近親者が増えることは嬉しいですが、その分様々な人生にも対面します。"

| | コメント (1)

2014年7月29日 (火)

毎年恒例、海の彼方からオジイ満載で帆船がやってきた。「天気晴朗なれど、風・波高し!」

またまた、恒例となっている「海の彼方から、オジイ満載の帆船がやってきた」なのだが。26日に伊東マリンタウンにある”サンライズマリーナ”に。横浜のマリーナから出発して、三浦半島三崎港で一泊して、そこからここのマリーナに午後3時頃到着した。オイラ自宅から車でここに来て出迎えた。自宅からここまで、車で約20分。伊東は熱海のお隣だ。

着いたら、既に着岸停泊していた。ボヘミアン号

(以下画像上クリックで拡大)

Dscf2932_rここは、午後3時より一泊で停泊料金は約1万円。水道も桟橋に設けられていて、海水を真水で洗える。まぁ、どこでもそうだが。

船に人影がなく、乗り込んでみると・・・・・・・

続きを読む "毎年恒例、海の彼方からオジイ満載で帆船がやってきた。「天気晴朗なれど、風・波高し!」"

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

夏が近づいたので,船をドックに入れて整備です。長く船に乗らないとなんか億劫になってしまって。

今日は仲間と共有の船を整備のため、熱海港からアタミ・マリーナまで操船しました。海係留の船の場合には、最低限年一回は船底塗料塗装、ドライブ周りの貝の撤去、電蝕予防の鉛板の交換をしなくてななりません。この船のエンジンの場合冷却水(海水)をドライブから吸い込んでエンジンを冷却しているので、その吸い込み口に細かい貝が付いて、吸い込みが悪くなると、オバーヒート気味になり、最悪エンジンが動かなくなることもあります。車でのラジエターのオバーヒートと同じです。

昨年は、手違いがあって結局それをやらず、ほぼ2年ぶりということに。午前10時に港で仲間1人と合流して、新メンバーの彼に操船を教えながら出航。まぁ、ボロ船(約30年経過)なので贅沢は言わないが、さすが多分船底にもドライブにも貝がびっしりついているようで、最高2,500回転はするのに、1,700回転ぐらいしか出ません。ちょうどのんびりトロールをしている時のスピードです。

オイラは昨年は、7月に1回乗ったのだがスルメイカ狙いが、まったく坊主で、獲物を変え伊豆山沖でトロールしたら、ゴマサバ20本前後いったのだが、それ以来船は出していなかった。仲間もほとんど乗らず、そのまま係留しっぱなしだった。新しいメンバー募集中なのだが、景気が悪いのかなかなか難しい。今会費を払っているメンバーは8人ぐらいしかいない。いかがですか?・・・・・

続きを読む "夏が近づいたので,船をドックに入れて整備です。長く船に乗らないとなんか億劫になってしまって。"

| | コメント (0)