« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月の3件の記事

2021年4月25日 (日)

今日から第3回目の緊急事態宣言発令  オイラの祖父の弟の著作「伊豆の番頭」の話し

コロナ禍で、今日から3回目の緊急事態宣言が、感染者多発の各都市に出ました。特に大阪が感染者多発で、今まで東京が多発は理解出来ましたが、なぜ大阪はそれほど多くなかったのかと不思議に思っていました。今年に入ってまず神戸を控えた兵庫県に英国型変異種が多発、それが大阪に飛び火して、大阪炎上となったらしい。新規感染者は大阪は千人以上が続いている。東京は800人前後。そして日本全体での7日間平均感染者数は、4千5百余人で推移してきた(4月24日5606人)。今回は、前回より更に厳しい規制で、TVワイドショーでは大騒ぎになっている。

01_20210425104501

緊急事態宣言 4都府県 暮らしに関する情報2021年4月25日

インドでは、昨日の新規感染者はなんと35万人だと。ブラジルが2位で7万人、米国が3位で5万人台、トルコが4位で4万人、フランスが5位で3万2千人、アルゼンチン6位で2万1千人、イラン7位で1万8千人、コロンビア8位で1万6千人、ドイツ9位で1万5千人、イタリヤ10位で1万3千人・・・・欧州では罰金付きの命令で、飲食店の休業命令、外出禁止命令、大収容施設の休業命令でも以上の顛末だ。ロックダウンの出来ない法体系の日本の対処は、及第点を確実に取っている。比べれば優秀なことがすぐ解る。

昨年の今頃のコロナ禍についての大騒ぎなんて、可愛いものだった。もはや現代の人間にはコロナワクチン以外ではストップ出来ない天災と考えるしかない。英国、米国もようやくワクチンの普及によりその数は徐々に減ってきた。・・・・・・・・・

続きを読む "今日から第3回目の緊急事態宣言発令  オイラの祖父の弟の著作「伊豆の番頭」の話し"

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

スタンリー・キューブリックの「博士の異常な愛情」の映画の話し

映画の話し

数日前に、偶然あの超有名な映画監督スタンリー・キューブリックについての2時間余のドキュメンタリーをyoutubeで見つけ、見入ってしまった。彼の名前を意識したのは、ネットが発達したお陰なのだが、15年ぐらい前になる。彼の作品「2001年宇宙の旅」を、22歳ごろ初めてテアトル東京(既閉館)で観た時、今までに無かった映画と感じ感動した。彼の映画に共通していることは、これまでの映画の常識破り、観客に疑問・疑問を感じさせるストーリー進行だ。この映画、どうしても謎解きがしたく、4回ぐらい劇場に通った。さらにTVビデオなどでも。

そこで暇に飽かせて、このスタンリー・キューブリックの作品をネットを通して調べた。スタンリー・キューブリック(wiki)

オイラが過去観て、今も覚えている作品は、『博士の異常な愛情』・『2001年宇宙の旅』・『時計じかけのオレンジ』・『バリー・リンドン』・『シャイニング』などがある。全て異色な作品ばかりだ。この中で、今日取り上げたいのは、『博士の異常な愛情』。・・・・・・・・・・・・・

続きを読む "スタンリー・キューブリックの「博士の異常な愛情」の映画の話し"

| | コメント (1)

2021年4月 8日 (木)

コロナ禍で期限1ヶ月遅れの所得税確定申告を完了した。オイラに関係の二人の脚本家の死

所得税確定申告を完了しました。

コロナ禍で、1ヶ月提出期限が伸びた今年の確定申告、昨日午前に税務署に行き、提出し納税もしてきました。毎年「excel確定申告」をダウンロードして、シェアーソフトなので、ライセンスキーをネット購入して、前年度のデーターの中で毎年変わらない項目は転移させ、項目の一部はコピーで、本年度分のデーターを入力です。不動産所得用、農業所得用はこれがあるので、少なくても1日分は助かります。農業所得は当然赤字です。特に昨年は防除用のエンジンをとうとう買い替えました。ヤフオクで中古品ですが、元気に稼働します。また防獣用の様々な用具も購入し、例年よりさらに赤字が膨らみました。それにより、所得計算での控除額が増へ、全体として節税の働きをします。ソフトの入力、プリントアウト編集・提出などで、今年も通算4日程掛かりました。次は法人確定申告が待っていますが、こちらはより簡単です。毎年赤字ですから。eタックスでネットアプリで作成と送信が出来るのですが、前年度のデーターをどの程度利用できるのか解らないことと、毎年すでに慣れているので、新しいやり方に慣れるのに面倒くさい。また、税務署に出向くというアナログを大事したいという思いもあります。税務署内の雰囲気を体で感じることも良いものです。

有名脚本家二人の死

橋田壽賀子が本年4月4日午前9時ごろ、自宅で逝去した、95歳で。合掌!

彼女は熱海市民ならほとんど馴染みがある。オイラと彼女は会ったことはないが、思い出がある。1986年ごろだったか、ウチの地区の隣に上多賀という地区があり、そこに山の上半分を宅地造成された熱海自然郷という別荘地がある。そこに建築開始の建物があり、市内の建築業者で懇意にしている現場監督が、「先生は、確か北米のツーバイフォー工法に詳しいですよね。知り合いの業者が自然郷で現場をやっていて、それがその工法なのだが、現場を案内しますので、アドバイスしてください」と。それが後から聞いたら、橋田壽賀子の自宅だった。・・・・・・・

 

続きを読む "コロナ禍で期限1ヶ月遅れの所得税確定申告を完了した。オイラに関係の二人の脚本家の死"

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »