« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の5件の記事

2019年3月31日 (日)

世界はまたまた混沌としてきた。ゴラン高原のイスラエルへの編入 英国ブレグジットもカオス状態だ

アマゾンやモノタロウなどからネット購入で、探している物品をそれこそワンタッチでクレジット購入出来る時代になり、ここ数年その比率が高まっています。間にはいっていた小売店を飛ばして、メーカー系商品倉庫から直接宅配で届くわけですから、この流通業が一番の支えとなっています。例えばホームセンターなど小売店では、容積の大きいものは、何種も店頭に置いておくことができません。ネット購入なら、その系統の商品がそれこそ無限にその商品の画像と商品説明がサイト場に並んでいて、簡単に選ぶことが出来ます。車で、ガソリン代と時間を使って購入に出かける必要もありません。

オイラ、近年は購入品の8割方はネット購入です。カミさん、娘家族もネット購入が大半のようです。また、ますますこれらネット販売業者は、商品のコンテンツも豊富になり、提示の仕方などなど改良されてきているようです。ただ問題は、それが日本製なのか?どの国製なのか分からない場合が多い。数ヶ月使って不良品だったなんてことがたまにあります。努力次第では、クレームを付け、返品と支払い金の返却をしてもらいますが、少額の場合には諦めてしまいます。

前々回の記事 で、これらネット業者、アマゾン、アップル、LINE、楽天 等などを語ったフィッシング詐欺メールが多くなってきて、慣れていない既登録者が、騙されてアカウントを乗っ取られたり、クレジットカードのアカウントを盗まれたりすることが多くなってきているようです。これら詐欺はいろいろなパターンがあり、添付ファイルや、文章中にあるリンクアドレスをクリックしてはいけません。誘導されてしまいます。削除してしまうのが正解です。オイラは一部、迷惑メールフォルダに証拠メールとして陳列しています。また、そのメールのタイトル等をコピーして検索に掛ければ、ほとんどがスパムメールとして注意喚起がなされています。

さて本題です。

ますます世界は混沌としてきました。・・・・・・・

続きを読む "世界はまたまた混沌としてきた。ゴラン高原のイスラエルへの編入 英国ブレグジットもカオス状態だ"

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

孫に引かれてスキー場参り。

3月初旬、中2の孫に春休みにどこかへ遊びに行くか?と聞いたら「ジージ、スキーに行きたい」と。孫は昨年始めて、学校関連で斑尾にスキーに行ったらしく、今年は学校のクラブ活動のクラッシック演奏部の関係(コントラバス担当)で、昨年のように日程が取れず、できればジージに甘えようと心密かに待機していたようだ。

オイラはスキーは中学生から始めて、高校・大学・成人・家族持ちと、当時スキー流行の波に乗って、平均年1回~2回ぐらい通った。当時「私をスキーに連れてって」の映画もあったりして空前のスキーブームだった。特に成人から家族持ちの頃は、チェーン持参で自動車で通った。もちろんスキーバスの時もあったが。猪苗代湖・菅平・蔵王・野沢・湯沢・苗場・ニセコ・テイネ・志賀高原・清里・赤倉・妙高・白樺湖・・・・。

1991年にはカナダのカルガリーからバンフ国立公園でロッキー山のスキー場3ヶ所滑ったのを自慢にしている。娘達の成長を見ながら最後に家族スキーをしたのが1998年。もう20年前で、今やその当時のスキー・スノボー時代は去り、オイラの頭からスキーは無くなっていたのを、孫が呼び起こした。この際人生最後?のスキーをしてみるかと。・・・・・・・・

続きを読む "孫に引かれてスキー場参り。"

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

毎度毎度のスパムメールには騙されないように

今日は確定申告提出の期限日です。3日前に3日間掛けて完成させ、提出済です。例によってここ18年使っている、「Excel確定申告」のベクターから有料ソフトをダウンロードして完成させています。控除出来るものはすべて洗い出して、極力、所得を少なくしようと、涙ぐましい努力です。

今午前中は事務所でデスクワークで、午後は雨降り日以外は、果樹の下に、苦土石灰と春用配合肥料を撒いています。苗木・若木(約60本)は根本をマルチ仕立てにしているので、被さっている雑草を退けて、施肥をし、傷んだマルチの上に新しいマルチを被せる手間の多い作業をしている最中です。気候が暖かくなり、作業中汗をかくような季節に移り変わってきました。

ところで、このブログはniftyのココログからなのですが、突然メンテナンス中となり、代わりに旧デザイン?の投稿用画面と緊急避難的に変わってしまい、やりにくくて仕方がありません。多分これは旧デザインのサイトではないかと思います。悪戦苦闘でこの記事を作っています。

さて本題です。

例のスパム・メールですが、皆さんのところにも頻繁に来ていると思います。特に古いメールアドレスの人は特に多いと思います。もちろんそれに引っかかるような人は少ないと思いますが、オイラは数年前、まんまと引っかかって、アカウントとパスワードを記入したために、一時乗っ取られた事例がありました。・・・・・・・・・

続きを読む "毎度毎度のスパムメールには騙されないように"

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

東北地方太平洋沖地震から8年目。3月9日からの連続前震の異常に専門家達は誰も気がついていなかった。

明日は東日本大震災から8年目ですが。今日はウチの町内会では津波避難訓練がありました。これ毎年やっていて、ちょうど用事があったのでオイラはパスしました。海沿いの低地から、避難経路は上り坂で、道路を上がり伊東線のガード下まで約260m。この地点の標高(T.P.)が15m前後。そこからもどんどん標高は高くなる。つまりガード下を超えれば、津波に対してまったくの安全圏となる。坂道としても早足で3分~4分だ。避難訓練集合場所は、某建設会社の作業所空き地で、海沿い低地から約500m、ここの標高は35mです。

多分今日から一週間は、テレビで津波被害のおどおどろしい映像を何度も見せられることになる。ただ大事なことは、感情的・観念的ではなく、科学的・理論的に考えて準備することが必要だと考える。震源地が陸地の場合には絶対大津波は発生しない。大津波が発生するのは、細長い海底盆地で海底6000m以下⇒トラフ(trough)または、6000m以上深い海溝⇒トレンチ(trench)の跳ね上がり移動、または海山の崩壊によって起こる。

因みにウチの地域での大津波襲来は、1703年元禄関東大地震・1923年関東大震災(海沿いの旧家屋は床上浸水)だったそうで、その頃は現在の道路兼防潮堤(TP=5m前後)もなく、大台風の高潮で、すぐ近くまで波が押し寄せた時代だった。大津波が発生するのは相模トラフの広範囲連続地震で、政府発表の今後30年以内の発生確率は0~5%でしかない。まだプレート滑り込みストレスは地震を起こすほど溜まってはいないという事だ。ただ数百年後は分からないが。

テレビの演出を見ると、日本中どこでも大津波が起こるような設定でCG映像が流れ、これからすぐにでも、今回のような大津波が発生するかのように脅かしまくっているが、オイラは疑問を感じる。地震と津波に関しては素人なのだが。あの3・11の大地震は結果論だが、実は気象庁の公表していた地震記録から予想出来たのに、その件は一切公表しなかったのはなんだろうと思う。・・・・・・・・

続きを読む "東北地方太平洋沖地震から8年目。3月9日からの連続前震の異常に専門家達は誰も気がついていなかった。"

| | コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

トランプの褒め殺しに調子をこいて大失敗した北朝鮮の金ブタ。トランプを超えるには20年早かった。

500年前も、100年前も、70年前も、この時期になると、「ひと雨ごとに春が来る」の通り、春に向かって小雨が続きます。今日の午後は、午前と同じく、静かに事務所でデスクワークです。15日までに確定申告を完成させなくてはなりませんが、まだ一歩も手を付けていません。

さて、ベトナムのハノイで行われた米朝首脳会議ですが、28日、トランプは卓袱台返しというか、テーブルを蹴ってというか、「話が違う!」と合意は決裂しました。金ブタは脱糞状態だっただろう。トランプ72歳、金ブタ35歳。トランプは対人(ディール)関係では「切った張った」をやり続けてきたプロ中のプロだ。まして米国政治家は、中米、中東、東欧などの凶悪な政治家と敵対した歴史経験が数多くある。今回も当初は、金ブタに対して見え透いたリップサービス(心にもない)をしてきた。オイラも若い時、仕事で超有力者と対面したことがあるが、やはりトランプのような対応の仕方だったので、なんとなく分かる。

トランプは、素人相手にはとにかく有頂天にならせるようなリップサービスで攻め(いわば褒め殺し)、結果は崖から転落させるような結論にさせる。特に金ブタは、坊っちゃん育ちの3代目。今や自分の実力が凄いと錯覚しているのか、調子に乗っている最中だ。もっとも自分に反抗する国内の奴らは即収容所送りか、瞬殺で絶対君主を作り上げてきた。そりゃ自惚れてしまう。

今回の首脳会談は、事前調整がなく両首脳の「ぶっつけ本番」だったからと、メディアのコメンテーターは言うがそうじゃないと考えられる。・・・・・・

続きを読む "トランプの褒め殺しに調子をこいて大失敗した北朝鮮の金ブタ。トランプを超えるには20年早かった。"

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »