« 米国にも再度日本の放送法のようなものは必要かもしれない。「私たちは怒っています」の6人組みに我ら視聴者は「お前らに怒っています」だ | トップページ | またまたPCのトラブルに遭遇して、ここ数日間大混乱でした。 »

2016年3月 7日 (月)

Excel2007以上でなければトラブル発生。農地法が昨年一部改正されました。部農会の研修旅行に行ってきました。

前記事のように、確定申告書の作成の開始をしたのだが、今ストップしています。ソフトは”Excel確定申告”なのですが、途中まで入力はしたのですが、トラブルが発生です。ファイルの一部が起動しなくなりました。さまざま調べたのですが何を試しても解決には向かいません。それで再度ダウンロードサイトを調べてみました。もちろん決済が済んでいて、プロテクトキーが送られ、保護を外してあるのですが。EXCEL確定申告H27

やっと原因が分かりました。2009年に古いPCから新しいPC(W.vista)にしたのですが、以前から使っていたマイクロソフトの「Office2002バージョン」を持っていたので、それを継続して使うことにしました。というのは最新Office自体が高額なためです。2007バージョンが当時たしか3万円前後だったように記憶しています。まぁ時々Excelを使うくらいだから、これでいいやと。ともかく昨年までは、このソフトでも順調でしたから。

しかしこのソフトの注意書きに「本ファイルはExcel2007/2010/2013に対応しています。」と。つまりこれを2002バージョンで動かしていたというと。トラブルが発生して当たり前状態だ。そこで、慌ててOfficeをアマゾンで調べてみたら、vistaでOKの連携ソフトではあるが「KINGSOFT Office 2013 Personal」 がなんと3,000円以下であるではないか。すかさず注文して今それが到着するのを待っているところです。当時将来バージョンアップをしなければと思っていたのですが、すっかり忘れてしまっていました。これでExcel・Wordなど全て2013バージョンとなります。

昨日日曜日は、ウチの地区の農業者の集まり「部農会」の研修旅行?に行ってきました。これ農業者でないと知らない組織です。・・・・・

オイラも父親が亡くなり、その後を継続するためにこの「部農会」と云うのに入っています。農業組織というのは大昔から伝統的に継続していて、ウチの地区がまだ部落という名が使われていた時代からです。この「部落」という名前はあの「部落民」を想像させるために、このごろは「集落」という用語になってきています。ウチの地区も60年ほど前は、普通に「部落会」なんて云っていました。いつからなのか、一切使われなくなって来ました。

登記上の地番住所は熱海市下多賀ですが、下多賀は大変広く、昔は下多賀中野で通っていたのですが、やはり50年程前から、この中野はなくなりました。それで部落の時代には、中野部落という名でしたので、部農会の名前は「中野部農会」となっています。

ですから、この「中野部農会」はテリトリーとしては変わっていません。会員はその跡継ぎ人で変わっていきます。ほとんどが兼業農家ということです。まぁ所得額としたら農業は5割以下だの、2割以下だの、赤字だのでしょう。体制は会長・副会長・役員と一般で構成されています。総会は4月に行います。事業としては、JAからの広報誌や、その他の広報の回覧板回し、農業市(年1回)の手伝い参加、共有山林の保全、お盆の最後の名物行事、百八体流灯祭の手伝い、イノシシの檻ワナの管理、地元神社清掃、町内文化祭の手伝い、その他農業プロとして手伝いが出来るものなどがあり、ウチの部農会の会員は現在36名となっています。まぁほとんどを会長以下役員5名前後でこなしてしまいますので、一般会員のオイラの役目はほとんどありません。

さて、農地法に関して重要な審査や決定は、農業委員会が行ってきました。この農業委員は、公選制(選挙による選出)でした。これが昨年H27年9月に改正が公布されたのですが、この公選制が廃止となり、市長・町長が議会の同意を得て任命することになりました。で、以前はこの各地区(部落のなごり地区)の部農会が、農業委員の被選挙人の推薦やその選挙の応援母体となってきたのですが。ですからこの部農会メンバーが選挙人になります。しかし、その為の必要性が今回の法改正で無くなったわけです。この農業委員は身分としては特別職の地方公務員ということになります。まぁ選挙といっても部農会の大ボスが仕切ることで農業委員が決められてきた経緯もあります。

農業委員会の「農地法に関して重要な審査や決定」の主たるものは、3条許可申請(農地の売買にかんする許可)、4条許可申請(自宅農地を宅地や雑種地にする)、5条許可申請(農地を、宅地・雑種地にする目的で売買する)で、昨年熱海市では4条は0件、5条が1件、3条が数件だったとか。この今回の農地法の改正で、「部農会」の既得権益的なものが少しなくなるようだ。

農業委員会法改正の全体像

また従来の農業委員以外に「農地利用最適化推進委員」というのを設けて、農業委員の数を減らし、そちらに人材を回すようだ。

過去記事で農地法3条について記事にしました。

篭な話ですが、柑橘類は体に良い。日本の農業は高齢化とともに凋落しています。農地法にも問題があり。2016年2月 5日 (金)

さて、昨日の「中野部農会」の研修旅行?ですが、当初全国的に雨の予報でしたが、雨に会わず、我ら晴れ男が雨を吹き飛ばしたようです。その分今日、本来晴れ予報でしたが一日雨となりました。朝7時半に集合、バスで出発です。参加者14名。熱海から新東名高速道路に入りました。じつはこの道路は初めてでした。第二東名と云われていました。東名はどちらかというと海側ですが、新東名は山間部を通っていきます、両側は山の斜面を利用した茶畑が続きます。なぜか道路が平坦で、東名より新東名はアップ・ダウンが少なかったと感じました。

まず、徳川家康ゆかりの「可睡斎(かすいさい)」という袋井市の久能の禅寺に行きました。3月はひな祭りで、飾られた雛人形の数に圧倒されてしまいました。

写真も撮りましたが、これをご覧ください。

袋井、可睡斎のひな祭りは1200体の雛人形が圧巻。

今年は1月1日から3月31日まで見られるそうです。以前は各家がお雛様をお焚き あげとしてこの寺に持ってきたものを保存してその数が膨大に増え、最近になってイベントとして陳列するようになったとか。

次に向かったのは、富士山静岡空港。これも静岡県人なのですが初めて行きました 。バスの中で、賞品付クイズです。我々がここに滞在時間中、何機の旅客機を見ることができるか?オイラ5機と回答。当初正解はゼロ機だったのが到着便に遅れが出て、正解は1機でした。オイラが今まで見た海外のローカル空港でも3機ぐらいは待機していたのに。ここは交通の便が悪いからなのでしょうか。

次は大井川に掛かる、歩行用の世界最長の木造橋「蓬莱橋」です。蓬莱橋 (静岡県)

蓬萊橋(ほうらいばし)は、静岡県島田市の大井川に架けられた木造橋(歩行者と自転車の専用橋)。全長は897.422m(巾2.7m)。法律上は農道に分類され、島田市役所農林課の所掌である。明治12年(1879年)1月13日 - 完成。         牧之原台地の開拓農民らの出資により建てられ、関係者以外からは通行料金をとったことから、現在も賃取橋(有料)である。

    昭和40年(1965年) - 橋脚がコンクリートパイル化される。     平成9年(1997年)12月30日 - ギネスブックに「世界一の長さを誇る木造歩道橋」として認定。

(画像上クリックで拡大)写真に自信のある昔の好男子と昔の乙女たち出演

Dscf4115_r Dscf4116_r

まぁそんな名所回りで、あとJA大井川ファーマーズ(藤枝市)で特産柑橘類や野菜を土産買い、そして焼津さかなセンターで、ついつい爆買いをして、東名高速を使って予定通り午後7時前に我が家に帰りました。何が研修旅行だったのか分かりませんが、昼食代・夕食弁当含んで参加費3千円はとてもお得でした。繰越金やJA・市からも補助があるのです。

 

|

« 米国にも再度日本の放送法のようなものは必要かもしれない。「私たちは怒っています」の6人組みに我ら視聴者は「お前らに怒っています」だ | トップページ | またまたPCのトラブルに遭遇して、ここ数日間大混乱でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国にも再度日本の放送法のようなものは必要かもしれない。「私たちは怒っています」の6人組みに我ら視聴者は「お前らに怒っています」だ | トップページ | またまたPCのトラブルに遭遇して、ここ数日間大混乱でした。 »