カテゴリー「ミュージック」の50件の記事

2017年2月23日 (木)

国際的に暗くなってきた世相。この中で何と言っても明るい能天気なハリウッド式ミュージカルがやって来た。孫と一緒に楽しもう。

米国大統領トランプの今までの大統領とは違ったパフォーマンスに世界は驚かされ続けている。多民族共生、多文化共生、リベラル主義、フェミニズム、差別主義解消、格差解消、ポリティカル・コレクトネス、かわいそう根絶などなど、ここ10年20年と情報化社会の高度化の中に織り込まれた、これらを正義とする風潮に対して、果たしてこれは自分達にとって正義なのか?と世界が見直す傾向をトランプは与えたような。

近隣の海に数年台風などの大波に晒されないと、海は淀んできて、魚介が少なくなると言われる。時々大波が来て、海の中を引っかき回してくれると、良い魚介が増えると云われる。まさにトランプはその役をやっているのか?

ヨーロッパもEUが24年経って、様々な淀みが集積し、そもそもの人類の、社会の矛盾がどんどん湧きだし、ここ数年中東問題による数百万人の避難民や移民の押し寄せによる、自国で当然起こる民族問題に直面して、にっちもさっちもいかなくなってきている。アフリカも同じだが、大昔、超後進国で、ただ貧困で貧しい生活で甘んじていたそれら国民が、ある程度安定的な生活が出来るようになり、教育の程度も上がり、SNSで情報交換、それぞれ自己主張出来るようになった結果、それまでの国家体制に対して紛争を起こす骨肉の争いとなってきている。ハンティントンの「文明の衝突」が「森」なら、この問題はもっと詳細な「木」の次元の問題だろう。

アジアとて同様で、覇権むき出しの中国と王朝国家北朝鮮の国際ルールを完全無視の国家が、相変わらず跋扈していて、13日発生した金王朝の長男暗殺で東アジアも揺れている。・・・・

続きを読む "国際的に暗くなってきた世相。この中で何と言っても明るい能天気なハリウッド式ミュージカルがやって来た。孫と一緒に楽しもう。"

| | コメント (2)

2016年12月31日 (土)

大晦日となりました。来年はどんな年になりますでしょうか。「世界は日の出を待っている」

今日は2016年の大晦日です。2008年1月29日から始めたこのブログですが、「塵も積もれば山となる」で、今日の記事で通算1183件の記事となります。時々過去の記事を読み直すこともありますが、あまりにも多いので途中でやめてしまいます。しかし、カテゴリーの「旅と観光」欄には、過去内・海外に行った時の備忘録にしてありますので、消えかかった記憶をまた海馬に戻すことになりますので、オイラには貴重な記事となっています。歳に比例して物忘れが多くなってきましたからね。

今年中にしなければならないことは、先ほど午後5時をもって完了しました。あとは風呂に入って、酒を喰らって、ぼんやりテレビの予定です。次女が孫(二人)を連れて遊びに来るとか。賑やかになりそうですが、あちら軍とチャンネル争いになりそうです。自分が変わったのか、時代が変わったのか、恒例の紅白歌合戦もまったく興味がないです。また夜のバラエティー番組も見る気がしません。まったく骨のある番組が減りました。いや、昔から同じかもしれませんね。太った女装男とか、面白くないのにスタジオは大笑い進行だとか、煩わしい連中が番組を独占です。日本は平和ですね。・・・・・・

続きを読む "大晦日となりました。来年はどんな年になりますでしょうか。「世界は日の出を待っている」"

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

左系論陣を張って来た永六輔が今月消えた。参院選で戦後初めて衆参与党が2/3超え状態となった。

大学を卒業して、新宿中落合にあった伯父の建築設計事務所で5年間修業をした。アトリエ的規模の事務所で、毎日ラジオを流してあって、それを聞きながらドラフターを動かし、設計図を描いていたわけで。時刻は忘れてしまったが、今月7日に逝去した永六輔の「誰かとどこかで」(1967年から46年間)を毎日聴いていた。相手の女性の名前は何だっかのか記憶にない。彼は寺の住職の息子であったが、寺を継がず、作詞家からテレビ・ラジオのマルチタレントとなっていった。当時は同様の活躍をしていた小沢昭一、野坂 昭如で中年ご三家と言われスーパースター並の扱いをされていた。しかし時代はどんどん流れ、そのご三家最後の生き残りも7月に旅立った。

5年ほど前に、珍しくラジオを聴いたら、この「誰かとどこかで」の番組をまだやっているではないか。もちろん永六輔なのだが、もうほとんど聞き取れないような呂律であった。番組スポンサー(桃屋)も同じだった。翻って見ると、彼は作詞家だけあって、「言葉の転がし」が大変旨かったように思う。記憶にあるのは、宮沢賢治の「雨にも負けず」の詩で、「・・南に死にそうな人あれば 行ってこわがらなくてもいいといい・・・」のフレーズを大変評価していた。雨にも負けず

当時人気が盛り上がり、全国で講演依頼が引っ張りだこになり、あちらこちらに講演に出かけたが、そのダイレクトな左系的物言いに、聴いた人達から反感を買っていたようだった。少なくとも静岡県保守系では「永六輔なんて呼ぶな」が多かった。・・・・・・・・・

続きを読む "左系論陣を張って来た永六輔が今月消えた。参院選で戦後初めて衆参与党が2/3超え状態となった。"

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

米国大統領選の予備選挙がたけなわだ。誰が当選するか?日本の民主党議員の国会での民度の低い追及に辟易してしまいますね。丸山・丸川議員への発言国会追及。

米国の大統領選の予備選挙が全国各地持ち回りで行われている最中だ。多分米国のこの大統領選に至る経緯は世界でも珍しいシステムだ。1年以上掛けて全国を回り、何度も何度も徹底的な選挙運動を行なう。それに投下する選挙運動資金も半端な金額ではない。GDPにも影響させるほどの金額だ。日本での選挙にはカネが掛かるなんて笑われる程の金額だ。

なぜ米国の大統領選はこのようになったのか、疑問に思っていたらちょうど良い指摘があった。

米国は8年ごとの大統領選真っ盛りだ。2年間、血を流さない内戦をする。 60万人死んだ南北戦争で懲りたのだ。これは米国の戦争で最大の被害者数 だった。

2番目は日米戦争で米兵は10万人死んだ(欧州戦線は4万人)。「日本を 100年間戦争のできない国にする」という占領方針は、米国にとって死活 的(今の流行なら「核心的」)な意味が「あった」(冷戦開始と朝鮮戦争 ですっかり方針転換せざるを得なくなったが)。

まったく蝸牛の歩みのような、まどらっこしい大統領選に米国が燃えるの は、選挙という方法でしか国の方向を決められないからだ。選挙を否定す れば内戦しかない。60万人の死者では済まない、600万人になるだろう。

選挙、民主主義は弊害はあっても、今のところはベストだ。これに代わる ものがないのだ。日本の総理選出は、総選挙などを経るが大体、公然たる ゴム弾ドンパチは1か月だ。24か月の米国とはずいぶん異なる。ともに叩 き合っても血は流さない。いいシステムと言うしかない。

この間の米国での選挙運動期間は、いわば武力戦争なしの内戦期間とも云える。しかし今回のタマを見ていると、民主党極左老人バーニー・サンダース上院議員、共和党極右成金のドナルド・トランプの勢いが予想に反して衰えない。このトランプなのだが・・・・・・

続きを読む "米国大統領選の予備選挙がたけなわだ。誰が当選するか?日本の民主党議員の国会での民度の低い追及に辟易してしまいますね。丸山・丸川議員への発言国会追及。"

| | コメント (3)

2016年1月13日 (水)

追い詰められたISISは、世界中に拡散して自爆テロで抗戦するしかなくなった。カネも兵力も不如意になってきた。

今年の正月ももはや半ばとなりましたが、様々な現象が世界中で起こっているようで。今朝のワールドニュースでは、昨日12日昼間にトルコのイスタンブルで自爆テロが発生した。現在の報道では、死者10名、負傷者15名で大半がドイツ人の観光客だったと。

トルコでは昨年

同国の首都アンカラでは昨年10月、非合法のクルド人武装組織「クルディスタン労働者党」(PKK)と政府の間で再燃した衝突の終結を求める集会で爆弾2個が爆発する事件があり、99人が死亡、240人以上が負傷した。 隣国のイラクとシリアでは過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が活動し、トルコはISISを空爆する米軍に基地の使用を認めている。(CNN)

犯人は

イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の犯行である「可能性が高い」との見解を示したと伝えた。

イスタンブルには2013年11月に滞在していて、この現場は、なんども訪れた。トルコ最大の観光施設と云える。・・・・・・

続きを読む "追い詰められたISISは、世界中に拡散して自爆テロで抗戦するしかなくなった。カネも兵力も不如意になってきた。"

| | コメント (0)

2015年12月25日 (金)

古館伊知郎がやっと報道ステーションの番組を降板すると。3月末降板のころ最後っ屁はなしだよ!

昨日はクリスマスイブ。昼間次女と孫が来て、カミさんと次女は、今夜のウチでやるクリスマス夕食会の食材買出しに伊東のアオキに。オイラは公園で孫二人に自転車の調教。小5と小1なのだが、上はもう自転車はベテラン、下は及第点に至ったが、いまだストップポストの間を通り抜けるのが覚束ない。自分でも何か自信がない。それを2・3回重点的に調教した。歓声をあげ「出来たー!」と。まぁ次回はどうなるか、とりあえずマスターしたようだったが。その後ウチのみかん園に行って、袋にみかんを入れさせ、それを正月までの娘の家の果物とさせた。孫に元気になるように、一日みかん3個は食べなさいと。「ハーイ!」可愛いものだ。ふたりのお目当ては、モノラックに乗ること。最近までトラウマだった瑕疵のあるレールを取り替えたので、今回二人を乗せて上段のトップまで登り、そして下った。快調だった。(本来人を乗せてはいけないが、オイラ、ベテラン運転手なので)。

さて、本題。

とうとう24日に、テレビ朝日の報道ステーションの古館伊知郎が来年3月末をもって降板すると発表になった。オイラから見れば遅すぎる降板なのだが。このブログでも散々この番組はおかしい、放送法4条を逸脱していると糾弾をしてきた。・・・・・・

続きを読む "古館伊知郎がやっと報道ステーションの番組を降板すると。3月末降板のころ最後っ屁はなしだよ!"

| | コメント (1)

2015年12月21日 (月)

土日は横浜でセーリングとヨット仲間との忘年会、そして45年前からの付き合いのポン友と過ごしました。

土日はクルージングヨット内1泊で、横浜に行ってきました。このブログで時々紹介する「オジイの帆掛け舟がやって来たーあ」の母港”横浜ベイ・サイド・マリーナ”です。このマリーナの規模は日本一だそうです。近くの駅は横浜シーサイドラインの鳥浜駅。ここから徒歩5分という便利な場所です。ハマ坊が近くの新杉田駅に午前9時半ごろ迎えに行くというので、熱海駅から80数分掛けて到着しました。そこからハマ坊の車でマリーナの駐車場へ。

マリーナは三井アウトレットと併設されていて、そこを通り過ぎてマリーナへ。噂には聞いていたが、さすが日本一と言われるだけの規模だ。オイラも海外旅行で数々のマリーナを見学したが。一つに纏まっている規模では世界に誇れるマリーナだろう。バンクーバーのウォーターフロント、豪州のゴールドコーストとサンクチュワリーコープ、イスタンブル、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフ、フロリダ半島の両海岸、ハワイ、今年行ったキーウェスト群島など海好きには堪らないマリーナを多く見てきた。世の中には金持ちが多くいるものだ。

このマリーナなのだが、全体を見ると・・・・・・・・

続きを読む "土日は横浜でセーリングとヨット仲間との忘年会、そして45年前からの付き合いのポン友と過ごしました。"

| | コメント (0)

2015年8月 1日 (土)

ウチのみかんの苗木が元気がない。なんとかしようと再度の挑戦です。柑橘栽培は楽しいです。

まさに真夏ですな。毎日猛暑日が続いています。7月前半の雨天続きで、エルニーニョの影響で、今夏は涼しい夏になるだろうとの報道に反して、7月下旬から8月上旬は、ウチら地域は、猛暑日連ちゃんです。大昔もこのような猛暑日が続いた夏は多くあったでしょうが、情報が発達しすぎて、熱中症に注意はわかるのですが、なおさらこの猛暑が、心理的に煽られているような、さらに暑さを感じます。オイラが小学生時代、関東より比較的気温の低いウチらの地域でも、40℃に近づいたことがあったのを記憶しています。今から50数年前です。

このころは、エアコンなぞなく、扇風機1台があるかないかの時代でした。まぁ家の造りも今の密閉型でなく、開放型で、回りには一部田んぼもあり、庭木も多く、セミの大合唱でした。田んぼのあぜ道を夜歩くと、よくホタルを見つけることもありました。そういえば、セミの数が少なくなりました。7月初旬はニンニンゼミ、次がアブラゼミとクマゼミ、旧盆を過ぎるとツクツクホウシで、これが鳴き始めると、そろそろ夏休みの終わりが近づいたと、夏休みの宿題が頭に浮かんでくるわけで。切羽詰らないと行動しないオイラでした。今でも変わらないようです。

この猛暑も、しばらく慣れてしまえばどうということはないです。もっと暑い地域は海外にはたくさんあります。人間の体はたくましく順応します。暑い中で一気に飲む氷水の旨かったこと。エアコンが普及している今は、あの時程の旨さを感じることができませんね。

昨日はどうもみかんの苗木の成長が元気がないので、JAの指導員に診てもらいました。・・・・・

続きを読む "ウチのみかんの苗木が元気がない。なんとかしようと再度の挑戦です。柑橘栽培は楽しいです。"

| | コメント (1)

2014年12月20日 (土)

オバマの声明、米国とキューバが国交回復・経済制裁解除?だって。ロシアなど産油国は大変な事態になってきた。そして中国経済はますます酷くなりそうだ。

中間選挙で、民主党とオバマ政権が敗北してしまった矢先、オバマは最後っ屁とするのか、あのキューバと国交を回復するとの宣言で、またもや米国内は大騒ぎになっている。

【ワシントン】米、キューバ両国政府は17日、外交関係を完全回復させ、50年以上にわたった敵対関係を終わらせる方針を発表した。中南米諸国など各国はこれを歓迎しているが、一部共和党議員は批判している。

オバマ政権のキューバ国交回復方針が大統領選に波紋2014 年 12 月 19 日

オバマ大統領は、11月の中間選挙で民主党が、下院に続き上院でも多数派の地位を失った後、行政権限で新たな政策を次々と打ち出している。オバマ氏は、移民制度改革や気候変動の問題で政治的遺産を残そうと努めおり、共和党は大統領による行政権限の行使への批判を強めている。連邦法で規定された貿易政策を撤回できるのは議会だけだが、オバマ氏はキューバとの外交関係を樹立することで、貿易制裁を事実上骨抜きにしようとしている。

まぁ、1962年キューバ危機以来、50年間以上米国はフロリダ州の海を挟んだすぐ隣にあるこのキューバとは国交断絶で経済制裁をし続けてきた。キューバはそのとき以来から、経済進歩は止まったかのように現在に至っている。オイラの従兄の長女がフランス人と結婚していて、パリ郊外に住んでいたが・・・・・・・

続きを読む "オバマの声明、米国とキューバが国交回復・経済制裁解除?だって。ロシアなど産油国は大変な事態になってきた。そして中国経済はますます酷くなりそうだ。"

| | コメント (1)

2014年11月25日 (火)

小春日和の中、また海の向こうから、帆船でオジイ達がやって来た。新しいクルージングヨットのお披露目です。

またまたオジイ達が、帆船でオイラのテリトリー(縄張り)にやって来ました。11月22日に横浜の母港から出発して、三浦半島の三崎港で一泊、そこから出発して23日に伊東のマリーナに到着。オイラ熱海から出迎えに行った。何でもポン友のハマ坊の横浜市立大学からのヨット仲間のハセ坊が、定年退職をして暇も出来たしで、フランス製のクルージング・ヨット(中古)を購入して、今回はそれでやって来た。サイズは33フィートだとか言っていた。まぁ、そのお披露目クルージングということで。

船の名前は以前の船名と同じで”ボヘミアン(Bohemian)”「流浪の人々」だそうだ。まさにスランス製ということで”太陽がいっぱいアランドロン”なのだが、ちょと年齢容姿とも天と地ほどの差があるのだが。比べるのが酷というもの。24日は、伊東に全にち滞在で、翌25日に千葉の保田港に行き、26日に横浜の母港に帰る計画だったが、天気予報では25日から雨と風が強くなるとのことで、保田港には行かず、直接横浜に帰ることにしたとか。

22・23・24日の連休は、まさに11月の小春日和というかインディアン・サマーというか、暖かく穏やかな日和だった。24日丸一日伊東滞在ということなので、オイラが運転手役になって、ウチのみかん段畑にあるBBQ施設で、みかん取りとBBQを楽しもうということになった。・・・・・・

続きを読む "小春日和の中、また海の向こうから、帆船でオジイ達がやって来た。新しいクルージングヨットのお披露目です。"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧