カテゴリー「柑橘栽培作業」の58件の記事

2019年11月27日 (水)

ダイダイの収穫と100m+25m+100mの防獣砦。日記の効用と勧め

ダイダイの収穫について

ここ一週間、25日を除いて、梅雨のようにシトシト雨が続いています。これ11月としては前回は1950年だったとか。70年前も温暖化していた?度重なる害獣被害(イノシシ・ハクビシン等)に対抗するため、柑橘園の周囲に古トタンと防獣ネット、メッシュ鉄網を張り巡らせているのですが、この雨続きで中断状態です。この防獣砦造りは今3/4ぐらい完成です。あと4日ぐらい掛かるのではと頑張っています。害獣と知恵比べです。

毎年恒例なのですが、正月用小枝つき橙の出荷を22日に果たしました。東伊豆地域は、大昔に橙の木が植えられ、大量な橙が出荷されてきました。いわゆるポン酢の材料です。柑橘類で酸っぱい、レモン・スダチ・橙・ユズ・カボスなどがその主材料です。その中でも王様が橙(ダイダイ)で、これ木に残っていても、次の年また青くなって橙色になります。だから代代とも書きます。縁起の良い果実です。正月飾りに付けたり(小枝付き)、鏡餅の上に乗せたりします。まぁ、メインはこの果実を絞って、ポン酢、醤油ポン酢にして鍋物のお供にします。ウチの柑橘園にあるのは、樹齢70年以上の木です。オイラが小学低学年の頃から実っていましたから。これが4本あったのですが、貯蔵倉庫の移動で2本伐採したようで、現在2本です。付近の仲間の柑橘園では、6本ある、8本あるなんてのが多く、それらの木には、表年で1本当たり400キロ前後採れ、今年は裏年で200キロ前後ですが、それら半分は、果実が枝擦れ、傷、病害など基準に達しないのがあり、それらは自家用を除いて、畑の一部に山盛りで捨てます。・・・・・・・・・

 

続きを読む "ダイダイの収穫と100m+25m+100mの防獣砦。日記の効用と勧め"

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

害獣被害という敵の攻防戦。今年は特に米国を中心に10月から寒波が到来、北欧も同じく。COPや国連IPCCはやはり温暖化プロパガンダのような。

やっとテナント賃借者が現れた。

ウチの長い間空きとなっていた貸家の一区画の店舗、といっても床面積19㎡ぐらいですが、引き合いがあり、見学もしてもらったのですが、どうなるかと思っていたのですが、4日に契約となりました。借り主は若い整体師で、ここで整体治療院を開設するそうです。隣に余っている車庫(リモコンシャッター付)と一緒に借りる条件で多少賃貸料を割引しました。オイラ、一級建築士事務所ですが、資格としては、宅地建物取引主任の資格も持っていて、知見がありますので、契約書も自分で作ります。そのため、賃貸するための最低限の準備施工もしました。設計だけでなく、建築施工の知見もあるので、最低限以上の必要な道具も揃っていますので。ただし内部の改装は、もちろん借り主が行います。11月中に改装をして、12月にオープンだそうです。ウチの地域でも高齢者が多く、全身を揉みほぐす整体治療(セラピー)は流行っているそうです。旅館などからお客用に引き合いも多く、また個人宅への出張も多いと言っていました。自宅が同地域の山間部にあるので、交通の便が悪く、やはり国道沿いバス停近くが良いと探していたとか。オイラ、肩こりや筋肉痛とか一切ないので、今の所お客にはなれませんが。整体師は国家資格ではなく、鍼灸やマッサージ師とは違う民間資格だそうです。今需要が拡大しているそうです。

害獣被害が多発

ウチの山間にある柑橘園ですが、とんでもない事が起こっていました。以前から時々あったのですが、多分大きな猪でしょう、まだたいして甘くなっていないミカンを喰おうと、枝に体重を掛け、下の方の中枝をボキボキ折ってしまっていたのです。あれもこれもの、成木10本程になります。すでにミカンは50キロ前後はやられているのでは。この枝を折られは栽培者にとって致命的です。2ヶ月程前(7月19日)に70キロクラスの猪が檻わなに掛かって駆除し安心していたのですが。この地区では、隣の園の入り口側に大きな檻わなを仕掛けてあるのです。その後小猪が掛かり、もしかしてその母猪もいるのではと案じていた最中でした。きっと母猪でしょう。猪は母子ともに一緒にいるのです。4月~6月が出産で、ウリ坊から成長していく最中です。地区の同じ仲間と話すと皆それぞれ同じ様な被害を受けているようです。

それで我が柑橘園を守る為、いま時間を見つけては、防護ネットを張り巡らせている最中です。幅が25mで段畑斜面が長さ100mなので、それを「蟻の一穴に」ならないように、防獣ネットや古トタンで張り巡らせるのは大変ですが、結構楽しんでやっています。まるで軍事作戦の様に。あとは、11月15日から2月末まで、狩猟が解禁されますので、地元猟友会の活躍を願うばかりですが、猟友会のメンバーも高齢化してきて、人数が減ってきたなんて話がありますが、ちょと心配です。猟では、まず犬を使って猪など追い立て、追い詰め、そこで猟銃で仕留めます。猪は臆病な動物で、昼間は藪の中に潜んでいて、夜間、それも雨降りに活動することが多いです。折れた枝には土が付いているので解ります。因みにこの地区の出没する害獣は、檻わなに掛かったのを上げると、猪、ハクビシン、穴熊、タヌキです。鹿もいますが、背丈の関係で、檻わなには掛かりません。

米国は温暖化ではなく、冷夏と10・11月は大寒波が到来とか

11月に入って、現在、事務所内の温度は18℃、外の気温は16℃(10:40)だんだん寒くなってきます。今年ウチらの地域は、・・・・・・・

続きを読む "害獣被害という敵の攻防戦。今年は特に米国を中心に10月から寒波が到来、北欧も同じく。COPや国連IPCCはやはり温暖化プロパガンダのような。"

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

台風19号の爪あとが、半端ではなかった。オイラの柑橘園でも起こっていた。

10月22日、23日に襲った台風19号、テレビ報道では未だに災害地の悲惨さを、いろいろな角度から報道をしています。オイラの地域を中心に状況を前前回に記事にしましたが。12日PM8時ごろ、台風の目が通り過ぎましたが、今回のは中心付近はそれほどの暴風雨はなく、進行前方の地域が広範囲で酷く被害を受けました。それも強風ではなく、記録的な雨量が、夥しい河川を氾濫させ、堤防決壊をもたらせました。関東一帯、静岡、長野、茨木、福島等々、未だに氾濫した河川による、泥水の清掃作業が続いています。民主党が政権を奪う前、麻生首相が、ここのところ、日本に上陸した台風なんて聞かないと言っていたように、そのころ一次的なのか、数年間上陸した台風は少なかったのです。温暖化に依る気候変動は、その原因は人為的CO2の増加だという国際的な風潮ですが、台風の発生は海水温の上昇に関係するにしても、太平洋の海水温の分布の精密な解析ができるようになったのは、近年になってからで、50年前、100年前には聞いたことがありませんでした。

あの海水温が移動する、エルニーニョ現象、ラニーニャ現象なども、30年前にはほとんど知られていませんでした。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が主導する人為的CO2が犯人説にはさて置きますが、今回の被害は、河川堤防の老朽化や、堤防建設反対運動で、最適な築造が進まなかった場所、もともと設計や施工が悪かったなどの原因で被害が大きくなったように思えます。2000年に長野県知事になった田中康夫の「脱ダム宣言」の流れ、そして2009年からの民主党政権での「コンクリートから人へ」の流れ、スーパー堤防の事業仕分け(蓮舫)、八ッ場ダム建設中止(前原)、などなどの流れが、担当する役人達のやる気を削いできたことは、間違いないでしょう。ここ100年をとって見ても、大きな台風が来なかった年が続いたり、連続で大きな台風に見舞われたりの繰り返しだったというのが事実です。年別台風記事一覧  

100年間、400年間、1000年間にも夥しい数の台風が来ているのですが、被害の詳細な歴史資料がないのです。大昔は報道も今と比べたいして発達していなく、また人権意識も低かったので、それほど大騒ぎができるような時代ではなかった。また建物も今と比べれば非常に少なく、人的被害も少なかった。川と土地は一体でした。洪水で山から恵みの肥料がやってきた状態もあったでしょう。タイの田園・畑のように。ですからCO2による温暖化が原因という言説は未だに信じることが出来ません。地球上の陸地が常に動いて、様々な現象を起こしているのと同様に、気候変動(偏西風の動き)も常に動いていると思います。毎年、事務所の前の小さな庭にキンモクセイの木があり、9月下旬には良い香りの花を咲かすのですが、今年は今、10月下旬に咲きました。1ヶ月遅れです。これは残暑が長かったことが原因なのか、キンモクセイに聞いてみたいところです。

お盆に菩提寺の住職が読経に来るのですが、・・・・・・・・

続きを読む "台風19号の爪あとが、半端ではなかった。オイラの柑橘園でも起こっていた。"

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

老後の資金2000万円騒動に見る、野党、左系マスゴミの頭の悪さに驚嘆します。

昨日、日曜日は朝8時集合で、山間(やまあい)にある、鍛治川公園を町内会と部農会のメンバーで大規模な草刈りをしました。町内会からは、担当15名程、部農会からは6名程。この部農会というのは、大昔からある全国的な組織で、その地域での農業従事者の集まり組織です。一般には各町内会ごとにあります。例として、山林を共同所有している各面々、この地の場合ミカン、中晩柑+家庭菜園を栽培している面々、耕作放棄地の所有者などが、情報交換や行政との調整、農業委員の選出、JA(農業組合)との協調などを担当しています。確か戦前までは「農業会」という全国的な国家組織でしたが、農業協同組合が出来て廃止されたのですが、各地域として細分化され独自に活動していて、年会費、JA、市、他から補助金が出ています。といっても涙金ですが。年1回総会もあります。

部農会からは、各自エンジン草刈機持参、町内会からは草刈り機組とカマで掃除組との混合。軍隊で言えば、機械化部隊と歩兵部隊といったところ(笑)。公園は各エンジン音が鳴り響いて共鳴をしていました。部農会の面々は、そこを終わり移動して、4ヶ所の農道の両側を除草をしました。一通り終わり、着替えをして近くにある”ガスト”にて遅い昼食で、打ち合わせや雑談の食事会をしました。ふと見るといつの間にかオイラが一番の年長者という時代になってしまいました。

さて本題です。

余命30年生きるとすると、貯蓄額2000万円必要と金融庁の諮問機関が報告書を出し、マスゴミ、野党は大騒ぎです。なんでも厚生年金受給者が無職で従来の生活を続けようとすると、受給額約20万円それに対して支出額約26万円で、毎月約6万円の赤字となる。その6万円☓12ヶ月☓30年で約2000万円不足するから、様々な利殖で賄うことを勧めるという指南だったわけだ。・・・・・・・・

 

続きを読む "老後の資金2000万円騒動に見る、野党、左系マスゴミの頭の悪さに驚嘆します。"

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

古希越えから始めた野菜栽培。6月になってニンニクの収穫です。事務所が農家の縁側のような光景になりました。

先程ブログの記事を途中まで作成していたのですが、新しいフォームに未だ慣れていなく、2時間掛けて作った記事を間違って削除しまったらしく、再度挑んでいます。まったくバカですが。

今日は午後から本格的に雨が降っています。4月に種を植えたトウモロコシ(ゴールドラッシュ)、枝豆、また株植えしたアスパラガスとミョウガなどちょうど育成期なので、数日に一度は水遣りをしてきました。まぁ、たっぷり雨が降りそうなので一安心というところです。昨年秋に植えた小松菜、九条ネギ、小カブは立派に役目を果たし、我が家の食卓に登りました。山間にある柑橘園での作業の帰りに、ここに寄って見回っています。

母方の実家が新宿区中落合(当時下落合の名)にあって、オイラ小学前のころよく遊びに来たのですが。この家の隣が、三井不動産の会長に上り詰めた江戸英雄の家で、彼は茨木県下妻の出身ですが、野菜栽培が大好きで、自宅の庭を家庭菜園にしていました。オイラこの辺を遊びまくっていたのですが、うっかり直径50センチ程の肥溜めに足を突っ込んでしまい大泣きした思い出があります(江戸さんの畑の肥溜めか?)。あのころは野菜栽培も、糞尿の肥溜めに頼る(下肥)時代でした。戦後GHQによって下肥は禁止規制されたのですが、1960年代までだらだら続いていたようです。ですから、下肥撒き時に畑に行くと、糞尿の匂い全開でした。ですから子供心に、野菜畑って臭くて汚い場所の印象でした。

オイラ40歳のころ、母親がその江戸英雄と知り合いだった関係で、日本橋にあった三井不動産本館に一緒に面会をしたことがあります。ちょうどそのころ江戸さんは会長を退き相談役でした。その頃も野菜栽培は健康の為にしていたそうです。逸話ですが、三井不動産が手がけた開発プロジェクトの視察にこの江戸さん、自然体で地下足袋(じかたび)で行き、現場職人と間違われたことがあったとか。側近が、「この方は我が社の役員だぞ」とその者を叱咤し、その者は卒倒しそうになったとか。

テレビの影響か、このごろ野菜作りが流行しているそうで、長女の旦那や、最近会った同級生も、申込みが当たると年間契約で、公的貸し農園で野菜作りを楽しんでいるそうだ。年間1区画7千円前後の賃貸料で。長女の旦那はニンニク栽培に挑戦して、収穫したのを近所に配った話をしてくれた。この頃農業関係の栽培について、ネットで大量にサイトがあり、またyoutubeでも動画で栽培の方法があり、自分で栽培の仕方を知ることが出来るようになったので、気軽さがあるのだろう。オイラも柑橘栽培、野菜栽培のほとんどはネットから知見を吸収している。シニアは子育て、孫育てが終わってしばらく経つと、別の何かを育てたくなるのだろう。またシニアにとって体に良い運動となる。

オイラは昨年の秋から、野菜栽培に挑戦しました。古希越えを記念してかも。まぁとくに意識はしていませんが、たまたま住宅地に囲まれた約1200㎡の土地(地目:田)を父親の代から何も耕作せず、除草だけしてきたのですが、市の課税課が課税地目を雑種地として課税を掛け、あの土地バブルのころは、固定資産税と都市計画税で50万前後、農耕を始めた6年前でも30万前後程課税をされていました。6年前にこの地にミカンの苗木を33本植え込み、市の課税課に上申書を提出し、農耕を始めたたので、課税を見直せと。そしたら、翌年から2千円以下となりました。さらに昨年秋にミカンの苗木から成長して若木となっても、土地はスカスカなので、仲間に教えてもらい野菜作りを始めた次第です。仲間曰く、まず土作りからだと・・・・・・・

続きを読む "古希越えから始めた野菜栽培。6月になってニンニクの収穫です。事務所が農家の縁側のような光景になりました。"

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

4月中旬の出来事。パリのノートルダム寺院(大聖堂)の尖塔付近が炎上、そして倒壊。

このブログの投稿サイト、ココログは新しいデザインに4月から変わり、ようやく慣れつつあります。未だに試したことのない機能もありますが。旧より良いところもあるし、悪い(やり難い)ところもあるしです。

今、統一地方選挙運動の真っ最中で、ウチの事務所の隣棟の1階の一部をある市議会議員の後援会事務所として賃貸しているのですが、大変賑やかです。他の候補者の宣伝カーも行き交い、まさに選挙戦真っ最中。彼は、大昔に熱海青年会議所での先輩後輩で、さらに大家と店子(タナコ)の関係。主義主張はともかく、彼に投票をすることにしています。21日が投票日ですが、カミさんは今シンガポールで三女の産後の面倒を診に行っているので、彼女の票はありません。その分、同じ市内にいる次女夫婦にお願いしてあります。ただオイラは煩わしい選挙運動には参加していません。

4月中旬過ぎは野菜の種撒きの季節です。約900㎡ある宅地に囲まれた先祖からの畑ですが、約33本の柑橘の苗木若木が植わっていますが、まだ空きが沢山あり、昨年からそこで自家消費の野菜の栽培を楽しんでいます。何を植えるか色々悩みました。昨年は、ニンニク、小カブ、九条ネギ、小松菜を植え、まあまあの出来でした。今季は、アスパラガス、ミョウガ、スウィートコーン(ゴールデンラッシュ)、枝豆を植えました。これらは、一度土作り、マルチ敷などのこしらえを完璧にすれば、雨と太陽と曇りがそれらを育ててくれ、たまに管理(追肥等)をするだけでそれなりの収穫が出来ます。さらにネットサイトの拡充で、その栽培方法などの情報が至れり尽くせりで収集できます。それらは文章だけでなく、栽培の動画まで無尽蔵にあり、昔だったら、先人に教えを乞うものでしたが、今やその先人を超えた情報を得られる時代となっています。

さて本題です。

今、フランス・パリはさらに大騒ぎになっています。

 

続きを読む "4月中旬の出来事。パリのノートルダム寺院(大聖堂)の尖塔付近が炎上、そして倒壊。"

| | コメント (0)

2019年2月28日 (木)

チェーンソーについて。 トランプ大統領の憂鬱。新形式のスパムメールには困っています。

今日は久しぶりに、ジトジトの一日中の雨降りです。晴れの昨日は、午後から柑橘園に行き、剪定した枝の切り縮めをしました。これは焼却の為、各枝葉を半割ドラム缶に収める為です。剪定ハサミ(パワーラッチェット)で次から次へと切るのですが、これ可能なのは枝が直径2センチぐらいまでで、それ以上太いのは、生木ノコできり縮めます。その量が多いのと、枯れてしまった成木が2本ありますので、とてもノコでは億劫です。

山倉庫からチェーンソーを引っ張り出して、スターターハンドルを引いてエンジンを始動させようとしたのですが、何回やっても掛かりません。よくあることです。そこで点火プラグを外して、汚れを拭き、カラ引きを数回、再度装着して同じく試みたのですが、ダメでした。だからエンジンチェーンソーはこれが嫌なのです。2代目として7年前に購入したのです。1年前は調子が良かったのですが。

そこで市街にあるホームセンターへ。思い切って再度新規のを購入しようと思ったのですが、22,800円。これを使うのは1年で5回前後でしかなく、点火プラグ購入だけにして、再度挑もうと。それでも事務所に帰って、PCでアマゾン検索を調べたら、エンジンのは同じくらいの価格でしたが、電動チェーンソーが1万円以下。あ、そうだ!エンジン発電機が山倉庫で眠っているではないか。これを運搬用モノラックに載せ、必要な場所の近くまで移動し、電気ケーブルで繋げば、電動チェーンソーが使える。早速注文して1日に届く予定です。

本題です。

トランプの憂鬱

現在ベトナムのハノイで、トランプと金ブタの日朝首脳会議が行われ、今晩が総括です。

ところで・・・・・・・

続きを読む "チェーンソーについて。 トランプ大統領の憂鬱。新形式のスパムメールには困っています。"

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火)

今年2月の混沌(カオス)。英国と北朝鮮

今年2月は柑橘園の木を徹底的に強い剪定をしてやろうと実施をしています。父親から受け継いだ柑橘園(3代目)、成果売上から諸経費を除いての自分の人件費はというと、雀の涙ほどですが、体力の保存と趣味に徹して継続しています。成木(20歳以上)は、特に温暖な年は枝がどんどん伸び、またひねくれた枝が絡み合い、風通しを悪くし、日照を行き通らなくさせます。その結果、不良なミカン(すり傷持ち、各種病気持ち等)を多く発生させます。また天成りと言って、一部の太枝が天に向かって立ち上がり、下々の枝葉の日照を妨げます。

基本的には、上空から見て、成木の葉の真ん中が空いている状態、側面から見て全側面が葉に覆われている状態ではなく、30センチから60センチぐらいの段隙間が空いて、中の太枝が透けて見える状態に仕上げます。成木の内側の太枝からは垂直に伸びている多くの幼枝も半年もすれば大きくなり風通しを妨げますので、それらも除去します。内側方向に伸びている枝もです。その他一つのヶ所から数本の幼枝が伸びていますので、それらの本数も減らします。

そんなこんなで、1本の成木を剪定(強い剪定)するのには、40分前後かかります。ウチの園には、20歳以上の成木が30本前後ありますので、毎回、午前はデスクワークで、午後から始めて5時ごろまでやっていますが、2月15日以降今日で終了です。10日掛かりました。枝を切る為に体各部位を、ストレッチをしたり、ノコで切ったり、そのために木に登ったり、脚立で作業したりです。しかし終わったあとは、身体がストレッチのお陰でスッキリします。まぁオラウータンの気持ちになったりします。あとは切り落とした枝(相当な量)を拾い集め、段畑3ヶ所にある半割ドラム缶での焼却が待っています。まだまだ体力は十分あることを発見しつつというところです。亡き父親の本格的栽培の代替わりは、17年前からです。様々な知見を学び、だんだん本格的になってきました。今や完全なプロに成長しました(笑)。

さて本題です。

英国のメイ首相の悪戦苦闘を報道で知るにつけ、同情をしてしまいます。

続きを読む "今年2月の混沌(カオス)。英国と北朝鮮"

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

まったく厄介なお隣韓国。レーダー照射問題でもわかる、韓国の異状性。韓国には、なるたけ拘わらない方が良いです。

昨日午前、突然中2の孫から電話が来て、水・木・金と学校がインフルエンザ閉鎖になってしまい、暇でしょうがないから、ジージのところに行っていいかと尋ねてきた。まぁやることはあるが、それは明日に回して、午後から付き合うことにした。孫は、ウチの柑橘園のさらに山上にある道路から、自転車でダウンヒルする楽しさをおぼえてしまっている。ほとんど車は走っていないので、思う存分ダウンヒルを楽しめる。

彼の自転車はウチのガレージに置いてあり、弟の自転車も同じように置いてある。孫の家(次女の嫁いだ家)は熱海駅から数分の距離だが、付近はとても自転車の練習には向いていない。だから兄弟は幼いころから、自転車に関して、ウチを起点として海浜公園や車の少ない平地道路で時々楽しんで来た。オイラの軽トラの荷台に自転車を乗せ、それで移動している。山の中腹へは、坂道が急峻なので、なおさら軽トラ運送でなければダウンヒルは出来ない。

孫が「何か手伝うことはない?」と。そういえば、ウチの柑橘園のネーブルオレンジが収穫時期に入っていたので、ネーブル取りを手伝ってもらうことにした。だんだんに孫に柑橘園作業を好きになってもらいたいので・・・。2時間掛けて二人でネーブル収穫をしました。コンテナー11ケース(約180㌔)を収穫しました。家に帰り、お駄賃として2千円ほど封筒に入れて渡しました。わざとか、最初受け取らない振りをしましたが、本音は嬉しいのでしょう。さっそくコンビニに駄菓子を買いに行きました。

本題です。

韓国はこれまで以上に日本を怒らせる策略に出ているようです。

続きを読む "まったく厄介なお隣韓国。レーダー照射問題でもわかる、韓国の異状性。韓国には、なるたけ拘わらない方が良いです。"

| | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

カルロス・ゴーン問題で大騒ぎになった。 毎年恒例の橙の収穫の話

今、メディアは今回問題になっている日産の会長カルロス・ゴーンの逮捕の件で蜂の巣を突っついたようになっている。これ今年になってある執行役員が、あまりにもゴーンの独裁者ぶりな行いに、憤慨と自社の運命を危惧し、さらに今年6月から司法取引制度も始まったこともあり、告発したことから発覚し東京地検特捜部が動いたようだ。本格調査は5カ月以上掛け、最後の本社・自宅の家宅捜査と同時に、何も知らないゴーンがプライベート・ジェットで羽田空港に到着した時、即逮捕に至った。11月19日のことだ。

有価証券報告書義務違反、脱税違反、特別背任などなど、ゴーンは日産の会社をまるで自分の財布がわりに使っていたことが、今解明されようとしている。さらにグループになっているフランスのルノーに結果日産を売り飛ばすような準備をしていたことが画策されていたようだ。ルノーの株式の15%はフランス政府で、筆頭株主いわば国策企業のようなもの。バックにはフランスのマクロン大統領が控えている。

1999年、ルノーの副社長、カルロス・ゴーンがその手腕を見込まれ、膨大な債務で、にっちもさっちも行かなくなっていた日産を立て直すために送り込まれ、2000年には日産の社長となった。オイラの中学時代の同級生だった友人は、東大出の日産社員だった。すでに定年退職をしているが・・・・・・

続きを読む "カルロス・ゴーン問題で大騒ぎになった。 毎年恒例の橙の収穫の話"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧