カテゴリー「国際政治」の107件の記事

2019年10月11日 (金)

消費税10%になったが。世界はまたまた混沌としてきた、まさに中東は準世界大戦だ。ウチら地域に台風19号が来るぞー!

日本でも、消費税が10%となった

10月1日から消費税が10%(軽減税率は8%のまま)になりました。9月31日まではその準備やなんやらで、テレビ界は大騒ぎでした。まるで奈落の底に落ちるような煽った番組もありました。2%のUPということですが、例えば元価1000円のものが、今まで消費税込みで1080円でしたが、これが1100円になるわけで、1100円/1080円=1.018518518518519つまり1.85%の値上がりということで、2%の価格値上がりではありません。毎回同じものを買い続ける人は、感じるかもしれませんが、そのような人はあまりいません。食材などは軽減税率8%のままなので、増税はありません。オイラ、アマゾンやモノタロウで、宅配で買い物をすることが多いのですが、同じ品物を買うこともありませんので、この価格変化には気が付きません。但し観念論的に感じるだけです。もちろん理論的には、年間支出を厳密に計算すると、そこで初めて気がつくといった具合です。

海外に滞在すると、ほとんどの国では、消費税または売上税いわゆる付加価値税が付加されます。もちろんそこで買った品物をそのまま母国に持って帰る際、空港の税関でその分の払い戻しを受けますが、面倒臭いのでやったことはありません。厄介になったその国への寄付だと思っています。過去の記憶では、米国は国として一律の付加価値税はなく、州単位で決められています。また消費した種類によっても違うようです。つまり非常に複雑です。米国ワシントンDCでは確か10%前後、ニューヨークでは9%前後か?とにかくあちらのレシートでの印刷はそれを狙ったかのように、数年立つと消えかかって判別が難しくなります。さらに付加価値税のない州もあります。まぁそれよりも北米は、チップが厄介で、相場は合計金額の15%~20%が、半強制的に取られて普通です。カナダのバンクーバーでは、国の税率と州の税率の二本立てで、確か14.5%前後だったと記憶しています。まぁEU国は更に消費税が高く20数%なんてのがザラにあります。宿泊費、飲食代、その他サービス代は、付加価値税の払い戻しなんてことはありません。中国ではこれを”増値税”といって、モノには16%、サービスには6%が加算されます。中国の国の収入の約4割が、これを含めた流通税として国庫に収められます。

EU国ではチップ制は一般的になくなりまして、北米と比べ金主元とすればラクチンです。近年日本への旅行者がうなぎ登りに増えてきていますが、国際的に日本は物価が安い状態のまま、付加価値税(消費税)がこれでやっと10%(オーストラリアと同じでNZは15%)と国際的にも低い事、チップ制がないこと、外国人に優しいサービスが多い事などが要因としてあります。これらが主に「お・も・て・な・し」なのでしょう。オイラが外国人ならこの点では日本を選ぶ。まぁ付加価値税は外国人も同じように払うことになるので、日本国の収入として、歓迎なのだ。日本へのインバウンド2018年度の実績、約3千1百万人が落とす10%の付加価値税は半端な額ではない。もちろんこれは国庫に入る。

世界は今、各所で群発地震のように、大問題が続発している。・・・・・・

続きを読む "消費税10%になったが。世界はまたまた混沌としてきた、まさに中東は準世界大戦だ。ウチら地域に台風19号が来るぞー!"

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

2019年7月24日のあれこれの話し

24日に梅雨が明けた、今年は冷夏だろう。冷夏の年の思い出

あれは、1963年、中3年の夏休み、東京の新宿区立落合中学校の同級生2人を自宅の熱海に誘って遊ぶ計画だった。前期終了日の21日には明日出発でウキウキしていたが、なにせ梅雨が明けない。熱海の秘密の海岸にテントを張って過ごすのだが、いつまで経っても青空が見えない。確か3日間の期間ずっと太陽を見ることが出来なかった。今年と同様でつい、大昔のこの時を思い出してしまった。正式にはこの年は冷夏ではなく、1965年が冷夏だったらしい。とにかく遅い梅雨明けだったことは確かだ、身を持って記憶している。その時のポン友はもうこの世にはいない。一人は愛称デブ。彼曰く、小学生で盲腸を切ってから太って来て、太りが止まらなくなったと。彼は36歳で夜中に心筋梗塞で死んだ。発見されたのが数日後だった。2児をもうけたが、離婚してそれら子供は、彼の姉夫婦のもとで育てられた。彼の葬式と、その娘の結婚式には参列した。オイラの性格がすこぶる社交的になったのは、振り返ると彼からの影響だったと今でも思っている。所謂悪友の一代目だった。もう一人は良家だったが父親が早く死に、母親は精神病で収容されていて、その兄弟二人は親類に預けられていた。その兄の方だったが。彼はボーイスカウトに入っていて、そのテントはその組織から借りたものだった。高卒後バーテンなどを転々としていて、最後に会ったのが二十歳前後、以後消息が掴めないが、噂では若くして死んだと。彼は不幸な生い立ちだった。冷夏のことで、大昔を思い出してしまった。後年、米国映画「Stand by me」を観たら、あの物語の世界とよく似ていた。

今年の6月・7月の日本の気候を見ると、昨年の反対で温暖化どころか、冷夏だろうが、メディアでは冷夏とういう用語は使わないようだ。1993年あの細川政権の年は、冷夏のため米の収穫量がガタ減りとなり、米屋は米の売り惜しみや買い占め、急遽タイ米を輸入して、これが出回った。長粒米の食べ方を研究し合った記憶がある。とりあえずウチの地域は24日に梅雨明けらしい。といっても台風が近づいているらしく、本格的猛暑の連続は、29日の月曜日かららしい。

24日に英国の首相にとうとうあのボリス・ジョンソンがなってしまった。

吉と出るか凶と出るか。3年前(2016年6月)あのキャメロン首相が決定した国民投票でブレグジットが過半数(といっても僅差)で決まり、そもそも残留派だったメイ首相に後継をさせ、EUと交渉をさせ、その結果を議会で審議、反対につぐ反対で、可哀想にメイ首相は涙をもって辞任を表明、結果与党の保守党の党員投票の結果、ボリス・ジョンソンが24日に新首相に就任した。やはり・・・・・・・

 

続きを読む "2019年7月24日のあれこれの話し"

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

6月28・29日開催の第14回G20サミットが終了しました。開催会場の中をニヤニヤヘラヘラ顔の文在寅がウロウロとストーカーのように。

早いですね。今年も今日で半年経過です。本格的な梅雨空となり、来週いっぱいこのような状態が続くとの予報です。フランスでは異常気象なのか6月下旬なのに、なんと南フランスでは45℃以上を記録して、皆家に閉じ籠もっているとか。欧州では、2003年7月~8月にかけても異常高温が続き、外では熱波で堪らないので、家の中にいたら、なんと        ヨーロッパ熱波 (2003年)

この熱波の影響で、フランス国内では元々夏に比較的暑くなる地域として知られていたヨンヌ県では、2003年8月初旬に8日連続で40℃以上の気温が観測された。フランスでは75歳以上の高齢者を中心に14,800人以上が熱波により死亡している。フランスは、特に北部地域において、夏でも基本的にはそれほど暑くならない。このことが人的被害が大きくなった原因と考えられている。と言うのも、突然の熱波に襲われたため、ほとんどの人が脱水症状に陥った場合の対応ができなかったこと、多くの住宅や施設に空調が備えられていないこと、自然災害や人災による緊急マニュアルが策定されていても高温は対象外であったことが挙げられる。

フランスだけではなく、南欧を中心として、一説には合計7万人が脱水症状で死亡したと。それまで夏は、欧州では乾燥していて、エアコン冷房を設置してある家は大変少ない。それ以来欧州の家々もエアコンを設置するのが増えた。カナダのバンクバーに1990年代後半、仕事の関係で取引先のロイ坊の姉さんの豪邸にホームステイしたことがあったが、エアコン設備などなく、自動車にもエアコンは付いていなかった。ドイツなどでも、B&Bのホテルでも全ての部屋にエアコンがあるわけでもなく、ある部屋は追加料金だった。一般的に欧州は電気料金が高いので、エアコン設置には電気基本契約の増額となり、使用料金も増額となる。欧州のホテルでは、廊下の照明も人感知でついたり消えたりなんて節約しているのが多いです。

さて本題です。

6月28・29日に行われた第14回G20サミット、事故もなく平穏に終了しました。注目は・・・・・・

 

続きを読む "6月28・29日開催の第14回G20サミットが終了しました。開催会場の中をニヤニヤヘラヘラ顔の文在寅がウロウロとストーカーのように。"

| | コメント (2)

2019年5月16日 (木)

カミさんがSGPから帰ってきた。昨夜のプライムニュースは大変面白く理解出来た。英語は万国で方言がある。

今月13日に、シンガポールで娘の産後の面倒を診にいっていたカミさん、無事帰国しました。4月1日に出発⇒5日に出産⇒5月13日に帰国というスケジュールでした。その間LINEを通じてちょくちょく交信をしていて、新孫の顔や近況を画像を通じて受けていました。初笑顔はもう少し時が経ってからという状況でした。シンガポールで、新しい料理のレシピを学習してきてくれと頼んでおいたのですが、オイラ指名の肉骨茶(バクテイ)のスープの材料は土産にしたのですが、ほとんど毎日、自宅での料理は、日本料理だったと。娘の旦那はそれほどシンガポールでの料理に興味がなく、また肉系にも貪欲でなく、ベジタリアン気味だそうだ。

旦那の、運転の車で、主に「明治屋(MEIDI-YA)」の食材スーパーに行き、日本からの食材の買い出しをしていたと。ここはオイラも数回行ったことがあるが、MEIJIYAでなくMEIDI-YAとしてあることに、なぜだろうと思ったことがある。一般のシンガポール庶民の行くスーパーより、値段は数倍から十数倍高いと。例えば、大根が一般スーパーで1本80円とすること、ここでは800円といった感じだったと。まぁそのかわり、日本で購入するほとんどの食材があるとのこと。6月には2号店が出来るそうだ。熱帯フルーツは値段の安い一般のスーパーで買い物をしたと。

日本でも貧富の差は当然あるが、シンガポールといえども、その差は比較に出来ないほど大きい。空港近くの街ゲイランなどは、どちらかというと貧しい人達が多いようだった。ホームレスは見たことがなかったが(強制収容される)。ホーカーなどでは、かなり安く食事が出来る。それでも、東南アジアでは平均としては豊かな国民といえる。

まだ生まれて2ヶ月以内なので、大変元気な大きい声で夜泣きをするので、ほとんど熟睡が出来ず、娘共々不眠症で疲れ果てたとこぼしていた。また少し痩せて帰ってきた。まぁどこも同じような光景だろう。女性は子供生むと綺麗になるという言い伝えがあるが、これは不眠症やらなんやらで、少し痩せ、ダイエット状態になるからだという言い伝えもある。

住まいは、民間マンションの高層階1戸をその所有者から会社が借り受け、そこに住んでいるのだが、1年中気温30℃前後、赤道直下のシンガポール、昼夜エアコンをつけっぱなしで、窓を開けっ放しのような場面はない。外気は熱風が渦巻いている。また窓には網戸は付いていないのが普通。しかし、マラリア・デング熱を媒介する蚊が場所によっては出てくることもあるので、結局窓は開けても一瞬しかないそうだ。台所と食堂はドアで仕切られているのが普通。これはアチラの料理は油や香辛料を沢山使うので、区画しないと、良くないらしい。バンクーバーも中華系移民が多く、その豪邸に行ったら、中華用の台所と一般用台所と2つの台所があったのを思い出した。お風呂に入る習慣が歴史的にないので、シャワー室は2つあるが浴槽はなかったと。まぁ、構内にプールが3種あるので、それで用を足している。

さて本題

まさにここに来て、米中貿易戦争がますます激しくなってきた。この影響は日本もだが、シンガポールなどにも先々多いに影響するだろう。昨夜のBSフジのプライムニュースは、大変面白かった。追っかけ録画で観て、後半寝てしまい、今朝6時ごろから再度観た。・・・・・・・・・

続きを読む "カミさんがSGPから帰ってきた。昨夜のプライムニュースは大変面白く理解出来た。英語は万国で方言がある。"

| | コメント (0)

2019年3月31日 (日)

世界はまたまた混沌としてきた。ゴラン高原のイスラエルへの編入 英国ブレグジットもカオス状態だ

アマゾンやモノタロウなどからネット購入で、探している物品をそれこそワンタッチでクレジット購入出来る時代になり、ここ数年その比率が高まっています。間にはいっていた小売店を飛ばして、メーカー系商品倉庫から直接宅配で届くわけですから、この流通業が一番の支えとなっています。例えばホームセンターなど小売店では、容積の大きいものは、何種も店頭に置いておくことができません。ネット購入なら、その系統の商品がそれこそ無限にその商品の画像と商品説明がサイト場に並んでいて、簡単に選ぶことが出来ます。車で、ガソリン代と時間を使って購入に出かける必要もありません。

オイラ、近年は購入品の8割方はネット購入です。カミさん、娘家族もネット購入が大半のようです。また、ますますこれらネット販売業者は、商品のコンテンツも豊富になり、提示の仕方などなど改良されてきているようです。ただ問題は、それが日本製なのか?どの国製なのか分からない場合が多い。数ヶ月使って不良品だったなんてことがたまにあります。努力次第では、クレームを付け、返品と支払い金の返却をしてもらいますが、少額の場合には諦めてしまいます。

前々回の記事 で、これらネット業者、アマゾン、アップル、LINE、楽天 等などを語ったフィッシング詐欺メールが多くなってきて、慣れていない既登録者が、騙されてアカウントを乗っ取られたり、クレジットカードのアカウントを盗まれたりすることが多くなってきているようです。これら詐欺はいろいろなパターンがあり、添付ファイルや、文章中にあるリンクアドレスをクリックしてはいけません。誘導されてしまいます。削除してしまうのが正解です。オイラは一部、迷惑メールフォルダに証拠メールとして陳列しています。また、そのメールのタイトル等をコピーして検索に掛ければ、ほとんどがスパムメールとして注意喚起がなされています。

さて本題です。

ますます世界は混沌としてきました。・・・・・・・

続きを読む "世界はまたまた混沌としてきた。ゴラン高原のイスラエルへの編入 英国ブレグジットもカオス状態だ"

| | コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

トランプの褒め殺しに調子をこいて大失敗した北朝鮮の金ブタ。トランプを超えるには20年早かった。

500年前も、100年前も、70年前も、この時期になると、「ひと雨ごとに春が来る」の通り、春に向かって小雨が続きます。今日の午後は、午前と同じく、静かに事務所でデスクワークです。15日までに確定申告を完成させなくてはなりませんが、まだ一歩も手を付けていません。

さて、ベトナムのハノイで行われた米朝首脳会議ですが、28日、トランプは卓袱台返しというか、テーブルを蹴ってというか、「話が違う!」と合意は決裂しました。金ブタは脱糞状態だっただろう。トランプ72歳、金ブタ35歳。トランプは対人(ディール)関係では「切った張った」をやり続けてきたプロ中のプロだ。まして米国政治家は、中米、中東、東欧などの凶悪な政治家と敵対した歴史経験が数多くある。今回も当初は、金ブタに対して見え透いたリップサービス(心にもない)をしてきた。オイラも若い時、仕事で超有力者と対面したことがあるが、やはりトランプのような対応の仕方だったので、なんとなく分かる。

トランプは、素人相手にはとにかく有頂天にならせるようなリップサービスで攻め(いわば褒め殺し)、結果は崖から転落させるような結論にさせる。特に金ブタは、坊っちゃん育ちの3代目。今や自分の実力が凄いと錯覚しているのか、調子に乗っている最中だ。もっとも自分に反抗する国内の奴らは即収容所送りか、瞬殺で絶対君主を作り上げてきた。そりゃ自惚れてしまう。

今回の首脳会談は、事前調整がなく両首脳の「ぶっつけ本番」だったからと、メディアのコメンテーターは言うがそうじゃないと考えられる。・・・・・・

続きを読む "トランプの褒め殺しに調子をこいて大失敗した北朝鮮の金ブタ。トランプを超えるには20年早かった。"

| | コメント (0)

2019年2月28日 (木)

チェーンソーについて。 トランプ大統領の憂鬱。新形式のスパムメールには困っています。

今日は久しぶりに、ジトジトの一日中の雨降りです。晴れの昨日は、午後から柑橘園に行き、剪定した枝の切り縮めをしました。これは焼却の為、各枝葉を半割ドラム缶に収める為です。剪定ハサミ(パワーラッチェット)で次から次へと切るのですが、これ可能なのは枝が直径2センチぐらいまでで、それ以上太いのは、生木ノコできり縮めます。その量が多いのと、枯れてしまった成木が2本ありますので、とてもノコでは億劫です。

山倉庫からチェーンソーを引っ張り出して、スターターハンドルを引いてエンジンを始動させようとしたのですが、何回やっても掛かりません。よくあることです。そこで点火プラグを外して、汚れを拭き、カラ引きを数回、再度装着して同じく試みたのですが、ダメでした。だからエンジンチェーンソーはこれが嫌なのです。2代目として7年前に購入したのです。1年前は調子が良かったのですが。

そこで市街にあるホームセンターへ。思い切って再度新規のを購入しようと思ったのですが、22,800円。これを使うのは1年で5回前後でしかなく、点火プラグ購入だけにして、再度挑もうと。それでも事務所に帰って、PCでアマゾン検索を調べたら、エンジンのは同じくらいの価格でしたが、電動チェーンソーが1万円以下。あ、そうだ!エンジン発電機が山倉庫で眠っているではないか。これを運搬用モノラックに載せ、必要な場所の近くまで移動し、電気ケーブルで繋げば、電動チェーンソーが使える。早速注文して1日に届く予定です。

本題です。

トランプの憂鬱

現在ベトナムのハノイで、トランプと金ブタの日朝首脳会議が行われ、今晩が総括です。

ところで・・・・・・・

続きを読む "チェーンソーについて。 トランプ大統領の憂鬱。新形式のスパムメールには困っています。"

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火)

今年2月の混沌(カオス)。英国と北朝鮮

今年2月は柑橘園の木を徹底的に強い剪定をしてやろうと実施をしています。父親から受け継いだ柑橘園(3代目)、成果売上から諸経費を除いての自分の人件費はというと、雀の涙ほどですが、体力の保存と趣味に徹して継続しています。成木(20歳以上)は、特に温暖な年は枝がどんどん伸び、またひねくれた枝が絡み合い、風通しを悪くし、日照を行き通らなくさせます。その結果、不良なミカン(すり傷持ち、各種病気持ち等)を多く発生させます。また天成りと言って、一部の太枝が天に向かって立ち上がり、下々の枝葉の日照を妨げます。

基本的には、上空から見て、成木の葉の真ん中が空いている状態、側面から見て全側面が葉に覆われている状態ではなく、30センチから60センチぐらいの段隙間が空いて、中の太枝が透けて見える状態に仕上げます。成木の内側の太枝からは垂直に伸びている多くの幼枝も半年もすれば大きくなり風通しを妨げますので、それらも除去します。内側方向に伸びている枝もです。その他一つのヶ所から数本の幼枝が伸びていますので、それらの本数も減らします。

そんなこんなで、1本の成木を剪定(強い剪定)するのには、40分前後かかります。ウチの園には、20歳以上の成木が30本前後ありますので、毎回、午前はデスクワークで、午後から始めて5時ごろまでやっていますが、2月15日以降今日で終了です。10日掛かりました。枝を切る為に体各部位を、ストレッチをしたり、ノコで切ったり、そのために木に登ったり、脚立で作業したりです。しかし終わったあとは、身体がストレッチのお陰でスッキリします。まぁオラウータンの気持ちになったりします。あとは切り落とした枝(相当な量)を拾い集め、段畑3ヶ所にある半割ドラム缶での焼却が待っています。まだまだ体力は十分あることを発見しつつというところです。亡き父親の本格的栽培の代替わりは、17年前からです。様々な知見を学び、だんだん本格的になってきました。今や完全なプロに成長しました(笑)。

さて本題です。

英国のメイ首相の悪戦苦闘を報道で知るにつけ、同情をしてしまいます。

続きを読む "今年2月の混沌(カオス)。英国と北朝鮮"

| | コメント (0)

2019年2月 7日 (木)

もはや危ない韓国と文在寅大統領。黄昏が近づいて来た!

このブログでは、過去何度もあの韓国の被害者商法にうんざりしてきました。戦時追軍売春婦問題や朝鮮人労働者問題等々で、韓国側は被害者ぶってそれを口実に日本を恐喝し、恫喝し、日本側が様々な歴史事実を指摘しても、理解しようとせず、それを世界に拡散し、日本を貶めることで、日本に様々な便宜を図らせてきた歴史が、現在の文在寅政権になって、さらに拍車がかかってきているようです。

そしてそれらほとんどの発端が、種は日本の左系メディア(朝日、毎日、東京等)からであったり、左系自称知識人や左系弁護士からであったり、左系団体であったり、左系政党であったり、まったく見事なものでした。2017年朴 槿恵(パククネ)が弾劾で失脚した後、大統領になった文在寅の政権が2017年5月から1年8ヶ月続いているのだが、人権弁護士であっても経済政策はド素人、韓国の経済はどんどん落ち込んでいる。

今年になっての5大財閥企業の決算は、つるべ落としのごとく凋落を歩んでいる。大学卒の半数が就職出来ず、最低賃金の値上げ政策で、中小企業は人減らしや廃業といった事態が進んでいる。ネットメディアを見ても韓国経済はもはや危ないという記事が連なって来ている。テレビの報道番組でも、それを報道し始めた。もちろん中国の経済凋落も含めてだが。

そしてここに来て、文在寅は、任期満了まで大統領ではいられないのでは?更に弾劾される道を歩んでいるのでは?という批判が多くなっている。2月3日(日)のBS朝日の番組「日曜スクープ」を自動録画してあったので、それを視聴したのだが・・・・・・・・・・

続きを読む "もはや危ない韓国と文在寅大統領。黄昏が近づいて来た!"

| | コメント (0)

2019年1月16日 (水)

1月15日英国ブレグジット案は議会で否決された。鉄の女メイ首相頑張れ!

英国のメイ首相。彼女の苦戦をテレビで観ると、つい気の毒になってしまいます。まぁ確かに英国のこれからを決める重要な案件ですから、これだけ大騒ぎになるのは致し方がないとしてもだが。1月15日の英国議会でのEU離脱案採決は、事前の予想通り、賛成202票、反対432票の大差での否決となった。ダブルスコアーで否決された。

EU側とすれば、英国側(メイ首相側)の希望通りの離脱案で離脱を許すなんてことは絶対しない。簡単に離脱が出来れば、これに従う国が続出する。徹底的な不利な条件をつけて、国に持ち帰れと話しを付けたわけだ。日本の性力剤名のようなユンケル委員長、顔はにこやかなのだが、メイ首相を苛め抜いている。詳細を肌身で知らない我々日本人からすると、離脱はそんなに難しいことなのか?と訝ってしまうのだが。

英国は、過去の例がある。EUの前身EECの時だった。EECってなつかしい。EEC(欧州経済共同体)

英国は、1957年にEECを創設したローマ条約の当事国ではなかった。後に、イギリスは、1963年と1967年にEEC加盟を申請したが、いずれもフランス大統領シャルル・ド・ゴールにより拒否された。ド・ゴールがフランス大統領を辞任すると、イギリスは3度目の加盟申請を行い、ようやく認められた。1973年1月1日にイギリスはEECに加盟し、広く共通市場としてイギリスを開放した。

この時はやっとEECに入れてもらった。・・・・・・・・・

続きを読む "1月15日英国ブレグジット案は議会で否決された。鉄の女メイ首相頑張れ!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧