« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月の4件の記事

2019年8月30日 (金)

この韓国というお隣の稚拙な国家、こんなにした責任は日本の売国的良心的文化人にも大きな責任がある。朝日・毎日新聞などの不買運動がしたいですね。

前記事の検査入院から、本日問診の為病院に行ってきました。担当医師から、生体検査の結果と前立腺関連について説明を受けました。結論は前立腺がんは見つからなかったと。症状の原因は前立腺肥大症か、過活動膀胱(Over Active Bladder=OAB)だろうということでした。OABの症状は、膀胱が自分の意思に反して収縮する病気で、突然強い尿意に襲われ、尿を我慢出来なくなるそうです。エコー検査で、この前立腺の大きさを調べられますが、オイラの場合、玉子より少し大きいくらいだとか。肥大化してない場合には、この前立腺は、クルミやクリの大きさなのですが、肥大になりますと、⇒玉子大⇒みかん大⇒握りこぶし大⇒赤ん坊の頭大にまでなるそうです。同じように悩んでいた安曇野のハマ坊に電話で聞いたら、検査でガンではなかった結果だったと。ただ大きさは握りこぶし大だったと。今は月に一度か二度医師に通い、薬で治しているそうだ。もっと酷くなったら、尿道に内視鏡を入れ、レーザーで内部を削る手術だそうで、まだそこまではやっていないとのこと。地元仲間のケン坊は、これをやったそうだ。今は全快で小便も勢い良く出るとのこと。三島の馬敬礼トシ坊の知り合いの場合、ガン細胞検出でホルモン療法を続けていて、その影響で一切性欲がなくなったと嘆いているそうだ。トシ坊の場合は快調で現役だそうだ。オイラの場合とりあえず、定期的に通い、薬で治療するとのこと。そうそう今回の2泊3日の検査入院の費用は、総てで1万2千円以下でした。2割負担とはいえ、民宿泊料金より安かったです。

さて本題です。

お隣の韓国、もはや正常な国家または正常な政権といえないことが、パク・クネ政権から文在寅政権で判明し国際的にも共有されてしまいましたね。特に今年、6月・7月・8月で、文在寅政権が、彼自身も含めて、まるで喜劇のように、無能、幼稚、トンチンカン、観念的、感情的な、日本人から見ると、信じられないことばかりが続きました。それまでもこの政権にまつわる報道は多かったのですが、8月になってから、テレビのワイドショーでは連日取り上げられ、過去このブログでも散々指摘してきたことが、明白に公開され、これは政権だけでなく国民性、種族性の問題でもあることが明白になって、笑い、嗤い、呆れの連続です。まぁ一番の問題は、この文在寅の国のトップとしての能力のなさ、幼稚性に行き着きます。・・・・・・・・

続きを読む "この韓国というお隣の稚拙な国家、こんなにした責任は日本の売国的良心的文化人にも大きな責任がある。朝日・毎日新聞などの不買運動がしたいですね。"

| | コメント (5)

2019年8月24日 (土)

2泊3日で前立腺検査の検査入院をしてきました。特に熟年以上のご同輩に参考として体験談を捧げます。

21日・22日・23日と近くの病院で、入院生活をしました。これ前立腺検査入院です。実は数年前頃から、真夜中1・2回尿意で起こされ、排尿をするようになりました。これ最初の頃は、冬場に多く、夏場はあまりありませんでした。しかし日常でも、なんとなく小便の量が少なく感じるようになりました。それと同時にその回数が増えてきました。また時には残尿感がなんとなくあり、すっきりした気持ちになるのが少なくなってきました。もちろんネットを通じて医学知識を高め、自分の体を客観的に見てきました。男性は熟年を超えると、そのようになる確率が大変高いそうです。地元の仲間と一杯飲んでいると、排尿の回数が皆多くなり、自虐的に「前立腺肥大友の会」なぞと言い合って、「関東の連れ小便」をします。この場合の熟年の定義は60歳以上、特に70歳以上です。オイラの場合、失禁まではいきませんが、たまにチョビルこともありました。まぁ、これはモノを仕舞うときですが。

2014年の5年前に、市の健康診断として、市内病院で前立腺の検査をしました。これ血液検査でその日の内に結果がでます。PSA検査といわれます。結果は、PSA4.032ng/mlという結果で、担当の医師が、経過を見たいから1ヶ月後に再度検査をしろと。数値がこれより上がっていたら、生体検査をしたほうが良いと。調べるとこの生体検査というのは、前立腺がんの検査で、前立腺に特殊針を刺し、それに付いた肉片を検査してがんが発生しているかどうかを調べる検査だ。もちろんその場合、入院しなくてはならない。多少の怖さと医師が病院の売上を伸ばそうとしているかもしれないとの疑惑を感じ、そのままだった。地元の仲間ケン坊(薬剤師)が今年尿が全く出なくなるという現象が発生し、「塗炭の苦しみ」を味わい、近くにある同じ病院に駆け込み処置をしてもらったと。診断の結果はこの前立腺肥大で、その中を通っている膀胱からの尿管が圧迫され、それで尿管が絞められ尿が一時的に出なくなったとのことだった。因みに、この前立腺クルミ大なのですが、肥大化すると玉子大・みかん大の大きさになるそうです。結局手術で膀胱に管を入れ、尿を排出して、その後再度手術で、前立腺を削って小さくしたと。これ1週間の入院だったと。あとは薬服用で今は全快、小便の出も回復したらしい。また検査でガンの疑いもなかったと。

いままで寒い頃だけ気にしていたが、特に今夏になっても、夜尿、頻尿、回数過多が続いているように感じ、ケン坊の話しも影響して、決断しました。7月30日に初診で、血液検査・尻穴からの触診・エコー検査を経て、8月13日に再診で、医師面談して、今回の検査入院になった次第。PSAが今回は10.・・・ng/mlになっていた。さらに残尿エコー検査では60%ぐらい残っていたと。今日の記事はこの検査入院の体験談を自分の備忘録として、また熟年ご同輩の皆様にも体験談として、参考になるかもしれないと提起したものです。ネットで医学書を読んでも、本人体験記はあまりないので参考にして下さい。・・・・・・・・・・

続きを読む "2泊3日で前立腺検査の検査入院をしてきました。特に熟年以上のご同輩に参考として体験談を捧げます。"

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

三題話し。夏の日の思い出。滝川クリステルはオイラの高校の後輩。頻尿治療について。

夏の日の思い出

こちらでは、7月28日から連日青空で真夏日の30℃越えです。まぁそれでもコンクリートジャングルの東京都内とは違い、後ろには屏風のように山が連なり、前は海。多分東京より3℃ぐらい気温は低いと思いますが、それでもモーッとした暑さの毎日です。中学生から29歳まで東京暮らしで、その間の夏は帰郷した時ぐらいしか印象はありません。しかし、小学時代までの夏はかなり記憶に残っています。冷房エアコンなんて当然ありません。7月夏休みが近づくと、まずニンニンゼミが鳴き始め、8月に入るとアブラゼミ、その後クマゼミの力強い鳴き声が聞こえてきます。旧盆の頃には、ツクツクボウシの鳴き声の大合唱が、そろそろ夏休みも終わりに近づいているよと。宿題に手をつけ始めたら?と。そして9月に近づく夕方はヒグラシの合唱を聴いて、夏休みとの決別を覚悟したものでした。それにしても、現在はあれらのセミの声は皆無となりました。もちろん山の方に行くと、数匹のセミの声が聞こえることはありますが。ただ、自宅の露地庭には、時々セミの抜け殻を見つけることはあります。数日前、びっくりしたことがありました。勝手口から出ようとシューズを履こうを足を突っ込んだら、大きな異物感があり、手にとってみたら、なんと立派なカブトムシが入っているではないか。どうしてこんなところにと。子供の頃は山に行き、クワガタムシ・カブトムシを捕まえ、虫かごに入れ、大事に飼ったものでした。

暑い日は、すぐ前の海で、地元の仲間と海遊び。少し沖合に木造のやぐらが建っていて、そこを起点に泳ぎまくっていました。もちろん飛び込みの練習も。また水中メガネで、海の獲物を(貝類・タコ・カニ・カサゴ・カレイ等など)獲って遊び、そんなに暑さを感じませんでした。獲物を獲ったら、鼻高々で家に差し入れです。もちろん肌は日に焼けて、黒人のように真っ黒になっていました。当時の家々は、大変風通しが良く、夜寝る時は蚊帳を張り、その中でぐっすり寝たものです。当時日射病に気をつけろとよく聞きましたが、今のように熱中症なんて言葉自体がありませんでした。野良仕事で死んだとしても、熱中症ではなく、日射病だった。

小泉進次郎と滝川クリステルができちゃった婚とか。都立青山高校の思い出

昨日からテレビのワイドショーでは、両人が結婚の宣言で、安倍首相と菅官房長官に挨拶をと大騒ぎだ。彼が38歳、彼女は41歳。姉さん女房で、フランス大統領のエマニエル・マクロンのような。もっともマクロンの場合は、姉さんというより、母親女房に近いが。・・・・・・・・・・

続きを読む "三題話し。夏の日の思い出。滝川クリステルはオイラの高校の後輩。頻尿治療について。"

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

文在寅は「綸言汗の如し」という儒教の論語を知らないようだ。まぁ朝鮮人の論争は、腹の底までさらけ出すことを旨するらしいが、文化の違う日本人はいい迷惑だ。更に回りに同調してもらおうと告げ口を言いまくる習性はなんとかならないものだろうか。これ朝鮮人の特性です。

こちらでは7月24日以降、連日30℃以上の酷暑が続いていますが、猛暑の基準35℃以上連日とはなっていません。米国に滞在中のカミさんからLINEを通じて、時々情報が入ってきます。ラスベガスではMGMでショーを観たとか。しかし気温は40℃越えだとか。過去といっても45年前の大昔、カミさんと二人で行った時、ホテルはあのエルビス・プレスリーのショウー(エルビス・オンステージ)で有名だったインターナショナル・ホテルだっが、名前はラスベガス・ヒルトンに変わっていた。同じ舞台で、グレン・キャンベルのショーを観た。あとサンズホテルでトップレスのアイスショウがありこれもオイラの主導で観た。当時このホテル(ヒルトン)の1階から地下階は、大ホールを使って、あのロッキー青木経営の「ベニハナ・ビレッジ」というのがあって、舞台では空手などのショー、造花だが桜の木、鉄板焼やすき焼きなど日本料理を米国人風にアレンジした大空間のレストランだった。青木 廣彰 ロッキー青木  オイラが30歳代後半の頃 、熱海オーシャンカップ レースというのがあって(1995年まで毎年28回開催)、 このロッキー青木も「ベニハナ号」の大レース艇を出艇していて、大爆音とともに初島-熱海間のレースをしていた。海上時速150キロとか聞いた。オイラ達はボランティアで、この日は監視船に乗り込み、見守っていた。結構重大な事故も毎回起こしていたのだが、それが面白かった。

Hkndgf

ラスベガスに行くと、ほとんどの観光客は、すぐ近くのグランド・キャニオンに行く。といっても飛行機で行くことになるが。今回カミさん達はレッドロック・キャニオンに行ったとか。ここは、車で30分ぐらいで行けるらしい。このラスベガスには2002年に家族で子連れで再度行った。ロスのアナハイム・ディズニー行きも兼ねてだが。この時のホテルはピラミットのファサードのルクソールホテルだった。子連れでカジノ見学をしていたら、子供は駄目だと注意された。

現在ポートランドにいるようで、西海岸にあるキャノン・ビーチに行ってきたと。雄大な岩山が有名な海岸とか。滞在している彼女の友人の友人宅のご主人が元料理人だったので、毎日料理三昧にふけっているようで。このポートランドの北がシアトルで、更に北がオイラ仕事で何度も滞在したバンクーバーだ。懐かしい。

さて本題です。

とうとう日本も韓国に対して、普通の国のように対峙が出来るようになった。・・・・・・・

 

 

 

続きを読む "文在寅は「綸言汗の如し」という儒教の論語を知らないようだ。まぁ朝鮮人の論争は、腹の底までさらけ出すことを旨するらしいが、文化の違う日本人はいい迷惑だ。更に回りに同調してもらおうと告げ口を言いまくる習性はなんとかならないものだろうか。これ朝鮮人の特性です。"

| | コメント (1)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »