« 9月10月は寒冷を感じた。豊洲問題はそれほどの問題ではない。米国大統領選、劣化同士の競い合い米国民の劣化が激しい。これも米国マスゴミの影響か? | トップページ | カミさんと娘がオイラを留守番役にして海外に。朗報です、漏らしショウベンが治りますよ。 »

2016年10月17日 (月)

民進党(民主党)はとんでもないスケ番を代表にしてしまいましたね。まったくいつまでも懲りない自浄作用のない党員達だね

今日の雨(一日中の)はまさに恵みの雨でした。みかん関係の話なのですが、12日に、山の果樹園から3年生の大苗木を下の別の果樹園に6本程移植、14日着に注文していた青島A-44の2年生苗が6本届き、下の果樹園に植え付けました。さらに注文していた”はるみ”1年生の苗が16日に届き、それを山の果樹園に植え付けました。もちろん1カ月程前に植え付ける場所を掘り下げ、元肥えを入れて準備はしていました。

植え付けの時には、毛根に水が行き届くようにたっぷり水やりをするのですが、その後2週間ぐらいは水を絶やさないようにするのが、必要条件なのです。接木部の位置を地面より5~10センチぐらい高くなるように植え、盛り土をして、その周りに水やりの水が流れてしまわないように、小さな土手を土で盛り上げて置きます。そこに水が満水になるようにすると、接木部から水が下に流れ、毛根部分まで水が行き渡ります。これを数回繰り返すことで、十分な水やりとすることができます。水を満杯にしたポリ缶で園内駆けずり回るわけです。

3年前、この園内に30本苗木を植えたのですが、水やりはその日だけで終えてしまい、数日後トルコのイスタンブルに2週間行ってしまい、初期段階で苗木の毛根を傷めてしまったのが原因なのか、またはその後の雑草処理がいい加減だったのか分かりませんが、結局全ての苗木が障害児となってしまい、植え替える結果となってしまいました。失敗は二度繰り返さないと今回は本気でやっている次第です。そんなこんなで、今日のたっぷりの雨降りは、恵みの雨となりました。明日から数日間は水やり作業から解放されます。

さて本題です。

自分の事となると嘘をつき放題だった、民進党代表の蓮舫なのですが・・・・・・

とうとう、国籍法14条の「日本国籍選択」をしていなかったことを、記者会見でさらっと白状してしまいました。それも他人事のように。ツラの皮が相当厚いのか、たまげてしまいます。

このブログでは蓮舫の件は数回記事にしてきましたが、疑惑だった国籍選択をしていなかったというのは驚きで、それをしていなかったということは、詐欺に値するようなことをやっていたということになります。復習すると彼女は生まれた時は当時父系主義だったので、台湾国籍(中華民国)の父親の国籍だった。1985年の国籍法改正で、日本国籍の母親だった関係から日本国籍を取得した。戸籍も戸主が母親でその嫡出子として戸籍に入ったのだろう。それが18歳の頃とか。その時点で二重国籍状態になった。

その後、国籍法14条の規定によって、22歳までに日本人となるためには、「日本国籍の選択を宣言」をして、戸籍法104条に従い役所に届け出をして、戸籍簿にその旨を記載してもらう。自民党の小野田紀美は、参院選候補になる前の昨年に、これを済ませていた。さらに米国籍離脱の申請も済ませていた。

799140ccs

この件を追っていた、八幡和郎、池田信夫もまさか選択をもしていなかったとはと驚いている。蓮舫はなんとしても錯誤であったように装っているが、完全に故意で行われたことは確実であろう。

国会議員選挙出馬に関して、日本人であることが公選法で決められている。そのために多分戸籍謄本提出する必要があるはずだ。彼女が初めて2004年参院選挙に出馬した際までに、これをしていなければ、下にある余白欄にはなにも記載がなく、真正の日本人との扱いになるわけで、立候補手続きも問題が起こらない。

もうひとつの事は、この日本国籍の選択をしてしまって、仮に台湾籍離脱をしてしまうと、その後、何かの事情で台湾籍を復活させたいとしても、出来ないことになるそうだ。この選択宣言という行為は資料さえあれば、役所で簡単に出来るそうだ。それをいままで記者会見で嘘をつき放題で交わしてきたのは、その原因がなんであったのか?うっかりという次元をもはや超えてしまった。

重大事実発覚 蓮舫氏最近まで日本国籍選択せず2016年10月16日

民進党の蓮舫代表が日本国籍選択を、つい先日までしていなかったことが判明した。 これまでと次元の違う極めて重大な案件となった。

「努力義務だから大目に見たら?」と言っている人は、国籍法第16条「選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない」を持ち出していたが、そもそもその国籍選択の宣言をしていなかったばかりか、国籍法第14条の「外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。」に違反してきたわけだ。

しかも、日本国籍を他国籍より優先する手続きを取ってこなかったことになる。 選挙公報に自ら記した「台湾籍から帰化」も虚偽になる。 これだけの重大事案を放置し、国民に嘘を述べ続けてきたことを蓮舫氏はどう説明するのだろうか? これまでとは次元の違う話になってきた。 『民進・蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」』(産経新聞)

蓮舫氏、国籍離脱の証明書不受理で国籍選択届を提出2016年10月15日

民進党の蓮舫代表は15日、台湾との「二重国籍」状態にあった自身の問題について、台湾発行の国籍離脱に関する証明書を日本政府が受理せず、日本国籍だけを持つ意思を宣言する「国籍選択届」を代わりに提出したと明らかにした。都内で記者団の質問に答えた。  日本政府が台湾を正式な政府として認めなかったため、証明書が不受理になったとみられる。  

関係者によると、選択届は今月7日に提出され、受理された。(共同)

蓮舫氏「国籍法違反に当たらず」 2016/10/16 日経

民進党の蓮舫代表は16日、台湾との「二重国籍」状態にあった自身の問題に関して「法定代理人を含めやりとりし、法務省から(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書で頂いた」と述べた。熊本県西原村で記者団の質問に答えた。  

蓮舫氏は15日、二重国籍問題を巡って日本国籍だけを持つ意思を宣言する「国籍選択届」を提出し、受理されたと明らかにした。国籍法は16条で日本国籍を選択した場合、外国籍の離脱に努めなければいけないと規定している。

この日経の記者は、馬鹿か?蓮舫の言った発言をそのまま記事にしたのだろうが、そもそも法定代理人って、例えば痴呆症などの成年被後見人の代理人ということで、言葉の使い方が全然違っている。多分自分の弁護士のことだろうが。それを浅知恵蓮舫が素人騙しのような格好付けで、法定代理人と言ったわけだ。彼女って圧倒的に知識不足だ。これが民進党の代表だ。因みにそれをそのまま記事にした日経記者もそうとう馬鹿者だ。

さらに法務省が個別な案件で違反かそうでないか等を判断するはずがない。もちろん「例えば~国籍法の国籍選択をしましたが、これは違法でしょうか?」と訊けば、違法ではないと法務省の窓口で答えるかもしれない。文書で頂いたと言っているなら、その文書を開示すべきだろう。何の質問に対して違反ではないとあったのか分かるはずだ。

つまり、蓮舫はここまで来ても嘘で通そうとしているのがミエミエだ。これら発言はど素人騙しで誤魔化そうとしている。蓮舫の発言を観ると、彼女の自らの知識と処理能力は大変小さく、国会での追及などは、党のスタッフが作り上げた質問書に脚色をつけて、宝塚歌劇の男役のように唸っている、吠えている議員に過ぎないのではないか。

自民党もわざとこの問題を総選挙まで引き延ばして、ちょうど良い時期に決定打を浴びせる作戦なのだろう。

もはや、蓮舫は参院選での経歴詐称、旅券法違反、罰則がないにしても国籍法違反で、今年中には議員辞職をしなくてはならないところまで追い詰められている。この蓮舫がまかり通るなら、法治国家ではない。

さらに、噂では、台湾籍だけではなく、中華人民共和国の国籍で、三重国籍だったのではという話も出ている。日本国籍選択をしてしまうと、あちらでは自動的に中華人民共和国の国籍は除去される制度だそうだ。

それにしても、大マスゴミは静かに、また蓮舫に対して温情的だね。その理由が何なのかを知りたいところだ。

最後に八幡和郎の最新版だ。

タレント蓮舫の詐欺的行為の数々は許されるのか 2016年10月17日

・・・・・・・・こんな元タレントは、議員辞職に追い込まれて芸能界に復帰したいといっても、絶対に受け入れるべきでない。 いずれにしても、蓮舫氏の言い分のひとつを信じるとすれば、別の許しがたい欺瞞があったことになるのに、それをマスコミは指摘をしない。どうしてなのか。これから十分に議論すべき課題となってこよう。

|

« 9月10月は寒冷を感じた。豊洲問題はそれほどの問題ではない。米国大統領選、劣化同士の競い合い米国民の劣化が激しい。これも米国マスゴミの影響か? | トップページ | カミさんと娘がオイラを留守番役にして海外に。朗報です、漏らしショウベンが治りますよ。 »

コメント

生まれた時から日本人→嘘でした
18歳で日本国籍を取得→嘘でした
19歳で帰化→嘘でした
1985年に台湾籍から帰化→嘘でした
17歳で台湾籍を放棄→嘘でした
台湾の除籍届は父と一緒に提出→嘘でした
二重国籍疑惑そのものがない事は明確→嘘でした
努力をしてるので違法ではない→嘘でした
戸籍法106条に則って →嘘でした
国籍法違反ではないとの文章を貰った→嘘でした New

嘘つかないと息できないのかな?

投稿: 謝 謝 | 2016年10月19日 (水) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9月10月は寒冷を感じた。豊洲問題はそれほどの問題ではない。米国大統領選、劣化同士の競い合い米国民の劣化が激しい。これも米国マスゴミの影響か? | トップページ | カミさんと娘がオイラを留守番役にして海外に。朗報です、漏らしショウベンが治りますよ。 »