カテゴリー「北朝鮮」の30件の記事

2017年11月23日 (木)

ダイダイの収穫期 北朝鮮兵の脱北と亡命事件 いつの間にか消えたその兵士の寄生虫騒ぎ

毎年この時期になると、ダイダイの出荷となります。ウチの柑橘園には7mを超すダイダイの木が2本あり、毎年大量の数のダイダイが成ります。これ地元のJAが引き取るので、収穫に精を出します。まず根本周辺地表にブルーシートを敷き、木の外周に2段梯子を掛けそれを登り、枝ハサミでバンバン切り落とす。次に木の内部に登り、ダイダイを切り落とす。子供の頃遊んだ木登りと同じ。これは一人でゆっくり1日半あれば完了だ。体が老化してきているので、少しプレッシャーが掛かる。まぁ、落ちても頭を保護できるようにバイク用ヘルメットを被ってやります。

JA側の条件は、正月お飾り用で無瑕疵で、枝は5センチ以上且つ葉が一枚以上付いているもの。そしてそうでないものは、生食用と絞ってぽん酢用として引き取る(坊主とも言う)。時間が掛かるのが、この枝切り加工と2種に分ける作業で、最初の切り落としの2~3倍の時間が掛かる。今回は近所の農作業好きのサト坊が最初の危険な切り落としを手伝ってくれたので、これは二人で午前中に完了してしまいました。

彼はこの地から豊洲にあるIHI本社に通っていて、土日しか手伝えない。お礼に昼食と柑橘類を土嚢袋満杯差し上げました。昨日,それら成果物を出荷しました。お飾り用が214㌔、坊主が182㌔(自宅用40㌔は倉庫で保管)の結果でした。ケン坊のところでは、規模が大きく毎年両方で1000㌔前後だと。なんでも今回切り落とし時、脚立から落ちて腰を痛めたらしい。

今テレビの報道番組では、連日モンゴル系力士の飲み会暴力沙汰について延々とやっている。日馬富士と貴ノ岩と貴乃花親方の問題だが・・・・・・

続きを読む "ダイダイの収穫期 北朝鮮兵の脱北と亡命事件 いつの間にか消えたその兵士の寄生虫騒ぎ"

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

4月25日の山場。正恩という「馬鹿小僧」を奈落の底に追い落とせ作戦が始まるかも

渡部昇一が、4月17日に心不全で亡くなった。享年86歳。もともとあまりじっくり本を読まなかったオイラだったが、25歳で結婚し、カミさんに知的なところを見せようと、買って読んだ本が「知的生活の方法」だった。詳しい内容はほとんど忘れてしまったが、要するに多くの本を読んで、知的に生きろということだったと記憶している。その後、会田雄次など当時流行していた本を読みこなしていった。テレビでの対談番組でも好きな人物で、ただ、論戦や口戦には向かないが実直に話を展開できる人物だった。最近も彼の出演している番組を観たのだが、かなり老化が激しく心配はしていた。左系論陣と相対しての彼の自論には、よく喝采したものだった。人間の持っている原理原則というものをよくわきまえていた。86歳とは大往生で、良い晩年だったと思う。合掌。

さて本題

シンガポール発の最大型原子力空母カール・ビンソンは、1週間前の時点で、北朝鮮の海域に到着して、もしもの際の攻撃に控えると、散々テレビで放映していたのだが、実際には、シンガポールから南に移動して、インド洋の方に行く予定だったとか。トランプ・ホワイトハウスは、海軍からの情報を間違って伝えたのか?または海軍が時期早々と反抗したのか?オイラUSA!USA!と駆逐艦を率いて北上する雄姿を夢見ていたのに裏切られた。これ世界のマスゴミ全てだった。・・・・・・

続きを読む "4月25日の山場。正恩という「馬鹿小僧」を奈落の底に追い落とせ作戦が始まるかも"

| | コメント (1)

2017年4月16日 (日)

北朝鮮、ピョンヤン統一通りの高層住宅群は、すべてハリボテの衝立だった。ここまで稚拙なことが出来る正恩政権だ。「劇場国家の喜劇」がまた始まった。

「ウチのネーブルとハッサクを喰ってくれ!」は貯蔵在庫が無くなりましたので終了いたします。ご注文下さった方々に感謝を致します。また来季の購入を宜しくお願いいたします。

カミさんからLINEでの連絡が来て、フライトが昨夜午後11時に羽田に到着。近くにある平和島温泉に1泊して、今日午前中に帰宅すると。これツアー料金(カタール航空)に含まれているそうで、なかなか便利なシステムだと感心した。もうすぐ携帯が来て、熱海駅に迎えに行かなくてはならない。土産話が楽しみだ。

さて、金正恩の北朝鮮。13日だったか海外から招待したメディア取材者200名を急遽集めて重大なイベントがあると。

平壌の高層住宅団地竣工 金正恩朝鮮労働党委員長も出席、外国メディアに成果誇示2017.4.13 19:13

北朝鮮の首都平壌で教育者向け高層住宅団地の竣工式が13日行われ、金正恩朝鮮労働党委員長が出席した。訪朝している外国メディアにも取材を許可。国際社会による厳しい制裁下、最重要プロジェクトとして進めてきた建設事業の成果をアピールした。  「黎明通り」と名付けられた団地は、金氏が昨年3月「制裁の中でも果敢に突き進む(北)朝鮮の気概を示す」として年内の完成を指示。昨夏、洪水被害が出た咸鏡北道の復旧に作業員が動員されたため工期が延び、今月15日の故金日成主席生誕記念日までの完成を目指し、軍人も動員して急ピッチで建設を進めてきた。

以前からこの通りの建物群は公表されていたが、オイラ何かCG上のファンタジア構想のような気がした。報道陣も集めて、正恩のテープカットセレモニー。あーオイラは誤解していた。本物だったのだと思った。だがどうも生活感がないなーとも思っていた。また外観だけで、内装がない(躯体と外装のみ)のがあちらでは普通だから、こんなに早く出来上がったのかなーと。

ところがだ・・・・・・・・

続きを読む "北朝鮮、ピョンヤン統一通りの高層住宅群は、すべてハリボテの衝立だった。ここまで稚拙なことが出来る正恩政権だ。「劇場国家の喜劇」がまた始まった。"

| | コメント (2)

2017年4月14日 (金)

いよいよ北朝鮮はあのイラク戦争前の空気になってきた。圧倒的な米国の軍事力を前に、小便を漏らしそうな正恩かな。

ここのところ、カミさんが伊豆高原にいる友人と二人でモロッコに行っているので、炊事は自分でやっています。鬼の居ぬ間になんとかも、老化現象なのかその気も起きません。次の食事の料理は何を作るか、結構煩わしいものですが少し楽しみでもあります。夫婦は将来どちらかが「お先に・・」になるわけですが、その後の練習のようなものです。今、中東が荒れていて、治安が不確実なので、少し心配なところもあります。LINEで少しばかり連絡を取り合っているのですが、今のところ生きているようです(笑)。モロッコと言えばカサブランカですね。行く前に映画「カサブランカ」を観て行けといったら、レンタルCDを借りて来て観ていたようです。オイラこの映画は過去5回以上は観ています。イングリッド・バーグマンは素敵でしたね。「 As Time Goes By 時の過ぎゆくままに」この唄はオイラのカラオケレパートリーです。

カミさんは、あと数日で帰還します。

一昨日は、今年開催予定(2年ごと)の高校時代の2クラス会(すみえ会)の打ち合わせを、小田原で行った。オイラはこの会の永久幹事になっていて、毎回担当幹事は入れ替ってもらいます。打ち合わせはそのオリエンテーションと親睦の為です。今回の担当幹事(エノ坊)は、横国理系卒業で、日立系の火力発電関連の仕事で、定年退職はしたが、その知見を生かして個人契約(自営業)として旧会社のアドバイザーをしていると。これ前々回の担当幹事(ヤノ坊)と似ている。彼は東工大理系卒業で、千代田化工だった。石油プラント建設でアフリカのナイジェリアに赴任したこともあった。同じようにその知見を生かして、自営業として旧会社のアドバイザー的な仕事をしている。だから70近くになっても現役で、忙しい毎日を送っている。隠居気分のオイラとしては焦りをちょと感じた次第だ。喫茶店で打ち合わせ2時間その後海鮮レストランで酒入りで2時間ぐらい、中身の濃い様々な対話ができて楽しい時間を持てました。

さて本題

前記事では、ちょうど米中首脳会議が始まる時点でしたが。その後、まさか米軍が地中海から、シリア空軍基地に59発のトマホークを打ち込むなんてことは夢にも思っていなかった。これ世界中がだが。・・・・・・・・

続きを読む "いよいよ北朝鮮はあのイラク戦争前の空気になってきた。圧倒的な米国の軍事力を前に、小便を漏らしそうな正恩かな。"

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

今まさに北朝鮮と金正恩は、あのイラクとフセイン大統領の時と同じ空気になってきた。トランプ様USA様存分にやってください。

米国時刻5日に、米中首脳会議が安倍総理の時と同じフロリダのトランプの別荘で行われる。その模様は今晩真夜中に行われるようだ。まさに世界は注目している会談だ。一番の問題は、北朝鮮の金正恩(刈り上げ大将)の狂ったかのような挑発に、米軍は行動起こすか?または中国の習キンピラがケツを取るのか?、はたまた共同で潰すか?の折衝をこの会談で行うことは明白だ。

トランプ氏「あらゆる軍事的能力使い守る」安倍晋三首相と電話会談  Wハウス発表2017.4.6 10:38

【ワシントン=加納宏幸】米ホワイトハウスは5日、トランプ大統領が北朝鮮による中距離弾道ミサイル発射を受けて安倍晋三首相と電話会談し、「米国として引き続き抑止力を強化し、あらゆる軍事的能力を使って自国と同盟国を守る」と伝えたと発表した。  トランプ氏は電話会談で、北朝鮮がもたらす「深刻な脅威」に直面する同盟国の日本や韓国を支えると強調。北朝鮮による核・ミサイル開発など地域の課題に関する協力を強化するため、引き続き緊密に連絡を取り合っていくことを確認した。

また、5日朝の北朝鮮のミサイル発射に対して・・・・・・・・

続きを読む "今まさに北朝鮮と金正恩は、あのイラクとフセイン大統領の時と同じ空気になってきた。トランプ様USA様存分にやってください。"

| | コメント (0)

2017年3月 2日 (木)

金正男暗殺の、その後のあれやこれや。この事件は北朝鮮の無理強いで消されてしまうかもしれない。

ここのところ、前記事のようにミュージカル映画「La La Land」のサウンドトラックをYoutubeで聴いているせいか、その旋律が耳に焼き付いてしまい、ニコチン中毒のようにまた聴くということ繰り返しています。まだ映画を観ていないですが、いろいろな曲の旋律に統一性があるのか、一発でこれの旋律を覚えてしまいます。

さて、3月となりました。昨夜から今日いちにち静かな雨になりました。昔から3月は「ひと雨ごとに春が来る」と言われていますね。柑橘園の木の枝の剪定も終わり、その切り取った枝を拾い集めて焼却場に集めるのですが、これが時間が掛かるのです。大変な量となります。こちらの方が、剪定作業より1.5倍ぐらい時間が掛かります。昨日完了しました。

これから4月に来る苗木のために、植穴を掘り、元肥えを入れて置きます。これ約1カ月前までにしておかなければなりません。ヨウリン500g+苦土石灰2㎏+たい肥土として牛ちゃんパワーを混ぜた土。苗木6本なので6か所用意しなければなりません。黄金柑2本・麗紅2本・なつみ2本それぞれ2年生の苗。苗木も全て順調に成長してくれると良いですが、これある程度までの雑草駆除や水遣り(灌水)に気を使って、まさに子供を育てる気分でやらなければなりません。苗木を枯らしてしまった事が沢山あります。

さて本題ですが、13日に犯行が行われたクアラルンプール空港内での正男暗殺事件ですが、15日にそれが判明して世界に伝わり、日本のテレビでは連日推理解説並の報道が毎日続いています。・・・・・・

続きを読む "金正男暗殺の、その後のあれやこれや。この事件は北朝鮮の無理強いで消されてしまうかもしれない。"

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

オイラ、メスのカワセミに恋された。正男はメス二人に殺された

ここ数日は、みかんや柑橘類の木の剪定を午後晴天のなかでやっています、これは一般に2月に行うとされています。気温が低い時期なので、切り口から雑菌が入り難いことと、4月の発芽を控えて、その準備のため最後のバランス調整です。特に夏と秋に急速に伸びた夏秋梢を切ること。これは春梢+夏梢+秋梢が一体となった枝で、ヒョロヒョロと曲がりくねった枝に成長をしていき、枝全体をおかしくしてしまいます。またそのままではその枝からは結実しません。特に裏年の木(その年結実しない木)に多く発生をします。

Lkmh切り方も色々あります。結構難しいのです。

あと木を天から見下して、真ん中が空いているように、横から見て隙間があるように切り込みます。これは日照を多く取り入れ、風通しを良くするためです。これは、害虫や腐れを防ぐために大事な作業となります。また苗木や幼木の根元回りの雑草をカマで除去し、土を柔らかくする作業も兼ねます。

これ毎年なのですが、この作業をしていると面白いことに遭遇します。・・・・・・

続きを読む "オイラ、メスのカワセミに恋された。正男はメス二人に殺された"

| | コメント (0)

2015年8月28日 (金)

まさに中東と避難民の受入国のEU諸国は悪夢のよな事態になっている。日本もいつまでもお花畑では、いられないかもしれないよ!特定アジア反日3国に囲まれているからね

昨日と一昨日は、涼しくなる3時~6時ごろまで、ミカンの苗木だけの耕作地約1,200㎡と旧来からの柑橘段畑山1,500㎡の除草剤噴霧をしてきました。今年になって3回目です。今回は15Lタンクを背負っての噴霧で、足腰が強くなります。毎年雑草の種類が変わり、今現在は”えのころ草””ヒメシバ””コミカンソウ””スベリヒユ””ツユクサ”が繁殖していました。こんな野草の名前を指摘できるのも、ネットで簡単に調べることが出来る時代となったからです。

さて、時々中東の混乱について触れていますが、紛争の犠牲者というか、避難民の悲惨な報道は、日本でも常識になってしまい、あまり大きく取り上げられないようです。NHKのBS放送で、ワールドニュースは自動録画設定をしてありますので、朝食の時録画を再生して観ています。まぁこの状態はどうにもならないようなことになっています。

難民に関しては、北アフリカ諸国特にリビアからが多いそうです。そしてシリアからの難民。ISISとシリア反体制が、アサド政権に対して三つ巴の戦いになっていますから、誰が敵で誰が味方か分からない状態です。

そもそもこのシリア騒乱(内乱)は、2011年1月から続いて今に至っていますが、当初国内での騒乱から、イスラムのスンナ派と他の派との対立、アサド政権と反政府、クルド民族やISISの侵入でまさにカオスの国家となってしまいました。・・・・・・・・・

続きを読む "まさに中東と避難民の受入国のEU諸国は悪夢のよな事態になっている。日本もいつまでもお花畑では、いられないかもしれないよ!特定アジア反日3国に囲まれているからね"

| | コメント (1)

2015年8月24日 (月)

韓国と北朝鮮の揉め事、例の”やるやる詐欺”みたいなようで。中国では江沢民が逮捕されたと大騒ぎなようで。さてその真相は?

今日はやっと朝から涼しい風が家の中を通り過ぎて行きます。土日を使って訪れていた三女夫婦が東京に帰って、今度は次女の旦那から、家の倉庫を片付けたいから軽トラを使わせてくれと。暇だったので手伝うよと軽トラ飛ばして当地にいった。二人の子供が大きくなったので、それ用の家具を処分したいのと、どうでもいいような様々な道具も一緒に処分したいと。今ウチの軽トラには、その廃材が荷台一杯積みあがっています。午後はこれらの処分です。ジージは大変です。

さて、過去何回もあった韓国と北朝鮮との異変と中国国内の異変がまたまた起こっています。中国は例の天津大爆発に絡んでの権力争い。韓国は毎度の事だが、お互い罵り合っての準戦争状態。傍観者としての日本はまったく滑稽に見えてしまう。

朝鮮人というのは、その伝統的な民族性(習性)があり、揉めると口論で徹底的に罵倒しあいます。これはDNAに属しているようです。激しい議論・口論では、絶対後戻り出来ないような禁句もばんばん出てきます。これ韓国人に言わせると、これが正しいのだと。腹の中にあるものをすべて出し尽くす。その後改善に向かった志向に移行していくのだと。これこそ本当に仲良くするための前提条件と考えているそうです。だから朝鮮人同士の口喧嘩は物凄い。

韓国では特にパククネに見られるように、”覆水盆に返らず”のようなことを日本に対して平然と言うわけです。民度の高い国々の政治家が一番気をつけなければいけない禁句を平然と。・・・・・・・・・

続きを読む "韓国と北朝鮮の揉め事、例の”やるやる詐欺”みたいなようで。中国では江沢民が逮捕されたと大騒ぎなようで。さてその真相は?"

| | コメント (1)

2014年12月26日 (金)

今年の12月に韓国は来年繰り越しの問題が多く発生した。パク・クネにしてもチョ・ヒョナにしても親の七光り娘。もうそろそろ限界だ

今年のクリスマスで、同じ市内にいる娘家族は、24・25日とディズニーランドのクリスマスショーに泊りがけで行っていて、恒例の我が家でのクリスマスパーティーもなく、夫婦で静かにテレビを観ながらの夕食でした。「あ!クリスマスだったんだぁー」って感じでした。三女夫婦は、明日から長期休暇が取れ、アフリカのタンザニアに行って、本物のサファリを味わってくると。4日に帰国の計画だと。三女夫婦は旦那の趣向が野生的というか未開地的というか、変わったところが好きで、海外旅行は、ヨルダンだとか、ペルーだとか歴史的大都会を好むオイラとは趣向が違う。ちょと心配なので「気をつけろよ!」と言っておいた。まぁ、若いからね。未だ子供はいないし。

今年やるべきことはほとんどやって、あとは墓掃除と正月飾りをするだけになってしまいました。年賀状も作って最低限の数に絞って、もう投函済みです。

さて、区切りとして今年1年を思い出して見る。まず韓国編から始めてみよう。

まぁ、様々あったですが、大きなものとしては、韓国パククネが告げ口外交で2年に渡って日本に求めた「正しい歴史認識をして・・・謝罪と賠償」なのですが、とうとう韓国をその気にさせたのが朝日新聞であったことが明確になった後ろ半年でした。これこのブログでも数年前から指摘をして糾弾していたのですが、やっとその大半を認め謝罪して、社長が責任を取って辞任と交代でした。・・・・・・

続きを読む "今年の12月に韓国は来年繰り越しの問題が多く発生した。パク・クネにしてもチョ・ヒョナにしても親の七光り娘。もうそろそろ限界だ"

| | コメント (1)

より以前の記事一覧