« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月の6件の記事

2017年3月31日 (金)

森友学園土地売買問題。民進党とテレビ番組よ、もういい加減にしてもらいたい。

3月31日となりました。昨日とは打って変わって、気温が下がり、待望のソメイヨシノの満開は、まだしばらく待たなくてはいけません。ケン坊の柑橘園にある大樹のソメイヨシノもまだ蕾のままです。これが満開になると壮大な絵となります。また雨が降ってきました。

昨年のこの3月末日に韓国のパク・クネが大統領の座を罷免され、さらに今日真夜中未明に逮捕されるということをぼんやりでも予想した人は皆無だろう。捏造されたファンタジーの慰安婦問題を肩に、反日目的で、2013年2月の就任演説で「被害者は千年怨む」とか日本を指して「歴史を正視しない国は滅びる」だとか。  

‘反日’日本批判?朴槿恵(パク・クネ)大統領の発言まとめ

前大統領李明博の末期に、日本の韓流ブームは破裂し、さらにパククネによって破壊された。まぁ、そもそも日本での韓流ブームなるものが、韓国政府と日本の広告代理店によって仕組まれていたことが確定されているが。中国人民抗日戦線勝利70周年には、習キンピラと壇上で並んで反日。さらに各国で女学生的発言で日本批判だ。国連総会でもやらかした。完全に日韓関係は冷えてしまった。オイラも彼女については散々批判・糾弾をしてきたが、顛末として今日で終わりました。結論は彼女は間違って大統領になってしまい、真相は単なる「知見のない欲深なオバサン」だったということだ。選んだ韓国国民も自業自得、特に韓国マスゴミ・ジャーナリスト達の程度(民度)の低さに関連している。

さて、日本も韓国を笑っていられない。森友学園問題だが・・・・・・・

続きを読む "森友学園土地売買問題。民進党とテレビ番組よ、もういい加減にしてもらいたい。"

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

シンガポールからマラッカに娘同伴で行ってきました。マラッカは発展の途中です。 3

ホテルの客室では、タブレットにWI-FIのパスワードをセットして、日本のネット情報を見ていました。ところでテレビなのですが、シンガポールでは、まず一般のテレビチャンネルで国内ニュースとCNNやBBCをみることができました。チャンネルをどんどん進めて行くとFM放送に変わり音だけになりました。

CH10だったか、NHKのニュース特集番組をやっていて、昨年までブラタモリに出ていた、桑子真帆と男性がキャスターをしていました。この番組は日本にはなく、海外用かも知れません。

シンガポールのテレビ事情

シンガポールでテレビのチャンネルをひねると、英語有り、中国語有り、マレー語有り、と様々な言語が耳に飛び込んできます。シンガポールならではの多言語放送の世界です。 とはいえ、日本に比べると非常にお堅いお国柄。暴力的なシーンやヌードなどの性に絡んだシーンは、すべて国が事前に検閲してカットしています。 ちなみに、シンガポールのテレビの受信方式は、日本のNTSC方式とは異なるPAL方式です。 シンガポールのテレビ放送は、合計7チャンネルありますが、場所によっては、シンガポールに隣接するマレーシアのテレビ放送(TV Satu、TV Dua、TV Tiga)も受信できます。

フジ坊の話では、特別契約をすれば、もっと日本のTV番組を観ることが出来るらしいです。NHK地上やBSなのですが。またマラッカはもっと見れるチャンネルは少なく、テレビで例の金正男の暗殺事件についての情報は少なかったのではと思いました。もちろん新聞がありますからね。

最後の3日間は、シンガポールからリムジンバスで、国境(入江)を超えて、マレーシアのマラッカに行きました。・・・・・・・・

続きを読む "シンガポールからマラッカに娘同伴で行ってきました。マラッカは発展の途中です。 3"

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

シンガポールで前回なかった見学と体験です。 2

シンガポールの続きです。

シンガポールには、国民の74%が華人(中華系)、マレー系が14%、インド系(印僑)が7.9%、その他が1.4%だそうだ。華人を今の中共系と解釈しがちだが、ご先祖は数百年に渡って中国本土の様々な地域から集まってきた混在民族で、言語も福建語、客家語など、いわゆる閩語(びんご)が入り混じっていると。

閩語(びんご)とは、シナ・チベット語族、シナ語派の言語の一つあるいは一群である。 中華人民共和国の福建省、広東省東部及び西南部、海南省、浙江省南部、中華民国、シンガポール共和国、マレーシア、タイ及び各国の華僑・華人の一部の間で使用される。

勿論正式な中国標準語(北京語)を習っている人もいるだろうが、一般的ではない。中共本土でさえ、方言を通り越して、別の言語と云える言語が入り混じっている。使用される漢字なのだが、簡体字(中共)と繁体字(台湾・香港)に分けられるが、現在シンガポールでは簡体字が使われていました。まぁ中共からの観光客が圧倒的に多いですからね。

20150411100514 まさに今やこのシンガポールも中共からの観光客で占められていました。なんたって14億人の人口でビザが緩和ですからね。日本語の案内広告なんて存在していません。まさに世界中の観光客は中共に占められています・・・・・・・・

続きを読む "シンガポールで前回なかった見学と体験です。 2"

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

ウチの娘がシンガポール在住となってしまった。娘訪ねてシンガポールの旅 1 

シンガポール&マラッカから帰ってきました。シンガポールは、1989年に家族旅行でマレーシアのペナン島の次に寄りました。2泊ぐらいだったか。まだ超高層ビルが少なかった時代で、その超高層のホテル(スイソテル・ザ・スタンフォード)に宿泊した。窓から眼下に見える街並は旧市街地で、今回行ったマラッカのホテルから眺めた街並みとよく似ていました。暗闇の中、一つポツンと「KONICA」のネオンサインが目に入りました。次に行ったのは、セーリング・ヨットのクルーの仲間のフジ坊と仲良くなり、彼はシンガポール女性と所帯を持ち、二人の子供を持ち、シンガポールを本拠地としてる。友達の友達はオイラの友達という図々しさで、2011年11月に1人で彼を頼って5日間ほどシンガポールに滞在しました。以下その時の記事です・

23年ぶりのシンガポール。建設バブルを思わせる発展ぶりに驚きました。 2011年11月30日 (水)

シンガポールでの食卓事情と自動車と教育について。グルメのオイラにはたまらない国だ。 2011年12月 2日 (金)

旧市街地と開発地域とのアンバランスなシンガポール。それだけに面白いことが満載な国なのだ。 2011年12月 3日 (土)

今回オイラの末娘夫婦の夫(義理の息子)が、会社の赴任命令で数年このシンガポールを本拠地とした生活になり、彼の父親と長男、オイラ夫婦と合同でシンガポールに行こうということになり、楽しんできました。シンガポールは2011年の6年前よりさらに建設バブルで、公共施設もさらにグレードアップされていました。東京の銀座さえ超えた未来都市の様相でした。・・・・・・

続きを読む "ウチの娘がシンガポール在住となってしまった。娘訪ねてシンガポールの旅 1 "

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

ウチのネーブルとハッサクを喰ってくれ!

2月に収穫したネーブルとハッサクが貯蔵庫のなかで程よく熟成して、これから食べ頃となります。例年通り格安で販売致します。

Dscf3378_r   Dscf3376_r

↑ハッサク(八朔)

Dscf2751_r Dscf2752_r_3

↑ネーブル・オレンジ

世界的に有名なのが、バレンシア・オレンジとネーブル・オレンジですが、バレンシア・オレンジは・・・・・・

続きを読む "ウチのネーブルとハッサクを喰ってくれ!"

| | コメント (0)

2017年3月 2日 (木)

金正男暗殺の、その後のあれやこれや。この事件は北朝鮮の無理強いで消されてしまうかもしれない。

ここのところ、前記事のようにミュージカル映画「La La Land」のサウンドトラックをYoutubeで聴いているせいか、その旋律が耳に焼き付いてしまい、ニコチン中毒のようにまた聴くということ繰り返しています。まだ映画を観ていないですが、いろいろな曲の旋律に統一性があるのか、一発でこれの旋律を覚えてしまいます。

さて、3月となりました。昨夜から今日いちにち静かな雨になりました。昔から3月は「ひと雨ごとに春が来る」と言われていますね。柑橘園の木の枝の剪定も終わり、その切り取った枝を拾い集めて焼却場に集めるのですが、これが時間が掛かるのです。大変な量となります。こちらの方が、剪定作業より1.5倍ぐらい時間が掛かります。昨日完了しました。

これから4月に来る苗木のために、植穴を掘り、元肥えを入れて置きます。これ約1カ月前までにしておかなければなりません。ヨウリン500g+苦土石灰2㎏+たい肥土として牛ちゃんパワーを混ぜた土。苗木6本なので6か所用意しなければなりません。黄金柑2本・麗紅2本・なつみ2本それぞれ2年生の苗。苗木も全て順調に成長してくれると良いですが、これある程度までの雑草駆除や水遣り(灌水)に気を使って、まさに子供を育てる気分でやらなければなりません。苗木を枯らしてしまった事が沢山あります。

さて本題ですが、13日に犯行が行われたクアラルンプール空港内での正男暗殺事件ですが、15日にそれが判明して世界に伝わり、日本のテレビでは連日推理解説並の報道が毎日続いています。・・・・・・

続きを読む "金正男暗殺の、その後のあれやこれや。この事件は北朝鮮の無理強いで消されてしまうかもしれない。"

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »