カテゴリー「テレビ界」の537件の記事

2017年6月24日 (土)

昨日の前川前事務次官の記者会見で、うっかり本筋を言ってしまい、この長期に渡る政界お騒がせは終了です。

21日の久しぶりの大雨で、オイラ製の雨量計では、合計で84ミリの雨量となっていました。たっぷり雨が大地に浸みこみ、当分苗木への灌水の心配がなくなりました。

いわゆる報道ワイドショー番組は監視の意味もあって良く見ます。自動予約録画が多く、CM飛ばしで視聴するわけですが。このごろテレビドラマ、テレビでの映画、スポーツ中継、ミュージック番組などなど、観る意欲がほとんどなくなりました。BSでの海外の紹介番組はよく観ます。次に旅行をしたいところ探しや、過去旅行したところを復習の意味で。

てなテレビに関する日常なのですが、このごろは、インターネットで動画を観ることが多くなってきています。テレビメディアがかなり偏向しているなかで、これら時事問題を扱った動画サイトは、なるほどと納得する見解が多いです。またYoutubeが多いので、次々興味ある課題について観ることが出来るので、暇つぶしにはうってこいですね。

オイラが録画で監視している番組は、報道ステーション、サンデーモーニング、なんとかのモーニングショー、ひるおび、Mr.サンデー、とくだね、報道特集、バンキシャなどなど。録画をリモコンで、CM飛ばし、興味なし飛ばしで観ますので時間的には有効な観方をしています。・・・・・・・・

続きを読む "昨日の前川前事務次官の記者会見で、うっかり本筋を言ってしまい、この長期に渡る政界お騒がせは終了です。"

| | コメント (4)

2017年6月17日 (土)

「もり」「かけ」と蕎麦じゃないんだ、いつまでも・・・。テロ等準備罪がやっと成立した。そんなに悪法なら次の選挙で廃案の公約で戦うんだよね。野党さんよ。

森友学園問題から加計学園問題に野党の追及と恫喝に変わって、早や1カ月。14日の松野文科省大臣の内部文書の追加調査の結果発表を引き継いで、15日午前に山本内閣府特命担当大臣が内閣府側の調査資料を公開した。なんでも内閣府というのは、各省からの寄り合い出向で、問題の「総理の意向」とか「官邸の最高レベルが言っている」のフレーズが文書に入っていたことが、問題になっているのだが、このメモを作ったのは、文科省からの出向者で、課長補佐だったと。

もはや、芥川龍之介の「藪の中」の世界になって来た。今回の決定は安倍政権の目玉、岩盤規制を突破する国家戦略特区の政策から来たものだ。逆に言うと、たまたま加計が安倍と親友だったから、今回の獣医学部の開設は出来ないということになる。おかしな話になってしまう。今年4月に千葉で国際医療福祉大医学部がこれで開設されたが、・・・

2015年11月に公募開始で17年春にスピード開校、公募なのに手を挙げたのが一校だけ、高級官僚が学長や理事にゴロゴロ天下っているという大変分かりやすい案件です(ちなみに文科省からは2名)。 余談ですけど、朝日新聞はなぜこっちの案件は報道しないんでしょうかね。人様の命を預かる医学部案件が利権とバーターで認可されている方がよっぽど大問題だと思えるんですが。やっぱり「安倍叩き」につながらないと朝日的にはニュースバリュー無しってことなんでしょうか。それとも、ひょっとして国際医療福祉大の医療ジャーナリズム教授に再就職なさっている大先輩(元朝日新聞論説委員)に“忖度”なさったんでしょうか。

まぁ、野党も大手マスゴミもこの件は追及しないのはなぜでしょう。いかに新聞やテレビ報道番組が恣意的で偏向しているのかがわかりますね。・・・・・・・

続きを読む "「もり」「かけ」と蕎麦じゃないんだ、いつまでも・・・。テロ等準備罪がやっと成立した。そんなに悪法なら次の選挙で廃案の公約で戦うんだよね。野党さんよ。"

| | コメント (1)

2017年6月 2日 (金)

さあ、そろそろ加計学園・前川喜平前事務次官問題は店仕舞だ。民進党と朝日新聞は残念だったね。

オイラの日常は、夕食のあと少しテレビを観て、寝室に行きベッドに入り、寝ながら正面にセットしてあるテレビ、主に録画を観ながら睡眠が襲ってくるまで観続けます。録画ですから、CMになるとリモコンのCM飛ばし操作で。世の景気が戻ってきたのか、テレビCMの量が増えたような気がします。それが意味不明なCM、やたらに叫ぶCM、奇人変人を使ったCM、まぁオイラが及第点を与えるようなCMは20あって一つぐらいか。民放は無料視聴なので、文句は言えないが、CM飛ばしでなるべくCMは見ないようにしています。

で、このスタイルでいつの間にか寝てしまい、熟睡7時間前後で起き上がります。もう1年以上続けていますが、睡魔が近づいてきたらアイマスクをします。夏場は日の出が早く5時前にカーテン越しでも窓が明るくなりますので、それを防ぐためです。これだと1時間ぐらい余計に熟睡することが出来ます。

録画番組はBSフジのプライムニュースが多いです。反町理(そりまち おさむ)の司会進行は大変立場をわきまえた良い仕事をしています。同じ「理」でも青木理とは月とスッポン。自分の主義主張を表に出して無理やり意見を統制する煽りの田原総一郎とは月とスッポンですね。5月朝生を観たのですが、田原の進行ぶりは酷かった。自分の気に入らない意見は途中で無視。「おまえら知らないだろうが、実は昔は・・・・」ってな口調の連続。総入れ歯なのか言が聞き取れない。難聴になってきたのか、海馬が衰えつつあるのか、自分と反する意見には理解をしようとしない。もはや老害キャスターだ。なぜテレ朝は降板させないのか解らない。田原は BLOGOS にたまに投稿しているが、今や彼の意見をまともに受け取る読者は少なく、コメント欄は彼への非難で炎上することが多い。

あのテレ朝の報道ステーションは、チェックの意味で録画予約に入れてあり、朝起きてからチェックをします。これ古館のころは、あまりにも彼の酷さに憤慨して眠れなくなることがありましたからね(笑)。しかし偏向の本筋は変わっていないようです。・・・・・・・

続きを読む "さあ、そろそろ加計学園・前川喜平前事務次官問題は店仕舞だ。民進党と朝日新聞は残念だったね。"

| | コメント (1)

2017年5月26日 (金)

でんこニュース。加計学園獣医学部新設を腹癒せで問題を大きくしたお坊ちゃん育ちの前川前事務次官

オイラの地域では、12日間まともな雨が降らなく、二つある柑橘園に55本ある5年生以下の孫のような可愛い柑橘苗木が、「水が欲しいよー」と妄想で聞こえてきていました。特にその間、太陽が照りつける日は、そろそろ水遣り(灌水)に行かなくてならないかなあーと思い続けていました。しかしこれ結構重労働なのです。今日の一日中の雨は、まさに恵みの雨です。

昨日の朝、NHKのBS、ワールドニュース内での天気コーナーで、NZ(ニュージーランド)のダニーデンでは、最低気温マイナス3.6℃を記録したとあって、さっそくダニーデンのでんこさんに、久しぶりにメールを打ちました。寒波が襲ってきて、日中はそれほどでもないが、夜相当冷えるそうです。まぁマイナス気温ですからね。夜、外で飲食して帰る時、相当辛いとか。まぁ自宅が、世界一急な坂道道路の傍にありますからね。

返信メールの一部にあった「でんこニュース」です。

オーストラリアとの関係もあまり興味は無いのですが、以前はある程度ニュージーランド人に寛容だったのが、今ではあまり保護しないようになって来たようです。オーストラリアで育ったニュージーランド国籍の刑務所の囚人たちがニュージーランドに送還されています。また大学の学費も温情があったのが、他の国の学生扱いにするとかの話も出ていました(結果はまだ)。やはり経済が厳しくなって来ているのですね。

  シドニーの不動産の価格が暴騰してホームレスが増えています。中には庭にテントを張って、それを週1万円くらいで貸す人がいるのをニュースでやってました。オークランドでもホームレスや車で寝泊まりする人もいるそうです。今後どうなる事でしょうか。 

 ニュージーランドはクリーンな国と宣伝していますが、河川がどんどん汚れて来ています。  貿易(酪農)を活発にしたいのはわかりますが、まず汚染を防ぐ法を探ってもらいたいと思っています。 

中国の不正役人らが、シドニーの不動産を買い漁ってのバブルなのか?また後述は、行き過ぎた移民政策のツケが回ってきたのか、豪州ではこれから移民に厳しくする方針だと聞きました。昨年NZに行った時感じたのは建設現場では、まだ自国民(白人)が多く、欧州のような移民だらけではなかったように感じました。

さて本題です。

連日、テレビでは「森友学園と安倍首相」から今度は「加計学園と安倍首相」で政権ダメージ作戦で攻勢を掛けています。・・・・・・

続きを読む "でんこニュース。加計学園獣医学部新設を腹癒せで問題を大きくしたお坊ちゃん育ちの前川前事務次官"

| | コメント (4)

2017年5月 2日 (火)

連続祭日の日々あれやこれや。「流石」の語源について。朝日新聞の押し紙問題について。

5月の連休期間に入りました。天気予報では連日晴天なようで、今も煌々と太陽が照っています。外気、テラスに置いてある気温計は22℃を指しています。末娘夫婦はシンガポール生活になってしまい、いつも来ていたこの連休は来れません。長女家族も次女家族も、孫がだんだん成長してきて、様々楽しむ分野が変わり進化し、また実家に帰ってもいつもと変わらないので、インパクトがありませんからね。ウチの柑橘園でのBBQ家族パーティーももう飽きたようです。まぁ何回もやるようなものではありません。

隠居体制のウチら夫婦は、このような連休中は、自宅で休眠して、平日に活動(旅行等)をしています。この方が混雑していなく、廉価ですからね。4日には高校時代からの旧友、蘇州のイサ坊が、ウチに来て恒例になっている柑橘園BBQ、飲み放題、食べ放題をする予定です。30日まで中国の広州にて広州交易会に行っていたとか。中国の話をヨタ話も交えて聞くのが楽しみです。柑橘の木の春梢が発芽してどんどん伸びています。花の蕾も開花の準備中なのもあります。柑橘の種類に依って、その速度はまちまちです。ネーブルやダイダイが速そうです。

大昔からなんとなく違和感があったのが「流石=さすが」という単語です。以前からネットで調べてみようとは思っていましたが、調べることをつい忘れてしまいそのまま使っていました。・・・・・・

続きを読む "連続祭日の日々あれやこれや。「流石」の語源について。朝日新聞の押し紙問題について。"

| | コメント (0)

2017年3月31日 (金)

森友学園土地売買問題。民進党とテレビ番組よ、もういい加減にしてもらいたい。

3月31日となりました。昨日とは打って変わって、気温が下がり、待望のソメイヨシノの満開は、まだしばらく待たなくてはいけません。ケン坊の柑橘園にある大樹のソメイヨシノもまだ蕾のままです。これが満開になると壮大な絵となります。また雨が降ってきました。

昨年のこの3月末日に韓国のパク・クネが大統領の座を罷免され、さらに今日真夜中未明に逮捕されるということをぼんやりでも予想した人は皆無だろう。捏造されたファンタジーの慰安婦問題を肩に、反日目的で、2013年2月の就任演説で「被害者は千年怨む」とか日本を指して「歴史を正視しない国は滅びる」だとか。  

‘反日’日本批判?朴槿恵(パク・クネ)大統領の発言まとめ

前大統領李明博の末期に、日本の韓流ブームは破裂し、さらにパククネによって破壊された。まぁ、そもそも日本での韓流ブームなるものが、韓国政府と日本の広告代理店によって仕組まれていたことが確定されているが。中国人民抗日戦線勝利70周年には、習キンピラと壇上で並んで反日。さらに各国で女学生的発言で日本批判だ。国連総会でもやらかした。完全に日韓関係は冷えてしまった。オイラも彼女については散々批判・糾弾をしてきたが、顛末として今日で終わりました。結論は彼女は間違って大統領になってしまい、真相は単なる「知見のない欲深なオバサン」だったということだ。選んだ韓国国民も自業自得、特に韓国マスゴミ・ジャーナリスト達の程度(民度)の低さに関連している。

さて、日本も韓国を笑っていられない。森友学園問題だが・・・・・・・

続きを読む "森友学園土地売買問題。民進党とテレビ番組よ、もういい加減にしてもらいたい。"

| | コメント (0)

2017年3月 2日 (木)

金正男暗殺の、その後のあれやこれや。この事件は北朝鮮の無理強いで消されてしまうかもしれない。

ここのところ、前記事のようにミュージカル映画「La La Land」のサウンドトラックをYoutubeで聴いているせいか、その旋律が耳に焼き付いてしまい、ニコチン中毒のようにまた聴くということ繰り返しています。まだ映画を観ていないですが、いろいろな曲の旋律に統一性があるのか、一発でこれの旋律を覚えてしまいます。

さて、3月となりました。昨夜から今日いちにち静かな雨になりました。昔から3月は「ひと雨ごとに春が来る」と言われていますね。柑橘園の木の枝の剪定も終わり、その切り取った枝を拾い集めて焼却場に集めるのですが、これが時間が掛かるのです。大変な量となります。こちらの方が、剪定作業より1.5倍ぐらい時間が掛かります。昨日完了しました。

これから4月に来る苗木のために、植穴を掘り、元肥えを入れて置きます。これ約1カ月前までにしておかなければなりません。ヨウリン500g+苦土石灰2㎏+たい肥土として牛ちゃんパワーを混ぜた土。苗木6本なので6か所用意しなければなりません。黄金柑2本・麗紅2本・なつみ2本それぞれ2年生の苗。苗木も全て順調に成長してくれると良いですが、これある程度までの雑草駆除や水遣り(灌水)に気を使って、まさに子供を育てる気分でやらなければなりません。苗木を枯らしてしまった事が沢山あります。

さて本題ですが、13日に犯行が行われたクアラルンプール空港内での正男暗殺事件ですが、15日にそれが判明して世界に伝わり、日本のテレビでは連日推理解説並の報道が毎日続いています。・・・・・・

続きを読む "金正男暗殺の、その後のあれやこれや。この事件は北朝鮮の無理強いで消されてしまうかもしれない。"

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

オイラ、メスのカワセミに恋された。正男はメス二人に殺された

ここ数日は、みかんや柑橘類の木の剪定を午後晴天のなかでやっています、これは一般に2月に行うとされています。気温が低い時期なので、切り口から雑菌が入り難いことと、4月の発芽を控えて、その準備のため最後のバランス調整です。特に夏と秋に急速に伸びた夏秋梢を切ること。これは春梢+夏梢+秋梢が一体となった枝で、ヒョロヒョロと曲がりくねった枝に成長をしていき、枝全体をおかしくしてしまいます。またそのままではその枝からは結実しません。特に裏年の木(その年結実しない木)に多く発生をします。

Lkmh切り方も色々あります。結構難しいのです。

あと木を天から見下して、真ん中が空いているように、横から見て隙間があるように切り込みます。これは日照を多く取り入れ、風通しを良くするためです。これは、害虫や腐れを防ぐために大事な作業となります。また苗木や幼木の根元回りの雑草をカマで除去し、土を柔らかくする作業も兼ねます。

これ毎年なのですが、この作業をしていると面白いことに遭遇します。・・・・・・

続きを読む "オイラ、メスのカワセミに恋された。正男はメス二人に殺された"

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

最後の安倍首相とトランプ大統領の夕食会の最中に中共の鉄砲玉、北朝鮮がまた弾道ミサイルをぶっ放した。

ここ数日は、寒波到来で特に列島の日本海側は記録的な大雪に見舞われている。鳥取県・島根県では30年、40年ぶりとか。温暖化が進んでいるとの話に逆行しているようで。温暖化ガスの世界的増加でどうたらこうたらなのだが、30年40年前も今と同じだったのか?という矛盾に毎度反論したくなる。数年前に米子から電車で出雲大社の方に行ったのだが、電車の窓から眺める一般住宅の屋根には、必ず雪止め役物が付いていて、現地の人に、こちらは毎年雪が積もるのか?と聞いたら、昔はよく雪が降ったが、このごろは少なくなったと言っていた。今回の大雪は、大昔の時代に気候が戻ったのか?

天気予報を見ると、伊豆半島・関東(北部は除く)は毎回雪から逃れて、晴天が続いています。ウチの柑橘園の回りや、熱海中心部はすでに”あたみ桜”が開花しています。ピンク色の花で、これインド原産の寒桜で、明治初期にイタリア人が持ってきたとか。ただ迫力のあるのは、やはり4月のソメイヨシノ桜ですね。

あと連日話題になっているのが、トランプ大統領と安倍首相の2回目の会談とゴルフプレイです。会談といっても、これからの具体的なことは、担当に任せて、骨太のところだけ共同会見で発表されました。まず首脳同士の信頼を高めるための親睦を徹底しようと。・・・・・・

続きを読む "最後の安倍首相とトランプ大統領の夕食会の最中に中共の鉄砲玉、北朝鮮がまた弾道ミサイルをぶっ放した。"

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

オイラが感じた不思議な縁。 もう中共や韓国の被害者プロパガンダを日本国民は拒絶しましょう。

木曜日に、小6の孫が最後の志望校の受験をして、その日に結果がわかり、不合格となったが、翌日もう一回受験出来る体制だったので受験をした。2回目のほうが倍率が高いとか。こりゃだめだなと思っていた。結果は土曜日に判明することになっていた。その土曜日にウチに孫兄弟が遊びに来て、兄孫にご苦労さんをかねてもてなしてやろうと、馴染みのサイクルスポーツセンターに行って、思う存分楽しまさせてやった。静岡県内と神奈川県内の中高一貫校はすでに受かっているので、どちらに行きたい?なんて聞いたりした。しかし本人は偏差値のより高い最後受験の志望校がいいんだけどなー、でも諦めたと言っていた。彼ら自宅に送り届けたら、目白まで合格発表を見にいって帰ってきたママが出て来て、震える声で、「受かってたー」と一声。オイラの孫は頑張って良い結果ばかりだった。「トンビが鷹を生んだ」とはこの事か?しかしこれは完璧にママ(次女)の母力の成せるワザであることは間違いない。

ところで、ふとぼんやり考えたのだが。運命というか、なんと表現したらよいか分からないが、赤い糸とか巡り合いとか縁とか、なにか不思議な気運を感じる。オイラは、下落合にあった祖父母の家に預けられ、新宿区立落合中学校に行った。落合、中井、目白と云った範囲はテリトリーで、学校の帰りは、級友と一緒にうろうろしたものだった。やがて時代が変わり、オイラの長女は、やはり母力のお陰で、日本女子大学に行った。目白は中学時代の縄張りだったと長女に自慢をしたものだった。次女は地元というか三島にある日本大学国際学部に行った。そして三女は結果として目白にある学習院に決まった。その時も自分の中学時代の縄張りだったと自慢した。次女だけが違った。それがなんと今回次女の子供、オイラの初孫が、やはり目白にある学習院中等部に決定した。

Photo

こんな偶然ってあるものなのか。それも都内にいてではなく、地方の熱海からなのだ。それも意識してではなく、まったく偶然にそうなったのだ。36歳で子供二人を残して死んだ中学の大親友と、当時一緒に遊んだ目白界隈を思い出す。何か畏怖を感じています。

さて本題です。

アパホテルの各部屋に南京大虐殺を否定する「本当の日本の歴史」という本が置いてあることが分かり、中国政府が半狂乱になって批判・恫喝をしています。・・・・・・

続きを読む "オイラが感じた不思議な縁。 もう中共や韓国の被害者プロパガンダを日本国民は拒絶しましょう。"

| | コメント (1)

より以前の記事一覧