« とうとう関係者の自殺が出た。朝日新聞がまたまた火付けをした森友問題。 | トップページ | 柑橘栽培3月の行事。森友学園問題は荒れに荒れて段々全貌が見えてきました。あと一歩です。 »

2018年3月15日 (木)

ひょんなことから、Facebookで大昔のカナダの旧友と再会が叶いました。

ウチのネーブル及び柑橘は在庫が終了し、販売は終了しました。

1994年から2003年頃、カナダドルの為替レートが安くなり、カナダから建材を輸入して、現場でそれらを使って建築をする、いわゆる輸入建築をしていた時期がありました。建築躯体はツーバイフォー工法で、具体的にはそれに合わせた設計になる。もちろんサッシ、ドアー、床材、屋根材、キッチン、家具等々も北米のサイズ(インチ、フィート)に合わせた設計となる。当時品質のグレードからいって、日本よりかなりその方が安かった。それらを1物件で一括して40フィートまたは20フィートのコンテナーに仕立てもらい、現場にトレー(運搬)して搬出し、建築をする。なんだかんだで、住宅、ペンションなど、十数件こなしたのだが、そのうちカナダドルの為替レートが上がり、あまり儲からなくなり、止めてしまいましたが、その間、カナダ側の混載貿易業者(コンソリデーター)の担当の人達と、多くの知り合いになりました。

彼らとは一期一会になった人が大半だが、バンクーバー郊外のメイプルリッジの業者ロイ坊(Lloyd Clefstad)とは相性があったのか特に仲良くなり、2003年にオイラが1か月ぐらいそちらに滞在して、北米建築を学びたいと告げたら、近くのフォートラングレーに自分の姉さんのレジデンスがあるから、そこで滞在したら?と来た。もちろんそれなりの宿泊費は払うのだが。さらに自分のピックアップカーFORDを勝手に使って良いと。・・・・・

Dscn1369_r

Dscn1307_r Dscn1296_r

大変大きなレジデンス(大豪邸)で、ホームステイ用に使える区画がその中に2つあり、一方は、ドイツ出身の夫婦がいた。時々一緒に食事に行ったり楽しんだものだった。また家主の姉さん夫婦も時々朝食に連れていってくれた。ロイ坊は様々な建築現場やメーカー、住宅展示場などにも連れて行ってくれた。帰国の時期が近づいたら、バンクバー五輪が決定したことで、会場となるウィスラーまで案内してくれた。デジカメで様々通算1000枚以上を録画した。

最後に日には、オイラの方で食材費を出すから、バイバイパーティーをしたいといったら、彼の両親、親戚縁者、友人も集まって、焼き物は庭でBBQをし、それを台所・食堂に持ち込んで食事会をして饗してくれ、大変素晴らしい体験をさせてもらいました。

Dscn1738_r Dscn1741_r

Dscn3011_r Dscn3037_r

その後何度か、メールでやり取りをしていましたが、オイラの方で輸入建築事業を止めてしまったので、やがて交際はなくなってしまいました。その間に彼の母親や父親が他界し、姉さん夫婦がこのレジデンスを売って、バンクーバー海沿いのコンドミニアムに引っ越したことなど、情報を送ってくれました。「いつになったら結婚するんだよ」と何度か小言を言ったのですが、気に入った娘がいないと。

彼は学生時代はアメリカンフットボール、社会人になってからラグビーで体を鍛えました。彼の姉さんとオイラは同年でしたので話題を共有することが出来ました。彼女は元美術の先生で、住まいにはアトリエがあり、また素晴らしい彼女の作品が飾ってありました。

そんなこんなで、ここ10年くらいお互いのご無沙汰でした。数日前、ふと彼のことを思い出しました。まてよ!彼はPC関連が大好きで、今流行りのFacebookに登録しているかもしれないと検索してみたら、一発で彼を見つけました。オー!懐かしい。

Lloyd

オイラ、ブログの方が忙しいので、たまにしかこのFacebookはやりませんでしたが、たしかMessengerで直接やり取りが出来ることは知っていましたので、彼にMessengerをやろうとリクエストをしたら、すぐ許可が来て、数回やり取りができました。もともと彼の会社は、レッドシダー(米杉)の半割した板材(シェイク)を屋根材として葺く、その材料を扱っているのがメインでした。父親が元気なころは、ドイツへの出荷がメインでした。

ヨーロッパ人はこの屋根が大好きで、年月を経るといぶし銀のような落ち着いた色になる過程を楽しんでいるのです。日本でも大昔は杉板のトントン葺きとして多くの建物に使われていましたが、建築基準法で燃える屋根材は禁止され、いわゆる不燃材で葺くことになっていて、この材は採用することが出来ないのです。

Messengerのやり取りで、現在はタイのバンコクを海外本拠地にして東南アジアに出荷とそれの施工の技術指導をしているそうで、送られて来た画像では、現在中国の海南島の海口市で、ビックプロジェクトの屋根面積8,000㎡をカナダからこの屋根材を持ち込んで、実施しているそうだ。オイラ凄いね!と讃えた。

29026338_10214767163108319_10516686  28959338_10214767166828412_54482621 

今バンコクにいるが、明日から海口市の現場に行くのだが、中国なのでYoutubeもFacebookもブロックされているが、試しにMessengerはどうなのか試そうというこどで、海口市からメッセージを送ってきた。オイラ、ロイ坊のメッセージは届いているよと返信した。

またロイ坊と会いたいね、もしバンコクにまだ長くいるんだったら、そちらに遊びに行くよとメッセージ。バンコクは数回行っているので、慣れているし。また一緒に遊びたい。

Facebookの彼のプロフィールには、

Life is short. Buy the shoes

(人生は短い。シューズを買っていろいろな所に行って、世間を見ろということなのか。)

とあった 。 これは父親の遺言かな?

|

« とうとう関係者の自殺が出た。朝日新聞がまたまた火付けをした森友問題。 | トップページ | 柑橘栽培3月の行事。森友学園問題は荒れに荒れて段々全貌が見えてきました。あと一歩です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とうとう関係者の自殺が出た。朝日新聞がまたまた火付けをした森友問題。 | トップページ | 柑橘栽培3月の行事。森友学園問題は荒れに荒れて段々全貌が見えてきました。あと一歩です。 »