« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の8件の記事

2015年10月30日 (金)

36年間続いた、人権無視の中国一人っ子政策。今度は2人っ子政策となった。本場のハロウィンとは

一昨日で柑橘段畑の隣接地での雑木の伐採が完了しました。まぁ10年に1回の大量伐採となります。前記事でハゼの木には高齢化のせいかかぶれなくなったとしましたが、二日後には両手首と顔の側面の一部に小さなボツボツが発生、多少かゆくなりかぶれの症状が出てしまいました。ドラックストアで専用の軟膏を購入して、回復しつつあります。完全防護を気をつけて作業したのですが、やはり落ち度があったのでしょう。

周囲の段畑も、大昔のように念入りに手入れをした時代と違って、適当にやっている人が多く、やたらに蔓科の植物、クズ、ヤマイモ、アケビなど寄生植物が生い茂っている場所が年々多くなってきました。特にクズの繁殖力は凄いです。

1220216226261これがクズで、根が大球根で大昔はクズ粉にしてクズ餅として利用した。

で、繁殖力と言えば、1979年から”一人っ子政策”で人口を抑えてきた中国は、今回の5中総会で10月29日に、この政策を廃止することに決めたと。・・・・・

続きを読む "36年間続いた、人権無視の中国一人っ子政策。今度は2人っ子政策となった。本場のハロウィンとは"

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

隣の耕作放棄地の雑木を伐採しました。チェーンソーは強力な武器となります。でも結構トラブルも多いですが。

ウチの隣に接している柑橘段畑が十数年前に、耕作を放棄してしまい、それまで栽培していたみかんの木を全て伐採。その後ずーっとほったらかしにしてある。その所有者に、このままでいると、雑木が生い茂り、それが成長して高木になって影を作り、ウチの柑橘類の木に影響を及ぼすと苦情を言ったら、「そしたら適当に切ってください」と。

雑木の生長は早い。特に晩秋に葉が真っ赤に色づくハゼの木が多いのだが。しかしこのハゼの木は、アレルギーのある人は木の下を通っただけでかぶれる人もいる。オイラも幼少の頃、山で遊んでいるとき、このハゼの木に触れて、顔中や手が被れ、医院に行って静脈注射で治した記憶が数回ある。この木をウルシの木という人がいるが、これは間違っていて、ハゼの木が正しい。まぁウルシ科なのだが。高齢者になってから、オイラはかぶれなくなったようだ。

Llkkjj晩秋になると真っ赤な葉となり美しいのだが。

柑橘の木に日照が不足してきたようなので、思い切ってこの隣地に接する境にある雑木を本格的に伐採することにした。午後2時ごろから5時ごろまで、これ昨日で3日目となる。・・・・・

続きを読む "隣の耕作放棄地の雑木を伐採しました。チェーンソーは強力な武器となります。でも結構トラブルも多いですが。"

| | コメント (0)

2015年10月22日 (木)

中国のGDPは下駄をはかさしているという噂が大きくなってきている。落ち目になりつつある中国経済

アンチ中国の人々は、今回10月19日~23日滞在の習キンピラ一行に対する、英国の歓迎振りに驚いている。9月後半には、米国訪問をしたのだが、最初シアトルを訪れ、ボーイング社の旅客機を300機4・5兆円購入する契約に調印した。まさに成金の中国だ。その勢いでワシントンDCを訪れたのだが、なぜか米国訪問中のローマ法王と日程が重なり、中国の影が薄まるからと、どちらか日程をずらすように要求したが、かなわず米国メディアではローマ法王一色になってしまい、習キンピラは影の薄い存在となってしまったようだ。

87cdfc12 559de62f

実態としては、オバマも大歓迎ではなく、米国議会での演説も断られ、国連演説のみだった。完全に米国から冷たくされた主席であった。中国の経済が減退していることは、今や世界中のアナリストが認めざるを得ない段階になっているが、オイラも果たしてこれら爆買いを実行できるのかと半信半疑なのだが。今や中国はGDPの228%(21兆ドル2150兆円)もの借金漬けになっていると聞く。中央政府はわからないが、確実に不動産バブル崩壊過程にあるなかで、それに大きく関わってきた地方政府は、相当な借金で動けなくなっているだろう。

まぁ、オバマとの共同声明を聞いても、これまでの反日プロパガンダを聞いても、この国の政府はバレルような嘘を平気でつくという習性があるからね。・・・・・・・

続きを読む "中国のGDPは下駄をはかさしているという噂が大きくなってきている。落ち目になりつつある中国経済"

| | コメント (0)

2015年10月19日 (月)

横浜のマンションで、基礎杭の瑕疵が発覚した。これは組織の問題か個人の問題か?

三井不動産レジデンシャルが販売、三井住友建設が元請設計施工の横浜市にあるマンションの1棟が傾いていることが昨年11月に発覚、なんだかんだでここまで来て、どうやら基礎杭施工に瑕疵があることが確定的になり、連日新聞・テレビでは蜂の巣を突っつくような大騒ぎ状態になっている。

この傾いたマンションは、別棟とエクスパンションで繋がっていて、そこが渡り外廊下となっている。オイラ20代後半は、新宿区にあったアトリエ的な建築設計事務所で修業しながら、資格を取ったのだが。そのころそこの所長が、「高層のそれぞれの棟を繋ぐと、地震時揺れ方が違うので、長年の結果として段差が出来ることはよくあるよ、大変難しい」と聞かされたものだった。特に基礎の設計が違うと多いとか。まぁ1975年前後の話なのだが。

ここの一群は、4つのマンション棟(築10年)で構成され、問題のマンションと別のマンションが渡り廊下で繋がっていた。もし、繋がっていなく、別々に孤立していれば、傾きは発覚しなかったのかもしれないが。しかし大きな地震に連続見舞われると、まず基礎の地中梁に亀裂が発生し、それが上階の梁に伝染していくことも考えられる。そうなると瑕疵のあった部分は外観上も明確に沈降しているように見えることになるだろう。そうなると屋内はそれに伴った様々な瑕疵が発生していくだろう。・・・・・・

続きを読む "横浜のマンションで、基礎杭の瑕疵が発覚した。これは組織の問題か個人の問題か?"

| | コメント (1)

2015年10月14日 (水)

秋の3連休は、オジイ達の”太陽がいっぱいアラン・ドロン”で過ごしました。

3連休は、オジイ帆船ボヘミアン号が熱海スパマリーナに2日係留で、我が家を宿泊場として連休を過ごしました。今回は珍しく女性が一人乗船しました。品の良い熟女ですが。よくこの仲間とクルージングを楽しんでいる常連だそうで、海外でも乗船の経験がるそうです。ハワイ・地中海などなど。女性実業家といったところ。

船は土曜日3時にマリーナに到着で、スパ熱海で体を清め、我が家に着きました。例のごとく網代にある”味くらべ”で海鮮夕食をして、我が家でアフター・ドリンク。・・・・・・

続きを読む "秋の3連休は、オジイ達の”太陽がいっぱいアラン・ドロン”で過ごしました。"

| | コメント (0)

2015年10月10日 (土)

策士中国は、国連のユネスコをつかって日本糾弾の種をまた一つ作り上げました。韓国も真似をする気です。

海上はるか沖合いを通過の台風23号、沖合いを北にまっすぐ進み、北海道東部付近を狙い撃ちで温帯性低気圧に変わった。北海道東部は強風・高波・豪雨・雪に見舞われ、被害が続出だった。この地域はめったに台風なぞ来ない地域なのだが。

予定されていたが、横浜ベイサイドマリーナ朝6時出発のオジイ帆船・ボヘミアン号が熱海スパマリーナに午後2時過ぎに到着とのこと。台風影響の高波はすっかり収まって、今クルーのハマ坊から、携帯電話が来た。「今、相模湾沖合い、波静か。さっきまで帆を張ってセーリングをしていたが、風の向きが変わって、今ポンポン船、予定通り午後2時過ぎには到着予定」と。

2時に出迎え、スパ熱海でジャグジーと温泉に漬かり、ウチに一旦荷物を置いて、味くらべで夕食会の予定。皆我が家に泊まる、明日は軽くセーリングをして、ウチのみかん山で夜のBBQをする予定なのだが、雲りと雨の予報なのでどうなるか流動的だ。明後日は千葉の保田港を目指す予定。今日と明日に限り、雲りと雨でどうも天気には今回恵まれてはいない。

さて、ユネスコという国際組織があるのだが、どうも国際的プロパガンダの場になっているようで・・・・・・・・・・・

続きを読む "策士中国は、国連のユネスコをつかって日本糾弾の種をまた一つ作り上げました。韓国も真似をする気です。"

| | コメント (1)

2015年10月 7日 (水)

やっとTPPが大筋合意となりましたが、これからどうなるか?焦ったのは韓国で、「ウリも入るニダ」と

娘の嫁いだ家の便所の手洗いの給水管の詰まりを解消しました。”案ずるより産むがごとし”というかなんというか、様々案じていろいろな道具を持って対処したのだが、結構簡単に出来ました。築25年になりますが、様々な不具合は出てきます。これは小手洗いなので水栓を少し絞ってあったらしく、また使用頻度も低かったせいか、管内で錆び瘤が発生して、それが水の出を遮り、ほんのちょろちょろ状態だった。「娘がなんとかしてよ!」と。外にある元栓を締めて、手洗い用器具のプラグを外して、壁の中から床下に行く給水管を検査すると、かなり錆びがこびり付いていて、入り口付近はステン針金も素直に通らないくらいだった。最悪錆びを溶かす溶剤も取り寄せてあった。またコンプレッサーも用意してエアーガンで吹き飛ばすか、などと思案していたが、結局長いドライバーで入り口付近をゴシゴシしごき、ステン針金を中に挿入して、やはりゴシゴシ。仕上げは、長いホースを管の出口に取り付け、その先は外へ。そして外の元栓を開けたら、ゴウゴウと水が出た。錆びも錆び瘤も一緒にだ。これで全て復旧して解決しました。こうならないためには、止水栓はあまり絞らない事、全ての水栓を少なくとも月に1回はじゃあじゃあ出すことで、さび瘤の発生は防げます。

6日は二つの吉報が出ました。一つは今年二人目の日本人ノーベル賞が出たことと、もう一つは、米国アトランタで開かれていた会合で、あのTPPが大筋合意になったというニュースです。まぁこれは本当に吉報になるのかそうでないのかは、これから判明することですが。・・・・・・

続きを読む "やっとTPPが大筋合意となりましたが、これからどうなるか?焦ったのは韓国で、「ウリも入るニダ」と"

| | コメント (0)

2015年10月 1日 (木)

EU国にイスラム系民族の大移動が始まった。ゲルマン民族の大移動のようで歴史は繰り返すのか?

この2015年というのは、特筆する年になるだろう。様々な大きな展開が次から次へとまるで湧くように起きてくる。特にEU(欧州連合)またそのなかの通貨統合ユーロ圏の国々にとって戦々恐々の揺らぎの年となり、これは始まりであって、終わり(解決)ではない。

今年前半は、イスラム系テロ集団ISISの攻撃に中東は恐怖のどん底になった。その余波はフランス、ドイツ、英国にも及んだ。このブログでもさんざん記事にしたが。日本人も二人公開処刑で首を切り落とされた。しかし日本でもあれだけの騒ぎは、今は沈静化して忘れ去ろうとしている。そんな危険地域中東から、北アフリカから莫大な人数の避難民や移民が、EU国めがけ、特にドイツに押し寄せてきている。ドイツの推定では、今年だけで80万人いや100万人に達するのでは?と。シリアだけをみても、騒乱が始まってから現在まで国内にいる避難民が760万人超え、国外への避難民400万人超え、合計1160万人超えになっている。人口の約半分が避難民だ。

まさに民族の大移動だ。トルコにもすでに200万人の避難民・移民が滞留していると。2013年11月に2週間ほどイスタンブルに滞在したが、トルコはそれほど経済的に豊かな方ではない。ただ歴史的には近隣の民族を制し続けた経験があるので、なんとか抑えているのだろう。

古代ローマ帝国は、欧州北部にいたゲルマン人が南下移動して、それが原因で崩壊したという説が有力だが、これにより欧州は古代と中世の画期となったといわれている。・・・・

続きを読む "EU国にイスラム系民族の大移動が始まった。ゲルマン民族の大移動のようで歴史は繰り返すのか?"

| | コメント (1)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »