カテゴリー「建築関係」の76件の記事

2018年8月24日 (金)

きな臭くなってきた国際情勢、習近平の中国、いよいよ黄昏を迎えるのか?経済は完全に行き詰っているかのようだ。

昨夜、四国の徳島⇒兵庫を通過した台風20号は日本海に抜け、今日はまた真夏日、猛暑日となった一日でした。ここ南熱海では、自家製雨量計では122ミリの雨量でした。まぁ柑橘類の育成にはちょうど良い台風でした。テレビで観たのですが、あの淡路島の風車塔、風速60mにも耐えられるはずだったが、今回の38mで根こそぎぶっ倒れた。素人が見ても、あの基礎構造のお粗末さに気づくはずだ。構造計算と設計の間違い?、施工の間違い?地盤調査の間違い?とにかく、どこの設計事務所、どこの施工会社がやったのか、開示してほしい。認可した役所もだ。

Dl4aauyzs

国際情勢に目を移すと、米国トランプ大統領は、数十年に一度のデカイ台風のようなもので、世界はまさに翻弄されています。そしてその台風の目は、共産党独裁国家である中国に襲い掛かっています。中国は、2001年WTO(世界貿易機構)に加盟して、その好いとこ取りの運営で、2010年にはGDPでは日本を抜き、世界第2位となり、現在は日本の2.5倍のGDPだと云われています。

軍事費を膨大に膨らませ、睨みを効かせ、先進国の知的財産を盗み、国内産業を後押しし、南シナ海に人工島を造り、それを堂々と軍事基地化し、AIIBで一帯一路戦略で、悪徳貸金業のように、どっさり余分に高金利で貸付け、返済できなくなれば、その現場を押さえ植民地化。まぁこれは、嘗ての植民地時代、英国、オランダ、フランス、スペイン、ポルトガル、ドイツ、米国もやったことがある、スキームなのだが。まぁ、いまの時代だから派手に武力で侵略ではなく、インテリヤクザのように、融資焦げ付き担保押さえだ。スリランカ、パキスタンなどなど焦げ付き担保押さえは、どんどん増えて行く。

オバマの8年間、これはなんとかしないと、中国の横暴なやり方に世界は席巻されるとの心配があったのだが、口先番長のオバマは、何も出来なかった。そこにトランプが戦車に乗ってやってきた。・・・・・・

続きを読む "きな臭くなってきた国際情勢、習近平の中国、いよいよ黄昏を迎えるのか?経済は完全に行き詰っているかのようだ。"

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

インターネットに問題発生です。一つはADSLの終了と、もう一つは電話線の故障でした。

今年前半は季節の移り変わりが半月ほど早いと5月末のJAの講習会でその資料とともに説明がありました。柑橘栽培に関する講習会ですが。ミカンの花の咲きが約半月早かったと。これはその間の平均気温が、平年に比べ高かったそうだ。ですから花⇒実も半月早くなるので、施肥も防除もその分早くやってくれとのこと。そう言えば去年の夏は冷夏だったが。

インターネット受信に関してなのですが、ウチの場合2軒の家屋を繋いであり、専用住宅と住宅兼事務所となっていて、それぞれ、居間と事務所にPCを置いてあります。電話もそれぞれ2回線引いてあり、それぞれにプロバイダー契約をしていました。たしか、2008年まで熱海市内にあるプロバイダーとISDNの契約でいたのですが、その後2008年にADSLにしようとプロバイダーをniftyに2回線とも乗り換えました。ISDNは速度が遅いのに対して、ブロードバンドのADSLは速度が大変早い。また、ウチの近所にNTTの基地局(約300m)があるので、その速度は不満のないものです。

そのまま使っていたのですが、2011年にソフトバンクのプロバイダー、ネクシーズが総合計で計算すると今までより多少安く、また4口の無料モデム付きだったこともあり、再度乗り換えました。しかし、メールアドレス(@nifty.com)やブログを、ここを利用していたので、これら利用料金のみ(月486円☓2)を振替ていました。NTTの基本料金+プロバイダー料金+niftyの利用料金という具合です。ところが・・・・・・

続きを読む "インターネットに問題発生です。一つはADSLの終了と、もう一つは電話線の故障でした。"

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

たっぷりハウスメーカーからCMでお世話になっているテレビ界。当然レオパレス問題はスルーなのですね。

5月の後半は、だらだらと4日掛けて自分の有限会社の法人税確定申告作成を済ませ、5月末の提出期限までに提出しました。もちろん損失決算です。ただし、県と市には、計7万1千円の均等割額を納付しました。1996年法人設立登記ですから22年経過しています。それ以前は個人事業者の建築設計事務所でしたが、時はバブル時代で税務署から目をつけられ2回ほど調査が入りました。ある人のアドバイスで法人にした方が、利益を小さく出来るし、よほどのことがなければ、査察も入らないよと。それで小回りの効く有限会社にしたのです。

その頃は今のように、パソコン入力で財務諸表や損益計算書なんて世界ではありませんでした。ですからその作業が煩雑でいやになるくらいでした。一般には税理士に任せるのが普通ですが、持ち前の好奇心と経費がもったいないからでした。

それまで手動で行っていた決算作成作業でしたが、2002年にネットで検索して、SEIHOの「らんらん会計」という廉価なソフトを購入し、適した勘定科目を設定し、財務諸表と損益計算書を作れるようになりました。税務署に提出の法人税申告書もEXCEL申告書をダウンロード(有償)して移転入力で完成です。

我々の業界も今や当時とは一変し、また現役の頃の体力も無くなり、そろそろ店仕舞を考えています。もう欲に絡んだ勝負をするには、危険だし、そのような必要性も無くなりました。不動産収入も合わせて、個人事業者に戻ろうとその作業を開始しようと思っています。法人を解散・清算するソフト(キッド)の購入を考えています。

さて本題です。

土地持ち素人に、アパート経営をという、いわゆるサブリース付きハウスメーカーの失態が明らかになったようです。・・・・・・・・・・・

続きを読む "たっぷりハウスメーカーからCMでお世話になっているテレビ界。当然レオパレス問題はスルーなのですね。"

| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

ひょんなことから、Facebookで大昔のカナダの旧友と再会が叶いました。

ウチのネーブル及び柑橘は在庫が終了し、販売は終了しました。

1994年から2003年頃、カナダドルの為替レートが安くなり、カナダから建材を輸入して、現場でそれらを使って建築をする、いわゆる輸入建築をしていた時期がありました。建築躯体はツーバイフォー工法で、具体的にはそれに合わせた設計になる。もちろんサッシ、ドアー、床材、屋根材、キッチン、家具等々も北米のサイズ(インチ、フィート)に合わせた設計となる。当時品質のグレードからいって、日本よりかなりその方が安かった。それらを1物件で一括して40フィートまたは20フィートのコンテナーに仕立てもらい、現場にトレー(運搬)して搬出し、建築をする。なんだかんだで、住宅、ペンションなど、十数件こなしたのだが、そのうちカナダドルの為替レートが上がり、あまり儲からなくなり、止めてしまいましたが、その間、カナダ側の混載貿易業者(コンソリデーター)の担当の人達と、多くの知り合いになりました。

彼らとは一期一会になった人が大半だが、バンクーバー郊外のメイプルリッジの業者ロイ坊(Lloyd Clefstad)とは相性があったのか特に仲良くなり、2003年にオイラが1か月ぐらいそちらに滞在して、北米建築を学びたいと告げたら、近くのフォートラングレーに自分の姉さんのレジデンスがあるから、そこで滞在したら?と来た。もちろんそれなりの宿泊費は払うのだが。さらに自分のピックアップカーFORDを勝手に使って良いと。・・・・・

Dscn1369_r

続きを読む "ひょんなことから、Facebookで大昔のカナダの旧友と再会が叶いました。"

| | コメント (0)

2017年8月30日 (水)

今年の8月は久しぶりに忙しかった。娘孝行です。あなたのところにもスパムメールが来ていませんか?

8月に入ってから、このブログの更新が滞っていました。NZのダニーデンにお住まいの”でんこ”さんから、ご心配のメールが来たりしたのですが、至って元気です。前記事のごとく、熱海駅の近くにある次女の嫁ぎ先の屋敷の改修工事に専念していて、疲れ果て、とてもブログを更新する余裕がなかったのです。新築から35年の屋敷ですが、先代が今の家族構成を考えないで造ったので、様々要望が出てその度にオイラの出番なのです。もちろんカネはしっかり取りますが。今回は6帖半ぐらいの広さの空間が物入れ+洋服室+ウォーキングクロゼット室に分かれていたのを、一つの空間にして、続きの子供室に繋げ改修するというものです。昨日でほとんどの改修と修理工事が終わり、あとは照明器具を取り付けるだけになりました。

25日間かけてオイラ1人で工事をしました。改修工事に当たっての調査⇒内装下地の解体工事⇒床フローリング張り工事⇒電気配線とコンセントボックス取り付け⇒腰壁PB張り工事⇒見切り縁、巾木などモールディング取り付け工事⇒腰壁PBのドライウォール工法施工⇒塗装用養生施工⇒既存クロス張りも含めて専用塗料でローラー塗り2回塗装⇒養生剥がしと清掃⇒既存建具の調整修理⇒他室の修理工事⇒昨日。

もともとオイラは建築設計と監理がメインでしたが、・・・・・・・・

続きを読む "今年の8月は久しぶりに忙しかった。娘孝行です。あなたのところにもスパムメールが来ていませんか?"

| | コメント (0)

2017年6月14日 (水)

あの英国ロンドンで、いまどき信じられないような建物火災が起こりました。もしかしてテロ火災の疑いもありそうです。

いまどき、あの英国ロンドンで、こんな大火災が起こるとは信じられません。まるで木製のやぐらに火を付けたようにメラメラと炎が高層マンション全体を包んでいる。

脱出者の携帯に建物内部から着信が…「火の広がりはすさまじく速かった」 取り残され多数か 2017.6.14 13:43

【ロンドン支局】英ロンドンの高層アパートで14日発生した火災。火は深夜のアパートを一瞬で包み、周辺は大混乱となった。「こんな火は見たことがない」。何もできぬ目撃者を前に建物は燃え続けた。  

「寝る準備をしていたとき、隣人が(異変を知らせに)ドアをノックした」。英スカイニュースの取材に脱出した男性はこう話した。彼の携帯電話は内部に取り残された人から着信があるといい、まだ脱出できない住民は多数いるもようだ。男性は「火の広がりはすさまじく速かった」と振り返った。  

火災が起きたの「グレンフェルタワー」という1974年に建設されたアパートで最近改装されたという。火の勢いは強く、目撃者の1人は「火が強くて消防隊員も近づけないようだ」と話した。  現場周辺は警察により封鎖され、

近隣住民は遠巻きに見ているしかない状況だという。英BBCに目撃者の1人は「上層階でトーチのようなものを点滅させている人を見た。明らかに外部に脱出することはできなかった」と語った。

この建物は1974年の建設された、24階建ての高層アパートだそうだ。・・・・・

続きを読む "あの英国ロンドンで、いまどき信じられないような建物火災が起こりました。もしかしてテロ火災の疑いもありそうです。"

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

柑橘栽培用にウチの軽トラの荷台に荷台用マットを敷くことにしました。昨年から始まった登記情報提供サービス、これは便利ですよ。

昨日は、ウチの柑橘園の防除を行いました。6月、7月、8月に1回づつ行います。防除とは農薬を適量希釈して、柑橘の葉に噴霧します。特に葉の裏側を目がけてです。30年前ごろ、よく無農薬栽培という間違った謳い文句が流行りましたが、残念ながらあれは幻です。もちろん1年か2年において防除なしでもなんとか欠点なしの果実もなりますが、その後は害虫にやられ、悲惨なことになります。柑橘類病気画像

6月防除のターゲットは、黒点病、ミカンハダニ、ミカンサビダニ、アザミウマ類など。これに対して、マシン油乳剤(これは農薬ではない)、エムダイファー水和剤(90日・2回)、コテツフロアブル(前日、2回)を指定の希釈率で水溶します。この薬品の90日というのは、収穫する90日前までに使用しなさいということ。2回とは、年に2回まで使用してよいということです。マシン油乳剤は、小さな虫(ダニ類、カイガラムシ)の気門(呼吸口)を粘り気で塞いで殺します。収穫前までにこれら残留農薬は、雨で流され、まったくの無農薬状態となります。また一方には、防除をする人の健康を十分に留意した農薬成分と希釈率となっています。

中国などで問題になるのは、管理がずさんの場合、自己流で間違った薬品選択、特に収穫前の日数が短すぎて、まだ残留薬品が収穫物に付いている事例が多くあるとの事でした。まぁ民度の問題があるかもしれません。

で、昨日は軽トラに300L用塩ビタンクを載せ、水を300L入れ、さらにガソリンエンジン稼働ポンプを載せ噴霧してきました。塩ビパイプが1本最上段まで埋設してあり、途中2か所コックがあり、そこに噴霧用ホースを繋げます。もちろん加圧ポンプからその塩ビパイプにも繋げます。噴霧にはウチの場合約4時間掛かります。・・・・・・・

続きを読む "柑橘栽培用にウチの軽トラの荷台に荷台用マットを敷くことにしました。昨年から始まった登記情報提供サービス、これは便利ですよ。"

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

ウチの娘がシンガポール在住となってしまった。娘訪ねてシンガポールの旅 1 

シンガポール&マラッカから帰ってきました。シンガポールは、1989年に家族旅行でマレーシアのペナン島の次に寄りました。2泊ぐらいだったか。まだ超高層ビルが少なかった時代で、その超高層のホテル(スイソテル・ザ・スタンフォード)に宿泊した。窓から眼下に見える街並は旧市街地で、今回行ったマラッカのホテルから眺めた街並みとよく似ていました。暗闇の中、一つポツンと「KONICA」のネオンサインが目に入りました。次に行ったのは、セーリング・ヨットのクルーの仲間のフジ坊と仲良くなり、彼はシンガポール女性と所帯を持ち、二人の子供を持ち、シンガポールを本拠地としてる。友達の友達はオイラの友達という図々しさで、2011年11月に1人で彼を頼って5日間ほどシンガポールに滞在しました。以下その時の記事です・

23年ぶりのシンガポール。建設バブルを思わせる発展ぶりに驚きました。 2011年11月30日 (水)

シンガポールでの食卓事情と自動車と教育について。グルメのオイラにはたまらない国だ。 2011年12月 2日 (金)

旧市街地と開発地域とのアンバランスなシンガポール。それだけに面白いことが満載な国なのだ。 2011年12月 3日 (土)

今回オイラの末娘夫婦の夫(義理の息子)が、会社の赴任命令で数年このシンガポールを本拠地とした生活になり、彼の父親と長男、オイラ夫婦と合同でシンガポールに行こうということになり、楽しんできました。シンガポールは2011年の6年前よりさらに建設バブルで、公共施設もさらにグレードアップされていました。東京の銀座さえ超えた未来都市の様相でした。・・・・・・

続きを読む "ウチの娘がシンガポール在住となってしまった。娘訪ねてシンガポールの旅 1 "

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

糸魚川の大火災。これより大きかった熱海大火災。古い木造家屋は防火外壁も不燃屋根も効をなさない

23日は、東京五輪の番外会場となる予定の自転車競技会場、”伊豆べロドローム”を7歳の孫を助手に行ってきました。これのある”伊豆サイクルスポーツセンター”は、自宅から直山越えで、車で20分あれば行けます。正確には伊豆・修善寺にあります。孫の成長とともに、ここで二人の孫は自転車に馴染みました。オイラが調教をしました。年間数回は行く常連なのですが。今回東京五輪の番外会場に決まったので、改めて行きました。

11660ちょうど12月の快晴だったので、ここから富士山が真正面に望めました。きっと外国から来た選手達も富士山の眺望を楽しめることでしょう。この会場が完成したのは、2011年だったらしいのですが、孫と来た時工事中だったのが、再度来て突然この会場が出来あがっていて驚きました。

このセンターは自転車に関連する遊戯が半分以上あり、初心者用の2キロコースでは、様々な種類の自転車に乗ることも出来、子供が安全に自転車操縦を取得することが出来ます。今回7歳孫は、初めて24インチ自転車をマスターしました。また「おもしろ自転車」は子供が大好きな広場となっています。孫と一緒に行くと、その方面に行くので、可愛い幼子達がウジャウジャいて楽しいです。

さて本題

糸魚川で起こった火災ですが。

続きを読む "糸魚川の大火災。これより大きかった熱海大火災。古い木造家屋は防火外壁も不燃屋根も効をなさない"

| | コメント (0)

2016年9月21日 (水)

またまたテレビはあの放射脳風評を煽ったのと同じように豊洲問題を不正確に煽っている。

台風16号が九州に上陸して四国南端と通り過ぎ東海地方に向かっています。980hpaで衰えてきつつありますが、やがて伊豆半島・熱海を通って、千葉南端をかすめて太平洋に向かう現在の予想です。現在ここは小雨状態ですが、夕方には大雨になると雨雲ズームレーダー予想です。

17日の土曜日の夕方から夜に掛けて、この地域の小学・中学通しての同期会(オイラは中学は東京だった)が4年ぶりに開催でした。会の名前は”多賀っ子会”。酒酔い運転防止の為、伊豆山にある開催ホテルのバスで順次に乗り合いで行きました。帰りもホテルのバスで送ってもらいました。

Dscf4653_r_2 参加者は50名前後。ジジ、ババ同数ぐらいでした。近くで住んでいても、普段は付き合いがありません。このような事がないと幼友達と再会はないのです。オイラの頃は1クラス50名で4組ぐらいあったか?ところで色々な人と話をしたのだが、PCでインターネットを通して情報を得ているのがほとんどいなかった。せいぜいオイラ含めて数人程度。もちろん今はスマホに転換して、ここからネット社会を覗いているのもいるだろうが、それほどではないようだった。このブログを紹介したのだが、相手がやっていないので、話がチンプンカンになってしまった。68歳の世代ってやはりネット社会からは遠いようだ。

さて、本題。

連日テレビで大騒ぎの豊洲市場建設問題だが、不正確に大騒ぎ。また放射脳達が湧いてきた。・・・・・

続きを読む "またまたテレビはあの放射脳風評を煽ったのと同じように豊洲問題を不正確に煽っている。"

| | コメント (6)

より以前の記事一覧