« 日本でのリベラルとはなんぞや。民進党は分裂し、リベラル派はどこに行く | トップページ | 今回の衆院選、「民進党ガラガラポン選挙」が正しい。 »

2017年10月 8日 (日)

オイラが代表幹事の「すみえ会」盛大?に開催しました。池田 学と言う画家、これ世界に打って出る、偉大な画家となりえるよ。

6日金曜日は午後3時から、高校時代の担任の先生の名を取ったクラス会(すみえ会)を開催しました。これ2年ごとに開催します。オイラがこれの常任代表幹事をしています。担当実行幹事のエノ坊と事前に開催に至るまでの準備をしてきました。担当実行幹事は回ごとに変わります。やはり皆老いて来て、また環境が変わったり、大病をしたりで、不参加や消息不明も多くなり、今回は参加17名でした。1次会・2次会を済ませ散会は午後8時半。夕方から雨が激しくなり、移動は雨降りの中でした。

古希を迎えたのや、これから古希だという時期の会でした。皆で古希を祝い乾杯をしました。衆院選挙を控えてその真っ只中、話が政治問題に発展すると終始が付かなくなる恐れもあり、エノ坊が各自のスピーチに項目を付け、その方向には行かないようにしました。もっとも、この仲間のほとんどはノンポリ育ちでしたから、危惧する必要はありませんでした。ただ2次会になって、政治関連は話題にしないようにしようねとオイラは念押しをしました。

女性が1人物故者となりました。オイラとは2年間同じクラスでした。前々回の不参加の時のコメントで、前年に旦那さんが逝去し、落ち込んでいる時に検査したらガンの発症が分り、手術をしたそうだ。そして前回の不参加通知のコメントには、「体の調子が良くないので欠席します」と。相手が女性なので、また、そこまで親しくはなかったので、連絡はしませんでした。結局それから1年後昨年9月に逝去されたことを、彼女と仲の良かった女性メンバーから聞きました。ガンが原発から肺、肝臓に転移をしていたそうです。オイラがその内情を話し、皆で哀悼の黙祷をしました。・・・・・

一次会の会場は、母校都立青山高校の校門前すぐのTEPIAというレストラン。1964年開催の東京オリンピックの時には、我らは高校1年生でした。近くに会場が幾つもあり、校庭はオリンピック関係の駐車場となりました。JR信濃町駅から昔通った道路を歩くと、相当な数のクレーンが、立ちあがり、メイン会場の工事をしていました。マラソン競技では近くの青山通りに出て応援をし、エチオピアのアベベの走行を見ることができました。

Cimg0060_r Cimg0062_r

大昔の若い頃を振り返ると、古希に近いジジ、ババは使い物にならないような老人に見えましたが、実際に当事者になると、まだまだ若い現役で、逆に年下は小便臭い若造に見えます。まぁ大昔に感じた老人と現在とでは、明らか老人が一世代若く見えます。

まぁ、月日が経つのは早い。子供の話題から進行して、今や孫の話題です。もちろん生涯独身を貫いているのも一人か二人。今年のミュージカル映画「LA LA LA Land」の最後のシーン、運命の悪戯というか、「あの時こうなれば、人生は変わっていた」という妄想のシーンで終りました。しかし、どちらが幸せだったのかは映画でも答えは出しませんでした。そうですね、答えようがありません。ただ今を大切に、充実して生きることが至福なのです。

この日、東京に行くについてもう一つ目的がありました。ちょうど日本橋高島屋で、細密画の”池田 学”の「THE PEN 凝縮の宇宙」の作品展が開催されていて、これを見ようとしていたのですが、到着し8階会場に行ったら、順番待ちの行列で階段回り、6階までの行列でした。係員に聞いたら、少なくとも見るためには1時間は待たないと。とてもPM3時からのクラス会に間に合わないとそこで諦めました。

池田 学 の作品

C7cucwmvaaeyxh6

池田 学は、日本の画家。カラーインクとペンを用いたボリューム感のある緻密描写が特徴的。

アクリル顔料インク、丸ペン、フランス製美術用紙「アルシュ」を使い作品を描く。

全体の下絵は描かずイメージしながら緻密に描くため、1日に描けるのは10センチメートル四方ほど。 ウィキペディア

生年月日: 1973年 佐賀県出身

最近この池田 学を知ったのだが、まさに驚異的な画家だ、世界の数々の美術館を巡っているが、彼のようなオリジナリティーをもった作品は見なかった。まさに緻密画だ。全体の下絵は描かないで、10センチ四方を描いて先に進んで行く。建築施工のローラー塗りというのがあるが、プロはローラーに塗料を浸みこませ、1メートル四方をWを描くように塗りこめ、次々に進んで行く。この技法を思い出した。

会場近くには彼の作品のジェットプリント版が額に収まって、販売されていた。もちろんサイン入りだが。1品約40万円、50万円だった。ちょっと手持ちが足りなかったので購入は諦めた(苦笑)

数十年ぶりに日本橋高島屋に行ったが、金曜日昼の時間だったが、8階の高級品販売ブースは、お客はほとんどいなく、爆買い中国人客は皆無だった。センスの良さそうなジャケットが40万円だった。売り子がこちらに目線を送ったが、すぐコイツは買いそうもないなと判断したようだった。ただ売り子の女性群は皆美人で品が良かった。なんとか協力して上げたかったが、不如意なことにはどうしようもない。

二次会が終わって、地下鉄外苑前駅から渋谷駅、そこから山手線で品川駅、新幹線で熱海駅。そこから娘の家の駐車場に駐車してあった車で無事帰宅をしました。

|

« 日本でのリベラルとはなんぞや。民進党は分裂し、リベラル派はどこに行く | トップページ | 今回の衆院選、「民進党ガラガラポン選挙」が正しい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本でのリベラルとはなんぞや。民進党は分裂し、リベラル派はどこに行く | トップページ | 今回の衆院選、「民進党ガラガラポン選挙」が正しい。 »