« 2018年の夏の終わりの頃のあれこれ | トップページ | 屋久島に家と柑橘園を持ちたかった男。シンガポールに骨を埋めることに。 »

2018年9月15日 (土)

9月前半のつぶやき、あれこれ。 今の人生十分に満足しています。

あの暑かった夏が、嘘のようになくなってしまいました毎日です。毎夜ガンガン掛けてたエアコンも数日前から、その必要はなくなりました。世界では米国東海岸のノースカロナイヤ州にはハリケーン(フローレンス)が直撃、多大な被害が出ている模様。太平洋も巨大台風22号が今まさにフィリピン北部を襲っています。数百万人が危険にさらされているとの報道です。

9日にこの地域の多賀小学校・多賀中学校の卒業生の同期会(多賀っ子会)が地元旅館で開かれました。オイラ達は団塊の世代で、当時学年で4クラス、1クラス50名でした。ウチの前の道路が通学路になっているので、帰りの小学生の女の子達に聞いたら、今は2クラス、1クラス30名だそうだ。「おじさんの頃はねえ・・・・」と話しをしたら、ニコニコ笑って聞いてくれた。オイラの時代には、隣町に網代小学校、網代中学校というのがあったが、その後少子化で廃校となり、ウチらの学校に吸収合併をされたのだが、それでもこの少なさだ。少し寂しいね。

参加者は、この地域に住んでいるのはもちろんだが、関東地域、御殿場、その他と遥々彼方からの参加で40名近くでした。皆、立派な古希を迎えたジジババでした。オイラは小学までで、中学からは東京新宿区でしたので、どうしても小学時代の仲間に限られましたが。

Cimg0378_r Cimg0381_r

10月21日には、都立青山高校の2年ごとの同期会があります。母校前、神宮野球場の傍のレストランで開催。出欠はがきには出席として出しましたが、1次会2次会含めて、午前11時から午後5時までと長丁場です。3次会もあるとして無事熱海まで帰れるかが心配です。なんたって呑兵衛ですから。

居間と寝室に置いてあるテレビにTVレコーダーをそれぞれ付けてあり、お気に入りの番組は、自動予約設定をしてあり、テレビはそれを観るのが仕事?です。特にこの頃鼻に付くのは、売らんが為のCMで、その数が物凄く増えてきているように思えます。なにかCMの間に番組があるように感じてしまいます。ライブで観る時は・・・・・・・・

CMになると消音を押し、煩いCMから離れます。レコーダーの再生で観る場合は、CMは飛ばしカット、また番組中興味のないシーンになったら、これも飛ばしカットをしながら観るので、短時間で番組を観ることができます。ですから常にリモコンは傍に置いています。

その自動録画設定ですが、最近夜10時から「Nikkeiプラス10」を自動設定にしました。これはMCが小谷真生子ちゃんで、テンポの早い進行、無駄なことは言わないなどオイラのお気に入りなのです。しばらく見ない内に彼女立派に育ちましたね。多少若色気がなくなりましたが。

そして寝室の方のテレビ録画は、メインは午後8時から10時までの「BSフジLIVEプライムニュース」です。まぁ興味のない内容の時は録画は見ないで削除します。MCが反町だったのですが、交代して松山俊行に変わりましたが、進行が反町に負けず劣らず大変良いです。

木曜・金曜日は、ヘルプキャスターが生野陽子です。生野陽子の画像 彼女髪の毛を耳出しアップすると、なにかミーアキャットとかの可愛い動物的な顔に見えて、父性愛を感じてしまいます。髪の毛を下げると逆に魔性的な色気があり、その七変化を楽しみながら見ています。

午後10時に数年前から、監視の意味で「報道ステーション」を入れていたのですが、あの古舘伊知郎と番組スタッフが作る偏向した厚顔無恥の番組に疲れ、彼が降板して現在になっているのですが、MCの富川、古舘の指導を受けているかのような小川彩佳、そしてギリギリセーフの後藤謙次の偏向劣化の発言と演出にストレスを感じるので、番組予約を削除して、同時間に、BSNHKの「国際報道2018」を入れました。両番組に変えたのは正解でした。

監視の意味では、日曜日午前の悪魔「サンデーモーニング」はまだそのまま自動録画に入れてあります。ネット界では、関口宏の三桂プロダクション契約の出演者に依る、偏向発言番組として常に批判の的になっています。そのせいか、なにかお通夜のような雰囲気の番組のイメージがますます高まっています。これなかなか番組降板しないですね。日本人の健康のために、いつ無くなっても結構です。

本日の9月15日はあの2008年リーマンショックから10年です。上記2番組はそれを報道していました。このブログは2008年1月から始めましたが、その頃いろいろネットでは、例の「サブプライム」が発端の金融界が危ないのではといろいろ憶測が飛び交っていました。投資銀行のリーマンブラザーズが破産閉鎖されたのが、9月15日でこれはリーマンが最終的に「ババ」を引いたわけで、基本は米国内の返済能力のない庶民に住宅ローンを貸つけ、その債権を証券化して、さらにそれを細切れにして、世界中に売りまくった金融バブルの崩壊だったわけです。実は未だにその余韻は余震のように残っていて、今危惧されているドイツ銀行もその残債を相当被っているとか。そこに中国が絡んでいるとか。面白い話が一杯あります。

こりゃ世界大恐慌だ2008年2月 9日 (土) この関連では、これがこのブログでは最初の記事だった。以後この関連を追い続けたのだった。このブログのカテゴリーに纏めてあります。

カテゴリー集「バブル崩壊」 の2008年代からシリーズにしてあります。

この前年2007年4月に三島のトシ坊とハワイに二人で行った時、彼の知り合いのハワイ日系人と食事をしながら話をした。その当時ですら、この金融危機を予感した噂が飛び交っていて、サブプライム・モーゲージの危険性を彼も感じていて、話が多いに合った。トシ坊は興味がなかったのか、無関心でリーマン以後、あの時の話はこのことだったのかとオイラに言った。

バブル崩壊はよく20年ごとにやって来ると言われますが、今、巷では中国発端の世界恐慌がまたやって来るのでは?との噂がより盛り上がって来ている。最近になって新興国の通貨安も続いている。2013年にトルコに行ったのですが、その時のトルコリラのレートは、1TL=約50円でした。2012年~今日までのトルコリラの為替レートのチャートを自分で作ってみると

Kkjiyn
なんとこの下がり様。こりゃ儲かりそうだと、6月13日に1TL=約24円でネット銀行で40万程交換買いをしました。まさに衝動買いのようなもので。ところがそれから、さらに下がる下がる。本日15日のレートでは1TL=18.16円。こりゃ大損だ。このまま下がったらどうしようとジェットコースター気分。昨日の報道ではエルドアン大統領の司令で中央銀行が政策金利を6.25%引き上げて、なんと年24%にして、通貨の暴落を引き止めたそうだ。このまま下がっていったら、デフォルトか?それでなくとも、通貨安に依る国内インフレが激しくなる。2013年に約2週間イスタンブルとその周辺を漫遊したので、なんとなくトルコには愛着があります。記事は9本シリーズとしました。イスタンブルに興味のある方はご覧ください。

イスタンブル漫遊-1 ムスリムの世界にチョコッと触れて来ました。それとトルコで日本のインターネット・サイトの閲覧禁止規制があるのを発見した。2013年11月20日 (水)

過去、1USドル=75円の時150万円をUS$に取替え、120円になった時、円に戻せば良かったのに、度胸がなく結局111円の時円に戻しました。「いくじなし!」まぁそれでも60万以上儲けることが出来たのです。

ところでウチの畑の余っている部分でにんにくの栽培をしてみようと今、いろいろ準備をしています。もちろん趣味の範囲ですが。とりあえず種にんにく片60個で挑戦です。その模様をいずれ記事にします。

粒で二度美味しいオイラのブログ:今日のミュージック

このSmileって曲と歌詞と唄が いつまで経っても好きなんです。

そう60年間以上も

古希以下のご同輩に捧げます。

|

« 2018年の夏の終わりの頃のあれこれ | トップページ | 屋久島に家と柑橘園を持ちたかった男。シンガポールに骨を埋めることに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2018年の夏の終わりの頃のあれこれ | トップページ | 屋久島に家と柑橘園を持ちたかった男。シンガポールに骨を埋めることに。 »