« 2016年の夏、お盆のころのいろいろ | トップページ | 豊洲新市場の建築で決定的な問題が発覚した。今週小池都知事が開場の延期を決定か? »

2016年8月27日 (土)

6年ぶりにまた胃の内視鏡検査をしました。リオ五輪が終わり、台風10号がこちらに向かっている。

今日は朝9時半から病院で、胃の内視鏡検査をしてきました。これ2010年にもやったのですが、過日行った一般健康診断のバリウム検査で胃にポリープがあると結果表にありました。毎回これで脅かされるのですが。数日前消化器科を受診し、この結果を見せたら、また胃の内視鏡検査をしましょうと、日程は今日が空いているのでということに。

まぁ最近大学の時の友人が食道がんに掛かり、4月に逝去したり、熱海での友人が胃がんで2/3胃を切除して、抗がん剤で、頭がツルツルになったり、他にもあったりで、安心の為に検査を受けました。検査は実質15分前後。まず胃を膨らませる液剤をコップ半分ぐらい飲みほし、次に麻酔剤の入った水飴のようなものを含み、さらにベッドに横向きで寝て、さらに喉の回りに麻酔剤を吹きつけます。そこから口にプロテクターを咥えさせられ、その中からミミズのようなチューブ機材投入で、食道⇒胃⇒十二指腸の幽門まで探って行き、要所で検体を採って、逆走で終了です。目に入る位置にモニターがあって、その都度内部の画像が次々UPされます。40枚前後あった。

終了して先生にバリウム検査でポリープがあるだったが、無かったみたいですねと言ったら、きっと胃が動いた時皺が重なったりでそれがポリープに見えたのかもしれませんねと答えていた。まぁ老人になればポリープ自体は珍しくないと云われている。問題はそれが悪性なのか良性なのかなのだが。検査費は9千余円でした。保険が効かなければ3万円余です(病院側の売上です)。検査結果の問診は9月7日です。これでしばらくは清々と吞んだり食ったりできます。以下は前回の胃の検査の記事です。

昨日は歯科で歯の検査とクリーニング。今日は胃の内視鏡検査。連日になってしまった。2010年8月 7日 (土)

さて、リオ五輪も8月21日(現地時間)に閉会式で終了しました。

次の2020年東京五輪の為の8分間のセレモニーは結構楽しめました。大変センスの良いものに感じました。リオに行かなくてはならない安倍首相がマリオに変幻し、ドラえもんの作った穴で地球の反対側のリオまでたどり着いて現れ、そのマリオが安倍首相に変幻するという奇想天外なのものでした。しかし一番良かったのは、赤いフィールドが大きな円になり、それがどんどん小さくなって、やがて日ノ丸国旗になる演出は大変美しかった。これは国旗、日ノ丸のデザインだから出来ることですね。他の国旗ではバングラディッシュの国旗以外出来ないでしょう。あそうそうパラオ国旗もありました。韓国国旗ではまず無理ですね。

Kki Kmnhg

今回の会場のフィールド(床)って様々な絵柄を映し出すことが出来ることに驚きました。CGを使って何でもというか、まるでドラえもんの世界のような。床の材質はどのようなものだったのだろう。

火曜日からテレビも平常運転となり、いつもの番組がHDDに入って来て、もとのテレビ番組に戻りました。ご無沙汰だったワールドニュース(キャッチ世界のトップニュース)も毎日入って来ました。

ところで最近知ったのですが、インターネットでテレビ番組を観ることが出来るようになったようで。さっそくブックマークに入れました。AbemaTV(アベマTV)というサイトです。

AbemaTV

常時30前後のチャンネルが放送中で、ニュース、ドラマ、音楽、スポーツ、趣味、アニメなどなど。ライブで観るのなら無料で、見落としを観る場合には有料だそうだ。もちろん民放のようにCMは入るみたいだ。マウスのホイール(スクロールボタン)でチャンネルを変えることもできる。まぁコンテンツがどのくらいのグレードなのか、まだまだオイラが観たい番組は少ないようだ。

ところで、南下した台風10号が、30℃の海水温で勢力を増し、気圧配置の影響で、再度北上逆走し、関東の沖合で直角に西に向かうようだ。30日には関東直撃か?というのが現在です。今中心気圧が945hpaと大型になっている。その関連か、オイラの地域熱海では先ほどから雨が降って来ました。大雨対策で、先ほど梯子を掛け、屋根の妻側の気になるところを、シーリング材で充填してきました。どうも大雨に見舞われると、ちょっとですが、内壁の一部に雨が浸透しているようなので。古い棟の方なのでいろいろ問題個所が多いのです。多分その棟は50年以上は経過しています。場合によっては、関東や熱海も直撃を受けるかもしれませんからね。

さてどうなるか。強風でよくあるのは、バルコニーやテラスに置いてある物が、テラス戸に当たってガラスが割れ、その強風が室内に入って、天井を抜け屋根を破壊して風が抜けるという奴です。10年ぐらい前に、道路を挟んだ海側のアパートがやってしまいました。物干し金具がそれをやったようで、その屋根のカラー鉄板がめくれ飛ばされ、電線にまるで大きな布のように引っ掛かっていました。またそれに伴って破片が飛び、周囲の建物の壁にそれらが突き刺さっていました。

旨く台風が太平洋側に逸れてくれれば良いのですが、関東又は東海直撃ということになると、また大騒ぎな事態となりますね。まぁ雨は柑橘の苗木にとっては大歓迎なのですが。

|

« 2016年の夏、お盆のころのいろいろ | トップページ | 豊洲新市場の建築で決定的な問題が発覚した。今週小池都知事が開場の延期を決定か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2016年の夏、お盆のころのいろいろ | トップページ | 豊洲新市場の建築で決定的な問題が発覚した。今週小池都知事が開場の延期を決定か? »