« ロシア人は知らない人には無愛想なのはなぜか?オマケ編:新潟県知事選終了 | トップページ | インターネットに問題発生です。一つはADSLの終了と、もう一つは電話線の故障でした。 »

2018年6月15日 (金)

金豚王朝の最期が近づきつつあるのか?若造王朝がカネを使い果たした顛末なのか?

昨日は午後から柑橘園の倉庫の前で、懸案だった旧チェーンソーの修理をしました。山裾にあるウチの土地約600㎡を父親から生前贈与を受け、開墾するために、1998年にチェーンソーを購入しました。TANAKA ECS3500型というやつで、これで敷地内にある数十本の雑木をなぎ倒しました。まぁその後柑橘の老木が枯れると、このチャーンソーで切り倒し、細かく切り刻みます。あと隣地の栽培をやめてしまって大きくなった雑木もこれで切り倒しています。大昔はノコや斧で切り倒していたのが、このチェーンソーのお陰でわずか10分前後で完了です。まぁ人間は恐ろしい機械を作ったものです。それで、以前のものが重く大きかったので、もう少し小さいのを2012年に購入しました。修理とは大きい方のプライミングポンプが破損して使い物にならなくなり、放おっておいたのですが、なんとか修理しようとこの部品を購入したのですが、昔のものなので同等品がなく、一般品となり、取り付けに工夫が必要となりました。

Cimg0326_r Cimg0322_r

Kkjjhygtエンジン駆動のチェーンソーや草刈り機は、始動のためにキャブレター内に燃料を入れなくてはならず、キャブレターが燃料を吸い込むために、このプライミングポンプが付いていて、このポンプを指で数回押して準備OKとなります。本体のカバーを開けて、キャブの吸い込みノズルとポンプの吸い込みノズルをチューブで繋げました。点火プラグも新しくして試し始動、OKでした。これら、なかなかエンジンがかからない場合は、たいてい点火プラグが汚れていることが原因です。ガソリンに浸けて、汚れを取り、いつでも交換できるようにしておくことが重要です。あとチェーンソー作業の取扱いは、必ず両手で掴んだままで作業をすることです。大変危険な機械であることを忘れてはなりません。

さて本題です。

金豚の英雄気取りには辟易しますね・・・・

12日の米朝首脳会議は、テレビで大騒ぎでした。10・11・12・13・14・15日はまさに、トランプ&金豚二人主演のテレビ興行会のようなものでした。特に12日には、最初はNHKの中継、午後から事務所内PCでAbemaTVで視聴していました。これ、モニター画面右上に視聴者数が表示されますが、普段10K(10,000)前後ですが、この時には300K前後の視聴者数でした。

最後の方のトランプの記者会見、約1時間の長丁場でした。記者の質問にすぐ被せるようにトランプが答える。通訳者が必至になって通訳しているのですが、ごじゃごじゃになって、はっきり理解することができませんでした。

シンガポールは過去数回行ったことがあるのですが、昨年から三女が会社の赴任で夫婦で住むことになり、どんなところに住んでいるのか確かめるために1週間ほど滞在しました。またこちらに永住しているフジ坊を紹介したり、彼に案内してもらったりでお世話になりました。

ウチの娘がシンガポール在住となってしまった。娘訪ねてシンガポールの旅 1 2017年3月22日 (水)

この会談の舞台となったセントーサ島のカペラホテルって2009年に完成したホテルのようです。しかしテレビ中継で屋内を見ると、テラス廊下や内部廊下のイメージは、シンガポールの歴史的ホテルのラッフルズホテルの雰囲気とそっくりでした。実際にここには訪れたことはありませんが。

まぁ、今回の世紀の会談とオーバー目な評価でしたが、前宣伝の内容は共同声明には盛り込まれていなく、まるで猫騙しを食らったように、各コメンテーターもどう説明して良いやら戸惑っているようでした。

トランプ、金正恩両氏が署名した共同声明全文 以下抜粋

トランプ大統領と金正恩委員長は次のように宣言する。  

(1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。  

(2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。  

(3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。  

(4)米国と北朝鮮は、戦争捕虜、戦闘時行方不明兵の遺骨の回収、すでに身元が判明している分の即時引き渡しに取り組む。

以下省略

CVID(Complete,Verifiable,Irreversible,Dismantlement)、「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」という言葉が共同声明に入らなかった。結局は前回と同様で抽象的な文言で終始した共同声明文に終わった。

これに関して、日本の様々な専門家が、結局北朝鮮、金豚の逃げ切りのような結果だったという評価が多い。ポンペオ、ボルトンの助さん格さんを引き連れたトランプの限界だったのか、それともこれを機会に、これからグイグイ締め上げる計画なのか?

国連決議で北朝鮮には経済制裁が昨年から強化され、また米国の武力攻勢の脅しも最高に達し、多分金豚王朝も、これ以上世界的に敵対することは出来ないと悟ったのか、昨年後期から平昌五輪に韓国と共同参加というイベント目指して、体制を180度替える作戦に転じたように思える。

Kkijung
そもそも、こんな小さい経済力の国がなんで、あんなミサイルや核爆弾を増産できるのか、平壌に高層都市街を造れるのか、統計数字は推定かもしれないが、数倍に水増ししたところで、たいしたGDPではない。中国、ロシアが陰で援助したとしても、それほどお人好しではないはずだ。それが堂々と世界一の米国と張り合っている。これは世界七不思議の一つだろう。やはり無謀者が多くの武器を装備して、市民を脅かしていて、なんとかなだめすかして対処しないと、数百人の犠牲が出るからという状態なのか?

まぁ、懐具合は正直だ。昨年までで、金豚王朝は、ミサイル、核爆弾の製造に特化して、ほとんどの蓄えは使い果たしたのではないだろうか。米国まで到達するミサイル+核弾頭は結局は完成出来なかったのではないだろうか。もちろんロシアか中国のお古を調達し改良して実験をしたのかもしれないが、それでも結構金は掛かる。

人権を抑圧して、国民を従わせているが、いくら数十年奴隷化洗脳をしたとしても、今や情報化社会で、海外の生活と己の国の生活の違いはやがて浸透して知るようになる。昨日放映された北朝鮮国内用の成果報告映像は、とことん編集して、いかに金豚王朝が素晴らしいかを知らしめていたことが、日本のワイドショーで分析されていた。まさにプロパガンダの典型で分かりやすい。

多分良い方に解釈すれば、金豚はミサイル・核爆弾から撤退はするが、今ここで撤退を明示すると、政権は自国民に潰されるから、穏やかにその方向に持っていきたいと、トランプ以下2参謀に相談したのではないだろうか。

一度目1991年12月31日の韓国との約束。2度目、1994年10月21日の米国との約束。3度目、2005年9月19日の6カ国協議での約束。4度目、2007年2月13日の6カ国協議での約束。5度目、2012年2月29日の米国との約束。これら全てまるで病気のように破ってきた北朝鮮だった。息を吐くように嘘を付く。

今や制裁はどんどん効いてきて、経済活動は低迷化してきているし、懐のカネも尽きつつある。ここまで来て、さらに世界を騙そうとしているのか。拉致問題に関しては、2014年のストックホルム合意があって、解決か?と盛り上がったが、北は核実験をしてこの合意を潰した。あれは何だったのだろう。日本は、北朝鮮には、施しなど絶対与えてはならない。拉致被害者の生存の詳細と帰国とその検証、ミサイル・核爆弾の製造の放棄と完成品の解体。これを明確に検証させない内に経済協力なぞとんでもないことだ。

金豚は東京五輪までには、悲惨な死を遂げそうだ。クーデター説、民衆の蜂起説、病気説等々あるが。

|

« ロシア人は知らない人には無愛想なのはなぜか?オマケ編:新潟県知事選終了 | トップページ | インターネットに問題発生です。一つはADSLの終了と、もう一つは電話線の故障でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロシア人は知らない人には無愛想なのはなぜか?オマケ編:新潟県知事選終了 | トップページ | インターネットに問題発生です。一つはADSLの終了と、もう一つは電話線の故障でした。 »