« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月の4件の記事

2018年11月21日 (水)

カルロス・ゴーン問題で大騒ぎになった。 毎年恒例の橙の収穫の話

今、メディアは今回問題になっている日産の会長カルロス・ゴーンの逮捕の件で蜂の巣を突っついたようになっている。これ今年になってある執行役員が、あまりにもゴーンの独裁者ぶりな行いに、憤慨と自社の運命を危惧し、さらに今年6月から司法取引制度も始まったこともあり、告発したことから発覚し東京地検特捜部が動いたようだ。本格調査は5カ月以上掛け、最後の本社・自宅の家宅捜査と同時に、何も知らないゴーンがプライベート・ジェットで羽田空港に到着した時、即逮捕に至った。11月19日のことだ。

有価証券報告書義務違反、脱税違反、特別背任などなど、ゴーンは日産の会社をまるで自分の財布がわりに使っていたことが、今解明されようとしている。さらにグループになっているフランスのルノーに結果日産を売り飛ばすような準備をしていたことが画策されていたようだ。ルノーの株式の15%はフランス政府で、筆頭株主いわば国策企業のようなもの。バックにはフランスのマクロン大統領が控えている。

1999年、ルノーの副社長、カルロス・ゴーンがその手腕を見込まれ、膨大な債務で、にっちもさっちも行かなくなっていた日産を立て直すために送り込まれ、2000年には日産の社長となった。オイラの中学時代の同級生だった友人は、東大出の日産社員だった。すでに定年退職をしているが・・・・・・

続きを読む "カルロス・ゴーン問題で大騒ぎになった。 毎年恒例の橙の収穫の話"

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日)

トランプ大統領が放った中国封じ込め政策。どこまで中国が逆らうか見物だ。

先ほど、町内の真ん中を流れる加治川の河川清掃に行ってきました。この川は幅が6mぐらいの川ですが、両石垣に雑草が成長し、景観上、防災上から年2回町内会総出で清掃をします。ウチの町内会は11組ぐらい小分割されていて、オイラの組は位置的に海側から最初の1組です。川上から順番に清掃してきて、それに応じて、各組担当の開始時間が決まっています。いわゆるイメージ的にはリレー清掃です。ウチの組で20名程。全体では100名前後の参加と推定します。まぁ「猫の集会」的要素があります。

さて、本題

やっと、米国の中間選挙が終わりました。上院は共和党、下院は民主党が抑えました。これでしばらくは「トランプは中間選挙勝利の為に・・・・・」という言説は消えました。日本と米国は政治システムが全然違うので、日本の常識と米国の常識はまるっきり違います。施政権のある大統領制(米国等)や施政権のない大統領制(ドイツ等)と日本・英国のような議院内閣制は、二院制でも天と地ほど違います。ですから日本人の感覚ではびっくりすることが多いですね。例えば、大統領の弾劾制度は、下院で可決しても上院で2/3の賛成がなければ、実行できません。この弾劾の件は余程のことがない限り、民主党も諦めるでしょう。日本で言えばロシア疑惑はモリカケ疑惑のようなもの。

だいたい・・・・・・・・・・・・・・

続きを読む "トランプ大統領が放った中国封じ込め政策。どこまで中国が逆らうか見物だ。"

| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

今季から野菜栽培に挑戦することになりました。

Cimg0455_r

ウチの設計事務所棟の庭に7月からこの11月まで、この「ルリマツリ」の花が咲き続けています。通りがかりの人がみごとだと、挿し木にしたいので小枝を分けてくれといわれ、気前良く分けています。これカミさんがいつの間にか植えたものです。モッコウバラ(5月開花)との二重奏です。

ウチの柑橘園に甘柿の木が2本あり、ちょうど食べごろになる11月の初旬に取りに行くのだが、数年前からその頃には、ほとんど無くなってしまう。十数年前亡くなった父親が、オイラの家族用に植えてくれて、やっと多くの実を付けるようになったのだ。当初誰かが盗んだと思っていたが、仲間に聞いたら、多分ハクビシンだろうと。この動物は高い細い枝も平気で登り、特に甘柿は大好物だそうだ。下の住宅地域にも各庭にこの甘柿の木はあるが、ほとんどこのような被害はない。

今期は、10月末までに、1本の木の甘柿は全収穫した。この木には、小動物 痛がーるってのを上下2か所取り付けた。多分この効果だろう、被害はなかった。同じようにもう一本の木にも付けたのだが、一部寸足らずで空きが出来たのと、隣のミカンの木の枝が迫っていたので、そちらから飛び移ったのか、とにかく葉に隠れていた1個以外全部取られてしまっていた。悔しいが仕方がない。その件を仲間のケン坊に話したら、10個程譲ってくれた。昨年植えたイチジク2本は、被害もなく順調に実を付けています。これ枝の根元側から順番に実を付け、取った実は冷凍保存して、ある程度貯まったら、カミさんが料理をすることにしています。

今季から、もう一つ住宅地にある柑橘畑(若木柑橘ばかり)に、22mの畝を造り、肥料を施し、穴あき黒マルチを被せ、野菜畑としました。ニンニク(90苗)・こかぶ・玉ねぎ・小松菜・細ネギなどの栽培を開始しました。全て種播きから面倒を見ています。・・・・・・・

続きを読む "今季から野菜栽培に挑戦することになりました。"

| | コメント (0)

2018年11月 2日 (金)

Spam メールが皆さんのところにも多く来ていると思います。今日はそれらを晒します

10月30日に出た、韓国の大法院(最高裁)の判決は、民度の低い国であることをまたもや露呈した。例の「徴用工?」問題なのだが。歴史的を検証すれば、当時朝鮮は日本に併合されていた。これは両国の平和的同意と国際連盟承認の上で、決して武力をもっての、先進国の植民地政策とは違っていた。簡単に言えば連合国のようなもの。

徴用も戦前から日本国民に行われていて主に軍需産業への派遣だった。ほとんどは、有給の募集で各企業に日本人と同様に朝鮮人は日本でも働いていた。しかし徴兵で人出が足りなくなり、併合された朝鮮でも、終戦11カ月前から徴用が行われ、日本本土への徴用は、終戦7か月前からだった。当然有給で、タコ部屋もあったが住居も与えられ、娯楽もあったわけで、決して身柄拘束で徴用されたわけでもなった。もちろんごく一部に強制された事例もあったかもしれないが。

それらも、1965年の日韓請求権協定で解決されていたものだ。大法院の13人の裁判官の内、11人がこの判決に同意したらしいが、法治国家としての裁判官としてはあまりにも稚拙な脳みそをしているようだ。裁判長は顔からの判断だと50歳前後のように見える。幼少期からまさに国を挙げての反日教育にすっかり洗脳され、「国民情緒法」が優先、法の不遡及の原則を知らないような、素人判決だった。因みにこの裁判長は、文在寅が任命し、かつ高裁の経験もない素人に近い裁判官だったと。もう韓国、朝鮮とはまともな話し合いは出来ないことが明確に証明された。

日韓「友好幻想」の終焉 元徴用工判決の狙いは「65年日韓基本条約」のちゃぶ台返し

さて本題

インターネットをやっていると今や常識なのですが、スパム(SPAM)メールが多く来ます。ほとんどが、名の知れた企業名から、「登録されているアカウントが誰かに使われていることが発覚しました」と。それについて、パスワードを至急変更してくださいと、リンクを提示、そこをクリックすると、旧のパスワード記入欄、新パスワードの記入欄があり、これにうっかり乗ってしまうと、完全に簡単にアカウントを乗っ取られてしまうわけで。

よくハッキングされ、IDとパスワードが盗まれるなんてのをよく聞きますが、大抵の場合このような簡単な方法で騙され、IDとパスワードを盗まれてしまうのが現実です。これが世界規模で売り買いされ、あらゆる場面で詐欺的に使われるようです。笑っちゃうのは、三菱USA銀行の名前で、なにかの登録のIDとパスワードの変更。オイラこの銀行とは全く取引がありません。楽天カードの登録変更⇒オイラ楽天カードなんて登録もしていません。・・・・・・・・

続きを読む "Spam メールが皆さんのところにも多く来ていると思います。今日はそれらを晒します"

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »