« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の3件の記事

2019年5月29日 (水)

米中貿易交渉で、米国は中国をますます追い詰めています。これは武力を使わない戦争だ。ファーウェイは今や雪隠詰めの黄昏、中国ご自慢のドローンも追いつめられている。今や中国は完全にモンスター退治の対象になりつつある。

5月末日までの期限、法人税確定申告作業を24日までに完了し同日税務署に提出しました。もちろん赤字決算ですが。このようにやらなければならない事を抱えていて、その間モヤモヤしていて、それをやり遂げた時の達成感は良いものです。まぁ歳相応に年々その数は少なくなって来ていますが。

昨日26日は、異常気象が起こり、なんと北海道で5月下旬の気温としては場所によっては39℃前後と観測史上初めての高温だったと大騒ぎでした。こちらでは、28℃前後でしたが湿度が低く、清々しい気温でした。21日は前夜から続いた雨で、オイラの手製雨量計では合計108ミリの雨が降りましたが、それ以後晴天が続き、自家消費用に植え発芽した枝豆・トウモロコシ、アスパラガス・ミョウガに昨日の夕方、たっぷり水遣りをしました。昨年植えたニンニクは順調に育っていて、試しに1本引き抜いてみたのですが、まるまる太っていて大成功でした。

さて本題です。

25日来日のトランプ大統領、26日には安倍首相とゴルフ⇒相撲観戦・トランプ優勝杯の授与⇒炉端焼きの田舎家で夕食でした。トランプはアルコールは呑まないとのことですが、珍しいですね。体質的に受け付けないのか?または酒癖が悪いので自重しているのか。さらに食べ物の好き嫌いが激しそうですね。大好きなのはハンバーガーとポテトチップス。食費が安く済みます。今日27日は天皇陛下の歓迎行事⇒日米首脳会議⇒宮中晩餐会だそうだ。世界中の首脳でトランプと首脳会談した数が一番多いのは安倍首相ということです。

それにしても、米国の歴代大統領の中で、これほど変わった大統領はまずいなかったでしょう。また米国の法律内で、これほどの事が出来るということに驚いてしまいます。確かに、イラクに攻め込んだジョージWブッシュ大統領には驚きましたが、あの時は9・11同時多発テロでこのままででは米国いや世界がおかしくなるといった緊急性はありました。・・・・・・・・・

続きを読む "米中貿易交渉で、米国は中国をますます追い詰めています。これは武力を使わない戦争だ。ファーウェイは今や雪隠詰めの黄昏、中国ご自慢のドローンも追いつめられている。今や中国は完全にモンスター退治の対象になりつつある。"

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

カミさんがSGPから帰ってきた。昨夜のプライムニュースは大変面白く理解出来た。英語は万国で方言がある。

今月13日に、シンガポールで娘の産後の面倒を診にいっていたカミさん、無事帰国しました。4月1日に出発⇒5日に出産⇒5月13日に帰国というスケジュールでした。その間LINEを通じてちょくちょく交信をしていて、新孫の顔や近況を画像を通じて受けていました。初笑顔はもう少し時が経ってからという状況でした。シンガポールで、新しい料理のレシピを学習してきてくれと頼んでおいたのですが、オイラ指名の肉骨茶(バクテイ)のスープの材料は土産にしたのですが、ほとんど毎日、自宅での料理は、日本料理だったと。娘の旦那はそれほどシンガポールでの料理に興味がなく、また肉系にも貪欲でなく、ベジタリアン気味だそうだ。

旦那の、運転の車で、主に「明治屋(MEIDI-YA)」の食材スーパーに行き、日本からの食材の買い出しをしていたと。ここはオイラも数回行ったことがあるが、MEIJIYAでなくMEIDI-YAとしてあることに、なぜだろうと思ったことがある。一般のシンガポール庶民の行くスーパーより、値段は数倍から十数倍高いと。例えば、大根が一般スーパーで1本80円とすること、ここでは800円といった感じだったと。まぁそのかわり、日本で購入するほとんどの食材があるとのこと。6月には2号店が出来るそうだ。熱帯フルーツは値段の安い一般のスーパーで買い物をしたと。

日本でも貧富の差は当然あるが、シンガポールといえども、その差は比較に出来ないほど大きい。空港近くの街ゲイランなどは、どちらかというと貧しい人達が多いようだった。ホームレスは見たことがなかったが(強制収容される)。ホーカーなどでは、かなり安く食事が出来る。それでも、東南アジアでは平均としては豊かな国民といえる。

まだ生まれて2ヶ月以内なので、大変元気な大きい声で夜泣きをするので、ほとんど熟睡が出来ず、娘共々不眠症で疲れ果てたとこぼしていた。また少し痩せて帰ってきた。まぁどこも同じような光景だろう。女性は子供生むと綺麗になるという言い伝えがあるが、これは不眠症やらなんやらで、少し痩せ、ダイエット状態になるからだという言い伝えもある。

住まいは、民間マンションの高層階1戸をその所有者から会社が借り受け、そこに住んでいるのだが、1年中気温30℃前後、赤道直下のシンガポール、昼夜エアコンをつけっぱなしで、窓を開けっ放しのような場面はない。外気は熱風が渦巻いている。また窓には網戸は付いていないのが普通。しかし、マラリア・デング熱を媒介する蚊が場所によっては出てくることもあるので、結局窓は開けても一瞬しかないそうだ。台所と食堂はドアで仕切られているのが普通。これはアチラの料理は油や香辛料を沢山使うので、区画しないと、良くないらしい。バンクーバーも中華系移民が多く、その豪邸に行ったら、中華用の台所と一般用台所と2つの台所があったのを思い出した。お風呂に入る習慣が歴史的にないので、シャワー室は2つあるが浴槽はなかったと。まぁ、構内にプールが3種あるので、それで用を足している。

さて本題

まさにここに来て、米中貿易戦争がますます激しくなってきた。この影響は日本もだが、シンガポールなどにも先々多いに影響するだろう。昨夜のBSフジのプライムニュースは、大変面白かった。追っかけ録画で観て、後半寝てしまい、今朝6時ごろから再度観た。・・・・・・・・・

続きを読む "カミさんがSGPから帰ってきた。昨夜のプライムニュースは大変面白く理解出来た。英語は万国で方言がある。"

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

今の韓国は、「嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判」の国であることを再認識させられました。

平成から令和になり、皇居への一般参賀は数時間の待ちを覚悟しての延べ14万人だったと、連日TVで放映されていました。共産党を筆頭に左系野党が天皇制反対を標榜していますが、これを祝うサイレントマジョリティーとしての日本人がこれだけいるという証を見せつけられました。日本人の気持ちも新たにされたようです。

2日は5月の新緑のもと、ウチの柑橘園で、蘇州のイサ坊と恒例のBBQで午後を過ごしました。数日前まで、仕事の関係で中国の深センにいたのですが、あちらでは、夏の様な気温で体が慣れていたのに、温暖な熱海といえども比べれば気温は低い。寝ていて風邪を引いてしまったらしく、鼻水タラタラでの飲食でした。ですから、食欲・アルコールも進まず、牛肉の塊、ビール4缶、赤ワインボトル半分、焼酎1本は残してしまい、それをオイラの自宅に持って帰り、今オイラが自家消費をしています。BBQといっても食材は豪華を目指しているので、スーパーでの飲食材買い物は軽く二人分1万円超え、会計はこれを割り勘です。

5月中旬までカミさんが、シンガポールで出産の次女の産後の面倒で行っていますので、4月からずっと自炊生活です。3日に一回は、近くのスーパーに食材買い、三食のおかずをいつも頭にいれながら生活しています。どの様にしたら台所仕事を合理的に出来るかを、研究しながら実践しています。料理は片付けながら進めるというのが基本原則ですが、女性はそれについて苦手な分野ではないかというのが持論です。建築施工現場で、優秀な職人はやはりその都度片付けながら仕事を進めます。料理仕事も同じです。

イサ坊は、ここ十年以上中国企業と取引をしていて、当初は中国の規制に準じて中国の企業と合弁をしたのですが、様々なトラブルに会い、結局それを解消して、ただ単に製品を中国企業に発注し、それを日本に輸入し、国内で販売するやり方で現在もやっています。中国の取引で問題になるのは、彼らは「嘘つき」が多いということだと言っていました。また一時韓国企業とも取引をしていましたが、韓国は中国よりもっと「嘘つき」が多いとぼやいていました。まぁ、具体的な事例は聞きませんでしたが。日本人はここ100年間にヨーロッパ、米国などの価値観を真似、取引に嘘があってはならない契約遵守が国民全体に享受され、グローバル化にも対応できてきましたが、やはり中国や韓国の国民性はまだ追いついていないようです。つまり、契約破り、抜け道探しなど公然とやるそうです。信用を失うことより、儲けることが先決という精神であるというのは、間違っていないようです。

嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判

今、日韓の戦時労働者問題(徴用工問題)で、日本は謂れのない糾弾を受けて、もう、さすが日本も「堪忍袋の緒が切れる」寸前まで到達しています。しかしやっと、韓国の左系媚北朝鮮派の文在寅政権で、追い詰められている保守系学者が次々声を挙げ始めました。・・・・・・・・

続きを読む "今の韓国は、「嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判」の国であることを再認識させられました。"

| | コメント (1)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »