カテゴリー「マスコミ」の644件の記事

2019年9月14日 (土)

台風15号のあれこれ。今、黄昏の韓国の姿を、我々は観ているのではないだろうか。

2019年台風15号

9月8日の深夜に台風15号は通り過ぎていきました。ネットやテレビで台風情報をチェックし続けていました。当初から小型台風との評価でしたが、中心気圧が960hPaとなり、こりゃ強烈な風が吹くかもと。8日午前の予想経路は、伊豆半島を下田から縦割りで熱海方向に進みそうだと心配したのですが、その後経路は東側にずれ、相模湾を縦断しました。またその速度が大変早い。進行方向の右側は、速度+風の左回り=でその台風の風力が最大に強くなります。まさに千葉県側がその範囲となりました。発表では風速は40m/sの予測でしたが、場所によってはそれ以上だったと想像できます。結果として最大瞬間風速は、千葉県千葉では、57.5m/sだったそうで、かなりの本数の電柱、鉄塔、高木が倒れ、多くの家屋の屋根が吹き飛ばされたそうで、未だに停電、断水が続いてところがあるそうで、復旧率は1週間経っても80%前後とのこと。被害は特に千葉県に集中しました。タレントあがりの森田健作千葉県知事、国に責任をなすりつけることなく、今後の対策を着実に実行してもらいたい。

当時我が家では、3階の寝室にいたのですが、午前0時ごろから風雨が強くなり、午前1時ごろが最高になりました。心配なことはオイラのベッドの真上に大きな天窓があり、時々ドスン、ドスンと音がして、もちろん家全体が連続的に揺れ、もし天窓が破壊されたら、こりゃ大怪我かもと、約1時間思い続けました。午前1時半過ぎにはだんだんおさまって来て、2時過ぎに就寝しました。こんな設計にしたのは、自分なので・・・・・・・・。この家は35歳の時、ツーバイフォー工法(枠組み工法)で自分で設計し、施工も職人集めて指導しながら自分で建てた家なのです。屋根の各垂木には、全てにハリケーンストラップ金物を取り付け、屋根が飛ばされること無き様、万全に対策した設計にしました。当時ヘビースモーカーだったので、タバコの煙を一発で排出するのには、この天窓が最適だったのですが、ただ1.2m角の天窓(ベルックス製)は大きすぎたと思っています。築約36年で、躯体も多少劣化してきているかもと、こんな台風のときだけ考えます。地域としては大きな被害はありませんでしたが、道路を挟んだ向かいに2階建ての空き家があり、その屋根のトタン板が5枚ほど飛んだのですが、そのトタンは反対側に飛んだので、我が方には被害がありませんでした。これ以前も棟押さえ笠木が我が方に飛んできて驚いたこともありました。まぁ近所の仲間の所有なのですが。話をしたら近々に解体する覚悟を決めたようです。我が方は一部風のために修繕を要するところが発生し、涼しい時を狙ってダラダラと治しています。ちなみに自家製雨量計では、117ミリでした。

ますます大きくなる反日韓国の在寅政権VS韓国での反在寅政権

もはや韓国はまともな国ではない事態に陥っていますね。・・・・・・

続きを読む "台風15号のあれこれ。今、黄昏の韓国の姿を、我々は観ているのではないだろうか。"

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

7月4日からの韓国への3種の化学物質の輸出緩和措置の撤廃で、今韓国は大騒ぎだ。歴史的に韓国とのお付き合いは「丁寧な無視」に限る。

前々回の記事で、30日産経新聞のスクープ記事、「7月4日から半導体製造に関する、3種類の化学物資の日本からの韓国への輸出優遇措置の撤回と8月から、日本政府は、韓国に対して2004年からの”ホワイト国”指定の優遇待遇を撤回する措置の1日発表で、韓国政府・韓国経済界・韓国反日マスゴミは大騒ぎが始まっている。それでもやや中立的体裁を取っている朝鮮日報は客観的な報道に近いが、この関連で埋め尽くされている。  朝鮮日報

まぁ、これ韓国からのここ数十年に渡っての、ファンタジー反日バッシングによる弊害に日本が議長国であったG20終了をもって、とうとう天下の宝刀を抜いて見せたという解釈は外れていないだろう。日本は憲法9条によって、普通の国にあるような軍事的制裁(脅威)が出来ないという、ソフト面での法的抑止力が効かない国であることを認識した上で、韓国はやりたいように糾弾・恫喝してきた。詐欺的慰安婦問題、詐欺的徴用工問題、最近のレーダー照射問題、韓国国会議長による天皇侮辱発言、旭日旗問題などなど。完全に日本国家、日本国民を舐めきった対処をしてきた。この手の問題は、書籍やテレビ討論ですくなくとも十数年熟知してきたが、令和の時代になって、日本も普通の国のように韓国に対峙すべきというのが結論だろう。また数百年に渡る韓国との交流に置いて、朝鮮人の特異性に改めて認識すべきという風潮になっている。特にネット社会が拡大して、様々な情報が交差する時代になると、自虐的お人好し馬鹿でも事実に向き合わざるを得なくなる。

よくある自称知識人の発言に、「今や韓国人は日本が好きで、年間750万人が日本を訪れる時代だ」という人がいるが、中国人はまぁ人口も多いこともあるが、それよりもっと多い。それでは中国人も日本が好きで好きできているのか?今や格安航空運賃でどこに行っても世界中の観光客は中国人だらけだ。もちろん韓国人もだ。観光旅行とは非日常空間を楽しむわけだから、日常言語の違う国に行くだけでも行く価値がある。まして文化、民族性、伝統の違いも楽しめる。さらに日本の場合、現在円安で比較的物価が安い。また自国では廉価に手に入れられない商品、売っていない商品を手に入れることが出来る。韓国人や中国人とすれば、国内旅行と同じ位の料金で行ける。オイラの1970年代、80年代、米国や欧州に行って、珍しい商品を買いさったものだった。韓国の問題に話しを戻すと・・・・・・・

続きを読む "7月4日からの韓国への3種の化学物質の輸出緩和措置の撤廃で、今韓国は大騒ぎだ。歴史的に韓国とのお付き合いは「丁寧な無視」に限る。"

| | コメント (3)

2019年4月25日 (木)

今回の統一地方選挙から、7月の参院選挙を俯瞰する

統一地方選挙が終わった。オイラあまり地元の市議会議員選挙にはあまり興味がなく、結果を見てあれこれだが。各政党にとっては、地方としては、市議会議員、県議会議員がどれほど確保出来るかが、必要十分条件だ。国政選挙の時はこれらが尖兵となり、その政党の盛り上げに貢献する。思い起こすと、2007年の4月の統一地方選挙が、2009年の総選挙で民主党が勝利した重要な材料となったような気がする。

2007年は第一次安倍内閣で、巷では民主党が勢いを増してきた。自民党より民主党の方がマシだと。安倍は9月退陣、その後福田康夫、麻生太郎が1年づつの命だった。ちょうどそのころ、米国では2008年のころから、初の白人でない民主党の大統領候補としてオバマが台頭してきて、大ブームとなった。そして2008年に大勝利、2009年1月から大統領に就任した。彼は民主党だ。日本の民主党と米国の民主党は似ても似つかないが、言葉の響きは同じ「民主党」。民主党という政党名にワクワク感があった。大手メディア(朝日・毎日・東京など)は、テレビも含めて、民主党へと煽った、煽った。そして日本では、2009年の夏に、衆院選挙があり、その流れに沿って、民主党が大勝利したと感じる。人間って以外に単純なところがあります。

しかし、その後、鳩山政権⇒菅政権⇒野田政権の3年3ヶ月の間に、その劣化性が脆くも露呈し、一般国民からとんでもない政権だと鼻つまみになっていった。ちょうどこのブログは2008年の1月に開始して、当時のこの政権と民主党に関して批判をし続けたこともあり、当時の空気は今も覚えています。・・・・・

続きを読む "今回の統一地方選挙から、7月の参院選挙を俯瞰する"

| | コメント (1)

2019年3月31日 (日)

世界はまたまた混沌としてきた。ゴラン高原のイスラエルへの編入 英国ブレグジットもカオス状態だ

アマゾンやモノタロウなどからネット購入で、探している物品をそれこそワンタッチでクレジット購入出来る時代になり、ここ数年その比率が高まっています。間にはいっていた小売店を飛ばして、メーカー系商品倉庫から直接宅配で届くわけですから、この流通業が一番の支えとなっています。例えばホームセンターなど小売店では、容積の大きいものは、何種も店頭に置いておくことができません。ネット購入なら、その系統の商品がそれこそ無限にその商品の画像と商品説明がサイト場に並んでいて、簡単に選ぶことが出来ます。車で、ガソリン代と時間を使って購入に出かける必要もありません。

オイラ、近年は購入品の8割方はネット購入です。カミさん、娘家族もネット購入が大半のようです。また、ますますこれらネット販売業者は、商品のコンテンツも豊富になり、提示の仕方などなど改良されてきているようです。ただ問題は、それが日本製なのか?どの国製なのか分からない場合が多い。数ヶ月使って不良品だったなんてことがたまにあります。努力次第では、クレームを付け、返品と支払い金の返却をしてもらいますが、少額の場合には諦めてしまいます。

前々回の記事 で、これらネット業者、アマゾン、アップル、LINE、楽天 等などを語ったフィッシング詐欺メールが多くなってきて、慣れていない既登録者が、騙されてアカウントを乗っ取られたり、クレジットカードのアカウントを盗まれたりすることが多くなってきているようです。これら詐欺はいろいろなパターンがあり、添付ファイルや、文章中にあるリンクアドレスをクリックしてはいけません。誘導されてしまいます。削除してしまうのが正解です。オイラは一部、迷惑メールフォルダに証拠メールとして陳列しています。また、そのメールのタイトル等をコピーして検索に掛ければ、ほとんどがスパムメールとして注意喚起がなされています。

さて本題です。

ますます世界は混沌としてきました。・・・・・・・

続きを読む "世界はまたまた混沌としてきた。ゴラン高原のイスラエルへの編入 英国ブレグジットもカオス状態だ"

| | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

カルロス・ゴーン問題で大騒ぎになった。 毎年恒例の橙の収穫の話

今、メディアは今回問題になっている日産の会長カルロス・ゴーンの逮捕の件で蜂の巣を突っついたようになっている。これ今年になってある執行役員が、あまりにもゴーンの独裁者ぶりな行いに、憤慨と自社の運命を危惧し、さらに今年6月から司法取引制度も始まったこともあり、告発したことから発覚し東京地検特捜部が動いたようだ。本格調査は5カ月以上掛け、最後の本社・自宅の家宅捜査と同時に、何も知らないゴーンがプライベート・ジェットで羽田空港に到着した時、即逮捕に至った。11月19日のことだ。

有価証券報告書義務違反、脱税違反、特別背任などなど、ゴーンは日産の会社をまるで自分の財布がわりに使っていたことが、今解明されようとしている。さらにグループになっているフランスのルノーに結果日産を売り飛ばすような準備をしていたことが画策されていたようだ。ルノーの株式の15%はフランス政府で、筆頭株主いわば国策企業のようなもの。バックにはフランスのマクロン大統領が控えている。

1999年、ルノーの副社長、カルロス・ゴーンがその手腕を見込まれ、膨大な債務で、にっちもさっちも行かなくなっていた日産を立て直すために送り込まれ、2000年には日産の社長となった。オイラの中学時代の同級生だった友人は、東大出の日産社員だった。すでに定年退職をしているが・・・・・・

続きを読む "カルロス・ゴーン問題で大騒ぎになった。 毎年恒例の橙の収穫の話"

| | コメント (0)

2018年8月15日 (水)

今回は雨の中のBBQ 戦災孤児の「ともこ」と「れいこ」の話と蜂の巣の子供たちの話

今日は終戦記念日とお盆の末日です。1945年8月15日に天皇陛下の玉音放送がなされ、日本の降伏が公表されたことで、この日を終戦(敗戦)記念日とした。お盆(13日~15日)の末日だったのは単なる偶然だったのか、それともお盆にちょうど重なって二重の亡者の慰霊に都合が良かったのか、まぁ未だに終戦記念日を15日にしたのかが分からない。

① 1945年(昭和20年)8月14日:日本政府が、ポツダム宣言の受諾を連合国各国に通告 した日

② 1945年(昭和20年)8月15日:玉音放送により、日本の降伏が国民に公表された日

③ 1945年(昭和20年)9月2日:日本政府が、ポツダム宣言の履行等を定めた降伏文書(休戦協定)に調印した日

④ 1952年(昭和27年)4月28日:日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)の発効により、国際法上、連合国各国(ソ連等共産主義諸国を除く)と日本の戦争状態が終結した日

オイラとすれば、③の9月2日 か、④の4月28日が実質的な終戦日だと今も思っている。

12日には、高校時代のポン友、蘇州のイサ坊がお盆休暇で熱海のマンションに来ていて、恒例のウチの柑橘園でBBQをしました。午後2時ごろから6時ごろまで、喰ったり、呑んだりですごしました。途中で盛り上げようと・・・・・・・・

続きを読む "今回は雨の中のBBQ 戦災孤児の「ともこ」と「れいこ」の話と蜂の巣の子供たちの話"

| | コメント (1)

2018年8月 6日 (月)

また台風13号が上陸しそうです。杉田水脈のLGBTは生産性がない発言に、いつもの連中は火病で炎上しているようで

前記事のように、今夏の日照り続きは7月28日の台風12号襲来以来、また続いています。今台風13号が近づいているという予報もありますが、来ても週末とのこと。さらに日照りが続きそうなので、3日・4日と昨日5日の夕方に今年再度の潅水を施しました。もちろん対象は幼木と若木で、成木は一部のみ。このくらいの日照りで、木が枯れてしまうことなぞありませんが、幼木と若木は、水不足で成長が低下します。今季からこれらには、黒マルチングを施してありますから、各々10L前後の水でも有効に働きます。これで台風13号で大量に雨が降れば、成木にもたっぷり水分補給ができるでしょう。

昨年は8月中旬まで大雨が続き、その後後半は晴天続きで、その結果か9月の初旬に、ネーブルオレンジの約20%が割れを生じてしまいました。調べると、過多に水分を吸い上げ、それが実の方に行き、その後の晴天で膨張して割れを生じたらしい。ネーブルオレンジの木の下にシートでも被して、過多に水分が行かないようにするべきだった。まぁ難しいところだ。

さて本題ですが。

新潮45に投稿した自民党議員の杉田水脈(みお)の寄稿文の中の一部に「LGBTには生産性がない」と記述に対して、いつもの反体制、反安倍の野党やメディアが差別主義だと大騒ぎがまた始まりました。・・・・・・・・

続きを読む "また台風13号が上陸しそうです。杉田水脈のLGBTは生産性がない発言に、いつもの連中は火病で炎上しているようで"

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

西日本大豪雨で、日本の地形は永遠に治水工事をしなくてならないことが衆知されました。旧民主党特に蓮舫・枝野よ、この件についてどう言い訳をする?

6日の記事作成の頃、瀬戸内海を挟んで中国地方と四国に線状降雨帯が発生していました。ウチの地域は、雨に見舞われることなく土日、町内の祭りで大盛況でした。

さて、2014年8月20日に広島県安佐南・北にやはり線状降水帯が発生して大きな被害をだしました。

大変な被害を出した広島市安佐南・北区の土砂災害。なぜ警戒区域でなかったか?山やガケ地の傍に家のある人は、ネットで自分の自治体のハザードマップを調べた方が良い。2014年8月24日 (日)

20日の深夜から早朝に掛けて、広島市安佐南・北地域に最高1時間当たり101mmという大雨が襲った。その3時間で200mm、24時間の雨量は243mmという観測史上最大の雨量だったと。もちろんそれ以前の少なくても1ヵ月も大雨続きで山の表土は水で満水状態だったのだろう。20日の午前の発表では、それにより大規模な土砂災害が起こり(午前4時頃)、死者7名、行方不明13名だったが、現在判明している死者は40名、行方不明者がどんどん増えて現在47名だそうだ。またこの地域だけで土砂災害は50ヶ所発生とのこと。

今回の「平成30西日本大豪雨」はこんなものではなかった。前回の大被害が限定された地域に限ったのに対して、今回は広範囲に無数の被害が発生した。・・・・・・・

続きを読む "西日本大豪雨で、日本の地形は永遠に治水工事をしなくてならないことが衆知されました。旧民主党特に蓮舫・枝野よ、この件についてどう言い訳をする?"

| | コメント (0)

2018年5月28日 (月)

テレビメディアは多チャンネル化を目指すべき。CMの量が多すぎで何のためにテレビを見るのか分からなくなる。

今日も朝飯・昼飯時に、テレビのワイドショー番組を観たのですが、未だに日大のアメフト問題をだらだらやっている。それも番組時間の2/3前後使って。しつこいので別の局へ。そこでも同じ、また別の局へ、そこでも日大アメフト問題。連日連夜やっている。そして間には、4本~5本のスポットCM。このCMがまた売らんがためなのか、音声は絶叫型。ピチピチギャルが踊ったり跳ねたり。いかにも効能疑問型サプリメントの押し売り。取りあえず、CMに入ると消音にします。カミさんは、オイラがばんばんチャンネルを変えるのを嫌がります。なんでも良いから動かさないでと。そのうち、ライブ視聴はやめて、自動録画された番組に切り替えます。そこではCMになると、CM飛ばしで先に行きます。

まぁ、それにしても発生から3週間。被害を受けた選手は、もう試合に出ています。当初は再起不能になる恐れがあるなど、過剰に事を大きくして報道されていましたが。どおってことがないケガのようで。いろいろ問題がある事は、オイラでも分かりますが、過去似たような事例は大事にならなかっただけで、多くあったと思いますよ。加害者の選手は同情されていますが、あんな明らかにわかる反則タックルを、まさかするとは、監督もコーチも想像していなかったと感じます。別にオイラが日大理工出だからといって肩を持つわけではありませんが。テレビメディアでは、モリカケ問題を6野党と一緒になって、煽り過ぎたので、この問題では不利形勢になりつつある現在、それを再度糾弾煽りするわけにも行かず、話題をアメフト日大問題にすり替えようとしているのがミエミエです。

さて、日本では民放は地デジではウチの地域で8局ですが、これ、欧米ではほとんどが40局以上あります。ロシアでさえ、60局あるとか。BS、CSを含めても圧倒的に少ないほうです。・・・・・

続きを読む "テレビメディアは多チャンネル化を目指すべき。CMの量が多すぎで何のためにテレビを見るのか分からなくなる。"

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

テレビではまた加計問題再燃。今度は愛媛県が新文書を公開したのだが。これの何が問題なのか分かりません。

例の女子児童殺人・死体遺棄事件で犯行から一週間後、犯人は捕まりましたが、その間連日連夜ワイドショー番組では、これでもか!と言うぐらい現場中継や、犯行の妄想をまるで探偵ごっこのように推理報じていました。その間、白色の車が止まっていたとか、黒尽くめの男がどうたら、こうたらと。確かに幼気な女子児童に対して、悪魔のような犯行でしたから、大騒ぎの連日連夜であったことは、仕方がなかったかもしれませんが、被害者宅まで撮影したり、犯人が捕まれば、犯人宅まで取材陣が押し寄せたり、常軌を逸していました。犯人はすぐ近くに住む20代の男で、家族と住んでいました。車は黒い色の軽ワゴンでした。白い車も、不審な黒尽くめの男も全然関係がありませんでした。

これが片付くとテレビメディアは今度は、アメフットボールの日大の選手が違反タックルをして、被害を受けた関西大の選手が全治2~3週間の怪我を負い、それを指示した日大理事兼監督の内田正人の糾弾番組を連日放送。この件だけで番組の大半の時間を投下して、それも連日連夜。見ていてゲップが出てしまいます。チャンネルを変えるのですが、そこでも、あそこでもやっている。どうもこの内田監督は、テレビ取材人に憎まれていたのか、またはこのクラブだけが、他のチームより軌道を逸していたのか、集中攻撃になっていた。事件の特化するのは仕方がないとしても、各局同じ時間にここまで長く特化するのは、非常に不自然を感じる。その現場のすぐ後ろには審判がいたが、危険行為と指摘を発していなかったように見える。ラクビー選手だった友人がいるが、鎖骨を2回折っている。試合中はアイツを潰そうぐらいの言葉は出てくる。アメフットはラクビーより過激なスポーツだ。今回の彼は、素直に反則をして相手を潰してしまったのか?

そして、テレビのワイドショーは、また加計問題の新文書発見で。まさにかき入れ時のようだ。・・・・

続きを読む "テレビではまた加計問題再燃。今度は愛媛県が新文書を公開したのだが。これの何が問題なのか分かりません。"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧