« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月の3件の記事

2020年6月21日 (日)

反日種族主義国同士のケンカが始まった。従軍慰安婦問題は旧挺対協代表のカネずるだったことが公になった。朝日新聞と日本の協賛運動家はどうする?

まぁ、2020年今年は次から次へとめまぐるしく混沌が起こりますね。オイラの自動録画の再生も忙しい。武漢コロナ禍の中、北朝鮮が韓国へのストレスが溜まりに溜まって、金正恩の成人後見人のようになったのか金与正が、天の声を発し、韓国への嫌がらせとして、開城(ケソン)工業団地にある南北共同連絡事務所の建物を爆破しその映像を内外に公開しました。文在寅(ムン・ジェイン)政権の韓国は2018年の平昌五輪以来、南北の平和、友好、協力、和解、共存…などといって浮かれてきた。文大統領はこの2年間、「金正恩委員長は信頼できる」「非核化の意思は間違いない」…などと、韓国だけでなく国際社会に触れ回ってきた。いわば南北二人三脚で世界をだましてきたことになる。

当初米国トランプはこれにすっかり騙され、しかし途中から騙されたふりをしつつ、経済制裁は解除しなかった。文在寅は、外交の天才だと自画自賛していたが、結局米国を騙し、北朝鮮を騙しがすっかりばれてしまった。コロナ禍で北朝鮮は今や、食糧さえ不足してきて、1990年代の飢餓の再現、内乱がおきる寸前まで来ているとの情報もある。また、もはや30年続いている日本軍従軍慰安婦の謝罪と補償獲得運動の旧挺対協の代表だった尹美香(ユン・ミヒャン)と同じく二人三脚でここまで来た、モンスター洋公主の李容洙(イ・ヨンス)が結局カネを巡っての仲間割れで、様々な補助金、寄付金を尹美香が自己流用をしていたことを暴露し、韓国検察が捜査となり、実態が解明されつつある状態だ。

怪演洋公主の“独立騒動”…哀れ捏造派キャットファイト2020年05月12日

この30年は、そもそも日本の朝日新聞と吉田清治、福島瑞穂、高木弁護士、保坂祐二、・・・・・ 国連に持ち込んだ戸塚悦朗弁護士、国連クマラスワミ・・・・・等など日本側のマッチポンプで韓国政府と世論が沸騰して、韓国内でのテレビドラマや、「鬼郷」などのフィクション映画で、国民ファンタジーが作られ、後戻りできない事態に発展した。上記協力日本側・国連側にもその都度挺対協から協力金がばら撒かれていないはずがない。その辺が暴露されると良いのだが・・・・・・・ 

続きを読む "反日種族主義国同士のケンカが始まった。従軍慰安婦問題は旧挺対協代表のカネずるだったことが公になった。朝日新聞と日本の協賛運動家はどうする?"

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

米国では溜まる一方のストレスで、レイシスト反対デモが大盛況となりました。さらに武漢コロナが感染します。欧米の一部はなぜこんなに民度が低いのか

ネットショッピング

昨夜から小雨で、今日は雨の一日でした。いよいよ梅雨の季節です。これから一週間の予報を見ても、小雨と曇り、時々晴れと続きます。一人10万円の給付金は5日に振り込まれていました。このごろは、買い物は、ほとんどAmazonです。小売業の世界はますますネット通販に移行しています。数日前、防除用のエンジンのオイル漏れが毎回止まらないので、調べてみたら、昨年汚れたオイルを抜き、手持ちのワッシャーをボルトに付けたのですが、これが原因でした。オイルドレーンボルトに付けるワッシャーは専用の種類でなければならなかったことを知らなかったのです。また常にワッシャーは新規にしなくてはならない。確かにエンジンは高熱になり、特別仕様のワッシャーでなければならないとネット検索で知りました。そこでホームセンターで探したら、あったのですがM12サイズしかなく、それを買って戻り、ボルトに嵌めてみたら、やはり嵌まらない。ボルトはM14サイズだったのです。そうだAmazonで検索してみようと。そしたら様々なサイズがあり、即注文して翌日届き問題なく、この2か所あるオイルドレーンボルトを締めあげました。最近でも、Webカメラ、点火プラグ、カーテン、等々ほとんど買い物はAmazonで、ショップに行って買い物ということは、大変少なくなっています。ネットショッピングでは、商品は無限にあり、買いたいものを詳細に調べることができますからね。10年ぐらい前と比べると、ネット商品は天文学的に増えてきて、それこそ何でも探せ、何でも購入出来る世界になっています。ますます店舗は不要な時代になって来ています。

Black Lives Matter ブラック・ライヴズ・マター

5月25日にミネアポリスで起こった事件で、警官が、犯人の黒人(アフリカ系米国人)を取り押さえ、膝で彼の首を押さえつけ、8分後気絶してそのまま死亡した事件だ。その一部が通行人のスマホカメラで記録され、SNSに投稿、それをマスメディアがニュースで放映し、そこから全米に火が付いた。様々な都市でBlack Lives Matter の標語を掲げ、デモは市警を行政を、そしてトランプ政権を糾弾した。デモは勿論黒人達だが、映像で見ると半分ぐらいが白人も参加している。この標語の日本語訳はその空気の中にいないと難しいと。・・・・・・・・

続きを読む "米国では溜まる一方のストレスで、レイシスト反対デモが大盛況となりました。さらに武漢コロナが感染します。欧米の一部はなぜこんなに民度が低いのか"

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

アベノマスクが届きました。今回の武漢コロナと毎年の各種インフルエンザの被害を客観的に比べて考えるべきと思う。落ち着け、餅つけ!

2020年も半分の折り返しとなりました。どんどん月日は経って行きます。まぁこの半年は武漢コロナ禍によって、歴史に残る期間となります。特に感染症の流行の規模に関して、約100年前のスペイン風邪を思い出させます。欧米・南米と比べれば、日本では毎年流行するインフルエンザより少し被害が多かった程度で一旦結論が出そうです。

6月1日に例のアベノマスクが届きました。ウチは2つの住宅を2階で繋いでいるので、当然玄関は二つあり、双方にアベノマスクがポスティングされていました。一所帯2枚パッケージです、これが二つ、ラッキーというかなんというか。郵便配達ではなく、市の職員か市の下請業者かがポスティング。御苦労様でした。散々カミツキ猿蓮舫など野党が悪評を立て流していましたが。全国民への一斉配達なんて、これも歴史史上初めてかもしれませんね。洗える布マスクって懐かしい。学童のころ散々お世話になったものです。給食当番、流行性感冒の時等など。1枚7回洗濯して7枚分となります。お陰で5月中旬以降、それまで買い占めをしていた悪達が、一斉に放出して、どんどん値が下がってきているという報道です。中国でマスクや防護着を生産していた国内メーカーは、日本に急遽大量輸出しようとしたら、中国政府から輸出禁止令が出て、ストップさせられたとか。そんな背景があってのアベノマスクなのですが、マスメディアは一向にそんな背景を伝えない。まさに売国奴と言いたくなります。今やマスク販売は通常に戻りつつあり、ましてオイラはほとんど、使用しなければならない場面はすくないので、この二つは記念にとっておきます。ただ道路に出ると、マスクをしている人は多く、相手はオイラを知っていて挨拶をするのですが、目の回りしか見えませんので、誰に挨拶されたのか解らないままに、挨拶を返しています。

マスメディアは、武漢コロナで煽ること毎日ですが、毎年のインフルエンザに今年はどのくらい感染したのか?どのくらいそれに依って死んだのか?一切話題から外しています。この点は初期のころから池田信夫らが指摘していました。そしてこのブログでも。

なんと1日50人以上「インフル死者」が日本怖いのは新型コロナだけじゃないで急増する不気味

2016年1463人→2017年2569人→2018年3325人。ここ数年、インフルエンザで亡くなる人が増えている。2019年も1~9月の集計で、すでに3000人超。統計データ分析家の本川裕氏は、「怖いのは新型コロナウイルスだけではない」という――。

因みに武漢コロナ禍のパンデミックに襲われた米国がナンバー1だが、実はこれが始まる前、2017年から2018年米国ではインフルエンザ感染者は4500万人超え、死者は6万1千人超えだったという事実だ。新型肺炎以上の脅威、米でインフルエンザの死者1万人超に

毎年の各種インフルエンザの致死率と今回の武漢コロナ、感染力と致死率はそれほど変わらないのに、この大騒ぎは、何か武漢ロックアウトの報道に影響されたインフォデミック(Infodemic) で世界中がかく乱された、まさに中共のメディア戦略に嵌ってしまったような気もします。武漢からの臨床報告も何か作為的なものもありました。発生源もやはり研究所から流出をなんとか誤魔化そうというように見られても仕方がありません。

その結果、世界中で生活上の規制が長く続き、ストレスが溜まり爆発したのが、今回の米国でミネアポリスの白人警官が、黒人容疑者を膝で首絞め8分間で死亡した事故に触発された、人種差別だ!というデモと暴動の勃発でしょう。ワシントンDCのホワイトハウス前の中央大広場にデモ隊が集まり、周辺では暴動が起きています。これが米国中のいくつかの都市でも勃発しています。トランプは鎮圧に頭が一杯です。1992年5月からのロス暴動を思い出します。これ、容疑者の拘束中、体力に勝る黒人の押さえつけで起こった事故でしょうが。警官だって怖いからね。

さて、恒例の武漢人工コロナの各国の成績表です。(だんだんこのコーナーに飽きてきていますが)・・・・・・

続きを読む "アベノマスクが届きました。今回の武漢コロナと毎年の各種インフルエンザの被害を客観的に比べて考えるべきと思う。落ち着け、餅つけ!"

| | コメント (1)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »