« 消費税10%になったが。世界はまたまた混沌としてきた、まさに中東は準世界大戦だ。ウチら地域に台風19号が来るぞー! | トップページ | 台風19号の爪あとが、半端ではなかった。オイラの柑橘園でも起こっていた。 »

2019年10月19日 (土)

16日に都立青山高校時代のクラス会で若返りました。

前記事でも触れましたように、10月16日にオイラが代表常任幹事をしている都立青山高校時代の2クラス会、「すみえ会」を開きました。今回で第18回となります。「すみえ」というのは担任の教師の名前で、1967年の3月、オイラが議長をしていた最後のクラスホームルームで、卒業後にクラス会をやっていこうと全員で決め、その会の名前を、担任教師:宮崎寿美枝先生の名前をもらって、「すみえ会」とつけることに、全員一致で決まりました。そして取り敢えず、オイラが永久幹事ということに。オイラ、根が世話好きなのか、1・2・3年ともクラス選挙でクラス議長に選ばれてきました。卒業後、随時先生をお呼びして、この会は行われて来ましたが、第10回の時、それまで曖昧だったので2年ごとに必ず開催する事と決まったのですが、退職して故郷の佐賀県唐津市にお住まいだった先生が、2005年第11回開催日の1ヶ月前に逝去されました。で、その後は、クラス会の開始に先生を悼む黙祷から始めます。この会は、その都度、実行担当幹事を決め、オイラがその度に担当幹事の補佐役と会計管理をしています(尻の引っ叩き役)。

今やネット時代なので、eメールアドレスを登録してある人には、案内文その他は全てeメールで処理していますが、女性に多いのですが、登録していない、または、eメールのない人もいて、それらには昔のように郵送で処理をしてます。毎回心配なのは、eメールにしろ郵送にしろ、返信のない人がだんだん増えてくることです。元気なら良いのですが、ご不幸になっている場合があります。住所が変わった人もいます。またここ数回の問題として、早くもボケが始まった人もいることです。まぁ年齢的に不思議ではありませんね。やはり電話が確実と、怪しい人には電話をしますが、案の定、その会話は、ボケとツッコミの漫才のような喜劇が起こります。仕方がないことです。逝去した人は探しようがない場合が多いです。返信には出席・欠席以外に必ず欠席でも近況コメントを入れるようにと、お願いしています。

今回の「すみえ会」は・・・・・・・

都立青山高校の校門前にPM2時に集まって、すぐ近くにある完成間近の国立競技場の見学です。この競技場は、無駄が少ない設計のようで、建設費も以前のザハ・ハディットの設計より、そうとう廉価でできるようです。そうそう、最初の設計者ザハは、彼女の案棄却後、しばらくして亡くなったそうです。国立競技場の周辺や、通学で歩いた絵画館前とか、皆でセンチメンタル・ジャーニーの気分でした。

最初の集まり場所の校門前で、皆が来るのを待っていたら、突然1人の若造りの古女が話しかけてきました。「あなた達ここの卒業生?」話し方が元気がいい。多分旦那を連れていたようで、その旦那は少し離れたところに。お互い歳を言い合いました。我々より2歳上でした。前回の東京五輪の時、この校庭が、関係者の車の駐車場になったことなどに話が行き、オイラ達はまだピカピカの一年生、彼女は3年生で、当時生徒会は駐車場にするのは反対だと動いたそうだ。結局ディールの結果、入場券(人気のない試合)を生徒に配ることと、散水栓を整備することで決着したとのこと。全然知りませんでした。それで、オイラもサッカーの試合の入場券を無料で貰えたわけだ。また、当時の先生のニックネーム、カバ、ジュンタロウ、ジェンジェン、スミエチャン などなど確認しあった。

続けて、今日はなんの集まり?と聞くので、通りのむこう、明治神宮野球場の横にあるレストラン「TEPIA」で3時からクラス会ですと答えた。彼女は旦那を連れて、五輪施設と母校の見学に来たとの事。この間、狭められた校門を青高生が何人も出入りする。我々の時と同様、普段は制服は着ないで私服だった。青高は自由を尊ぶとかで、通学、校内でも特別日以外は、私服で良いというのが有名だった。その伝統は今も生きていた。出入りする生徒に、今は授業中ではないの?と男の子達に聞いたら、「今中間試験の最中なのです」と。オイラ達「私達は、52年前の卒業生だよ」といったら、傍にいた女性徒も驚いた顔をしてくれた。しかし、この地域は、国立競技場、秩父宮ラグビー場、明治神宮野球場、東京体育館、などなどの施設が密集していて、卒業生を含めて多くが集まる場所なので、昔の卒業生といっても、毎度あることなので彼らは慣れている。まぁ、我々年寄りに配慮してくれ、驚いた振りをしてくれたのだろう。それにしても校内で見かけた青高生の男女とも、大変可愛く感じました。

そんなこんなで、午後3時~6時の1次会、次の6時半~8時半の2次会(居酒屋ミライザカ)で、高校時代に気持ちが戻り、楽しい時間を過ごし、名残惜しく散会をして、新幹線で熱海に帰りました。皆、風貌はもはやジジ・ババでしたが、精神は青高生でした。

オイラにもこんな青春時代がありました。

|

« 消費税10%になったが。世界はまたまた混沌としてきた、まさに中東は準世界大戦だ。ウチら地域に台風19号が来るぞー! | トップページ | 台風19号の爪あとが、半端ではなかった。オイラの柑橘園でも起こっていた。 »

コメント

毎回面白く読ませていただいています。

小さな誤りを見つけて上げ足を取る心算はありませんが、
私の両親の故郷ですので誤りを指摘させて下さい。
すみえ先生の故郷が滋賀県となっていますが佐賀県の
間違いではないでしょうか?
つい先年、唐津の墓仕舞をしたばかりですので・・・・。

投稿: ボケ爺 | 2019年10月21日 (月) 05時41分

ボケ爺さま
ご指摘ありがとうございます。
まったくの単純ミスでした。早速訂正しました。ちなみに浜玉町横田下という住所でした。鉄道の浜崎駅で降りました。

投稿: オイラ | 2019年10月23日 (水) 10時43分

早速ご訂正頂き有難うございました。

唐津には父方の先祖が秀吉の朝鮮征伐と言われた韓国侵略の際に、泉州堺から連れて行かれ400年位居た様です。
6万石位の小藩でもあり、徳川時代になると我が家の商売
「具足屋」も鎧・兜などの御用が無くなり、明治になると
ご先祖様の事もわからなくなっていたようです。新聞記者の親父やサラリーマンの私も唐津に永く住んでいた訳でもなく、歳と伴に墓参りもままならず2年ほど前に墓仕舞を
して親父・お袋のお骨だけを東京に持ち帰った次第です。
私は疎開で子供の頃2年程居たのと、中学時代に夏休みに
親類の家に遊びに行っていた程度ですので・・・。
久しぶりに唐津の名前を見つけてご連絡した次第です。

投稿: ボケ爺 | 2019年10月24日 (木) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消費税10%になったが。世界はまたまた混沌としてきた、まさに中東は準世界大戦だ。ウチら地域に台風19号が来るぞー! | トップページ | 台風19号の爪あとが、半端ではなかった。オイラの柑橘園でも起こっていた。 »