« 2019年の夏。eメールアドレスについて。三島大社の大社の杜で聴いたクラリネット | トップページ | 16日に都立青山高校時代のクラス会で若返りました。 »

2019年10月11日 (金)

消費税10%になったが。世界はまたまた混沌としてきた、まさに中東は準世界大戦だ。ウチら地域に台風19号が来るぞー!

日本でも、消費税が10%となった

10月1日から消費税が10%(軽減税率は8%のまま)になりました。9月31日まではその準備やなんやらで、テレビ界は大騒ぎでした。まるで奈落の底に落ちるような煽った番組もありました。2%のUPということですが、例えば元価1000円のものが、今まで消費税込みで1080円でしたが、これが1100円になるわけで、1100円/1080円=1.018518518518519つまり1.85%の値上がりということで、2%の価格値上がりではありません。毎回同じものを買い続ける人は、感じるかもしれませんが、そのような人はあまりいません。食材などは軽減税率8%のままなので、増税はありません。オイラ、アマゾンやモノタロウで、宅配で買い物をすることが多いのですが、同じ品物を買うこともありませんので、この価格変化には気が付きません。但し観念論的に感じるだけです。もちろん理論的には、年間支出を厳密に計算すると、そこで初めて気がつくといった具合です。

海外に滞在すると、ほとんどの国では、消費税または売上税いわゆる付加価値税が付加されます。もちろんそこで買った品物をそのまま母国に持って帰る際、空港の税関でその分の払い戻しを受けますが、面倒臭いのでやったことはありません。厄介になったその国への寄付だと思っています。過去の記憶では、米国は国として一律の付加価値税はなく、州単位で決められています。また消費した種類によっても違うようです。つまり非常に複雑です。米国ワシントンDCでは確か10%前後、ニューヨークでは9%前後か?とにかくあちらのレシートでの印刷はそれを狙ったかのように、数年立つと消えかかって判別が難しくなります。さらに付加価値税のない州もあります。まぁそれよりも北米は、チップが厄介で、相場は合計金額の15%~20%が、半強制的に取られて普通です。カナダのバンクーバーでは、国の税率と州の税率の二本立てで、確か14.5%前後だったと記憶しています。まぁEU国は更に消費税が高く20数%なんてのがザラにあります。宿泊費、飲食代、その他サービス代は、付加価値税の払い戻しなんてことはありません。中国ではこれを”増値税”といって、モノには16%、サービスには6%が加算されます。中国の国の収入の約4割が、これを含めた流通税として国庫に収められます。

EU国ではチップ制は一般的になくなりまして、北米と比べ金主元とすればラクチンです。近年日本への旅行者がうなぎ登りに増えてきていますが、国際的に日本は物価が安い状態のまま、付加価値税(消費税)がこれでやっと10%(オーストラリアと同じでNZは15%)と国際的にも低い事、チップ制がないこと、外国人に優しいサービスが多い事などが要因としてあります。これらが主に「お・も・て・な・し」なのでしょう。オイラが外国人ならこの点では日本を選ぶ。まぁ付加価値税は外国人も同じように払うことになるので、日本国の収入として、歓迎なのだ。日本へのインバウンド2018年度の実績、約3千1百万人が落とす10%の付加価値税は半端な額ではない。もちろんこれは国庫に入る。

世界は今、各所で群発地震のように、大問題が続発している。・・・・・・

ベネズエラ

この頃、報道からすっかり消えたようだが、中南米のベネズエラ。元バスの運転手だったマドゥーロ大統領政権と反体制派のグアイド暫定政権とで、くんずほぐれつの戦いがあったのだが、国民のかなりは近隣国に避難し、大騒乱の状態だった。債権国の中国、やロシアは体制側を擁護。ここに来てトルコまで体制側を擁護のようだ。そりゃそうだ、ゼネズエラへの融資がパーになってしまうからね。米国は自分の庭を守りたいので、グアイド暫定政権を擁護。こんな報道が今年の6月ごろまであったが、このごろは、ほとんど日本のメディアでは取り上げなくなった。チャベス大統領のころから取った、原油輸出のカネを庶民に配り過ぎて、国の国庫のカネがなくなっての大混乱。さてこれからどうなるか。なんたってこちらで産出する原油は、ドロドロで、精製にカネがかかりすぎるらしい。

中近東紛争

イラン、シリア、イラク、サウジアラビア、イエメン、レバノンそしてイスラエル。絡んでトルコ。ISがやっと2014年以来からの勢力が減退して滅亡への道なのだが、この地域は、いつまで経っても、火薬庫の状態だ。イランへの制裁も、EU国と米国とで足並みが揃わず、トランプはシリアに駐屯していた米軍を撤退させるようだ。これまでISを壊滅に導いたクルド兵を守っていたが、手を引くよと。国を持たないクルド人をトルコは自国の防衛からクルドに敵対している。クルド人の居住勢力地域は、イラン、シリア、トルコ、イラクと跨って、約3千万人の勢力だ。自国に為にと女性まで兵士となって涙ぐましい。現在クルド人が捉えたISの捕虜は1.4万人いると云われている。3百余万人のシリヤや紛争国からの避難民を引き取っているトルコとすれば、いざとなったらEU国に放出するよと脅しを掛ける。まぁ、トルコとしても負担が大きい。それでなくても、EU国は北アフリカ地域からの避難民、経済難民の流入に手を焼いている。

英国のEU離脱の原因も、この避難民の引受割当に怒ってというのも原因だ。ギリシャの海岸にたどり着いた幼気な子供の死体の写真を見て、可哀相が優先して、引受を下したメルケル首相が原因なのだ。SNSで避難民間にすぐ伝わり、数百万人がEU国目指しての民族大移動だった。古代にゲルマン民族の大移動があったが。核爆弾を持てば、イランは優位に立てるとの希望をいつまでも捨てきれない。この国が持ってしまったら、人口1億超え、原油生産圧倒的なイラン、ましてイスラムシーア派国家だ。中近東にとっては、北朝鮮以上の怖さがある。イスラエルは噂ではもうすでに核開発はしており、ユダヤ教とイスラム教との核戦争が始まる恐れがある。狂信的な宗教国家は怖い。この中近東地域は、準世界大戦が続いてきたとも云える。独裁的国家のイランや北朝鮮に核爆弾を持たせては絶対いけない。核ミサイルもだ。今ニュースで、クルド軍とトルコ軍の戦闘がおっぱじまった。

香港デモ

香港の一国二制度がどんどん破られてきて、

2019年香港民主化デモは、2019年6月9日に逃亡犯条例に反対するために開かれたデモを最初に始まり2019年10月時点でも続く香港の民主化デモ。初日の2019年6月9日のでもには主催者発表で103万人が参加した。また、2019年6月16日には「逃亡犯条例の改正撤回」と「行政長官の辞任」を求めて、香港史上最大の約200万人が参加するデモも開かれた。これは6月9日のデモ参加者数の約2倍で、天安門事件での参加者約150万人も上回っている。また、2019年時点の香港の人口は約750万人であるため、このデモには香港市民の3~4人に1人が参加した事となる。

香港島は1842年に南京条約で、英国に永久割譲され、1860年には、北京条約で九龍半島の南部の市街地が新たに英国に割譲された。1941年から1945年までは、日本が占領し、英国を追い出したが敗戦で、それ以後また英国の植民地となった。そして1997年7月1日に、英国から中国に返還・譲渡がされた。香港島は給水を中国本土に頼らなければならない。九龍半島側も同じで、中国がそれを中止したら干上がってしまう。そこで50年間は、本土の制度ではなく、香港の自治として”一国二制度”を守るという条件で英国は撤退した。中国側は特に金融について香港を世界への窓口として利用してきたわけだが。

オイラ、1976年ごろカミさんと観光で香港に行ったことがある。まだ英国の雰囲気がムンムンで、ホテルのエントランスには、制服を来たターバン姿のインド人の門番が立っていた。当時としても古い映画で1955年制作の「慕情(Love Is a Many-Splendored Thing)」があったが、この主題歌と映画の映像を頭に浮かばせながら、ケーブルカーで舞台となったビクトリヤ・ピークに登ったりした。朝鮮戦争に出兵した恋人がせっせと恋文を送るのだが、これが配達の遅れで、もうすでに戦死しているのに、それを待っている彼女は毎回読んで明日への希望の念に燃える主人公の目の輝き。あと香港を舞台とした映画で「スージー・ウォンの世界」(1960年)というのがあったが、この映画は結局観なかったが。カミさんはその後、JALの時代の友人の娘が香港の弁護士と結婚して、その友人と一緒にその娘を訪ねて香港に再度行った。不幸にもその友人は10年ぐらい前にガンで逝去した。

今はどうなっているのか、アバディーンというところに、海上レストラン(船上レストラン)があり、そこに行くのに、小さな木造船で女性(婆さん)が櫓を漕ぎで往復するのだが、チップでもめた記憶がある。またタイガーバーム・ガーデンというのがあって、グロテスクな像が並んでいるのを見学。タイガーバームとは、何でも良く聴く軟膏で独特な匂いがした。観光客は安いのでほとんどが土産に買っていた。この軟膏で儲けた実業家が造ったガーデンだった。今年の4月に孫を連れて、白馬にスキーに行ったが、香港からのお客と多く出会った。若いペアーがいたので、このタイガーバーム・ガーデンのことを聞いたのだが、全然知らなかった。調べたらかなり前に閉鎖になっている。あの若ペアーも香港デモにはきっと加わっているかもしれない。加油!加油!

Cimg0684_r_20191010174501

香港人は日常広東語を話す。マンダリン語(北京語)ではない。今の中国政府は、絶対香港・マカオは独立などさせない。約束の50年、2047年までジワジワと真綿で首を締めるの如く、香港人を飼いならしていくのだろう。香港人は文化的にはG7の国々、英国の思考に慣れ親しんでいるので、海外に移住する人々が多いそうだ。古くからいる香港人は英国の国籍も持っている。1997年以後、多くがカナダのバンクーバーに移住して、ここが世界一中華料理が美味しいところとなったとか。腕の良いコックが移住したからとか。オイラもこのころ、仕事の関係でバンクーバーによく行ったとき、そのような話を多く聞いた。そのころでさえ、バンクーバー周辺も含めて、香港からやらの中国系住民は3割を超えたと聞いていた。今は4割になっているかもしれない。中国の習近平政権Vs米国・英国などの先進国との戦いは激しくなっていくだろう。中国の覇権を止めるには、経済・金融で締め上げるしかないのが回答だろう。それにしても彼女は可愛らしかった。

南朝鮮(韓国)と北朝鮮

ここに来て、韓国では国が二分されてきました。文在寅政権支持と、反政権派です。デモ参加者の数では反政権が勝っているようです。反日も反安倍デモも、ここに来てどこかにすっ飛んでしまいました。もともと朝鮮人は嘘をつくことには長けています。罪悪感なんてものはありません。最近のデモ参加者が300万人だとか大手メディアが言っていましたが、香港デモより上だと言いたいのか。計算すれば、50万人前後でしょう。なんであんなにすぐ分かるような嘘を平気でつくのか?政権内でも政治家、官僚は国際的舞台でも平気で嘘を付きます。韓国国内の裁判でも証人の偽証罪が、日本と比べ10倍以上多い国民です。韓国の詐欺関連犯罪件数は、日本の約60倍で恐らく世界一。人口は日本の半分なのに。だからあのトランプからして、「なんであんなに嘘つきばかりなのだ」と怒るわけです。日本の朝日・毎日も反日・嘘記事は多く書きますが、政権側にメディア会社の重要人事を政権側人事に変えられる、韓国のマスゴミは、政権側の顔色を伺いながら記事を仕立て上げます。それを頼りに日本のメディアも従います。中央日報、朝鮮日報、聯合ニュースなどの日本語版も韓国に都合の悪い記事は報じません。韓国と日本は距離が近すぎる為、日本の報道会社はカメラマンを常駐させなく、映像は韓国の報道会社から送られる映像に頼っていることが多い。

そんな中あの「玉ねぎ男」の法務長官人事では、まさに違法の総合デパートの如く次々と。確かに韓国の検察の裁量は度が過ぎていますが、過去の数々の大統領の起訴は別に冤罪ではなかったので、それだけ韓国の為政者は違法なことが多すぎたという証でしょう。これは歪な韓国社会、本貫(ほんがん)に根ざした血縁組織、道に分けられた地域組織などたっぷりの下地があるわけです。本貫の1人を皆で応援して、立身出世すると、周りがそれを利用するという利権にぶら下がっている。日本の歴史に関しても、誰かに都合よく伝聞され、嘘の塊を事実だと錯覚し、火病を発して弾劾運動に持っていく。慰安婦婆さんの証言など、検証すればクルクル変わり、多くの嘘がまじり、本人でさえわけが分からなくなってしまう。

文在寅は、北朝鮮との国境38度線を非武装地域にしてしまった。金正恩の機嫌次第で、いつソウルが火の海になるかもしれない。第2次朝鮮戦争が始まるかもしれない。韓国から夥しい数の避難民が船で日本海を渡ってくる可能性は多いにある。北朝鮮も漁港にある数千隻の木造漁船に乗って日本海を渡る。まさに地獄状態になる恐れはある。ある韓国人が言っていたが、日本に観光旅行に来るのは、あらかじめ日本の地理・地形・文化に慣れ親しんで、将来日本に避難する場合の準備だと。ここで、太り過ぎの金正恩が、心筋梗塞でコロリとなったら、北朝鮮は歯止めが効かなくなる可能性もある。中国にしろ、北朝鮮にしろ、韓国にしろ、日本は憲法9条で、専守防衛しか軍事行動が出来ない国だと十分理解している。軍力はそれなりにあるにしても、攻撃に関しての法律的抑止力がない。つまり軍事に関して普通の国家ではないのだ。GHQが作った憲法9条を後生大事と守ってきた。自衛隊員が戦死したら可哀想だ、だから憲法は変えないと。世界はそんなに甘くはない。

台風19号が来る

またまた大きな台風が来ます。昨日の予想では、中心が伊豆半島南端から伊豆半島を縦断、熱海を通って関東にというコースが、今11日14時の現在の予報を見ると、東側にずれ、伊豆大島を通って、相模湾⇒東京湾を通って、千葉県船橋あたりに上陸し北上するコースに変わりました。なんと、台風15号とほとんど同じ様なコースです。千葉県は踏んだり蹴ったりだよ。現在中心気圧は925hPsで未だ非常に大きい。昨日は庭、ベランダの鉢植えを整理したり、伸びすぎた枝を切ったり、また、山の柑橘園を点検したり、家庭菜園を点検したりしました。風はともかく大量な雨が降りそうです。

オイラが10歳、昭和33年に襲った狩野川台風(台風22号)と同じようなコースと規模だと。気圧は上陸時935hPs、最大風速37.5m/s、総雨量753ミリだったそうで、狩野川流域が決壊して、中伊豆、修善寺、大仁町など死者・行方不明者が853名だったと。伊豆東海岸にあるオイラの地域も、河川が氾濫し、土石流が川を流れて来て、大きな石が川底に流れて着いたのを記憶している。各家々は大した被害はなかったが。この台風は南関東にも被害をもたらした。それ以後ウチらの地域では、いくつかある河川の護岸工事が整備され、山の沢に砂防ダムがいくつも築造され、こんにちに至っている。

さっきまで断続的に小雨が降っていたが、今は止まった状態。大変静かだ。まさに嵐の前の静けさとはこのことをを云うのだろう。今夜からだんだん激しくなり、明日は一日中大雨、強風の12日を過ごすことになる。

追伸1:10月12日AM8時発表では、台風の中心は、伊豆半島先端西に上陸し、伊豆半島縦断、熱海上空を通って鎌倉を抜け、神奈川⇒東京⇒茨木⇒太平洋を北上との予報です   12日AM9時 記

追伸2:10月13日AM7時記 台風19号の中心(目)はPM7時ごろ伊豆半島先端の西側に上陸、そのまま縦断でPM8時ごろ熱海上空を通過、以下上記の通り抜けて行きました。この台風、尻尾がない台風で、熱海上空を通った時は、いわゆる台風の目に入った状態で、風雨も収まり静かになりました。尻尾がない台風なので、これで終了です。PM9時以降少し強風も吹きましたが、大したことはありませんでした。台風15号は強風台風、この台風19号は大雨台風でした。神奈川・関東は河川が氾濫した箇所がいくつも発生しましたが、15号のように風で電柱が倒れたというケースはまだ見ていません。かなりの家屋が床下、床上浸水の状態です。ウチらの地域は被害としては皆無でした。カミさん、いくつかの窓に養生テープでユニオンジャック(米印)に張りましたが、風の状態から見ると、結果的にはその必要はなかったようです。まぁカミさんの心の安らぎには効果があった事でしょう。自家製雨量計では総雨量は246ミリでした。

|

« 2019年の夏。eメールアドレスについて。三島大社の大社の杜で聴いたクラリネット | トップページ | 16日に都立青山高校時代のクラス会で若返りました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年の夏。eメールアドレスについて。三島大社の大社の杜で聴いたクラリネット | トップページ | 16日に都立青山高校時代のクラス会で若返りました。 »