« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月の2件の記事

2021年8月31日 (火)

NZからのコロナ情報 コロナで大混乱を狙ったような、タリバンの無血クーデター

NZからのデンコ・メール

長らく、このブログの更新が止まっていました。知人達から「どうした!コロナか?」との問い合わせ。こちらは、6月26日に2回目のワクチン接種で、ピンピンなのです。8月は柑橘園の方も初旬・中旬と長雨で事務所に籠もっていることが多かったです。さらに今年から始めたグループLINEで、新しい楽しみを覚え、氣がそちらの方へ行きがちでした。コロナに関して、あの昨年今頃の大騒ぎはなんだったんでしょうね。当時の数倍の感染者数となり、まぁそれもこのデルタ株、以前の数倍の感染力の強さ。もはやエアゾール感染というより、空気感染に近い破壊力です。しかし、世界各国の対コロナの成績は、日本は及第点以上の成績です。ゼロコロナ対策を目指した、NZ、OZ、台湾。いままで良い成績でしたが、このデルタ株がジワリジワリと浸食してきているようです。昨日NZのダニーデンにお住まいのメル友、デンコさんからNZ(ニュージーランド)のコロナ情報が入りました。2021/08/30付け

おはようございます。
警戒されていた通り、デルタ株が入って来てしまいました。
OZもそうですが、NZも今まで感染の経験が少ないので、免疫が鍛えられていないのか、あっという間です。
NZでは病床もスタッフも不足していますから、原始的な方法(ロックダウン)で少しでも拡大を抑え、その間にワクチン接種率を上げて行くしかありません。シドニーで800人程度の入院でもう救急搬送できず、自宅で亡くなった若い人も出て来ており、NZなら100名でパンクになるかもです。
でもワクチンはイスラエルの例では12歳以上からブースターショットが始まるとのこと、新たな変異にはワクチンが効かないことも予想されるし、コロナまだまだ先は見えませんね。こうなると医療技術の進んだ日本に戻ることも考えたいです。

NZは、人口約500万人の国なので、アーダーン首相の指導力でなんとかゼロコロナを達成できるかもと思っていましたが、デルタ株はそう安々とはさせません。なまじっか感染回復者(免疫力あり)も少ないので、かえって感染スピードが早そうです。ワクチン接種率も遅れているようです。

そんなこんなで世界が大忙しの中、それを狙ったかのように・・・・・・・・

続きを読む "NZからのコロナ情報 コロナで大混乱を狙ったような、タリバンの無血クーデター"

| | コメント (0)

2021年8月 6日 (金)

このコロナ禍でなんとか、東京五輪を始めることができました。新国立競技場設計者はこの無観客を予想をしていたのか?

7月23日になんとか東京五輪の開会式を実現することができました。まさに2020年から「呪われた五輪」の様相で、テレビで開会式を見た時には、ほっとしました。日本共産党・立憲民主党、いつもの左系論調は、美辞麗句のもとに、コロナ禍開催は反対、中止か延期せよと。世界各国の状況と比較すれば、「さざ波グラフ」なのに、針小棒大に叫び続けていた。結果としては一部を除いて、無観客となったが。しかし、開会式の前からすでに試合は行われていて、その後粛々と各試合が行われ、毎日、テレビで各試合を大多数の国民は楽しんでいるようだ。おかげで、自動録画設定をしてあるワールドニュース系は、皆試合中継に変わってしまい、ワールドニュース飢餓状態です。海外のことはネットで調べるしかありません。

現在コロナは、インド産変異種のデルタ株に、ほとんどが変わり、これがまた感染力が強い。日本にはそれまで英国産変異種アルファ株だったのを、4月ごろ猛烈にインドで感染が増えたこのデルタ株に置き換わったとか。4月ごろ、インド・ネパールから流入したと。武漢株が変異してアルファ株、そしてデルタ株が攻めてきて、オセロゲームのように、国内新規感染者はデルタ株に変わり、現在コロナの80%以上になっていると。これまでの武漢株は、東アジア人種には、もとから持っていたと言われている、免疫で白人種のような莫大な感染には至らなかったが、1月頃のアルファ株では少し従来免疫が効かず、更に現在のデルタ株では、これはアジア人の免疫を超える感染力があるようだ。これまで密かに安心していたのが変わり、大慌て状態となった。迎え撃つ日本では、医療従事者や65歳以上の高齢者は、2回目ワクチン接種者など80%以上となってきた。これでなんとかと。ところが・・・・・・・・・

続きを読む "このコロナ禍でなんとか、東京五輪を始めることができました。新国立競技場設計者はこの無観客を予想をしていたのか?"

| | コメント (1)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »