« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月の3件の記事

2018年9月29日 (土)

屋久島に家と柑橘園を持ちたかった男。シンガポールに骨を埋めることに。

またまた大型台風が来るそうです。今度は24号だそうで現在沖縄に停滞しています。明日には四国をかすめて、大阪・関西を直撃して一気に北日本へ直上して消えて行くとの予報。知人のいる大阪は今年何度目なのか、当たり年のようですね。関空は前回のようなことはないと思います。こちら熱海は、小雨・曇りでまったく無風状態です。

それにしても、9月の朝ナマはこれまで以上に酷かったね。録画を再生して観たのだが、田原総一朗は最早、限界老人で喋りながらテーブルはバンバン叩くし、俺は安倍首相に意見を言ってやった。そしたら彼はそれに従ったとか、例の上から目線の自己宣伝。これらがますます酷くなった。誰も彼の番組進行の仕方を注意しないであーだこーだと。オイラ途中で再生をやめ、録画削除した次第。彼完全に認知症悪化だよ。テレ朝よ、いつまで脳を患っている田原を使い回すのか?

さて、9月24日夜に安積野のハマ坊から突然電話があり、彼の昔からの親友、シンガポール在住のフジ坊が「昨夜23日亡くなった」と彼の息子から知らせがあったと。死因は?どうもガンだったらしいとのことでした。オイラも彼とは個人的に付き合っていて、そもそも2011年に仲間とセーリングヨットで伊東港に来た時オイラが出迎えたのが最初の出会いでした。

Dscf8440_r

彼がシンガポール在住とのことで、当時またシンガポールに行きたいなあと思っていたこともあり、これは幸いだと特に親しくなりました。彼は若い頃、九州の南にある屋久島に、友人と一緒に買った土地に、老後の住まいとして家を建て、庭で柑橘栽培でもしながら、余生を送ろうという計画がありました。オイラが建築関係と柑橘栽培の専門家であることを知り、いろいろ学びたいと利害が一致しました。しかしこの土地には問題がありました・・・・・

続きを読む "屋久島に家と柑橘園を持ちたかった男。シンガポールに骨を埋めることに。"

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

9月前半のつぶやき、あれこれ。 今の人生十分に満足しています。

あの暑かった夏が、嘘のようになくなってしまいました毎日です。毎夜ガンガン掛けてたエアコンも数日前から、その必要はなくなりました。世界では米国東海岸のノースカロナイヤ州にはハリケーン(フローレンス)が直撃、多大な被害が出ている模様。太平洋も巨大台風22号が今まさにフィリピン北部を襲っています。数百万人が危険にさらされているとの報道です。

9日にこの地域の多賀小学校・多賀中学校の卒業生の同期会(多賀っ子会)が地元旅館で開かれました。オイラ達は団塊の世代で、当時学年で4クラス、1クラス50名でした。ウチの前の道路が通学路になっているので、帰りの小学生の女の子達に聞いたら、今は2クラス、1クラス30名だそうだ。「おじさんの頃はねえ・・・・」と話しをしたら、ニコニコ笑って聞いてくれた。オイラの時代には、隣町に網代小学校、網代中学校というのがあったが、その後少子化で廃校となり、ウチらの学校に吸収合併をされたのだが、それでもこの少なさだ。少し寂しいね。

参加者は、この地域に住んでいるのはもちろんだが、関東地域、御殿場、その他と遥々彼方からの参加で40名近くでした。皆、立派な古希を迎えたジジババでした。オイラは小学までで、中学からは東京新宿区でしたので、どうしても小学時代の仲間に限られましたが。

Cimg0378_r Cimg0381_r

10月21日には、都立青山高校の2年ごとの同期会があります。母校前、神宮野球場の傍のレストランで開催。出欠はがきには出席として出しましたが、1次会2次会含めて、午前11時から午後5時までと長丁場です。3次会もあるとして無事熱海まで帰れるかが心配です。なんたって呑兵衛ですから。

居間と寝室に置いてあるテレビにTVレコーダーをそれぞれ付けてあり、お気に入りの番組は、自動予約設定をしてあり、テレビはそれを観るのが仕事?です。特にこの頃鼻に付くのは、売らんが為のCMで、その数が物凄く増えてきているように思えます。なにかCMの間に番組があるように感じてしまいます。ライブで観る時は・・・・・・・・

続きを読む "9月前半のつぶやき、あれこれ。 今の人生十分に満足しています。"

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

2018年の夏の終わりの頃のあれこれ

8月最後の日曜日(26日)に、中2の孫を連れて、東京国立博物館の縄文時代展に行ってきました。一応日本の歴史的には、旧石器時代⇒縄文時代⇒弥生時代となっていますが、この縄文時代というのは、時代考証的にははっきり確定されていないが、

この時期区分を、AMS法で測定して暦年代に補正した年代で示すと、草創期(約1万5,000 - 1万2,000年前)、早期(約1万2,000 - 7,000年前)、前期(約7,000 - 5,500年前)、中期(約5,500 - 4,500年前)、後期(約4,500 - 3,300年前)、晩期(約3,300 - 2,800年前)となる。

二人で熱海駅から新幹線を使って品川駅、そこから上野駅で上野公園内に行きました。孫は目白にある中等部に通っているので、東京は今やベテラン。午前10時ごろ着いたのですが、チケット売り場まで長蛇の列。日差しも強く忍耐で並びました。白人のジジババも多くいて、顔を真っ赤にして忍耐でした。世界4大文明が花開いた時代、日本は縄文時代だったわけで、彼ら、その縄文時代の遺跡を見てやろうと、ネット情報で来ていたのだろう。欧米人はこのような考古学的遺品には興味を示し好きなのだ。欧州に行くと、その国を代表する大博物館が必ずあり、逆にオイラも欧州各国を漫遊する時、必ず行くことにしている。

ここで、縄文時代の遺品(土器等)については、ネットで調べれば無限にあるので、省略するが、改めて驚くのは約1万年という長さと、その遺跡が日本中各地から出て来たことだ。・・・・・・

続きを読む "2018年の夏の終わりの頃のあれこれ"

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »