« ヒットラー様が柴田未来に怒り心頭のようです。 | トップページ | 参院選期日前投票をしてきました。民進党はひとり負けの様相のような。全て岡田の馬鹿さ加減からか?核マル枝野の資質からか? »

2016年6月30日 (木)

民主主義の行きつく先には、ややもすると衆愚民主主義が待っているかもしれない。

分かってはいたが、英国というのは一般の国の概念を超えたところにあった。そこから考えると、未熟または成人に達していない国、未完成な国とも云えるわけで、その障害が露わになって来た次第だ。オイラ最近では2013年10月にスコットランドからロンドンまで縦断をしてきた。

イギリス漫遊 -1  イギリスは寒かった. まずは、スコットランドのエディンバラからスタートしました。2013年10月17日 (木)

はるか昔からの歴史を通じて、戦争を繰り返し領土の奪い合いが続き、まずイングランドとウェールズが合併し、やがてスコットランドが合併し、多くのテロを繰り返しながら、北アイルランドと合併して今の英国がある。UK=United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland が正式名称で、これら王国の集合体なのだ。これを表した国旗ユニオンジャックが出来たのが1801年だ。これで英国(UK)という一つの国家となったわけだ。今から215年前だ。

この間ずっと4つの王国の集まりだ。一つの王国ではないんだよと。これを持って大英帝国として云わば海賊国家として世界中を荒らしまくり、産業革命で東インド会社を作り、おびただしい数の植民地を造りまくった。そして当時世界一の帝国となった・・・・・・・

001

嘗て英国の植民地だった国の国旗には、このユニオンジャックのロゴを入れた国旗が多い。カナダのようにカエデのロゴに変えた国もあるが、ニュージーランド・オーストラリア・フィージー・ツバルその他沢山ある。

スコットランド独立問題などをみても、200年以上掛けても反目し合って、一つの統一国家、中央集権的な国家にならなかったことは、日本人にはまったく理解が出来ない。そもそも国名をUnited Kingdom (王国の集まり)としたことが、いつまでも反目し合う原因の一つではなかろうか。なぜ一つの君主制国家として、エリザベス女王をシンボルとした君主制国家に出来なかったのか。その点日本の天皇の君主制は一本でまとまっているので、制度とすれば単純明快だ。英国はそれが出来なかった。

今回の英国のEU離脱が国民投票で勝利したことを受けて、英連邦王国の一つニュージーランドの”ダニーデンのでんこ”さんにニュージーランド国民の受け止め方はどうなのかメールを打ったら、

今回のことはびっくりニュースでしたが、今の所そんな程度だと思います。  NZではリーマンショックの時には、景気が悪くなると言っても、こちらの人はそれに備えて預金を増やすこともなく、入ったお金は全部使う、だから極端に消費は冷え込んだりしませんでした。今回もどうようではないでしょうか。  それよりイギリスでは次は王室について議論しようという機運が上がっているとか?庶民にはこちらの方が興味あるかも?

なるほど、ニュージランドも立憲君主制国家で、その女王は英国と同じエリザベス2世ですからね。もう歳ですし、王室の交代の方が興味があるわけだ。また英国は立憲君主制といっても成文憲法はなく慣習法で裁判をする。だから厳密には立憲ではないとも云える。

F398f2a6
前回住民投票で否決されたスコットランドだが、EU残留したいから再度独立の住民投票したいと騒いでいるが、UKとしてこれを許すかどうなのか。2014年にやって2年後に再度やることになるのだろうか。馬鹿か。

今や世界中先進国では、行き過ぎた民主主義が往行している。ギリシャ時代から行き過ぎた民主主義は衆愚主義になってしまうという戒めがある。まさにスコットランドに続いて、ウェールズも、いやロンドンも独立だーと。UKの崩壊どころか、英連邦王国自体が崩壊していくことになる。

自虐史観の塊のような、日本のジャーナリストや政治家よ、よく聞け。なにかにつけて英国の議員は、英国の議会は、英国民は素晴らしい、日本以上だと。かつて民主党議員たちは英国に研修に行って賛美していたね。小沢一郎も何度も行っていた。所詮色々な泥臭い利権のなかで行われる政治なのだから、似たようなものなのだ。今回のキャメロン首相や保守党・労働党議員の顛末を見て、これが素晴らしい議会なのか?日本と比べ50歩100歩ではないか。

まぁキャメロン首相率いる保守党や英国議会全体が相当劣化している。なんの為の間接民主主義なのか。国民投票は憲法改正のみ可能としておけば、こんなEU残留か離脱かの国民投票の顛末などなかっただろうが。国民投票でこのような案件を決めてしまうのは、一見民主主義の手法だろうが、危険なのだ。投票の時の天候やマスゴミのアピールによって国民は衆愚となってしまう。なかには結果に驚き、もう一回投票をやり直せだと。

これが誇り高き英国民なのか。いや今や相当劣化しているのではないだろうか。米国とて同じで、高度に発達したメディア媒介、SNS媒介によって国民は煽られ、劣化し、逆にあとで後悔するような決定をしてしまうという時代に戻ってしまったようだ。独立党の党首が、英国がEUに支払っている納付金を3倍吹っかけて離脱の理由にしていたが、反対派の政治家や、歴史的に優秀なはずのマスメディアは、それは誇張か嘘だと、投票以前数週間になぜ指摘しなかったのだ。まさに劣化していたマスゴミと言えよう。彼らさえ、自国の分担金の正確な金額を知らなかったというお粗末だ。

英国は、一国として国民を国内シャッフル出来なかったツケが今回ってきたようだ。高度な民主主義ではなく劣化した民主主義だった。この200年の間、優秀な人材は英国を捨て、米国に、カナダに、オセアニアに、英国領に移民して、残っていたのはカスばかりか。

英国のEUからの離脱は、実現には2年以上掛かるだろうと。なんでそんなに掛かるのか分からないが。貿易が関税を掛けられ不利になるというが、おのおのでFTAでも結べばよいし、そうでなくてもポンド安になれば(190円⇒140円が現在)関税がどうのこうのという話はすっ飛ぶよ。またEUで進めている金融取引税には参加しなくてもよいという利点もある。

そもそもEU合衆国(政治統合)をするのには、米国でもそうだったが百万人以上の犠牲者を覚悟して強引に統合せざるをえない。それを御花畑で平和りに実現させようとするから、パンドラの箱が空いてしまい、様々な矛盾が出てきてしまうのだ。EUの理念はやがて行き詰まる。

EUを日本も真似するべきだ、名前は「東アジア共同体」だと散々煽ってきた寺島実郎よ!サンデーモーニングで苦しい後講釈を聞かせてくれ。どうせ詭弁になるだろうが。

|

« ヒットラー様が柴田未来に怒り心頭のようです。 | トップページ | 参院選期日前投票をしてきました。民進党はひとり負けの様相のような。全て岡田の馬鹿さ加減からか?核マル枝野の資質からか? »

コメント

第96条の改正については賛成です。日本国民の特性なのか、いままで与党が2/3(66.6%)以上衆参で同時に獲得出来たことがなかった。だから憲法改正の発議さえできなかった。これは一神教の国々のように神のようにヒーローを崇める国民性ではなく、八百万の神を崇める国民性だからではと思っています(バランス感覚というか)。危険なのは、仮に2/3という難しい関門を突破して、国民投票で1/2で改正が実現しても、もしこれが結果として不都合な事態になった時、再度それを改正することはまたまた難しいことになる(不都合と思う人もいれば、良いと思う人もいる)発議に関しては1/2以上か4/7(57.1%)ぐらいに緩めた改正にした方が未来に対して安全であると考える。70年間で衆参同時に2/3以上なんて不可能な国政(国民性)でしたし、これからも期待は難しいです。今回の参院で2/3が取れたら、この96条はもう少し緩くなるように改正すべきだ。これなら過去何回か実現している。

投稿: | 2016年7月 3日 (日) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒットラー様が柴田未来に怒り心頭のようです。 | トップページ | 参院選期日前投票をしてきました。民進党はひとり負けの様相のような。全て岡田の馬鹿さ加減からか?核マル枝野の資質からか? »