« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月の5件の記事

2020年10月21日 (水)

日本の一人称・二人称・三人称と敬語と親語。米国大統領選、トランプの最終兵器となるか、ならないか。バイデン親子の不正?

2008年1月29日にスタートしたこのブログですが、当初は要領が解らず自分のブログのスタイルをどのように構築するかで色々考えました。まず自分をどのような主語の一人称で表現するかです。英語では日常語として、自分をI(アイ)、君をyouだけで表せばよいので非常に簡単です。日本語はそうは行きません。「私は、」「アタシは、」「僕は、」「俺は、」「ワシは、」「オイラは、」「オラは、」「自分は」・・・・・・・・方言まで入れれば無数な数がある。自分のブログでの主語一人称をどれに統一するかが問題でした。それぞれ微妙にニュアンスが違います。当初、「私」にしようと思いましたが、なんたってブログ名が「ミーチャンハーチャン」ですから、少し硬すぎるかな?と。次は「僕」ですが。オイラ小学校の頃、南熱海に住んでいて、周りの同年は「オラ」と言っていたのが多かった。「僕」とは言える雰囲気がなかった。そんな中でやがて「僕」を選びました。中学は新宿区の中落合で、「僕」で通しましたが、悪友が「オイラ」と常に言っていて、彼と話すときには「オイラ」で同調しました。彼は36歳で夜中、心筋梗塞で死にましたが、それまでは一生の親友として付き合っていました。それ以前に、例の石原裕次郎の全盛期で、映画では彼は「オイラ」を主語一人称としていました。「♪ オイラはドラマー、ヤクザなドラマー♪」親友は小さいころから、裕次郎の大ファンだったようだ。あるブログの幾つかで、主語一人称を「オイラ」にしているのを見つけ、そうだこのブログでの自分を「オイラ」にしようとし、今になるまで使っています。(そろそろ、ちょと恥ずかしくなっているが)

よくある「僕」だが。もともとこれは「しもべ・召使い」などいわゆる、謙譲語の範疇とか。2000年に中国上海で、ある日本企業の顧問で滞在した時に知ったのだが、中国語では、目上の人には、へりくだって自分を主語にして言う時、名字の前に「小」を付け、例えば陳さんは「小陳」と言うことを現地スタッフから教えてもらった。「僕」というのはこれに類するようなニュアンスだろう。ところが文語・口語共に、この主語を使う人物に注意してみると、大江健三郎、田原総一朗、坂本龍一、・・・・・・・等など、どちらかと言うと、左系な発言を売り物にしている人物が多い。またそれが決してへりくだった内容ではないことが多い。オイラから見ると偽善者のように見えてしまうのだ。・・・・・・

続きを読む "日本の一人称・二人称・三人称と敬語と親語。米国大統領選、トランプの最終兵器となるか、ならないか。バイデン親子の不正?"

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

デンコさんからのNZ最新情報。安楽死について。オイラ、グーグルのAIにスケベ認定をされたのか?

メル友のNZのダニーデンにお住まいのデンコさんから、16日付けのNZの最新情報が来ました。 

今日からNZからシドニー行が復活して、シドニーにはスルーで入国できます。でもNZに戻る時は2週間の隔離です。
明日は総選挙です。すでに期日前投票が前回の投票数を超えています。安楽死、嗜好用大麻について合否を問う国民投票もあるので、注目度が高いようです。
安楽死はまず通り、大麻は否決になりそう。国政選挙では 景気後退、借金だらけと経済対策には批判が多いですが、与党勝利間違いないです。
景気後退なのに家の値段がまたどんどん上がっています。超低金利と、NZに戻って来たNZ人が増えたからとか言われています。
ヨーロッパやアメリカ在住だったコロナ避難NZ民、中には有名人や知識人なども含まれているようです、NZにとっては良いことと歓迎されていますが、コロナが落ち着けばまた出て行くと思いますけど。
 ところで日本のPCR検査は感度が良すぎるとか?ベトナムで陰性だった人が日本入国時で陽性だったとか?NZにいた日本人も日本入国時に陽性が出たことがあって、NZでの行動がチェックされて大騒ぎでした。もっと感度を下げてほしいですね。そしたらこの冬日本で感染爆発がなければ、私も来年早々には日本行可能になりそうなので。
ベトナムから日本への入国者、空港検疫で新型コロナ陽性相次ぐ理由2020/10/14

<ベトナムでは9月4日以降42日間続けて市中感染が確認されていないが、9月と10月にベトナムから日本に到着し、空港の検疫で新型コロナウイルス検査を受けた人のうち、10人以上に陽性反応が出た。 >

安楽死について

NZでは、今安楽死が政治課題になっているとか。一般的に安楽死には2つあって、積極的安楽死と消極的安楽死で分かれている。多分NZで行われている国民投票での安楽死は積極的安楽死だと思います。デンコさんの予想ではこの積極的安楽死がNZでは通りそうだと。・・・・・・・・

続きを読む "デンコさんからのNZ最新情報。安楽死について。オイラ、グーグルのAIにスケベ認定をされたのか?"

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

中折れ台風14号。LINEのビデオ通話を拡散しています。人生は楽しい。

台風14号

2日ぐらい前の時点では、台風14号は土・日には、中心が伊豆半島南端、房総半島南端をかすめ、三陸沖の方に抜けていく予想で、こりゃ少し注意をしないといけないと思っていたのですが、あのいきり立った進行方向から急遽変更で、丸く円を描くように南下して、問題の土・日はほとんどこの地域は影響がなくなりつつあります。まるで日本列島が好みに合わなかったのか、精力が足りなかったのか、中折れ台風14号でした。まるで嘗ての社民党又市のような台風14号でした。こんな台風はめったになかったと感じました。

心配したのは平地圃場約1000㎡に6年生・7年生の青島みかんの木が22本、すくすく育っているのですが、昨年まで木の成長を優先して、果実を全部摘果していたのですが、今季から若木として初めて果実を生らせて、収穫を楽しみにしています。しかし、まだ幹の太さもそれほど太くなく、台風の大風で煽られると木が根からひっくり返ってしまい、下手をすると果実が全滅の可能性も。とりあえず簡易に支え支柱をくくりつけていますが、完全ではないのです。理想的には三叉に組んで3方支柱で支えるのが良いのですが、そこまで間に合いません。運に任せるしかありません。良い香りを楽しませてくれたキンモクセイの花がこの風と雨でほとんど落ちてしまいました。

ビデオ通話

以前記事にもしましたが、・・・・・・・

続きを読む "中折れ台風14号。LINEのビデオ通話を拡散しています。人生は楽しい。"

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

トランプがロッキーのテーマ曲で帰ってきた。日本学術会議問題でテレビのコメンテーター達の言わない事。いつまでも性善説で語っちゃいけないよ!

植物は正直なもので、柑橘園周辺には9月の彼岸から真っ赤な曼珠沙華(彼岸花)が競い合って咲き乱れ、10月に入ってさらに庭のキンモクセイの花芽が出て、6日の今日は咲き乱れ独特の香りが漂っています。この香りは最高のプレゼントです。

トランプは武漢コロナの治療をしていた軍の病院からホワイトハウスの個室に移りました。公表通り5日でした。移動の時専用車の窓から応援団に手を元気に振り、まるでロッキーのテーマ曲が流れているかのようでした。この後どうなるか、まぁ十数人の医療班が付いて最高の治療が行われるはずですから、無事生還ということになるでしょう。ただまだ油断はできませんが。

日本学術会議問題

国内では日本学術会議の今回の選考において政府側は6名の学者を認めなかったことから大騒ぎとなっています。今朝の朝食時に観たモーニングショー。青木・菅野・玉川の薄い知見で何でも政府批判の最悪馬鹿トリオが出演。あれやこれやと妄想を元に「学問の自由を脅かす」とやっていた。

ところで、オイラ、30代(約40年前後前)の頃は建築士会に所属し、会費を払って様々な建築関連の法改正の受講や会員間の親睦を図っていた。このころはまだインターネットなどなく、情報はこれらの会に所属しないと正確な情報を得られなかった時代だった。熱海支部など各市単位から県支部単位などで構成されていた。その中に委員会・小委員会もあり、活動もそれなりに活発だった。40代半ばで厭きてしまい、また会員間で嫌なことも起こり脱会したが。

建築界では権威があると云われているのが、一般社団法人日本建築学会とJIA公益社団法人日本建築家協会で一般に建築学会・建築家協会と言われている全国組織だ。現在建築学会の会員は3万4千余名で発足は1886年と大変古い。日本建築家協会の発足は1947年で会員数は7千余名だそうだ。今はどうか知らないが、当時、入会には既会員の2名以上の推薦を必要としていたと記憶している。これが既得権益となっていた。勿論資格審査もあるが。メイン舞台が東京なので、これに入ろうとは思わなかった。その他一般社団法人日本建築士事務所協会というのがあり、県単位で建築士事務所を経営する者の集まりだった。これも上部組織として連合会というのがある。

建築設計や建築施工には、様々な関連法規が入り乱れていて・・・・・・・・・

 

 

続きを読む "トランプがロッキーのテーマ曲で帰ってきた。日本学術会議問題でテレビのコメンテーター達の言わない事。いつまでも性善説で語っちゃいけないよ!"

| | コメント (3)

2020年10月 4日 (日)

オクトーバー・サプライズはトランプ大統領の武漢コロナ感染だった。まるで喜劇のようなことが起こった。

驚いてしまいますね。10月の1日にトランプの女性側近スタッフのホープ・ヒックス嬢が武漢コロナの検査をしたら陽性が出たと。やばいとトランプ夫婦が検査をしたら、夫婦共に陽性で感染していた。それを2日にトランプが「コロナに感染しちゃった」とTwitterに投稿、米国、世界中が大騒ぎになってしまいました。あと1ヵ月後11月3日に大統領選挙があるのに。まるでコメディーのようなオクトーバー・サプライズが起こりました。彼はマスクをするのが大嫌いのようで、側近スタッフらにもマスク着用は徹底していなかったのようだ。そのことは随分前から衆知の事実でしたが、医療班がしっかりサポートをしているのだろうと受け取っていましたが、ありのままだったことにビックリ仰天。数千人の演説会でも設営班スタッフはマスク着用には無頓着のようで、テレビで会場風景を見ると、半分以上がマスクをしていないで、ワーイワーイ!と叫んでいる。これじゃあクラスター発生は「あったり前田のクラッカー」(少し古い)だ。そのままホワイトハウスのスタッフ達もこの状態。ペンス・イバンカ・クシュナーは陰性だったらしいが、他14名が陽性だったと。完全にホワイトハウス・クラスター発生だ。トランプとしたら、あのランボーの様に強い体を見せたかったようだが、武漢コロナはそんなことは通用しない。ブラジルの大統領ボルソナーロとまったく同じパターン。

10gatu

早速軍用へりで病院に入院した。・・・・・・・・・

続きを読む "オクトーバー・サプライズはトランプ大統領の武漢コロナ感染だった。まるで喜劇のようなことが起こった。"

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »