カテゴリー「国際政治」の89件の記事

2017年5月 8日 (月)

熱海沖にも赤潮発生。フランスではマザコンのマクロンが大統領になりました。

5月の連休も明けました。蘇州のイサ坊とウチの柑橘園で恒例のBBQを夜7時まで食べ過ぎ、飲み過ぎをしました。彼は高校時代からのポン友です。道路から海を見ると、赤潮が発生していて、彼は初めてこの赤潮を見たようで驚いていました。5月~6月は晴れで凪ぎが続くと、毎年何回か見られます。テレビでは、鎌倉の由比ヶ浜や江ノ島の海岸を取材してニュースにしていました。熱海海岸、南熱海海岸までは取材がなかった。これ運が良ければ、夜真っ暗な海岸に波間に漂う夜光虫の光を見ることができます。波打ち際の砂地を踏むと、やはり青色に光る現象を見ることができます。

三島由紀夫の小説、”潮騒”を映画化した中に、波打ち際で抱き合う恋人二人に、波が被ってきて、その夜光虫が二人を包むように蛍光色に輝いていた場面がありました。その日は赤潮が発生していたのでしょう。初めて目にしたと、はしゃぐイサ坊に、その辺の話をしようと思ったのですが、ラクビー上がりのモサの彼に、そんな高尚な話をしても伝わらないだろうとやめました。

Dscf5133_r Dscf5134_r

さて本題です。7日にフランスでは、大統領選挙の決選投票がありました。・・・・・・

続きを読む "熱海沖にも赤潮発生。フランスではマザコンのマクロンが大統領になりました。"

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

4月25日の山場。正恩という「馬鹿小僧」を奈落の底に追い落とせ作戦が始まるかも

渡部昇一が、4月17日に心不全で亡くなった。享年86歳。もともとあまりじっくり本を読まなかったオイラだったが、25歳で結婚し、カミさんに知的なところを見せようと、買って読んだ本が「知的生活の方法」だった。詳しい内容はほとんど忘れてしまったが、要するに多くの本を読んで、知的に生きろということだったと記憶している。その後、会田雄次など当時流行していた本を読みこなしていった。テレビでの対談番組でも好きな人物で、ただ、論戦や口戦には向かないが実直に話を展開できる人物だった。最近も彼の出演している番組を観たのだが、かなり老化が激しく心配はしていた。左系論陣と相対しての彼の自論には、よく喝采したものだった。人間の持っている原理原則というものをよくわきまえていた。86歳とは大往生で、良い晩年だったと思う。合掌。

さて本題

シンガポール発の最大型原子力空母カール・ビンソンは、1週間前の時点で、北朝鮮の海域に到着して、もしもの際の攻撃に控えると、散々テレビで放映していたのだが、実際には、シンガポールから南に移動して、インド洋の方に行く予定だったとか。トランプ・ホワイトハウスは、海軍からの情報を間違って伝えたのか?または海軍が時期早々と反抗したのか?オイラUSA!USA!と駆逐艦を率いて北上する雄姿を夢見ていたのに裏切られた。これ世界のマスゴミ全てだった。・・・・・・

続きを読む "4月25日の山場。正恩という「馬鹿小僧」を奈落の底に追い落とせ作戦が始まるかも"

| | コメント (1)

2017年4月 6日 (木)

今まさに北朝鮮と金正恩は、あのイラクとフセイン大統領の時と同じ空気になってきた。トランプ様USA様存分にやってください。

米国時刻5日に、米中首脳会議が安倍総理の時と同じフロリダのトランプの別荘で行われる。その模様は今晩真夜中に行われるようだ。まさに世界は注目している会談だ。一番の問題は、北朝鮮の金正恩(刈り上げ大将)の狂ったかのような挑発に、米軍は行動起こすか?または中国の習キンピラがケツを取るのか?、はたまた共同で潰すか?の折衝をこの会談で行うことは明白だ。

トランプ氏「あらゆる軍事的能力使い守る」安倍晋三首相と電話会談  Wハウス発表2017.4.6 10:38

【ワシントン=加納宏幸】米ホワイトハウスは5日、トランプ大統領が北朝鮮による中距離弾道ミサイル発射を受けて安倍晋三首相と電話会談し、「米国として引き続き抑止力を強化し、あらゆる軍事的能力を使って自国と同盟国を守る」と伝えたと発表した。  トランプ氏は電話会談で、北朝鮮がもたらす「深刻な脅威」に直面する同盟国の日本や韓国を支えると強調。北朝鮮による核・ミサイル開発など地域の課題に関する協力を強化するため、引き続き緊密に連絡を取り合っていくことを確認した。

また、5日朝の北朝鮮のミサイル発射に対して・・・・・・・・

続きを読む "今まさに北朝鮮と金正恩は、あのイラクとフセイン大統領の時と同じ空気になってきた。トランプ様USA様存分にやってください。"

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

国際的に暗くなってきた世相。この中で何と言っても明るい能天気なハリウッド式ミュージカルがやって来た。孫と一緒に楽しもう。

米国大統領トランプの今までの大統領とは違ったパフォーマンスに世界は驚かされ続けている。多民族共生、多文化共生、リベラル主義、フェミニズム、差別主義解消、格差解消、ポリティカル・コレクトネス、かわいそう根絶などなど、ここ10年20年と情報化社会の高度化の中に織り込まれた、これらを正義とする風潮に対して、果たしてこれは自分達にとって正義なのか?と世界が見直す傾向をトランプは与えたような。

近隣の海に数年台風などの大波に晒されないと、海は淀んできて、魚介が少なくなると言われる。時々大波が来て、海の中を引っかき回してくれると、良い魚介が増えると云われる。まさにトランプはその役をやっているのか?

ヨーロッパもEUが24年経って、様々な淀みが集積し、そもそもの人類の、社会の矛盾がどんどん湧きだし、ここ数年中東問題による数百万人の避難民や移民の押し寄せによる、自国で当然起こる民族問題に直面して、にっちもさっちもいかなくなってきている。アフリカも同じだが、大昔、超後進国で、ただ貧困で貧しい生活で甘んじていたそれら国民が、ある程度安定的な生活が出来るようになり、教育の程度も上がり、SNSで情報交換、それぞれ自己主張出来るようになった結果、それまでの国家体制に対して紛争を起こす骨肉の争いとなってきている。ハンティントンの「文明の衝突」が「森」なら、この問題はもっと詳細な「木」の次元の問題だろう。

アジアとて同様で、覇権むき出しの中国と王朝国家北朝鮮の国際ルールを完全無視の国家が、相変わらず跋扈していて、13日発生した金王朝の長男暗殺で東アジアも揺れている。・・・・

続きを読む "国際的に暗くなってきた世相。この中で何と言っても明るい能天気なハリウッド式ミュージカルがやって来た。孫と一緒に楽しもう。"

| | コメント (2)

2017年1月20日 (金)

日本時間明日未明に米国大統領就任式が始まる。世界はこれからどうなるかドキドキ、ハラハラだ。

いよいよ、米国の大統領就任式が始まる。世界中のメディアが、このトランプ大統領就任式での就任演説に関心をもって拡散している。日本国内でもまるで「行く年、来る年」の乗りで、あーだ、こーだと。現地時刻AM 11:30にまずマイク・ペンス副大統領の宣誓式が始まり、正午ジャストにトランプの就任式が始まる。これ日本時刻では21日のAM 01:30からになる。一応、二部屋のビデオに番組予約を入れておいた。

とにかく、初っ端のトランプ支持率が40%、不支持率が54%と。これは歴代最低の支持率だと。また民主党議員の50~60名がこの式典には抗議の意味で欠席、反対デモもかなりの数の団体が提出していて、数万人以上がこのエリアで抗議デモを行うと。それの壁になろうと、退役軍人会のバイク同好会が、ハーレーバイク・ホンダバイクで集まって来ている。もちろんトランプ支持観客は100万人近くなる見込みだ。なんたってこのエリアは途方もなく広い。オバマの時の支持観客は軽く180万人だったそうだ。・・・・・・・・・・・

続きを読む "日本時間明日未明に米国大統領就任式が始まる。世界はこれからどうなるかドキドキ、ハラハラだ。"

| | コメント (0)

2017年1月 6日 (金)

新年おめでとうございます。今年はどんな年となるでしょう。孫は今懸命になって受験戦争の真っ只中

皆さま、新年おめでとうございます。

3日に蘇州のイサ坊がウチに来まして、恒例の新年BBQと吞み会をしました。中国は寒いだろうと聞いたら、このごろ南の広東省の東莞(とうかん)などが多いので、助かっていると。昼から夕方まで、二人でBBQを平らげ、ビール、ワイン2本を空けました。

Dscf4739_rあちらでは、毎日中華食三昧で益々肥えてきました。今年もダイエットに気を付けるそうです。毎回の宣言ですが。

様々大きな出来事が連発だった昨年2016年でしたが、今年はどうなるのでしょうか?なにかさらに大きな出来事が連発するような気配が漂っているような気がしますね。

今月20日から米国では、あの鼻つまみ者のトランプが政権を運営していきます。彼は本当の馬鹿ではないかと皆が心配しているようで。それにもめげづ、相変わらずTwitterで、トンチンカンな事を発信しているようです。Twitterで発信するのは、大手メディアを通すと、発言がねじ曲げられると考えているから、らしいのですが。まぁ側近である長官達、高官達がどのくらい彼をサポート出来るのかが肝心ということですが。果たしてとりあえず最初の4年間を無事に務めることが出来るのか?まだまだ分かりませんね。

EUも今年は大統領選挙・総選挙が各国で行われ、移民・難民受け入れ反対派が勢力を伸ばしそうです。EUを引って来たドイツのメルケルは、これで消えるかも知れません。支持率が最低になっているフランスのオランド大統領は今回で降りるそうで、反政権野党から対抗馬が出るそうで、果たしてどうなるか。・・・・・・・

続きを読む "新年おめでとうございます。今年はどんな年となるでしょう。孫は今懸命になって受験戦争の真っ只中"

| | コメント (0)

2016年12月31日 (土)

大晦日となりました。来年はどんな年になりますでしょうか。「世界は日の出を待っている」

今日は2016年の大晦日です。2008年1月29日から始めたこのブログですが、「塵も積もれば山となる」で、今日の記事で通算1183件の記事となります。時々過去の記事を読み直すこともありますが、あまりにも多いので途中でやめてしまいます。しかし、カテゴリーの「旅と観光」欄には、過去内・海外に行った時の備忘録にしてありますので、消えかかった記憶をまた海馬に戻すことになりますので、オイラには貴重な記事となっています。歳に比例して物忘れが多くなってきましたからね。

今年中にしなければならないことは、先ほど午後5時をもって完了しました。あとは風呂に入って、酒を喰らって、ぼんやりテレビの予定です。次女が孫(二人)を連れて遊びに来るとか。賑やかになりそうですが、あちら軍とチャンネル争いになりそうです。自分が変わったのか、時代が変わったのか、恒例の紅白歌合戦もまったく興味がないです。また夜のバラエティー番組も見る気がしません。まったく骨のある番組が減りました。いや、昔から同じかもしれませんね。太った女装男とか、面白くないのにスタジオは大笑い進行だとか、煩わしい連中が番組を独占です。日本は平和ですね。・・・・・・

続きを読む "大晦日となりました。来年はどんな年になりますでしょうか。「世界は日の出を待っている」"

| | コメント (0)

2016年11月28日 (月)

孫を子分にみかん採り。トランプ政権まだ五里霧中、群盲象を評する状態だ。

ここ数日曇りか雨が続きますね。24日には関東一円11月としては50数年ぶりの初雪だった。スウェーデンでは11月として110年ぶりの初雪だった。超寒気団と低気圧がぶつかったせいなのだが。オイラ天邪鬼なのでこのようなニュースを聞くと、世界的に騒がれている気候変動温暖化って一体なんなのよとくる。50数年前、110年前温室効果ガスの量は相当今と比べて少なかったはず。

そんな中、早生みかんをイノシシに食べられない内にと、土曜日に7歳の孫を子分にしてウチの柑橘園に採りに行きました。

Dscf4697_r Dscf4699_r

品種は興津早生みかんとゆら早生みかんです。まだ少年期の木なので、たいした量はなく自家消化用です。青島みかんは、今季は裏年の木が多く、昨年の1/3ぐらいの収穫だろうと推測しています。八朔は表年で沢山成っています。その他ポンカンやデコポンがまだ少年期の木ですが、結構実をつけています。12月1月には格安で販売の予定です。

さて本題

現在の大きな話題は、トランプ大統領問題とパククネ大統領問題となりますね。

続きを読む "孫を子分にみかん採り。トランプ政権まだ五里霧中、群盲象を評する状態だ。"

| | コメント (2)

2016年7月20日 (水)

7月の中旬は大きな事が続いた。都知事選もますますヒートアップしている。

先週は様々な事が続きました。14日にはフランス南部の高級リゾート地ニースでトラックテロが発生、花火大会の後海岸沿い道路にいた見物客に大型トラックが高速で進み、無慈悲にも群衆の中へ突っ込み、人々をなぎ倒し、運転手は警官に射殺されて停止しました。死者84名。いままでのISテロが武器による射殺や爆弾、自爆だったのに対して、大型トラックでひき殺すという新しい発想のテロでした。

犯人は当然警察に射殺されるのを覚悟でしょうから、これ新しい自爆テロですね。イスラム教の経典にあるジハード(聖戦)の解釈(間違った解釈)で、天国に行って第2の人生を楽しむことが出来ると本当に思って自爆する。まさにカルト教の恐さはここにある。 ジハード

2年ほど前からIS関連でのテロで、数十人が犠牲に、というのが続き、それを知っても感情的にマヒして、大して驚かなくなりました。勿論世界中ではテロは年中行事なのですが、先進国でのテロに関してはやはり大騒ぎになってしまいます。人の命には大昔から感情的にも差別はあるのです。これは仕方がないことです。

このほとぼりが冷めないころ、こんどはトルコのイスタンブルでクーデターが起こりました。15日夜ラマダン明けの日に、軍部の一部が首都アンカラと最大都市イスタンブルで軍事クーデターを起こしました。・・・・・・・・・

続きを読む "7月の中旬は大きな事が続いた。都知事選もますますヒートアップしている。"

| | コメント (6)

2016年6月24日 (金)

とうとう英国はEU離脱が決定になりました。政治統合なしのEU連合は絵に描いたモチだったことが証明されたようで

今日は英国のEU離脱か残留かの国民投票の開票に翻弄された1日でした。大方の見方としては日本でも、なんだかんだといっても最終的には残留が勝利するだろうと。実はオイラも最終的に残留に決まるだろうと。朝食後ワールドニュースの録画を見て、その後NHKの画面下にでてくる開票結果を眺めていた。

午前中は離脱が51.数%、残留が48.数%。おや離脱が頑張っているねと。どうせ午後には逆転するだろうと。テレビの解説では、最初は地方の開票所からので、これらは離脱派が多いところだから、当然離脱が多くなりますと。しかし後半になると残留が多い都市部の有権者の多い開票所からのが加わりますから、逆転することでしょうと。

しかーし、午後になっても得票率の%は変わらない。もしやと思い始めた頃、12時40分ごろ、BBC放送が、離脱勝利確実表明をした。テレビのスタジオ内も動揺してきた。その後も開票は進み、最終的に離脱が51.9%、残留が48.1%とで終結、離脱が決定した。最後まで逆転は一切なかった。・・・・・・・

続きを読む "とうとう英国はEU離脱が決定になりました。政治統合なしのEU連合は絵に描いたモチだったことが証明されたようで"

| | コメント (1)

より以前の記事一覧