« 蓮舫よ、あなたの戸籍謄本を開示し、説明責任を果たしなさい。自民党小野田紀美は開示しましたよ。 | トップページ | 民進党(民主党)はとんでもないスケ番を代表にしてしまいましたね。まったくいつまでも懲りない自浄作用のない党員達だね »

2016年10月13日 (木)

9月10月は寒冷を感じた。豊洲問題はそれほどの問題ではない。米国大統領選、劣化同士の競い合い米国民の劣化が激しい。これも米国マスゴミの影響か?

長かった雨降りと曇り空がやっと明けたようです。9月はほとんど、10月は昨日まで曇りと雨が続きました。お陰で大きなミカンの木の下の地面は日陰がちで、なんと一面ゼニ苔のようなものがびっしりでした。雑草も生えないくらいに。こんなことは初めてのような気がします。一昨日と昨日は、二つの果樹園に除草剤を噴霧してきました。段々畑なので、足腰が鍛えられました。

豊洲問題については、テレビのバラエティー番組では連日取り上げていましたが、ここに来てガセ報道も指摘され、急に控える方向のようです。フジTVでただ一つのまともな報道番組と思われていた”新報道2001”で、前々回、建物の柱の一本が傾いている写真が公開され、一時大騒ぎとなりました。オイラもそれを観ていたのですが、これはカメラの広角レンズのせいで、傾いているように写っているのではとすぐ感じましたが、今回の番組では司会者が、番組の最後で広角レンズの成せる写りと平謝りをしていました。

テレビ局なのでこんなことすぐ分かるプロが沢山いるのに、また何故か毎回どの番組にも引っ張りだこの、建築エコノミストという肩書の森山高至も一緒にいたのに、彼は明言を避けていた。オイラ建築現場検査で、何度も記録写真を撮っているが、このような現象は毎度のことなのだが。どうもこの森山については胡散臭い評判が湧いてきている。・・・・・・

まぁ、豊洲市場については、まだまだ問題が多いが、都職員の稚拙な関与がここまで事を大きくしたようだ。現在の築地市場が果たして、問題の豊洲と比べどれほど安全なのか?築地の土壌についてどの程度調べたのか?安心が必要なら比べてみればよい。

プライムニュースで、飯島勲が言っていたが、築地にはあのビキニでの水爆で被爆したマグロが持ち込まれ、売り物にならないと、築地の敷地一部に高放射線量のマグロは埋められ、その塚まであるそうだ。もちろんその残骸はもうないが、放射性物質は今も残っている。また元は海軍省の工廠で、そこを解体し盛り土したところなので、一体なにが埋まっているのか分からないそうだ。爆弾や毒ガスやらが埋まっている可能性もある。また屋根のスレートはたっぷりアスベストを含んでいて、解体にはそうとう注意をようするとか。さらに市場維持に関しては、ネズミ避けでヒ素を含んだ駆除剤も長い間そうとう撒かれているはずだ。そのことはマスゴミ界ではタブーなのだ。

豊洲盛り土問題は、すべての土地に4.5mの盛り土をしてその上に建物を造れという、建築知識のない専門家会議の提言から現在の混乱が始まった。地下空間を設ける最終決定は、2011年3月11日の東日本大震災で、豊洲など周辺の埋め立て地にも液状化・流動化現象が起こった後の同年6月・8月に決定されたことが判明した。マスゴミは金科玉条のごとく専門家会議の提言を扱っているが、それは正しいことなのか?逆に地下空間がある方が総合的に見れば、正しいのではないだろうか。盛り土の上に大規模建物を載せるということは、豆腐の上に載せることとイメージとしては近い。さらに都の担当者からすれば、この土壌対策に関しての専門家会議、総合的な技術者会議は、条例設置での会議ではなく、参考意見を求めるものだったという根本的なことには、テレビでは一切触れないようにしている。

11月8日の米国大統領選。

9月26日に第1回のテレビ討論会が行われ、先日10月9日に第2回のテレビ討論会が行われた。ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプが火花を散らす、史上最悪で劣化した討論会だったとの評判だ。特にトランプが昔、テレビ出演の移動中のバスの中で語ったヨタ話を、テレビ側がその録音内容を公開して、それをヒラリーがスケベ男と非難。まぁ内容は男同士のスケベヨタ話なのだが、女性を蔑視していると。

それに対してトランプは、ヒラリーの夫、ビル・クリントンが嘗て手を出した女性4人を、討論会会場の前面席に並ぶ様に座らせ、「私は話だけだが、彼は実際不倫をした」と。その4人もはや年増で決して美人とはい言えないが。その姿がテレビに映っていた。まぁ裏でカネが出ているにしても、よく恥も外聞もなく彼女達は出てくるなあと感心してしまう。

この討論会の後、さすがに共和党指導部は、トランプは大統領になる資質がないと非難して、一切これからの選挙応援はしないとした。共和党支持のロバート・デニーロなどは、「あの野郎、ぶん殴ってやりたい」と。この劣化2人候補者がここまで成り上がってきたのは、米国の有権者が、国民が、歴史的にも非常に劣化してきていると感じる。それでも、よくしたり顔で弁護する日本のジャーナリストやコメンテーターも言い訳が出来ないくらい馬鹿だということ。

米国民は、考え方の根本となる情報は圧倒的にテレビ番組からが多い。そしてそれがSNSで拡散される。

トランプもヒラリークリントンも劣化してきた米国民の反映かもしれない。それをつくってきたのは、米国テレビ番組の存在かもしれない2016年6月 5日 (日)

まぁ詳しいことは、記事を読んでもらうとして、日本で言えば、TBSがサンデーモーニング、報道特集などの番組を使って、どんなに一方的に偏向した番組を放送しても良いことになった。テレ朝が朝日新聞調の偏向番組を毎日堂々とおこなっても良いことに。あとは視聴者に判断に任せ、放送界も市場原理に任すことに。米国民はそもそも民度は高いのだからと。

しかし、実際には極端な番組の方が面白いという風潮が広がり、例えばトランプがキャスターをしていた「はい!あんたはクビ!」のような番組が多くつくられてきた。またある陣営がテレビ局、テレビ番組を乗っ取るように、一つの方向に視聴者を誘導するような番組が普通になった。 米国は貧富の差がますます大きくなったことは事実であろうが、ことさらそれを拡大して全てを政治のせい、ウォールストリートの金融村のせいに煽って来た。まぁ煽りすぎたのかもしれない。まさにプロパガンダ戦争に番組が使われてきたのではないか?

今回も各テレビ局は、どちらを応援するか旗色を鮮明にして、ネガティブなCMを垂れ流している。番組構成もどちらかに偏向していても堂々と流しているそうだ。またテレビ局は資本に大勢力が入っている。ここまで自由にした結果は、劣化した国民を大量生産しているのではないだろうか。自浄作用が働かなくなってしまっているのでは?

米国の客観的な知識人にとっては、このどちらかを選べということは、まるで拷問のようなものではないのか。

オイラのまだ消えない疑惑は、これは立証できない程高度な陰謀疑惑なのだが、そもそも出だしは、共和党の他の候補者を潰して、今一人気が降下している民主党ヒラリーを結果大統領にさせる為に、トランプがその役を買ったのではないだろうか。そしてここに来て、トランプがさらに劣化した発言で、ますますます評判を落とし、選挙で落選してヒラリーが初の女性大統領になるというロードマップでここまで来たというのがオイラの妄想だ。だから選挙戦は全て芝居なのでは?まぁ究極の妄想陰謀説なのだが。

|

« 蓮舫よ、あなたの戸籍謄本を開示し、説明責任を果たしなさい。自民党小野田紀美は開示しましたよ。 | トップページ | 民進党(民主党)はとんでもないスケ番を代表にしてしまいましたね。まったくいつまでも懲りない自浄作用のない党員達だね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蓮舫よ、あなたの戸籍謄本を開示し、説明責任を果たしなさい。自民党小野田紀美は開示しましたよ。 | トップページ | 民進党(民主党)はとんでもないスケ番を代表にしてしまいましたね。まったくいつまでも懲りない自浄作用のない党員達だね »