« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の4件の記事

2018年5月28日 (月)

テレビメディアは多チャンネル化を目指すべき。CMの量が多すぎで何のためにテレビを見るのか分からなくなる。

今日も朝飯・昼飯時に、テレビのワイドショー番組を観たのですが、未だに日大のアメフト問題をだらだらやっている。それも番組時間の2/3前後使って。しつこいので別の局へ。そこでも同じ、また別の局へ、そこでも日大アメフト問題。連日連夜やっている。そして間には、4本~5本のスポットCM。このCMがまた売らんがためなのか、音声は絶叫型。ピチピチギャルが踊ったり跳ねたり。いかにも効能疑問型サプリメントの押し売り。取りあえず、CMに入ると消音にします。カミさんは、オイラがばんばんチャンネルを変えるのを嫌がります。なんでも良いから動かさないでと。そのうち、ライブ視聴はやめて、自動録画された番組に切り替えます。そこではCMになると、CM飛ばしで先に行きます。

まぁ、それにしても発生から3週間。被害を受けた選手は、もう試合に出ています。当初は再起不能になる恐れがあるなど、過剰に事を大きくして報道されていましたが。どおってことがないケガのようで。いろいろ問題がある事は、オイラでも分かりますが、過去似たような事例は大事にならなかっただけで、多くあったと思いますよ。加害者の選手は同情されていますが、あんな明らかにわかる反則タックルを、まさかするとは、監督もコーチも想像していなかったと感じます。別にオイラが日大理工出だからといって肩を持つわけではありませんが。テレビメディアでは、モリカケ問題を6野党と一緒になって、煽り過ぎたので、この問題では不利形勢になりつつある現在、それを再度糾弾煽りするわけにも行かず、話題をアメフト日大問題にすり替えようとしているのがミエミエです。

さて、日本では民放は地デジではウチの地域で8局ですが、これ、欧米ではほとんどが40局以上あります。ロシアでさえ、60局あるとか。BS、CSを含めても圧倒的に少ないほうです。・・・・・

続きを読む "テレビメディアは多チャンネル化を目指すべき。CMの量が多すぎで何のためにテレビを見るのか分からなくなる。"

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

テレビではまた加計問題再燃。今度は愛媛県が新文書を公開したのだが。これの何が問題なのか分かりません。

例の女子児童殺人・死体遺棄事件で犯行から一週間後、犯人は捕まりましたが、その間連日連夜ワイドショー番組では、これでもか!と言うぐらい現場中継や、犯行の妄想をまるで探偵ごっこのように推理報じていました。その間、白色の車が止まっていたとか、黒尽くめの男がどうたら、こうたらと。確かに幼気な女子児童に対して、悪魔のような犯行でしたから、大騒ぎの連日連夜であったことは、仕方がなかったかもしれませんが、被害者宅まで撮影したり、犯人が捕まれば、犯人宅まで取材陣が押し寄せたり、常軌を逸していました。犯人はすぐ近くに住む20代の男で、家族と住んでいました。車は黒い色の軽ワゴンでした。白い車も、不審な黒尽くめの男も全然関係がありませんでした。

これが片付くとテレビメディアは今度は、アメフットボールの日大の選手が違反タックルをして、被害を受けた関西大の選手が全治2~3週間の怪我を負い、それを指示した日大理事兼監督の内田正人の糾弾番組を連日放送。この件だけで番組の大半の時間を投下して、それも連日連夜。見ていてゲップが出てしまいます。チャンネルを変えるのですが、そこでも、あそこでもやっている。どうもこの内田監督は、テレビ取材人に憎まれていたのか、またはこのクラブだけが、他のチームより軌道を逸していたのか、集中攻撃になっていた。事件の特化するのは仕方がないとしても、各局同じ時間にここまで長く特化するのは、非常に不自然を感じる。その現場のすぐ後ろには審判がいたが、危険行為と指摘を発していなかったように見える。ラクビー選手だった友人がいるが、鎖骨を2回折っている。試合中はアイツを潰そうぐらいの言葉は出てくる。アメフットはラクビーより過激なスポーツだ。今回の彼は、素直に反則をして相手を潰してしまったのか?

そして、テレビのワイドショーは、また加計問題の新文書発見で。まさにかき入れ時のようだ。・・・・

続きを読む "テレビではまた加計問題再燃。今度は愛媛県が新文書を公開したのだが。これの何が問題なのか分かりません。"

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

平昌五輪以後、急速に朝鮮半島の事態が高まって来た。特に先週から今週に掛けて目まぐるしく事態が進む。

米朝首脳会談を控えて、先週から今週は、様々な動きが集中しました。3月に行なわれた初の中朝首脳会談。金正恩は平壌からトコトコ鉄道で北京まで習近平詣。まぁ大歓迎を受けたわけだが、さらに今月7日~8日にまた今度は、平壌から大連まで空路で習近平詣。お互い何を会談したのか、詳細は曖昧だ。

ポンペオはCIA長官の身分で4月に極秘裏に北朝鮮を訪問し、金正恩と会って折衝をしている。彼は北朝鮮の事情は知り尽くしていて、更に北朝鮮には強硬派だ。きっと金正恩は震え上がって、習近平の庇護を求めるために、初北京詣をしたと見る。ポンペオはその後議会の承認を得て、ティラーソン国務長官更迭後の後釜に座っている。金正恩追い詰め作戦の実行隊だ。そして、9日の今日、再度北朝鮮を訪問して実務的な折衝を行っている。3人の米国人の人質を奪還するとの話も出ている。

国内では、9日の今日に、日・中・韓の首脳会議が行なわれて、三者会議の他にそれぞれ二者会議も行なわれている。夜にはその結果が会見されるだろう。建前は経済問題だろうが、北朝鮮問題が主題であろう。その前に安倍総理は4月17・18日にフロリダでゴルフも交え、トランプ大統領と数回の会談を行った。ともかく北朝鮮の金正恩は、何とか核兵器と化学兵器を温存しながら、小出しに規制緩和と経済援助を引出し、以前数回やった居直りで、また核兵器、ミサイルを使った恫喝で我が意を得ようとしているのがミエミエだ。・・・・・

続きを読む "平昌五輪以後、急速に朝鮮半島の事態が高まって来た。特に先週から今週に掛けて目まぐるしく事態が進む。"

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

5月GW中のあれこれ。柑橘苗木のマルチングに初めて挑みます。

皆様連休はどの様にお過ごしですか。孫が成長してきて、もはや遊んでもらえないことが多くなりました。とにかく学校の行事やら、塾やら、習い事が多くなって、とてもジージの相手をしている暇がないようです。今まで連休は毎年山をひと超えで、サイクルスポーツセンターに行き、自転車特訓をしていたのが、夢のようになりました。子供はどんどん成長をしていきます。孫長男はコントラバスの練習、孫次男は今風ポップダンスの練習とか。

4月下旬と5月初めに葬儀が2件がありました。南足柄の、従妹の旦那が56歳、肝臓がんで4年の治療後亡くなりました。次は、町内会同組の奥さんが、1年の治療後亡くなりました。78歳でした。

連休は混み合うので、なるべく外出は避け、柑橘栽培に精を出します。IHI勤めのサト坊が30日午前空いているので手伝いたいとのことで、草刈り機で、段畑の縁に生えているお茶の木、サカキなどの雑木を払ってもらいました。彼、オイラより15歳若いマッチョマンなのですが、普段使わない筋肉を使うので腰が痛くなったと言っていました。その間、オイラは今回から柑橘苗木にマルチングをしてみようと開始をしました。別の畑のを加えると全部で4年生以下の苗木が60本ぐらいありますので、結構なひと仕事なのです。  マルチングとは

特に苗木周囲の雑草を防ぐ目的と、苗木の水分補給の調整に効果があるようです。雑草に囲まれてしまうと、雑草についている様々な害虫にやられることもありますからね。また養分も雑草に掠め盗られてしまいます。大雨で肥料が流されてしまうことも防げるようです。時々シートを剥ぐって、湿り気具合を確かめることも必要です。黒マルチは、猛暑時地温上昇を抑える効果もあるとか。・・・・・・

続きを読む "5月GW中のあれこれ。柑橘苗木のマルチングに初めて挑みます。"

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »