« 中国の国家戦略で動いて来た、ZTEとファーウェイ。米国は本気を出したようだ。 | トップページ | 2019年は国際政治動乱の年になるかもしれませんね。今年最後の記事です。 »

2018年12月25日 (火)

プリンターの件でまる一日潰れてしまいました。クリスマスイブも変わりつつあります

昨日、数を絞った年賀状の通信面を印刷しようとして、JWWCADで作ったファイルを試しにA4に印刷したら、写真の色合いがメチャクチャになっていて、とても完成には出来ない。プリンターは、2002年購入設置のエプソンPM-4000PXで、これA3印刷も対応なので、設計図の印刷には適している。実施設計図の前の基本設計図やプレゼンテイションにちょうど良かった。

写真のカラー印刷は、このごろは年賀状ぐらいしか利用しない。さらにこのインクカートリッジは7種類あり、1個千数百円となり、セットで買うと1万円前後する。さらにさらに、この機種は古くなっていて、店にこの23シリーズのインクを在庫で置いていなくなってきた。聞くと注文で1週間ぐらいかかると。そこでネットだ。アマゾンで調べると、純正でない同機種用があった。セットでなんと3,500円前後だ。

PM-4000PX対応エプソン(Epson)互換インクカートリッジ

数年前からこれを取り寄せ、さらに同じような互換インクカートリッジを何度か入れ変えていたのだが、欠陥商品が混じっていたのだろう。調べて見ると粗悪品も多く、また仕上がりの色合いも違うことが多いと。ノズルチェックを試してみると、なんと7色の内2色が目詰まりしていて色が出ない。やはり純正にしようとさらに調べたら、純正セットで6千円ぐらいの見つけたので注文をした。こんなことで昨日は午前中の時間を使ってしまった。

それでふと考えた・・・・・・

居間に置いてあるパソコン(主にカミさんが使用)のプリンターでとりあえず日が迫っているので、プリントをしようとファイルをUSBメモリーに入れこのPCに落とし、試したのだが、なんと給紙が出来ない。こちらは2016年購入のキャノンMG5730のプリンター。機種代は9千円台だった。プリンターというのは年々安くなっては来たが、実はメーカーはインクカートリッジで儲けているという噂だ。

ただこれはカミさん曰く、給紙に毎回苦労していると。今回オイラ試してみたのだが、やはり給紙が出来ない。紙の転送ローラーに問題があるようだ。ネットで調べて見ると、キャノンのプリンターは、給紙のトラブルが多いようだ。給紙ローラークリーニングをしてみても、全然紙を中に引き込まない。そこで直接電話をしてみたら、修理との事(保証期間過ぎ)。金額は往復宅配料含めて、12,000余円だと。馬鹿いっちゃいけないよ。新品を買うより高い。これ給紙ローラーの位置設計と材質に欠陥がありそうだ。キャノンはインクで儲けて、さらに修理で儲けるのか?

こんなことで、午後はこの件で潰れた。プリンターの裏蓋を外してメンテナンスする方法をネットで見つけたが、果たしてこれで治るのか。暇を見つけてやらざるを得ない。まぁ最悪は新しく買えば良い。ただ新しい高価なインクカートリッジを替えたばかりなのだが。そういえば、これを買ったばかりの頃、カミさんが紙を引き込まないと言っていた。しかし何度か試すとなんとか出来たようだし、めったにプリントしないので、そのままだった。

今日午前中に事務所のパソコン用のプリンターの純正インクカートリッジが届いたので、それまでの互換インクカートリッジは全部はずして、純正のに替えて試したら、問題なく印刷が出来た。年賀状は無事印刷して投函しました。結局は「安物買いの銭失い」で、セットの中に欠陥インクカートリッジが混じっていることが検証できました。

オイラ、このごろネットで宅配購入が多くなり、確かに便利で多品種から選べるのだが、どの国の製品なのか、中には表示のないものが非常に多くなった。この互換カートリッジも何処の国の製品なのか、何も表示がない。グローバル化というのはこのような方向に行くのだろう。

Cimg0529_r 右が取り外した互換インクカートリッジ。左がまだ未開封の互換インクカートリッジ。ただこれだけが送られてきた。製品紹介表示も皆無だった。

ところで、皆さん昨日のクリスマス・イブはいかが過ごされましたか。イブとはイブニングのことで、24日日没から25日没までがクリスマスだそうです。我が家では、熱海駅近くに住んでいる次女一家が来て、クリスマス料理でひと時を過ごしました。ジージとしては、クリスマスソングをとYoutubeで選んで流したのですが、孫共はそんなものには興味がなく、タブレットでゲーム三昧。まぁ日常禁止になっているようなので気持ちはわかりますが・・・。

Cimg0525_r Cimg0524_r

なんか少し寂しいクリスマスイブのジージでした。

一粒で2度おいしいオイラのブログ:今日のミュージック

オイラとご同輩の皆さま、一緒に楽しみましょう。

|

« 中国の国家戦略で動いて来た、ZTEとファーウェイ。米国は本気を出したようだ。 | トップページ | 2019年は国際政治動乱の年になるかもしれませんね。今年最後の記事です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国の国家戦略で動いて来た、ZTEとファーウェイ。米国は本気を出したようだ。 | トップページ | 2019年は国際政治動乱の年になるかもしれませんね。今年最後の記事です。 »