« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の4件の記事

2018年4月23日 (月)

セクハラ問題で、ますます懸命にプロパガンダするテレ朝やTBS。

日本の文化?には、「接客」という分野がある。これを世界でも類のない風俗文化として確立させたのが、京都などの「お茶屋」といっても良い。東京圏では「待合」に類を見る。戦後はここからヒントを得て、いわゆる接客が主体のホステスクラブ⇒高級クラブとなっていった。造りは、バーカウンターとテーブル&イスのボックスで構成され、バーカウンター内では、簡単なオードブルや様々なアルコールを調合し、客に提供する。

で、そこには接客女性を用意してあり、その店のママとチーママがそれら女性を指揮する。お客との接客は客のイロイロな会話に主に聞き手として対応する。高尚な会話の聞き役の場合もあれば、エロっぽい話にも反応して、わざとカマトトぶって客はその反応を楽しむ。中には客は何回もその店に通い、目星の女性と親しくなるよう励むわけだ。もしかして口説くことが出来るかもと期待を込めて。このような形態の店は日本特有だ。米国やカナダでは一般にはない。EU国もないだろう。彼らは、女性と会話するだけで、なんでこんな高いカネを取られるんだと不思議がる。但し日本人出張組、赴任組のために一部はあるが。日本の文化の一部かもしれない。

もちろんそんな目的はなく、普段仕事中では話せないことを無礼講で会話して、日頃のストレスを解消することで通う客もいる。これがほとんどだろう。謂わば、接客女性は精神科のカウンセラーの役目を果たすわけだ。また会社の接待など、接客女性を入れて取引相手と親交を図る為に利用することもある。・・・・・・・・・

続きを読む "セクハラ問題で、ますます懸命にプロパガンダするテレ朝やTBS。"

| | コメント (1)

2018年4月16日 (月)

マス・メディア界の反撃が、この木の芽時になってますます劣化し激しくなってきた。最後の足掻きか?

「木の芽時」なのか、この季節は精神状態が不安定になりやすいと昔から云われています。大昔は「コノメドキ」と云われていたようです。寒暖の差が大きかったりで体調を崩したりの因果関係があるようです。山に行くと、木の芽が吹き出し、冬眠から覚めた野生動物のように何かおかしなことをする人が多くなるとか。柑橘園では数日前、「はるみ」と「麗紅」の苗木2本づつ植栽をしました。一気に雑草が生い茂り、これらの除草を2日掛けて完了しました。確かにこの季節、緑樹の中にいると、生気が狂い溢れてくるような気がします。

で、こんな中やはり「木の芽時」なのか、相変わらずのマスメディアと野党ですが、特に「安倍降ろし」の勢いをさらに付けてきています。4月14日には国会前で、主催者発表5万人、実態は6千人規模の「安倍やめろ」の集会デモを繰り広げました。5万人なんて毎度の嘘発表で、「安倍の嘘」を糾弾するお得意のブーメランです。現在6野党の中に、「年中、木の芽時」が沢山いますね。アホらしくなってしまいます。

この一年間、森友問題と加計問題で国会は費やされ、結局は各官僚のチョンボが積み重なったということが、ネット社会では共有されつつあります。安倍総理の贈収賄事件だったのでしょうか?便宜供与事件だったのでしょうか?特にテレビ・新聞しか見ない層は、完全にこれらの煽りに嵌って、プロパガンダされてしまっているようです。・・・・・・・・

続きを読む "マス・メディア界の反撃が、この木の芽時になってますます劣化し激しくなってきた。最後の足掻きか?"

| | コメント (10)

2018年4月 4日 (水)

ドラム缶を半割に切断しました。初めての経験です。

柑橘栽培に関しては、色々必要な雑用作業があります。べつにやらなくても良く、別の方法でも良いのですが。柑橘園の貯蔵庫兼倉庫の傍に、16年前に他界した父親が、いつのころか20数年前ごろか、何処からか、ドラム缶を入手して置いてありました。別に邪魔ではないので、そのまま見慣れた景色になっていました。父親は何の目的でもってきたのか?あまり深く詮索をしないでいました。

ただ、段々畑の園の中段ほどに2ヶ所、ドラム缶を半割にしたのが置いてあります。ほとんどサビ朽ちていました。存在そのものを忘れていたような状態でした。昨年ごろから、中段にあった、散々実を付けていた青島みかんの古木の主幹の片方列が枯れ始め、残りの方も葉が黄色になって、なんとか対策をしなければと気にしていました。

数日前、思い切って幹の半分をチェーンソーを使って、切り倒し幹・枝を短く切り刻みました。その処理で、ふとすぐ傍を見ると、サビだらけの半割のドラム缶があり、それに枝や幹を入れ込み、火をつけてましたら、合理的に良く燃え、楽に焼却が出来ました。火事の心配もなく。焼却場にしているのは、最下の段なので運搬が面倒くさいのです。

Cimg0225_r

多分この半割ドラム缶は30年ぐらい前に父親が作業が便利なようにと置いたのでしょう。そこで、ふと思い出しました。倉庫の傍に長年置かれていたドラム缶のことを。・・・・・・・

続きを読む "ドラム缶を半割に切断しました。初めての経験です。"

| | コメント (0)

2018年4月 1日 (日)

今日の記事は柑橘栽培について特集です。

現在、メインの柑橘園の柑橘苗木(植栽5年以下)27本、サブの柑橘園が23本植えてあります。一番困るのは、その苗木周囲1m以内に肥料を撒いてあるので、特に雑草の繁殖が凄いのです。これは手鍬作業で雑草を抜くわけですが、結構労力が必要です。また草刈り機で払う方法もありますが、うっかり肝心な苗木まで払ってしまうという笑えない事態が発生することもあります。そこで、雑草の発生を防ぐために、黒マルチを根元周囲に敷く方法があります。昨日アマゾンで、適合しそうな黒マルチを発注しました。

M_dsc_1414 これ他人の畑の写真

雑草を草刈機でというのも、雑草の根は残ってしまうので、2週間もすればまた元気よく成長してしまいます。つまりイタチゴッコ。オイラの体力も少し老齢化しているので、楽にやりたいので、根まで枯らすサンフーロンという除草剤の噴霧で処理しているのですが、デリケートな苗木の回りは避けたほうが良いらしい。・・・・・・・・・

続きを読む "今日の記事は柑橘栽培について特集です。"

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »