« 記者クラブ主催の柯隆(か りゅう)の講演会  | トップページ | 2019年2月のあれやこれや!世界は混沌としてきた。カオスの始まり »

2019年2月 7日 (木)

もはや危ない韓国と文在寅大統領。黄昏が近づいて来た!

このブログでは、過去何度もあの韓国の被害者商法にうんざりしてきました。戦時追軍売春婦問題や朝鮮人労働者問題等々で、韓国側は被害者ぶってそれを口実に日本を恐喝し、恫喝し、日本側が様々な歴史事実を指摘しても、理解しようとせず、それを世界に拡散し、日本を貶めることで、日本に様々な便宜を図らせてきた歴史が、現在の文在寅政権になって、さらに拍車がかかってきているようです。

そしてそれらほとんどの発端が、種は日本の左系メディア(朝日、毎日、東京等)からであったり、左系自称知識人や左系弁護士からであったり、左系団体であったり、左系政党であったり、まったく見事なものでした。2017年朴 槿恵(パククネ)が弾劾で失脚した後、大統領になった文在寅の政権が2017年5月から1年8ヶ月続いているのだが、人権弁護士であっても経済政策はド素人、韓国の経済はどんどん落ち込んでいる。

今年になっての5大財閥企業の決算は、つるべ落としのごとく凋落を歩んでいる。大学卒の半数が就職出来ず、最低賃金の値上げ政策で、中小企業は人減らしや廃業といった事態が進んでいる。ネットメディアを見ても韓国経済はもはや危ないという記事が連なって来ている。テレビの報道番組でも、それを報道し始めた。もちろん中国の経済凋落も含めてだが。

そしてここに来て、文在寅は、任期満了まで大統領ではいられないのでは?更に弾劾される道を歩んでいるのでは?という批判が多くなっている。2月3日(日)のBS朝日の番組「日曜スクープ」を自動録画してあったので、それを視聴したのだが・・・・・・・・・・

番組は良くまとめられて理解しやすかった。今、文在寅はかなり追い詰めれているのではないかと。アジェンダーとして3つが挙げられていた。

Cimg0587_r

家族の海外移住にまつわる疑惑

昨年2018年7月に文在寅の娘家族が、東南アジアに移住していることが判明した。

【コラム】文大統領娘一家の海外移住、「国民は知らなくてもよい」とでも?2019/02/02 05:08

・・・・文在寅(ムン・ジェイン)大統領の娘・タヘ氏が海外に移住したそうだ。ソウル市内の小学校に通っていたタヘ氏の娘、つまり文大統領の孫も現地のインターナショナルスクールに転校したという。・・・・・

 

・・・ダヘ氏は夫からビラ(低層マンション)の贈与を受けて3カ月後に突然これを売却し、海外に移住した。一般国民はこのような形の不動産取引などしたことがないため、なぜこんなことをしたのかなおさら疑問を持つだろう。・・・

 

・・・・しかも問題提起した保守系野党・自由韓国党の郭尚道(クァク・サンド)議員に対し「(大統領の孫の)学校関連の書類を取得し、これを公表した行為の違法性を確認した上で、それ相応の措置を取る」と脅迫のようなコメントをした。一国の指導者家族が海外に移住すれば、これはどこの国でも公表されて当然だが、野党議員が孫の転校の時期などを公表したことになぜこれほど神経質な反応を示すのか、記者もとまどいを禁じ得ない。・・・

文大統領の娘家族の海外移住、野党議員が説明を要求2019年1月30日 10時33分

・・・・・郭議員によると、ダヘ氏の夫は2010年に購入したソウル市鍾路区のビラ(低層マンション)を昨年4月にタヘ氏に贈与し、ダヘ氏はこれを3カ月後に突然売却してから夫や息子と共に移住したという。郭議員は「夫が昨年3月にそれまで勤務していたゲーム関連企業を退職し、妻にビラを贈与した理由を説明せよ」と要求した。文大統領の孫は現地の国際学校に通っているという。  

 

郭議員は「ちまたでは夫が通っていた企業に政府が200億ウォン(約20億円)を支援し、うち30億ウォン(約2億9000万円)が不当に支出されたといううわさもある」「資産の差し押さえを逃れるため、大急ぎで贈与し処分したといったさまざまな推測もある。これら全ての事実関係を明確にしてほしい」とも求めた。夫が勤務していた企業はソウル市江南区にある社員20人のトリゲームズで、夫は2016年2月に入社した。14年に設立された当時の社名はNXスタジオだったが、文大統領が当選した後の17年10月に大統領の愛犬「トリ」と同じ名称に変更したという。・・・・・

韓国政治家名物、恒例の身内に贈賄が、早速始まったようだ。この会社現在従業員ゼロで破産状態との話だ。2018年3月以前に、政府から約20億円の支援があり、婿がその内、2.9億円ネコババして、発覚しそうになって3月退社し、ビラを4月に妻タヘに贈与、そして3ヶ月後6or7月に突然売却して、一家で移住したという経緯だ。政府からの援助も、簡単に移住できたのも、父親文在寅の力があったから可能だったのだろうという疑い。ネコババ2.9億円と売却代で、当分身を隠すことが出来たという粗筋なのか。直系の家族には政府から警護がつくが、この費用はどうなっているのかとの問に現在黙秘していると。

さらにもう一つの疑惑は、2017年の大統領選で、娘の婿が、ネットを使って文在寅に有利になるように工作をしたのではという疑いが、だんだん濃くなってきたので、その捜査が及ばないように、しばらくタイで静かにしていろという指示なのか。

この問題は証拠を集めることが安易なので、さらに文在寅を追い詰めていくだろう。

腹心、朋友が相次いで実刑判決

今や、韓国内政は司法の中が分断されつつある。やったり、やり返したりだ。もともと司法には、左系が多く、「国民情緒法」の判決が多く、三権分立がなされていないことが、指摘されてきた。最高裁にも、新政権になって、文在寅が送り込んだ裁判官が7人もいた。パク政権の時の裁判長が、例の(徴用工)裁判で、パク・クネにおもねって判決を遅らせた嫌疑で逮捕に至った。

Cimg0597_r

Cimg0598_r

文在寅曰く、「韓国は三権分立だあー。司法には口を挟めない。日本よ、仕方がないと諦めてくれ」ってどの口が言うのか?

さて今度は、保守系司法は、文在寅の子飼いを逮捕という合戦に出た。

Cimg0596_r

2017年の大統領選で、文在寅が有利になるよう、インターネットで工作をした疑いだ。そして、昨年8月に逮捕と起訴、今年1月30日に懲役2年の実刑判決だ。文在寅の後継者と言われていた人物で、媚北朝鮮、左系の組織の一員だった。文在寅の側近はこのような学生のころからの左系で固められていた。北朝鮮と裏ではしっかりつるんでいる。この件を大きく扱えば、2017年の大統領選は、無効にもって行けるのでは?ある意味文在寅大統領は北朝鮮が裏で作ったとも言える。

国連制裁違反

昨年から北朝鮮は、規制されていた核、ミサイルの度重なる実験で、国連において経済制裁を受けてきたが、当然だが、韓国が制裁破りに加担していることが、ボロボロ暴露されている。石油製品の海上での瀬取り、北朝鮮の石炭をロシア経由で輸入、その他がさばらない物品の迂回輸入や瀬取り。12月のレーダー照射の件もその現場を日本の哨戒機に見られたから、追い払う為に嫌がらせでやったというのが、事実だろう。さらに

対北制裁破り:日本メディア「南北使用の石油に届け出なし、国連は制裁違反と結論」2019/02/01 08:23

国連安全保障理事会が「韓国政府は開城の南北共同連絡事務所で使用する石油精製品を届け出ずに北朝鮮に持っていった」として、これを対北朝鮮制裁違反で指摘する見通しだと31日、共同通信など日本の各メディアが報道した。これは、2月初めの安保理対北朝鮮制裁委員会に提出される専門家パネル報告書の草案で、韓国政府の対北朝鮮制裁違反事項が指摘されるというものだ。韓国統一部(省に相当)は昨年8-9月、国会とメディアで軽油の無断搬出問題が提起された際、「北に滞在している韓国側の人員が使うもので、北には経済的利得も与えない」「制裁対象ではない」と主張していた。  

 

共同通信は「韓国と北朝鮮が昨年、北朝鮮の開城に開設した南北共同連絡事務所で使う石油精製品について、韓国が国連安全保障理事会の制裁決議で義務付けられた輸出の届け出を見送っていたことが30日分かった。北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが近くまとめる報告書で指摘する見通しとなった」と報道した。2017年12月に決議された安保理の対北朝鮮制裁は、石油精製品の北朝鮮搬入制限を年間50万バレルと定め、これを提供する国連加盟国には届け出を義務化している。毎年2回提出される安保理パネル報告書で、韓国の対北朝鮮制裁違反を指摘するのは初めてだ。・・・・・

 

・・・・南北は昨年4月27日に板門店出行われた南北首脳会談で共同連絡事務所開設に合意、同年9月に開城に開設した。この過程で、韓国政府は約340トンの石油精製品を北朝鮮に搬出したとされている。・・・ ・

国連の制裁は、北朝鮮に対してもだが、それを提供した韓国政府、または企業をも制裁の対象としている。

Cimg0601_r

米国側はトランプ含めて、全てお見通しだろう。韓国国民も、とんでもない外患誘致な大統領を選んでしまったと、そろそろ気が付き始めている。(まぁ、そうでなければ相当馬鹿だ)

現在の大統領支持率も下がってきている。もうすぐ、不支持率のほうが上になるかもしれない。こんなに早く支持率が下がる大統領は、韓国においても珍しいと言われている。

Cimg0594_r

韓国大統領の恒例は、今回も期待を裏切らないようで。

Cimg0592_r

パク・クネ大統領の次は文在寅大統領となりそうです。まだ任期5年の内、2年にもならない内にです。まさに黄昏が近づいています。

 

 

|

« 記者クラブ主催の柯隆(か りゅう)の講演会  | トップページ | 2019年2月のあれやこれや!世界は混沌としてきた。カオスの始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記者クラブ主催の柯隆(か りゅう)の講演会  | トップページ | 2019年2月のあれやこれや!世界は混沌としてきた。カオスの始まり »