« 子供の教育は上を見ればきりがない。大学までの教育費を考えれば、子供なぞ1人か2人で精いっぱいが現状だ。 | トップページ | 最後の安倍首相とトランプ大統領の夕食会の最中に中共の鉄砲玉、北朝鮮がまた弾道ミサイルをぶっ放した。 »

2017年2月 6日 (月)

オイラが感じた不思議な縁。 もう中共や韓国の被害者プロパガンダを日本国民は拒絶しましょう。

木曜日に、小6の孫が最後の志望校の受験をして、その日に結果がわかり、不合格となったが、翌日もう一回受験出来る体制だったので受験をした。2回目のほうが倍率が高いとか。こりゃだめだなと思っていた。結果は土曜日に判明することになっていた。その土曜日にウチに孫兄弟が遊びに来て、兄孫にご苦労さんをかねてもてなしてやろうと、馴染みのサイクルスポーツセンターに行って、思う存分楽しまさせてやった。静岡県内と神奈川県内の中高一貫校はすでに受かっているので、どちらに行きたい?なんて聞いたりした。しかし本人は偏差値のより高い最後受験の志望校がいいんだけどなー、でも諦めたと言っていた。彼ら自宅に送り届けたら、目白まで合格発表を見にいって帰ってきたママが出て来て、震える声で、「受かってたー」と一声。オイラの孫は頑張って良い結果ばかりだった。「トンビが鷹を生んだ」とはこの事か?しかしこれは完璧にママ(次女)の母力の成せるワザであることは間違いない。

ところで、ふとぼんやり考えたのだが。運命というか、なんと表現したらよいか分からないが、赤い糸とか巡り合いとか縁とか、なにか不思議な気運を感じる。オイラは、下落合にあった祖父母の家に預けられ、新宿区立落合中学校に行った。落合、中井、目白と云った範囲はテリトリーで、学校の帰りは、級友と一緒にうろうろしたものだった。やがて時代が変わり、オイラの長女は、やはり母力のお陰で、日本女子大学に行った。目白は中学時代の縄張りだったと長女に自慢をしたものだった。次女は地元というか三島にある日本大学国際学部に行った。そして三女は結果として目白にある学習院に決まった。その時も自分の中学時代の縄張りだったと自慢した。次女だけが違った。それがなんと今回次女の子供、オイラの初孫が、やはり目白にある学習院中等部に決定した。

Photo

こんな偶然ってあるものなのか。それも都内にいてではなく、地方の熱海からなのだ。それも意識してではなく、まったく偶然にそうなったのだ。36歳で子供二人を残して死んだ中学の大親友と、当時一緒に遊んだ目白界隈を思い出す。何か畏怖を感じています。

さて本題です。

アパホテルの各部屋に南京大虐殺を否定する「本当の日本の歴史」という本が置いてあることが分かり、中国政府が半狂乱になって批判・恫喝をしています。・・・・・・

アパホテル「南京書籍」増刷 「購入要望多数で在庫不足」 2017/1/27

書籍は、16年6月に発売された「本当の日本の歴史『理論近現代史学II』」。アパグループ代表の元谷外志雄氏が「藤誠志」のペンネームで、グループの月刊広報誌「アップルタウン」に発表していた「社会時評エッセイ」の過去1年分をまとめた。当初は5万部が発行され、原則として国内アパホテル155ホテル、3万2673室に設置された。一般の書店では売っておらず、ホテルのフロントや通信販売でしか購入できない。800円だ。

日本語と英語で収録されている。これに中共政府は茹で蛸のように真っ赤になって怒り狂った。

【北京=西見由章】日本のビジネスホテルチェーン大手のアパグループが運営するアパホテルの客室に、「南京大虐殺」や「慰安婦の強制連行」を否定した書籍が備えられていることに対し、中国外務省の華春瑩報道官は17日、「日本国内の一部勢力は歴史を正視しようとしない。正しい歴史観を国民に教育し、実際の行動でアジアの隣国の信頼を得るよう促す」と述べた。中国外務省が日本の民間の言論にまで批判の矛先を向けるのは異例だ。  

華氏は「強制連行された慰安婦と南京大虐殺は、国際社会が認める歴史的事実であり、確実な証拠が多くある」と主張した。  

この問題はアパホテルに宿泊した中国人と米国人の男女が12日、中国版ツイッター・微博で書籍について指摘し、中国国内のネット上で非難の声が上がっていた。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、日本で営業している中国の旅行社がアパホテルの取り扱いを中止したと報じた。

Kkjjuuyy可愛いのはエクボだけ。華春瑩報道官

民間がどんな本を客室に置こうが勝手だろうが。日本は言論の自由の国で、中共のように言論弾圧をする国ではない。こいつら日本国を自分の国だと思っているのか?中共からのお客は、政府がアパホテルの宿泊をボイコットすると。馬鹿が!中共からのマナーを守れないお客がいなくて逆に人気が出ているわ(嗤)

過去このブログでも、中共政府のプロパガンダ、日本軍による南京大虐殺なんて、捏造で、30万人虐殺なんて大ウソだと記事に何度もしてきた。この発端は朝日新聞の本多勝一の「中国の旅」の嘘がきっかけとなった。

またまた、南京大虐殺プロパガンダが鎌首をもたげて来た。当時の世界画報で見られる南京事変についての詳細の発見。2012年3月 2日 (金)

アパホテルは、この本は客室からは撤去しないそうです。ホテルの客室には国際的に聖書が置いてありますが、この本は中共のプロパガンダを跳ね返す、日本の聖書としたいですね。

そもそも、南京事件は第1次から第4次まであったそうです。以下の動画は約1時間ものですが、大変面白いです。普段マスメディアが絶対取り上げないことも盛りだくさんです。

「南京事件は4度あった」 小名木善行   中共がいう南京大虐殺は、ねつ造でしかありませんが、南京には、実際に起こった虐殺事件があります。

この小名木善行氏は、別名”ねずさん”です。彼のブログは大変興味深いです。オイラの愛読ブログです。

ねずさんのひとりごと トップページ

また、今日の記事を更新する切っ掛けとなったブログです。

本多勝一『地獄への旅』…南京トリック報道の因襲 2017/01/28

これもオイラの愛読ブログです。

もう、中国が国を挙げて対日カードにしているこの南京大虐殺の嘘話は全国民で否定しましょう。その前に自虐史観、敗戦レジームの朝日新聞を不買運動で廃刊にもっていきましょう!もちろん、韓国の従軍慰安婦嘘話も同様にです。

|

« 子供の教育は上を見ればきりがない。大学までの教育費を考えれば、子供なぞ1人か2人で精いっぱいが現状だ。 | トップページ | 最後の安倍首相とトランプ大統領の夕食会の最中に中共の鉄砲玉、北朝鮮がまた弾道ミサイルをぶっ放した。 »

コメント

経済が破たんの声が近付いてきている中共、同じく韓国だ。目を逸らそうと、捏造された戦争秘話で日本を恫喝がますます高まってきている。散々日本の左翼マスコミからの嘘話に乗った中共と韓国。南京大虐殺が嘘となれば、いままで大騒ぎで日本恫喝してきた中国共産党の崩壊の一助となってしまうから必死だね。韓国としてもまったく同じだ。「日本は正しい歴史認識を持ちなさい」って恫喝してきた根拠が、嘘話だったでは、絶対認めたくないだろうね。

投稿: 陳胡臭 | 2017年2月 8日 (水) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子供の教育は上を見ればきりがない。大学までの教育費を考えれば、子供なぞ1人か2人で精いっぱいが現状だ。 | トップページ | 最後の安倍首相とトランプ大統領の夕食会の最中に中共の鉄砲玉、北朝鮮がまた弾道ミサイルをぶっ放した。 »