« 原油価格は先物金融バブルで高騰していたことが実証されました。これから始まる原油暴落による金融危機に世界はどうなるか。 | トップページ | 放送法の政府見解で、報ステもビビッた、サンモニもビビッた、報道特集もビビッた。政権はまったく当たり前の統一見解を出したのにね »

2016年2月13日 (土)

今回の宮崎謙介に見るゲス不倫野郎の顛末。言っていることと、やっていることに多きな矛盾が。それが一番の肝

2月は柑橘類の木の剪定の時期です。今季は真面目に栽培に徹しようと、この剪定作業も納得がいくようにやっています。基本としては、木を真上から眺めたとして、真ん中が空間になっていて、さらに横からも空間層があること(横風が通り抜ける)。これをイメージして、これを邪魔する大枝、小枝を生木用ノコギリや枝切りハサミで撤去していきます。さらに密集している枝も切ります。すると各所が日当たりも良く、風の流れもよくなりますので、良い春梢が増加して、それがよい成果を生み出します。

寒い今の季節ですと、切り口から腐敗菌の発生もなく、とうぜん切り口用のペーストも切り口に塗り、万全を期しています。特にせっかくできた実が大きくなるに従って、枝とぶつかり表面が擦れたり、そこに雑菌が入ってかいよう病やそうか病を発生しやすくします。まぁ1日5時間ぐらい掛け、のんびりやって昨日3日目です。あともう3日ぐらい掛かりそうです。橙や八朔の大木に登ったり、脚立に上ったり、全身を使う良い運動となります。

さて、邪魔する枝を撤去と言えば、今回衆院議員の宮崎謙介とかいうゲス不倫野郎が、記者会見で謝罪して議員辞職だそうです。まぁさんざん議員にも夫の育児休暇をと宣言し、サラリーマンの育児休暇推進運動家達におだてられ、まずは男性議員の育児休暇の確保からと大騒ぎをいしていた、尻の青いチャラ男だったのだが、他の女性との交尾が、週刊文春の内偵でスクープされ、偉そうなことを宣言していたことが仇となり、完璧なブーメランとなって帰ってきました。

そもそも・・・・・

議員はサラリーマンとは違い、直属の上司がいるわけでもなく、自営業者に近い存在なのです。自主性を与えられているわけで。自営業の主が、育児休暇制度を政府に作れと言っても、「お前はその気になれば、十分育児を手伝うことができるだろう」で一発で論破される。ようするに気持ちの問題なのだ。まぁサラリーマンは環境が違うが。

ただ、育児に協力するという言葉の中には、その量がない。炊事洗濯・食料買いすべて夫がすべきなのか、もしそうなら夫の育児休暇が必要なことだろうが、そこまで長期に徹底出来るのは、夫が無職状態の場合だろう。

普通の夫婦の場合、妻の出産後2週間前後は、妻の母親か姉妹、または夫側が面倒をみに来るのが昔からの習慣で、これは国際的にも普通だ。オイラの場合には、長女の場合カミさんの母親が、次の二児はその姉さんが来てくれた。さらに長女と次女の出産では、我が家に来てカミさんが面倒をみていた。しかしそのような環境にない夫婦も多い。特に母親が辛いのは、赤ん坊が数多く夜泣きをすることで、ほとんど熟睡が出来ない日が続くことだ。

今回これほど宮崎謙介がゲス野郎と叩かれたのは、正義を気取った宣言で大騒ぎをしている中で、妻の出産入院中に、自宅にゲス女を連れ込み交尾をし一夜を過ごしていたことが、文春(センテンス・スプリング)の内偵で暴露発覚してしまったことだ。さらに、前妻はあの加藤紘一の娘で三年で、浮気発覚で離婚とか。とにかく歩くペニスだったようだ。女と見れば乗っかることしか考えはないような日本のロッキー(種付け馬)だったらしい。

世の中には、性力猛者が沢山いる。オイラの友人知人にも沢山いた。そもそも男(雄)はあちらこちらに種付けをするように本能が備わっている。特段の才能もなく、容姿が、ぶおとこなのは、我慢するか、強姦するかだが。あと、もてる友人と常に一緒にいて、そのおこぼれを与ろうとするもの、またはもてる秘訣を盗み取ろうとする奴、沢山見てきた。今は65超えで性力も衰え、見る影もないが。まぁそれでもトシ坊のように未だになんてのもいる。加山雄三の父親上原謙は65歳で大林雅美と恋愛再婚をして70歳超えでも種付けが出来たそうだ。油断がならない。

お相手は、宮崎の謝罪時での話しでは、今年初議会の時、彼の和服の着付けを手伝った女性だったとかなんたらとか。それ以後数回会っただけで、自宅に連れ込んで交尾とは。この女デリヘルなのか?デリヘルでなければ、下の穴の緩い女だ。まぁ宮崎は外見はぶおとこではないし、カネも有りそうだし、先々芸能界でも押してくれるパトロンにもなりえると踏んだんだろう。まぁオイラの好みではないが。

宮沢磨由

Photo

1981年生まれの34歳のグラビアタレントだそうだ。宮崎の妻が民事で訴えたら、この女莫大な慰謝料を請求されるだろうが、多分カネはないだろうから無駄だし、妻も議員なのだから、これ以上みっともないことは出来ないだろう。今年中には離婚への道に進むだろう。普通なら。

熱海青年会議所(JC)の先輩が大昔、未熟なオイラたちに諭してくれたことなのだが、ある年以上になっても良き伴侶が出来ない女は、捨て身で敗者復活戦に挑むことがあるから気をつけろと。JCメンバーは、自営業者が多い。熱海で言えば、旅館業者、名産業者、専門家業、その他もろもろ。夜の巷ではこの敗者復活戦に挑む女性が多い(芸者も含めて)。付き合って種付けをさせてくれるが、安全日を偽って、出来てしまったと宣言。「どうしても私はあなたの赤ちゃんを産みたい」と、やがて生まれ、その子を認知せざるを得なくなり、やがてそれが妻に発覚、大騒ぎになって離婚というケースに。現役のころよく聞いた話だし、今も引き続いてあるだろう。特に事業力のある男は、そっちの方も強い。熱海でも大昔はこれが通用していて、愛人用にもう一つ旅館をなんてのもいつくかあった。今こんなことは通用しない時代になりつつある。男女平等の権利という時代になったのだ。

早速、民主党岡田代表は、常に政権批判しか脳の無い男なのだが、

1 2

民主党にはこのような議員はいないそうだが、三島はどうした?

細野豪志 モナ

3

蛤とか小西小百合、共産党の穀田とか・・・・・・・・・管チョクト・・・・・・などなどで賑わっていましたね       小西小百合

人間、上半身と下半身は別の人格だと。まぁこれをどのように操縦することが出来るかが、その人の資質の一部だろう。これは700万年の人類の歴史の中で、男、女の本能の区別の流れを、これではいけないと、ここ100年前ごろから、生涯一夫一婦制が一番よい方法だと認め始め、社会的に縛らざるを得なくなった戒律のようなものだ。

NHKスペシャルから題材にしたのだが「700万年前からの子育てに異変がありつつある」・・・・

今回の事件はライオンの子殺しだね。なんでもありの空気から、考えを変えなくてはいけない。男と女は別の動物だ2016年2月 1日 (月)

世の中、不思議に感じることがあるのは、バイアグラやシアリスのように性力を高める薬が研究開発されるが、性力を弱める薬が出来てもよかろうに、これは聞いたことがない。要するに前立腺の満タン⇒ポンプアップ力を弱めるようにすれば良いのにと思うが。これが出来ればノーベル賞ものだと思うが。そうすれば、この宮崎の不祥事も、カン坊もイチ坊も、コウ坊も・・・・・・・・・・・・・も救われたかもしれない。大橋巨泉は40年ほど前にパイプカットしたとテレビで盛んに自慢していたが、あれは性欲がなくなるものなのか?どうもパイプカットでは性欲は無くならないらしい。

薬で静かに性欲がなくなれば、強姦犯に強制的に飲ませる対策も考えられる。自分で性力が強すぎて困るという方々は、毎日千摺りざんまいの日々を送ることだね。ネットの発達でオカズは無限にあるし。

|

« 原油価格は先物金融バブルで高騰していたことが実証されました。これから始まる原油暴落による金融危機に世界はどうなるか。 | トップページ | 放送法の政府見解で、報ステもビビッた、サンモニもビビッた、報道特集もビビッた。政権はまったく当たり前の統一見解を出したのにね »

コメント

アメリカ大統領(ケネヂィ、クリントンなど)、フランス大統領(オランド、ミッテランなど)、イタリア首相、中国(毛沢東など)、過去の日本の首相など、男女関係で指を指された政治家はごまんといる。宮崎議員も胸を張ってこれは男の業です、政治家はパフォーマンスしないと出来ない仕事です、と強弁するぐらいでないと、政治資質を疑われる。こんなことで大騒ぎするほうがおかしい。民主党でももっとすさまじい「エピソード」を世間に提供し続け最後は「自殺?」という悲しい事件まである。

投稿: | 2016年2月14日 (日) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原油価格は先物金融バブルで高騰していたことが実証されました。これから始まる原油暴落による金融危機に世界はどうなるか。 | トップページ | 放送法の政府見解で、報ステもビビッた、サンモニもビビッた、報道特集もビビッた。政権はまったく当たり前の統一見解を出したのにね »