« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の5件の記事

2018年1月24日 (水)

あの西部邁が自ら命を絶った。マスコミは驚き大騒ぎになりました。

昨日22日、昼から夜半に掛けて、関東地方は大雪となりました。朝のニュースでは、東京都内は大雪で大混乱となったようです。世田谷に住んでいる長女家族が、特に孫が小学1年生で下校時はどうだったのか心配しましたが、まぁ連絡がなかったのでなんとかなったのでしょう。

その点ウチの地域は、毎回ですがスレスレで、午後から雪ではなく雨の一日でした。背後にある山々にも雪の形跡はありませんでした。南熱海は周囲で雪が降っても、ここだけは雨、これ数十年続いています。この地で、大雪が降ったというのは記憶にありません。まぁたまに山々に降ることはありますが。ただ雪の予報が出ていたので、この前日21日に柑橘園のレモンとユズ全部を収穫してしまいました。雪で果実に影響が出ることがあるからです。土曜日には、ネーブルオレンジと甘夏みかんを全部収穫するつもりです。1~2週間予措をして、貯蔵庫で1~2か月熟成させます。

この21日にとんでもないことが起こりました。ヘタヘタと座り込むようなことが・・・・

続きを読む "あの西部邁が自ら命を絶った。マスコミは驚き大騒ぎになりました。"

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

いつまで続く韓国での反日プロパガンダ。従軍慰安婦性奴隷なんて嘘もいい加減にしてくれ。

どうやら、2月から始まるピョンチャン(平昌)五輪はピョンヤン(平壌)五輪になりそうな事態になりつつありますね。韓国の文在寅大統領とはどのような人物か、思惑を外さない予想通りでしたね。北朝鮮は五輪が開会前日に、ピョンヤンで1万人を超える軍事パレードをして、内外に北朝鮮の存在をアピールするそうです。競技の参加資格者は少数ですが、芸術団を含め、400人以上の規模の大参加団を送ると。

開会式では、予定外行動で、平壌五輪の色合いを出そうと虎視眈々と狙っていることでしょう。もともと文大統領は媚北朝鮮派であることは、あの盧武鉉政権で大統領側近として活躍した経歴からも推測できる。完全に「軒先貸して、母屋を取られる」事態になりそうだ。

開会式の入場行進は、白地にブルーの統一旗で、北朝鮮選手と韓国選手が一緒に行進ということが決まったとか。それにしても、独裁国家の北朝鮮側のネゴシエーター(交渉人)は、まるでヤクザのように、飴と鞭の恫喝で、韓国側を絞り上げたようだ。

オイラ的にはピョンチャン五輪には、ほとんど興味はありません。パラリンピックも同様です。

まぁこの北朝鮮の面々と過去から散々交渉をしてきた韓国側、両者だんだん似てくるわけで、甘っちょろい日本なんか赤子の手をひねるようなものだ。・・・・・・・・・

続きを読む "いつまで続く韓国での反日プロパガンダ。従軍慰安婦性奴隷なんて嘘もいい加減にしてくれ。"

| | コメント (1)

2018年1月16日 (火)

レンタル振り袖衣装「はれのひ」に騙された娘さん達、成人を前に良い勉強をしましたね。

今、テレビのワイドショーでは、相撲が一旦ケリを付け、1月8日の成人式に振り袖衣装で出席できなかった、可哀想な二十歳女性の話が連日だ。原因はレンタル振り袖会社「はれのひ」が、当日トンズラしてしまい、カネは払ったが設営会場はもぬけの殻で、騙されたという顛末だ。

この成人式のイベントは、そもそも戦前からあった通過儀礼を参考に、1946年今の埼玉県蕨市において行われた青年祭がルーツと云われていて、

1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、翌1949年(昭和24年)から、1月15日を成人の日として制定した。それ以降、ほとんどの地方で成人式はこの日に行われるようになった。その後、1998年(平成10年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)に伴って、2000年(平成12年)より、成人の日は1月第2月曜日へ移動している。

オイラの成人式は1968年で、新宿区から招待通知が来たのだが、面倒くさいので一人住まいの部屋にいたら、近所に住んでいて高校同級生のイサ坊が遊びに来て、成人になったのだから酒を飲もうと、一升瓶とツマミに酢だこ、シメサバを買って来て、部屋で飲んだ思い出がある。・・・・・・・

続きを読む "レンタル振り袖衣装「はれのひ」に騙された娘さん達、成人を前に良い勉強をしましたね。"

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

正月の恒例の3つの特別番組を再生CM飛ばしで観ました。

今年も元旦朝真夜中からのテレ朝の「朝まで生テレビ」、元旦の18時からのBS朝日「新春討論5時間スペシャル」、昨日7日の日曜、TBS「サンデーモーニング」を録画して、時間の余っている時に監視の意味で再生視聴をしました。

朝ナマは、1987年開始の第1回目から、ほとんど毎年元旦版はほとんど観ています。当初はこの手の企画は初めてで、素直に楽しんでいました。しかし、司会の田原総一朗はもはや末期ですね。今年84歳です。入れ歯のせいか口元はフガフガ、堪え性が衰えたのか、「うるさい!」と怒鳴るは、テーブルを叩くは。

「僕は三人の総理をやめさせた」、「この中では、僕だけが戦争を知っている」って口癖自慢するが、1934年生まれだから終戦時は11歳、滋賀県彦根市の小学5年生だ。ここは空襲にも会っていないし、食料も事欠かなかったはずだ。オイラ小学生の頃の脳力を思い出すが、それでなくても戦争を知っているなんて知見はなかったはずで、戦争の知識はほとんど後知恵だろう。

また「西ドイツに行ったと時は驚いた、徴兵が嫌な者は、兵役につかなくても、ボランティアで済ますことができる」って突然言い出す。もうオイラには、これらの彼の発言は耳にたこができる程だ。僕は実は凄い人脈を持ち、あんた達より優秀なんだと、自分自慢は事欠かない。・・・・・・・

続きを読む "正月の恒例の3つの特別番組を再生CM飛ばしで観ました。"

| | コメント (0)

2018年1月 5日 (金)

2018年 新年お目出度うございます。皆様のお正月はどのように過ごされましたか?

2018年 皆様 明けましてお目出度うございます。今年も宜しくお願い致します。

理屈っぽいですが、なぜ「お目出度う」なのか。「昨年1年間無事に過ごせて、この新年を迎えることが出来ました」という意味だそうです。もう一説は「あらかじめ祝うことで、実際にいいことが起きる」という願掛けだそうです。

2008年1月29日に始めたこのブログですが、もうすぐ10年目を超えます。総記事数は今日のを入れて1,239件目となります。まさに塵も積もれば山となるですが、あまり過去記事を振り返って見ることより、次の記事は何をテーマにするのかのほうが興味があります。まぁ、同じように、建築設計を始めてから、病院、和風旅館、ホテル、マンション、テナントビル、店舗、デザイン店舗、住宅など累計としては、夥しい数の建築設計・監理をしてきましたが、過去の自分の作品を見てみようという気は沸かないです。自分が生み出したものは、あとは勝手に独り歩きをしてくださいという気持ちです。きっと芸術作品の作者も結構似たような心境だと思います。ジャーナリスト、小説家も同じかも。

このブログは作者(オイラ)が60代(初老?)なので、そのオジイ達の人生模様とオジイ達から見た世界という観点で記事を作り、披露しています。・・・・・・・・・・

続きを読む "2018年 新年お目出度うございます。皆様のお正月はどのように過ごされましたか?"

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »