« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の4件の記事

2019年2月28日 (木)

チェーンソーについて。 トランプ大統領の憂鬱。新形式のスパムメールには困っています。

今日は久しぶりに、ジトジトの一日中の雨降りです。晴れの昨日は、午後から柑橘園に行き、剪定した枝の切り縮めをしました。これは焼却の為、各枝葉を半割ドラム缶に収める為です。剪定ハサミ(パワーラッチェット)で次から次へと切るのですが、これ可能なのは枝が直径2センチぐらいまでで、それ以上太いのは、生木ノコできり縮めます。その量が多いのと、枯れてしまった成木が2本ありますので、とてもノコでは億劫です。

山倉庫からチェーンソーを引っ張り出して、スターターハンドルを引いてエンジンを始動させようとしたのですが、何回やっても掛かりません。よくあることです。そこで点火プラグを外して、汚れを拭き、カラ引きを数回、再度装着して同じく試みたのですが、ダメでした。だからエンジンチェーンソーはこれが嫌なのです。2代目として7年前に購入したのです。1年前は調子が良かったのですが。

そこで市街にあるホームセンターへ。思い切って再度新規のを購入しようと思ったのですが、22,800円。これを使うのは1年で5回前後でしかなく、点火プラグ購入だけにして、再度挑もうと。それでも事務所に帰って、PCでアマゾン検索を調べたら、エンジンのは同じくらいの価格でしたが、電動チェーンソーが1万円以下。あ、そうだ!エンジン発電機が山倉庫で眠っているではないか。これを運搬用モノラックに載せ、必要な場所の近くまで移動し、電気ケーブルで繋げば、電動チェーンソーが使える。早速注文して1日に届く予定です。

本題です。

トランプの憂鬱

現在ベトナムのハノイで、トランプと金ブタの日朝首脳会議が行われ、今晩が総括です。

ところで・・・・・・・

続きを読む "チェーンソーについて。 トランプ大統領の憂鬱。新形式のスパムメールには困っています。"

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火)

今年2月の混沌(カオス)。英国と北朝鮮

今年2月は柑橘園の木を徹底的に強い剪定をしてやろうと実施をしています。父親から受け継いだ柑橘園(3代目)、成果売上から諸経費を除いての自分の人件費はというと、雀の涙ほどですが、体力の保存と趣味に徹して継続しています。成木(20歳以上)は、特に温暖な年は枝がどんどん伸び、またひねくれた枝が絡み合い、風通しを悪くし、日照を行き通らなくさせます。その結果、不良なミカン(すり傷持ち、各種病気持ち等)を多く発生させます。また天成りと言って、一部の太枝が天に向かって立ち上がり、下々の枝葉の日照を妨げます。

基本的には、上空から見て、成木の葉の真ん中が空いている状態、側面から見て全側面が葉に覆われている状態ではなく、30センチから60センチぐらいの段隙間が空いて、中の太枝が透けて見える状態に仕上げます。成木の内側の太枝からは垂直に伸びている多くの幼枝も半年もすれば大きくなり風通しを妨げますので、それらも除去します。内側方向に伸びている枝もです。その他一つのヶ所から数本の幼枝が伸びていますので、それらの本数も減らします。

そんなこんなで、1本の成木を剪定(強い剪定)するのには、40分前後かかります。ウチの園には、20歳以上の成木が30本前後ありますので、毎回、午前はデスクワークで、午後から始めて5時ごろまでやっていますが、2月15日以降今日で終了です。10日掛かりました。枝を切る為に体各部位を、ストレッチをしたり、ノコで切ったり、そのために木に登ったり、脚立で作業したりです。しかし終わったあとは、身体がストレッチのお陰でスッキリします。まぁオラウータンの気持ちになったりします。あとは切り落とした枝(相当な量)を拾い集め、段畑3ヶ所にある半割ドラム缶での焼却が待っています。まだまだ体力は十分あることを発見しつつというところです。亡き父親の本格的栽培の代替わりは、17年前からです。様々な知見を学び、だんだん本格的になってきました。今や完全なプロに成長しました(笑)。

さて本題です。

英国のメイ首相の悪戦苦闘を報道で知るにつけ、同情をしてしまいます。

続きを読む "今年2月の混沌(カオス)。英国と北朝鮮"

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

2019年2月のあれやこれや!世界は混沌としてきた。カオスの始まり

ISISの黄昏

2月になって予想通り、世界は混沌としてきました。中東に於いてISIS(イスラム国)が全滅過程にやっと入り、捕虜が増えて来て、その外人組の処置で揉めています。英国出身、フランス出身、ベルギー出身等などの特に女性達、子供という武器を携えて、祖国に戻りたいと。トランプは、男も女も全てその出身国が引取り、裁判に掛け処置をしろと。2014年以降ISISの勢力が拡大し、彼らがプロパガンダの一貫として世界に発信した様々な残虐行為のビデオを、散々観たのだが、まるで彼らは、その残虐な行為を楽しんでいるかのような映像だった。人間の持っている野蛮を見せてくれた。裁判といっても証拠は集まらないと思うし、彼らの処置は裁判では、なじまない案件だろう。これらの国々は死刑は廃止だからね。戦闘で皆殺しがよかったのだが、人道主義者が黙っていない。彼らが祖国に帰っても、洗脳が解けない限り、再度テロを起こす確率は大だ。オウム真理教組織の拡大版と見ていいだろう。

ロシア

ソ連が1991年に崩壊して分裂しロシアになった。これで冷戦が終わったと思ったら、未だにプーチン率いるロシアは、自由民主国群と対立して、周辺国に覇権を及ぼしている。イラン、シリアなどを子分にして、クロアチア、バルト3国をいじめ抜いているように見える。間に入っているトルコはあっちに付いたり、こっちに付いたり、エルドアン大統領も葛藤状態。黒海を牛耳るトルコ内にあるボツボラス海峡を閉鎖してしまえば、ロシアの海軍は地中海に出られない。まぁトルコはロシアの金玉を握れる地政学上の位置にあるのだが。

中国 ・・・・・・・

続きを読む "2019年2月のあれやこれや!世界は混沌としてきた。カオスの始まり"

| | コメント (1)

2019年2月 7日 (木)

もはや危ない韓国と文在寅大統領。黄昏が近づいて来た!

このブログでは、過去何度もあの韓国の被害者商法にうんざりしてきました。戦時追軍売春婦問題や朝鮮人労働者問題等々で、韓国側は被害者ぶってそれを口実に日本を恐喝し、恫喝し、日本側が様々な歴史事実を指摘しても、理解しようとせず、それを世界に拡散し、日本を貶めることで、日本に様々な便宜を図らせてきた歴史が、現在の文在寅政権になって、さらに拍車がかかってきているようです。

そしてそれらほとんどの発端が、種は日本の左系メディア(朝日、毎日、東京等)からであったり、左系自称知識人や左系弁護士からであったり、左系団体であったり、左系政党であったり、まったく見事なものでした。2017年朴 槿恵(パククネ)が弾劾で失脚した後、大統領になった文在寅の政権が2017年5月から1年8ヶ月続いているのだが、人権弁護士であっても経済政策はド素人、韓国の経済はどんどん落ち込んでいる。

今年になっての5大財閥企業の決算は、つるべ落としのごとく凋落を歩んでいる。大学卒の半数が就職出来ず、最低賃金の値上げ政策で、中小企業は人減らしや廃業といった事態が進んでいる。ネットメディアを見ても韓国経済はもはや危ないという記事が連なって来ている。テレビの報道番組でも、それを報道し始めた。もちろん中国の経済凋落も含めてだが。

そしてここに来て、文在寅は、任期満了まで大統領ではいられないのでは?更に弾劾される道を歩んでいるのでは?という批判が多くなっている。2月3日(日)のBS朝日の番組「日曜スクープ」を自動録画してあったので、それを視聴したのだが・・・・・・・・・・

続きを読む "もはや危ない韓国と文在寅大統領。黄昏が近づいて来た!"

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »