« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の3件の記事

2016年11月28日 (月)

孫を子分にみかん採り。トランプ政権まだ五里霧中、群盲象を評する状態だ。

ここ数日曇りか雨が続きますね。24日には関東一円11月としては50数年ぶりの初雪だった。スウェーデンでは11月として110年ぶりの初雪だった。超寒気団と低気圧がぶつかったせいなのだが。オイラ天邪鬼なのでこのようなニュースを聞くと、世界的に騒がれている気候変動温暖化って一体なんなのよとくる。50数年前、110年前温室効果ガスの量は相当今と比べて少なかったはず。

そんな中、早生みかんをイノシシに食べられない内にと、土曜日に7歳の孫を子分にしてウチの柑橘園に採りに行きました。

Dscf4697_r Dscf4699_r

品種は興津早生みかんとゆら早生みかんです。まだ少年期の木なので、たいした量はなく自家消化用です。青島みかんは、今季は裏年の木が多く、昨年の1/3ぐらいの収穫だろうと推測しています。八朔は表年で沢山成っています。その他ポンカンやデコポンがまだ少年期の木ですが、結構実をつけています。12月1月には格安で販売の予定です。

さて本題

現在の大きな話題は、トランプ大統領問題とパククネ大統領問題となりますね。

続きを読む "孫を子分にみかん採り。トランプ政権まだ五里霧中、群盲象を評する状態だ。"

| | コメント (2)

2016年11月17日 (木)

最早パククネ大統領は雪隠詰め状態。これ以上政権にすがりつくべきではない。

10月末まで、オイラに留守番をさせて2週間クロアチアとチェコに行っていた、カミさんと三女なのだが、なんでも観光客で中国人が多くて驚いたと。買い物などで、現地相手がまず聞くのは、中国人か?NO!すると韓国人か?NO!日本人だよ!と言ってやったと。とにかく中国人はあちらでも、こちらでも声が大きく雰囲気が壊れて良い気分ではなかったと。

さて、パククネという女性を大統領にして早や3年と8カ月。ここに来て韓国は最悪な状況になってきた。チェ・スンシルという親友ではあるが父親譲りの呪術師に国の方策を任せ、チェ・スンシルは自分のチーム総出で、横領・蓄財やりたいようにやっていたことが、証拠とともに表に出てきた。大統領秘書官3人が取り仕切って、大統領とチェ・シンスルを繋いでいた。他の高官は蚊帳の外だったと。

さらに様々な想像だにできないくらいの不正が、大統領経由で起きていた。嘗てのロシア皇帝のラスプーチンの再来のようだ。ラスプーチンは馬敬礼の持ち主で、皇帝の奥方をたらしこんで、皇帝を思うがままに操っていた。まぁチェ・スンシルは女だから馬敬礼の一物はないが、彼女の父親チェ・テミンのことらしい。また整形済みの好男子をパククネにあてがっていたなんて情報も出て来ている。これこそラスプーチン軍団かもしれない。

チェとかアンとかチョンとか様々な名前が出て来て、頭が混乱してしまいますが。

続きを読む "最早パククネ大統領は雪隠詰め状態。これ以上政権にすがりつくべきではない。"

| | コメント (0)

2016年11月 9日 (水)

あのトランプが大統領になってしまった。まさに「晴天の霹靂」で各国は頭を抱えることになるだろう。

今、日本時間午後4時半。米国大統領選の開票なのだが、獲得選挙人がクリントン215人、トランプ257人となっている。まさに「青天の霹靂」が起こった。ネットニュースのAbemaTVからなのだが。クリントン陣営の集会では、クリントンは敗北演説をしないことを陣営が説明をした。完全にトランプの勝利が決まった。

まぁ、今回の大統領選は、「鼻つまみ者 or 嫌われ者」どちらかを選ばなければならないという有権者にとって地獄の投票だったと言われている。こんな選挙は米国史上初めての劣化選挙となるのだろう。日本のメディアは、事あるごとに日本は劣っている。米国の政治と民主主義を見て見ろと偉そうにのたまっていたが、3回のクリントンとトランプの候補者討論会を見れば、これが大統領を選ぶ討論会かよと驚いてしまうことが多すぎた。

そもそも、パパブッシュが大統領になって、その後息子ブッシュが大統領になったことも異例だが、今度は夫クリントンが大統領になって、その後今度は女房クリントンが候補に成り上がる。日本の人口の3倍を擁するこの国には、なぜその程度の人材しかいないのか?政治のトップの人選が、まさに限られたエスタブリッシュメントの中だけで廻されていた証しなのかもしれない。・・・・・・

続きを読む "あのトランプが大統領になってしまった。まさに「晴天の霹靂」で各国は頭を抱えることになるだろう。"

| | コメント (1)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »