« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の3件の記事

2017年11月23日 (木)

ダイダイの収穫期 北朝鮮兵の脱北と亡命事件 いつの間にか消えたその兵士の寄生虫騒ぎ

毎年この時期になると、ダイダイの出荷となります。ウチの柑橘園には7mを超すダイダイの木が2本あり、毎年大量の数のダイダイが成ります。これ地元のJAが引き取るので、収穫に精を出します。まず根本周辺地表にブルーシートを敷き、木の外周に2段梯子を掛けそれを登り、枝ハサミでバンバン切り落とす。次に木の内部に登り、ダイダイを切り落とす。子供の頃遊んだ木登りと同じ。これは一人でゆっくり1日半あれば完了だ。体が老化してきているので、少しプレッシャーが掛かる。まぁ、落ちても頭を保護できるようにバイク用ヘルメットを被ってやります。

JA側の条件は、正月お飾り用で無瑕疵で、枝は5センチ以上且つ葉が一枚以上付いているもの。そしてそうでないものは、生食用と絞ってぽん酢用として引き取る(坊主とも言う)。時間が掛かるのが、この枝切り加工と2種に分ける作業で、最初の切り落としの2~3倍の時間が掛かる。今回は近所の農作業好きのサト坊が最初の危険な切り落としを手伝ってくれたので、これは二人で午前中に完了してしまいました。

彼はこの地から豊洲にあるIHI本社に通っていて、土日しか手伝えない。お礼に昼食と柑橘類を土嚢袋満杯差し上げました。昨日,それら成果物を出荷しました。お飾り用が214㌔、坊主が182㌔(自宅用40㌔は倉庫で保管)の結果でした。ケン坊のところでは、規模が大きく毎年両方で1000㌔前後だと。なんでも今回切り落とし時、脚立から落ちて腰を痛めたらしい。

今テレビの報道番組では、連日モンゴル系力士の飲み会暴力沙汰について延々とやっている。日馬富士と貴ノ岩と貴乃花親方の問題だが・・・・・・

続きを読む "ダイダイの収穫期 北朝鮮兵の脱北と亡命事件 いつの間にか消えたその兵士の寄生虫騒ぎ"

| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

民進党ガラガラポン選挙・Google IMEは使いやすい・トランプ歴訪・養子縁組について

衆院選、民進党ガラガラポン選挙が10月22日にあって、まだ1ヶ月経っていないのに、小池が希望の党の代表をやーめたと昨日来た。まぁ、予想通りだ。希望の党には民進党旧社会党的系が数十人。とても小池の力量で抑えられるわけがない。

なんだかんだで、民進党は、タマキン希望の党、枝野立憲民主党、居残り大塚民進党に政党としては形別れ、それに民進党系無所属が加わる。驚いてしまうね。こんなこと最初から企んでやったわけでもなく、成り行きでそうなった。まぁ、いかに稚拙な民進党議員の集合体だったかが、国民の前に曝け出されたわけだ。あとは参院議員の居残り議員になってしまった民進党議員が、これからどのような動きをするのか。知り合いの民進党市議会議員と話をした。オイラ:所属はどうするの?こんどは希望の党?彼:今は様子見ですと。まぁ上からの命令待ちなのだろう。

各国会議員の下には党系列の地方議会議員が山の様にいて、それぞれの政党議員の下請け組織だ。もちろん何らかのお手当は上から降りてくるが、選挙やその他、持ちつ持たれつの関係。その下部組織まで今時点では浸透していない。来年1月1日までには、政党助成金の関係で、それぞれ収まるところへ収まるだろう。「こっちへ来い」「あっちへ行け、しっしっ!」ってやつだね。・・・・・・

続きを読む "民進党ガラガラポン選挙・Google IMEは使いやすい・トランプ歴訪・養子縁組について"

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

その国の公用語は一つにすることが、国をまとめるのには重要な要素であることを、今回のカタルーニャ独立騒動で再認識した。

日本は中央集権国家で、その肝の一つは公用語は日本標準語(東京圏語)で統一されている。言葉というのは、文化であり、一つの集団を纏め上げる大きなな力がある。歴史的に見れば、江戸時代まで各豪族が集まって各藩を作り、それを幕府は纏め上げた、幕藩体制の施政だった。各藩の力が強くさらに大きくまとまって、幕府に対峙していたら、もしかしたら、北海道+本州+四国州+九州+沖縄州の五つに分かれ、連邦国家となっていた妄想も可能だっただろう。

さらに言語も現在まで残っている方言がもっと進化していて、それぞれ五つの公用語を持ち、勿論日本標準語があるにしても、様々な言語が飛び交っていたかも知れない。最近テレビ番組で知ったのだが、青森県には中央部に奥羽山脈があり、それを境に、二つの藩に分かれていて、それに依って西が津軽地方、東が南部地方に分けられている。方言も津軽弁と南部弁とがあり、かなり違うらしい。津軽弁で喋られると南部地方の人は全然分からないとか。当然その逆もある。

沖縄弁も全然オイラには理解出来なかった。さらに沖縄本島弁と宮古島弁、八重山列島弁もかなり違う。教育、テレビやラジオは日本標準語なので、対外的にはこれを使うが、地元ではこれら方言を使うことがお互い郷土愛になるので、いわば両刀使いのバイリンガルということになる。この辺の感覚は、関東圏が郷土のオイラには感覚的にわからない。・・・・・・・・・

続きを読む "その国の公用語は一つにすることが、国をまとめるのには重要な要素であることを、今回のカタルーニャ独立騒動で再認識した。"

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »