カテゴリー「ヨタ話・ザツ話」の329件の記事

2017年11月15日 (水)

民進党ガラガラポン選挙・Google IMEは使いやすい・トランプ歴訪・養子縁組について

衆院選、民進党ガラガラポン選挙が10月22日にあって、まだ1ヶ月経っていないのに、小池が希望の党の代表をやーめたと昨日来た。まぁ、予想通りだ。希望の党には民進党旧社会党的系が数十人。とても小池の力量で抑えられるわけがない。

なんだかんだで、民進党は、タマキン希望の党、枝野立憲民主党、居残り大塚民進党に政党としては形別れ、それに民進党系無所属が加わる。驚いてしまうね。こんなこと最初から企んでやったわけでもなく、成り行きでそうなった。まぁ、いかに稚拙な民進党議員の集合体だったかが、国民の前に曝け出されたわけだ。あとは参院議員の居残り議員になってしまった民進党議員が、これからどのような動きをするのか。知り合いの民進党市議会議員と話をした。オイラ:所属はどうするの?こんどは希望の党?彼:今は様子見ですと。まぁ上からの命令待ちなのだろう。

各国会議員の下には党系列の地方議会議員が山の様にいて、それぞれの政党議員の下請け組織だ。もちろん何らかのお手当は上から降りてくるが、選挙やその他、持ちつ持たれつの関係。その下部組織まで今時点では浸透していない。来年1月1日までには、政党助成金の関係で、それぞれ収まるところへ収まるだろう。「こっちへ来い」「あっちへ行け、しっしっ!」ってやつだね。・・・・・・

続きを読む "民進党ガラガラポン選挙・Google IMEは使いやすい・トランプ歴訪・養子縁組について"

| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

オイラが代表幹事の「すみえ会」盛大?に開催しました。池田 学と言う画家、これ世界に打って出る、偉大な画家となりえるよ。

6日金曜日は午後3時から、高校時代の担任の先生の名を取ったクラス会(すみえ会)を開催しました。これ2年ごとに開催します。オイラがこれの常任代表幹事をしています。担当実行幹事のエノ坊と事前に開催に至るまでの準備をしてきました。担当実行幹事は回ごとに変わります。やはり皆老いて来て、また環境が変わったり、大病をしたりで、不参加や消息不明も多くなり、今回は参加17名でした。1次会・2次会を済ませ散会は午後8時半。夕方から雨が激しくなり、移動は雨降りの中でした。

古希を迎えたのや、これから古希だという時期の会でした。皆で古希を祝い乾杯をしました。衆院選挙を控えてその真っ只中、話が政治問題に発展すると終始が付かなくなる恐れもあり、エノ坊が各自のスピーチに項目を付け、その方向には行かないようにしました。もっとも、この仲間のほとんどはノンポリ育ちでしたから、危惧する必要はありませんでした。ただ2次会になって、政治関連は話題にしないようにしようねとオイラは念押しをしました。

女性が1人物故者となりました。オイラとは2年間同じクラスでした。前々回の不参加の時のコメントで、前年に旦那さんが逝去し、落ち込んでいる時に検査したらガンの発症が分り、手術をしたそうだ。そして前回の不参加通知のコメントには、「体の調子が良くないので欠席します」と。相手が女性なので、また、そこまで親しくはなかったので、連絡はしませんでした。結局それから1年後昨年9月に逝去されたことを、彼女と仲の良かった女性メンバーから聞きました。ガンが原発から肺、肝臓に転移をしていたそうです。オイラがその内情を話し、皆で哀悼の黙祷をしました。・・・・・

続きを読む "オイラが代表幹事の「すみえ会」盛大?に開催しました。池田 学と言う画家、これ世界に打って出る、偉大な画家となりえるよ。"

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

ネーブルが割れた。さあ、解散総選挙に突入だ。特に民進党は青天の霹靂か?崩壊に益々近づいた批判命党

ご承知のように、今年8月・9月は多雨が続いた。この熱海でも8月は累計451ミリ、9月は今日までで累計160ミリ。まぁ昨年の9月はもっと多雨(累計451ミリ)だったが。ウチの柑橘園で滅多にない現象が起きていた。ネーブルの成木が4本あるのだが、この時点で成長期の果実の割れが多く発生していた。もちろん割れた果実はすぐ撤果するのだが、数日後行くとまた割れ果実を発見と切りがない。

Cimg0054_r Cimg0055_r

割れの多い木では約3割前後とものすごい数だ。このようなことは過去なかった。原因は8月成長期の実が、多雨の為、水分の吸い上げが実の方に集中して肥大化し、表皮の成長が追い付かず、割れてしまう現象が起こる。これを防ぐには、木の根元地盤周囲をシート等で被い、雨水を防ぐのが良いらしい。まぁ、8月に、こんなに多雨が続くとは、7月の天気予報にはなく、むしろ日照りの灌水の方に気がいっていた。

さて本題

まぁ今年は政局がらみの問題が多く発生し、それらの総括というのか、安倍首相は突然総選挙の態勢に入りつつある。・・・・・・・・

続きを読む "ネーブルが割れた。さあ、解散総選挙に突入だ。特に民進党は青天の霹靂か?崩壊に益々近づいた批判命党"

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

人間も動物の一族。母親の子供を守る姿には何回でも感動をしてしまう。山尾志桜里よお前この番組を観たことがあるのか?

普段の日曜日の夕食時は、NHKの「ダーウィンが来た」を観ている。この番組は2006年4月からの長寿番組だ。これが終わると大河ドラマだが、これはカミさんに任せ、寝室のベッドで伸び伸びしながら録画番組を観ながら眠くなるのを待つ。

NHKの大河ドラマは大昔は毎回みていたが、演出に誇張があったり、捏造があったり、また毎週で長期連載なので、観ることを強要されているような、とにかく疲れるのです。また日本の歴史を一部の演出で歪められてしまうような気がして、観るのをやめました。カミさんは楽しんでいるようですが。

この「ダーウィンが来た」は、録画予約もしてありますが、食事をしながらライブで観ることが多いです。大筋は特定の動物を対象に絞って、その習性と子育てがテーマです。子育てについては、人間も動物の一種なので、共通することが多く、心を打たれるシーンが多いです。昨夜は娘とその子小3の孫が食事に来て、その孫と一緒に9月3日放送の「巨大ヒグマ密集地帯!新米ママの挑戦」の録画を観ました。まぁ孫と一緒に観ようと、録画を削除しないでいたのです。・・・・・

続きを読む "人間も動物の一族。母親の子供を守る姿には何回でも感動をしてしまう。山尾志桜里よお前この番組を観たことがあるのか?"

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

8月は多雨の冷夏だった。民進党の肉食ジャンヌダルク山尾志桜里若いツバメとダブル不倫が発覚とか。

今年の8月の気象庁の予想は、こんな多雨で低温続きの気候ではなかった。それこそ気候変動枠組合意、パリ協定は正しいと自虐的に人為的気候変動を煽るはずだったのが、現実は世界中で50年ぶりの超大雨だのどちらかと言えば、温暖化とは言えない気候続きでした。さて9月に入ってどうなるか。昨年9月はこの熱海では秋雨前線の影響で雨が異常に多く、オイラの雨量計では累計で451ミリの雨が降りました。例えれば、1㎡に451L(浴槽2杯)分の雨が降ったことになります。そして10月10日まで雨降りが続きました。その結果、柑橘園の成木の下には異常に苔が発生しました。毎日ジメジメしていたのでしょう。

9月1日にあの民進党の代表選挙があり、結果前原が代表となり、早速前原は役員人事に当たり、幹事長に山尾志桜里(43歳)がよさそうだと。それを聞きつけた記者達は山尾のコメントを取ろうと山尾を追っかけました。ところがやっと見つけたら、ちょうど噂だった男とチョメチョメホテルに入って行ったと。5時間後にスッキリ出てきたと。その男の正体も割れている。それを文春砲が記事にして今週発売だと。ゲラ刷りを手にした民進党幹部連と前原、幹事長は大島に変更、さらに山尾の代表代行の話も無くなったと。文春は木曜(明日)販売らしいので、以後話がネットでも盛り上がりますね。民進党は昨年9月蓮舫が代表になって以来・・・・・・

続きを読む "8月は多雨の冷夏だった。民進党の肉食ジャンヌダルク山尾志桜里若いツバメとダブル不倫が発覚とか。"

| | コメント (4)

2017年6月10日 (土)

柑橘栽培用にウチの軽トラの荷台に荷台用マットを敷くことにしました。昨年から始まった登記情報提供サービス、これは便利ですよ。

昨日は、ウチの柑橘園の防除を行いました。6月、7月、8月に1回づつ行います。防除とは農薬を適量希釈して、柑橘の葉に噴霧します。特に葉の裏側を目がけてです。30年前ごろ、よく無農薬栽培という間違った謳い文句が流行りましたが、残念ながらあれは幻です。もちろん1年か2年において防除なしでもなんとか欠点なしの果実もなりますが、その後は害虫にやられ、悲惨なことになります。柑橘類病気画像

6月防除のターゲットは、黒点病、ミカンハダニ、ミカンサビダニ、アザミウマ類など。これに対して、マシン油乳剤(これは農薬ではない)、エムダイファー水和剤(90日・2回)、コテツフロアブル(前日、2回)を指定の希釈率で水溶します。この薬品の90日というのは、収穫する90日前までに使用しなさいということ。2回とは、年に2回まで使用してよいということです。マシン油乳剤は、小さな虫(ダニ類、カイガラムシ)の気門(呼吸口)を粘り気で塞いで殺します。収穫前までにこれら残留農薬は、雨で流され、まったくの無農薬状態となります。また一方には、防除をする人の健康を十分に留意した農薬成分と希釈率となっています。

中国などで問題になるのは、管理がずさんの場合、自己流で間違った薬品選択、特に収穫前の日数が短すぎて、まだ残留薬品が収穫物に付いている事例が多くあるとの事でした。まぁ民度の問題があるかもしれません。

で、昨日は軽トラに300L用塩ビタンクを載せ、水を300L入れ、さらにガソリンエンジン稼働ポンプを載せ噴霧してきました。塩ビパイプが1本最上段まで埋設してあり、途中2か所コックがあり、そこに噴霧用ホースを繋げます。もちろん加圧ポンプからその塩ビパイプにも繋げます。噴霧にはウチの場合約4時間掛かります。・・・・・・・

続きを読む "柑橘栽培用にウチの軽トラの荷台に荷台用マットを敷くことにしました。昨年から始まった登記情報提供サービス、これは便利ですよ。"

| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

達成感を次々感じる人生を。国際的規模の詐欺錬金術師、その名は習近平主席様だ

自分の有限会社の法人確定申告を完成させ税務署に提出しました。もちろん赤字決算なのですが。それでも県と市に均等割額分、計71,000円を書類作成し提出し、納税をしました。あとを継ぐ者もいないし、そろそろ店仕舞をしようかと思っていますが、なかなか踏ん切りがつきません。そして財務諸表ソフト・確定申告ソフトを使って申告書類を完成させる過程を結構楽しんでいます。大きな達成感が得られます。

一見面倒くさいことでも、数多くの達成感を得られる材料を持つということは、充実した人生を送ることが出来る秘訣です。まぁこれは何でも良いのです。昨日は路地庭に植えたモッコウバラが繁殖して枝が道路にはみ出して支障が出てきたので、脚立を立て大掛かりに一部残して大伐採をしました。カミさんを助手にして。伐採した枝葉は軽トラの荷台満杯でした。これ前から懸案だったのです。テラスの日当りが良くなりました。これも達成感を得ることができました。まぁ、なんといってもこのブログの記事を完成させてUPする。これも毎回達成感を感じています。

さて本題です。

現時点の世界の空気ですが。

続きを読む "達成感を次々感じる人生を。国際的規模の詐欺錬金術師、その名は習近平主席様だ"

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

熱海沖にも赤潮発生。フランスではマザコンのマクロンが大統領になりました。

5月の連休も明けました。蘇州のイサ坊とウチの柑橘園で恒例のBBQを夜7時まで食べ過ぎ、飲み過ぎをしました。彼は高校時代からのポン友です。道路から海を見ると、赤潮が発生していて、彼は初めてこの赤潮を見たようで驚いていました。5月~6月は晴れで凪ぎが続くと、毎年何回か見られます。テレビでは、鎌倉の由比ヶ浜や江ノ島の海岸を取材してニュースにしていました。熱海海岸、南熱海海岸までは取材がなかった。これ運が良ければ、夜真っ暗な海岸に波間に漂う夜光虫の光を見ることができます。波打ち際の砂地を踏むと、やはり青色に光る現象を見ることができます。

三島由紀夫の小説、”潮騒”を映画化した中に、波打ち際で抱き合う恋人二人に、波が被ってきて、その夜光虫が二人を包むように蛍光色に輝いていた場面がありました。その日は赤潮が発生していたのでしょう。初めて目にしたと、はしゃぐイサ坊に、その辺の話をしようと思ったのですが、ラクビー上がりのモサの彼に、そんな高尚な話をしても伝わらないだろうとやめました。

Dscf5133_r Dscf5134_r

さて本題です。7日にフランスでは、大統領選挙の決選投票がありました。・・・・・・

続きを読む "熱海沖にも赤潮発生。フランスではマザコンのマクロンが大統領になりました。"

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

国際的に暗くなってきた世相。この中で何と言っても明るい能天気なハリウッド式ミュージカルがやって来た。孫と一緒に楽しもう。

米国大統領トランプの今までの大統領とは違ったパフォーマンスに世界は驚かされ続けている。多民族共生、多文化共生、リベラル主義、フェミニズム、差別主義解消、格差解消、ポリティカル・コレクトネス、かわいそう根絶などなど、ここ10年20年と情報化社会の高度化の中に織り込まれた、これらを正義とする風潮に対して、果たしてこれは自分達にとって正義なのか?と世界が見直す傾向をトランプは与えたような。

近隣の海に数年台風などの大波に晒されないと、海は淀んできて、魚介が少なくなると言われる。時々大波が来て、海の中を引っかき回してくれると、良い魚介が増えると云われる。まさにトランプはその役をやっているのか?

ヨーロッパもEUが24年経って、様々な淀みが集積し、そもそもの人類の、社会の矛盾がどんどん湧きだし、ここ数年中東問題による数百万人の避難民や移民の押し寄せによる、自国で当然起こる民族問題に直面して、にっちもさっちもいかなくなってきている。アフリカも同じだが、大昔、超後進国で、ただ貧困で貧しい生活で甘んじていたそれら国民が、ある程度安定的な生活が出来るようになり、教育の程度も上がり、SNSで情報交換、それぞれ自己主張出来るようになった結果、それまでの国家体制に対して紛争を起こす骨肉の争いとなってきている。ハンティントンの「文明の衝突」が「森」なら、この問題はもっと詳細な「木」の次元の問題だろう。

アジアとて同様で、覇権むき出しの中国と王朝国家北朝鮮の国際ルールを完全無視の国家が、相変わらず跋扈していて、13日発生した金王朝の長男暗殺で東アジアも揺れている。・・・・

続きを読む "国際的に暗くなってきた世相。この中で何と言っても明るい能天気なハリウッド式ミュージカルがやって来た。孫と一緒に楽しもう。"

| | コメント (2)

2017年2月 6日 (月)

オイラが感じた不思議な縁。 もう中共や韓国の被害者プロパガンダを日本国民は拒絶しましょう。

木曜日に、小6の孫が最後の志望校の受験をして、その日に結果がわかり、不合格となったが、翌日もう一回受験出来る体制だったので受験をした。2回目のほうが倍率が高いとか。こりゃだめだなと思っていた。結果は土曜日に判明することになっていた。その土曜日にウチに孫兄弟が遊びに来て、兄孫にご苦労さんをかねてもてなしてやろうと、馴染みのサイクルスポーツセンターに行って、思う存分楽しまさせてやった。静岡県内と神奈川県内の中高一貫校はすでに受かっているので、どちらに行きたい?なんて聞いたりした。しかし本人は偏差値のより高い最後受験の志望校がいいんだけどなー、でも諦めたと言っていた。彼ら自宅に送り届けたら、目白まで合格発表を見にいって帰ってきたママが出て来て、震える声で、「受かってたー」と一声。オイラの孫は頑張って良い結果ばかりだった。「トンビが鷹を生んだ」とはこの事か?しかしこれは完璧にママ(次女)の母力の成せるワザであることは間違いない。

ところで、ふとぼんやり考えたのだが。運命というか、なんと表現したらよいか分からないが、赤い糸とか巡り合いとか縁とか、なにか不思議な気運を感じる。オイラは、下落合にあった祖父母の家に預けられ、新宿区立落合中学校に行った。落合、中井、目白と云った範囲はテリトリーで、学校の帰りは、級友と一緒にうろうろしたものだった。やがて時代が変わり、オイラの長女は、やはり母力のお陰で、日本女子大学に行った。目白は中学時代の縄張りだったと長女に自慢をしたものだった。次女は地元というか三島にある日本大学国際学部に行った。そして三女は結果として目白にある学習院に決まった。その時も自分の中学時代の縄張りだったと自慢した。次女だけが違った。それがなんと今回次女の子供、オイラの初孫が、やはり目白にある学習院中等部に決定した。

Photo

こんな偶然ってあるものなのか。それも都内にいてではなく、地方の熱海からなのだ。それも意識してではなく、まったく偶然にそうなったのだ。36歳で子供二人を残して死んだ中学の大親友と、当時一緒に遊んだ目白界隈を思い出す。何か畏怖を感じています。

さて本題です。

アパホテルの各部屋に南京大虐殺を否定する「本当の日本の歴史」という本が置いてあることが分かり、中国政府が半狂乱になって批判・恫喝をしています。・・・・・・

続きを読む "オイラが感じた不思議な縁。 もう中共や韓国の被害者プロパガンダを日本国民は拒絶しましょう。"

| | コメント (1)

より以前の記事一覧