カテゴリー「中国」の136件の記事

2018年11月11日 (日)

トランプ大統領が放った中国封じ込め政策。どこまで中国が逆らうか見物だ。

先ほど、町内の真ん中を流れる加治川の河川清掃に行ってきました。この川は幅が6mぐらいの川ですが、両石垣に雑草が成長し、景観上、防災上から年2回町内会総出で清掃をします。ウチの町内会は11組ぐらい小分割されていて、オイラの組は位置的に海側から最初の1組です。川上から順番に清掃してきて、それに応じて、各組担当の開始時間が決まっています。いわゆるイメージ的にはリレー清掃です。ウチの組で20名程。全体では100名前後の参加と推定します。まぁ「猫の集会」的要素があります。

さて、本題

やっと、米国の中間選挙が終わりました。上院は共和党、下院は民主党が抑えました。これでしばらくは「トランプは中間選挙勝利の為に・・・・・」という言説は消えました。日本と米国は政治システムが全然違うので、日本の常識と米国の常識はまるっきり違います。施政権のある大統領制(米国等)や施政権のない大統領制(ドイツ等)と日本・英国のような議院内閣制は、二院制でも天と地ほど違います。ですから日本人の感覚ではびっくりすることが多いですね。例えば、大統領の弾劾制度は、下院で可決しても上院で2/3の賛成がなければ、実行できません。この弾劾の件は余程のことがない限り、民主党も諦めるでしょう。日本で言えばロシア疑惑はモリカケ疑惑のようなもの。

だいたい・・・・・・・・・・・・・・

続きを読む "トランプ大統領が放った中国封じ込め政策。どこまで中国が逆らうか見物だ。"

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

米国と中国との対立は、中国が両手を挙げない限り相当長く続くだろう。これからどんどん中国に不利な情報が上がってくるだろう。

テレビの番組で知ったのですが、関東周辺では、1年の日照時間で、もっとも短いのが9月で、その次が10月だそうです。これは度々やって来る台風や秋雨前線(曇り日や雨日)で、日照が遮られることが多いので、月平均の日照時間が他の月と比べ短くなるそうです。まぁこれらの影響が、果実作り、野菜作りに影響を及ぼします。

さて、世界は中東動乱が少しづつ収まりかけています。あの過激化組織IS(イスラム国)は2014年ころから跳梁跋扈して、中東地域で残虐なテロ活動を行いました。国と国との戦争ではなく、残虐な犯罪行為をし続けて、それをインターネット上で公表し、目も当てられないほどの残虐な殺戮を何度も見たものです。彼らを裁いてなんてことは出来ないわけで、結論は彼らを皆殺しにするしかないでしょう。そうです、蚊を殺傷するように。それにしても、シリアのアサド大統領は、国のトップとしてかなり責任はあるはずなのですが、医者上がりの素人が政治家になると、こんな顛末が起こるのでしょう。

さて、世界は次のステップに移ろうとしています。習近平の共産党独裁政権にいままで我慢してきた国々、特に一番利害関係の大きかった米国が、トランプになって猛然と反抗体制を整いつつあります。・・・・・・・・・・・・・・・・

続きを読む "米国と中国との対立は、中国が両手を挙げない限り相当長く続くだろう。これからどんどん中国に不利な情報が上がってくるだろう。"

| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

いよいよ、中国の体制が傾いてきた。トランプは歴代大統領が手を拱いてきた中国懲らしめを加速している。

10月に入り、台風25号(ウチら地域は影響なし)が去ってから、残暑絡みですが、10月らしい気候となりました。7月8月と真夏日、猛暑日が続き、9月になると、大雨が続き、9月のオイラの雨量計では累計544ミリも雨が降りました。今季裏年(果実が成らないか少量)の木や若木に夏秋梢(かしゅうしょう)が例年より多く生い茂り、ここ連日、午後から夕方まで、夏秋梢剪定(夏剪定)に追われています。

裏年の柑橘の木や若木は果実が極端に少ないので、その分の養分が枝の成長の方に行きます。夏の多日照、高温がそれに拍車を掛けます。急速に太枝から直線的に上に伸び(長いもので約2m)また曲がりくねっていて、慣れればひと目でわかります。この枝は成長させても果実を付けませんし(例外あり)、果実をつける梢(こずえ)も出ません。将来曲がりくねった小枝になりますし、果実への日照や通風を遮ります。ですから10月中旬には、枝分かれのヶ所で、ばっさり切断をします。その処理をした枝葉は相当な量になり、乾燥させて半割ドラム缶で焼却します。

また、9月時点で一部の木ではサビダニが大量発生し、サビ色のミカンが全体の40%や、ネーブルにはかいよう病が発生した木もあり、急遽それを退治する薬剤で防除をしました。多分これは今年の気候が原因だと思いますが、隣地の畑主が雑草を伸ばせ放題で長期間そのままでしたので、病害虫が風で流されてきたのかもしれません。

さて、本題です。

中東問題も峠を越し、なんとか収束しつつありますが、といってもイラン問題はこれからどうなるか分かりませんが、トランプはイランに対して兵糧攻め攻撃を仕掛けています。ここに来てクリントンやオバマがきれいな言葉で逃げてきた対中国に対する本格的な武力でない戦争をトランプは本気で仕掛けてきたようです。・・・・・・・・

続きを読む "いよいよ、中国の体制が傾いてきた。トランプは歴代大統領が手を拱いてきた中国懲らしめを加速している。"

| | コメント (1)

2018年8月24日 (金)

きな臭くなってきた国際情勢、習近平の中国、いよいよ黄昏を迎えるのか?経済は完全に行き詰っているかのようだ。

昨夜、四国の徳島⇒兵庫を通過した台風20号は日本海に抜け、今日はまた真夏日、猛暑日となった一日でした。ここ南熱海では、自家製雨量計では122ミリの雨量でした。まぁ柑橘類の育成にはちょうど良い台風でした。テレビで観たのですが、あの淡路島の風車塔、風速60mにも耐えられるはずだったが、今回の38mで根こそぎぶっ倒れた。素人が見ても、あの基礎構造のお粗末さに気づくはずだ。構造計算と設計の間違い?、施工の間違い?地盤調査の間違い?とにかく、どこの設計事務所、どこの施工会社がやったのか、開示してほしい。認可した役所もだ。

Dl4aauyzs

国際情勢に目を移すと、米国トランプ大統領は、数十年に一度のデカイ台風のようなもので、世界はまさに翻弄されています。そしてその台風の目は、共産党独裁国家である中国に襲い掛かっています。中国は、2001年WTO(世界貿易機構)に加盟して、その好いとこ取りの運営で、2010年にはGDPでは日本を抜き、世界第2位となり、現在は日本の2.5倍のGDPだと云われています。

軍事費を膨大に膨らませ、睨みを効かせ、先進国の知的財産を盗み、国内産業を後押しし、南シナ海に人工島を造り、それを堂々と軍事基地化し、AIIBで一帯一路戦略で、悪徳貸金業のように、どっさり余分に高金利で貸付け、返済できなくなれば、その現場を押さえ植民地化。まぁこれは、嘗ての植民地時代、英国、オランダ、フランス、スペイン、ポルトガル、ドイツ、米国もやったことがある、スキームなのだが。まぁ、いまの時代だから派手に武力で侵略ではなく、インテリヤクザのように、融資焦げ付き担保押さえだ。スリランカ、パキスタンなどなど焦げ付き担保押さえは、どんどん増えて行く。

オバマの8年間、これはなんとかしないと、中国の横暴なやり方に世界は席巻されるとの心配があったのだが、口先番長のオバマは、何も出来なかった。そこにトランプが戦車に乗ってやってきた。・・・・・・

続きを読む "きな臭くなってきた国際情勢、習近平の中国、いよいよ黄昏を迎えるのか?経済は完全に行き詰っているかのようだ。"

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

日本列島は線状降雨帯が停滞。オウム死刑執行TBSも共犯だろうが。トランプついに米中貿易戦争に突入か?

関東圏を含むウチの地域(熱海)は6月29日に梅雨明けだとTVでは観測史上初めてだと大騒ぎだったが。ところが台風7号が発生して北上し、それに刺激され日本列島は線状降水帯に見舞われ、数日前から大変な豪雨と降水量に見舞われています。梅雨前線も列島に停滞しているようです。特に四国はここ数日で1000ミリという膨大な雨量を記録しています。各地では被害続出のようです。

旧友ポン太君が四国の南国市に住んで、退職後の楽しみで自分の畑でいろいろ栽培しているとのこと。Facebookのメッセンジャーで安否を訪ねたのですが、まだ返事がありません。ウチの地域はこの間予報では大雨なのですが、実際は大した雨量にはなっていません。現在6日の午後3時で、雨はパッタリ止んでいます。明日と明後日は町内会の祭りが予定されていますが、降水確率が50%前後、さてどうなることやら。

こんな中、速報が入りました。オウム真理教の麻原彰晃とほか6名の死刑が午前に執行された。平成7年5月の逮捕から23年目です。当時からテレビで何度も見ているので、他の6人も名前を聞いただけで顔が目に浮かびます。この件にはあのTBSが大きく関わっていました。これについて、現在参議員で、当時TBSのアナウンサーだった杉尾秀哉が、・・・・・・・

続きを読む "日本列島は線状降雨帯が停滞。オウム死刑執行TBSも共犯だろうが。トランプついに米中貿易戦争に突入か?"

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

平昌五輪以後、急速に朝鮮半島の事態が高まって来た。特に先週から今週に掛けて目まぐるしく事態が進む。

米朝首脳会談を控えて、先週から今週は、様々な動きが集中しました。3月に行なわれた初の中朝首脳会談。金正恩は平壌からトコトコ鉄道で北京まで習近平詣。まぁ大歓迎を受けたわけだが、さらに今月7日~8日にまた今度は、平壌から大連まで空路で習近平詣。お互い何を会談したのか、詳細は曖昧だ。

ポンペオはCIA長官の身分で4月に極秘裏に北朝鮮を訪問し、金正恩と会って折衝をしている。彼は北朝鮮の事情は知り尽くしていて、更に北朝鮮には強硬派だ。きっと金正恩は震え上がって、習近平の庇護を求めるために、初北京詣をしたと見る。ポンペオはその後議会の承認を得て、ティラーソン国務長官更迭後の後釜に座っている。金正恩追い詰め作戦の実行隊だ。そして、9日の今日、再度北朝鮮を訪問して実務的な折衝を行っている。3人の米国人の人質を奪還するとの話も出ている。

国内では、9日の今日に、日・中・韓の首脳会議が行なわれて、三者会議の他にそれぞれ二者会議も行なわれている。夜にはその結果が会見されるだろう。建前は経済問題だろうが、北朝鮮問題が主題であろう。その前に安倍総理は4月17・18日にフロリダでゴルフも交え、トランプ大統領と数回の会談を行った。ともかく北朝鮮の金正恩は、何とか核兵器と化学兵器を温存しながら、小出しに規制緩和と経済援助を引出し、以前数回やった居直りで、また核兵器、ミサイルを使った恫喝で我が意を得ようとしているのがミエミエだ。・・・・・

続きを読む "平昌五輪以後、急速に朝鮮半島の事態が高まって来た。特に先週から今週に掛けて目まぐるしく事態が進む。"

| | コメント (0)

2018年2月 2日 (金)

中国ではいまや電子マネーでモバイル決済が全盛となっている。

中国には過去何度も行ったことがある。2000年には、ある日本企業の設計顧問として上海で約4か月程滞在した。その後、高校時代のポン友が、中国で製品を作らせ、それを日本に輸入する事業をしており、毎月半分以上は中国内にいると。そこでオイラちゃっかり、連れてってよと。

2006年~2012年にたしか4回ぐらい中国内数カ所見学滞在をした。ところで、中国での貨幣の最高額は、あの毛沢東の顔が写った100元紙幣だ。日本円換算で1,500~1,700円前後、これが最高額紙幣だ。日本円の最高額紙幣は10,000円。なぜ、1,000元札を発行しないのか、高額支払いになると枚数が多くなって不便じゃないか、まぁその内500元札は発行するだろうと思っていたが、こんにちまで発行していない。

レジで支払うとよく100元札をかざしてニセ札かどうかチェックする場面が多かった。聞くと常にニセ100元札が出回っていて、店側はチェックを必ずするそうだ。特に外国人の支払いは。また、賄賂や不正資金には、持ち運びに不便な、その枚数が多くなるように、最高額を100元止まりにしていると聞いた。

しかし、今や中国では、現金のやり取りではなく、スマホを使った電子マネーが全盛となり、ほとんど現金のいらない世界となっているようです。・・・・・・

続きを読む "中国ではいまや電子マネーでモバイル決済が全盛となっている。"

| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

達成感を次々感じる人生を。国際的規模の詐欺錬金術師、その名は習近平主席様だ

自分の有限会社の法人確定申告を完成させ税務署に提出しました。もちろん赤字決算なのですが。それでも県と市に均等割額分、計71,000円を書類作成し提出し、納税をしました。あとを継ぐ者もいないし、そろそろ店仕舞をしようかと思っていますが、なかなか踏ん切りがつきません。そして財務諸表ソフト・確定申告ソフトを使って申告書類を完成させる過程を結構楽しんでいます。大きな達成感が得られます。

一見面倒くさいことでも、数多くの達成感を得られる材料を持つということは、充実した人生を送ることが出来る秘訣です。まぁこれは何でも良いのです。昨日は路地庭に植えたモッコウバラが繁殖して枝が道路にはみ出して支障が出てきたので、脚立を立て大掛かりに一部残して大伐採をしました。カミさんを助手にして。伐採した枝葉は軽トラの荷台満杯でした。これ前から懸案だったのです。テラスの日当りが良くなりました。これも達成感を得ることができました。まぁ、なんといってもこのブログの記事を完成させてUPする。これも毎回達成感を感じています。

さて本題です。

現時点の世界の空気ですが。

続きを読む "達成感を次々感じる人生を。国際的規模の詐欺錬金術師、その名は習近平主席様だ"

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

いよいよ北朝鮮はあのイラク戦争前の空気になってきた。圧倒的な米国の軍事力を前に、小便を漏らしそうな正恩かな。

ここのところ、カミさんが伊豆高原にいる友人と二人でモロッコに行っているので、炊事は自分でやっています。鬼の居ぬ間になんとかも、老化現象なのかその気も起きません。次の食事の料理は何を作るか、結構煩わしいものですが少し楽しみでもあります。夫婦は将来どちらかが「お先に・・」になるわけですが、その後の練習のようなものです。今、中東が荒れていて、治安が不確実なので、少し心配なところもあります。LINEで少しばかり連絡を取り合っているのですが、今のところ生きているようです(笑)。モロッコと言えばカサブランカですね。行く前に映画「カサブランカ」を観て行けといったら、レンタルCDを借りて来て観ていたようです。オイラこの映画は過去5回以上は観ています。イングリッド・バーグマンは素敵でしたね。「 As Time Goes By 時の過ぎゆくままに」この唄はオイラのカラオケレパートリーです。

カミさんは、あと数日で帰還します。

一昨日は、今年開催予定(2年ごと)の高校時代の2クラス会(すみえ会)の打ち合わせを、小田原で行った。オイラはこの会の永久幹事になっていて、毎回担当幹事は入れ替ってもらいます。打ち合わせはそのオリエンテーションと親睦の為です。今回の担当幹事(エノ坊)は、横国理系卒業で、日立系の火力発電関連の仕事で、定年退職はしたが、その知見を生かして個人契約(自営業)として旧会社のアドバイザーをしていると。これ前々回の担当幹事(ヤノ坊)と似ている。彼は東工大理系卒業で、千代田化工だった。石油プラント建設でアフリカのナイジェリアに赴任したこともあった。同じようにその知見を生かして、自営業として旧会社のアドバイザー的な仕事をしている。だから70近くになっても現役で、忙しい毎日を送っている。隠居気分のオイラとしては焦りをちょと感じた次第だ。喫茶店で打ち合わせ2時間その後海鮮レストランで酒入りで2時間ぐらい、中身の濃い様々な対話ができて楽しい時間を持てました。

さて本題

前記事では、ちょうど米中首脳会議が始まる時点でしたが。その後、まさか米軍が地中海から、シリア空軍基地に59発のトマホークを打ち込むなんてことは夢にも思っていなかった。これ世界中がだが。・・・・・・・・

続きを読む "いよいよ北朝鮮はあのイラク戦争前の空気になってきた。圧倒的な米国の軍事力を前に、小便を漏らしそうな正恩かな。"

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

今まさに北朝鮮と金正恩は、あのイラクとフセイン大統領の時と同じ空気になってきた。トランプ様USA様存分にやってください。

米国時刻5日に、米中首脳会議が安倍総理の時と同じフロリダのトランプの別荘で行われる。その模様は今晩真夜中に行われるようだ。まさに世界は注目している会談だ。一番の問題は、北朝鮮の金正恩(刈り上げ大将)の狂ったかのような挑発に、米軍は行動起こすか?または中国の習キンピラがケツを取るのか?、はたまた共同で潰すか?の折衝をこの会談で行うことは明白だ。

トランプ氏「あらゆる軍事的能力使い守る」安倍晋三首相と電話会談  Wハウス発表2017.4.6 10:38

【ワシントン=加納宏幸】米ホワイトハウスは5日、トランプ大統領が北朝鮮による中距離弾道ミサイル発射を受けて安倍晋三首相と電話会談し、「米国として引き続き抑止力を強化し、あらゆる軍事的能力を使って自国と同盟国を守る」と伝えたと発表した。  トランプ氏は電話会談で、北朝鮮がもたらす「深刻な脅威」に直面する同盟国の日本や韓国を支えると強調。北朝鮮による核・ミサイル開発など地域の課題に関する協力を強化するため、引き続き緊密に連絡を取り合っていくことを確認した。

また、5日朝の北朝鮮のミサイル発射に対して・・・・・・・・

続きを読む "今まさに北朝鮮と金正恩は、あのイラクとフセイン大統領の時と同じ空気になってきた。トランプ様USA様存分にやってください。"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧