« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月の10件の記事

2015年5月30日 (土)

ついに来た!FIFAの幹部を中心に贈収賄のカネが乱れ飛んでいた20年。ここに米国司法当局のメスが入った。

3月決算のオイラの法人の法人税確定申告が27日に終わりました。税理士を雇うほどの規模ではないので、財務諸表作り(会計ソフト)から確定申告書作りまで全て自分でやります。エクセル法人税は前年の項目を一部データー移行ができるので、これを使っています。国のeTAXは使いません。そして書類を纏めて税務署に提出です。もちろん法人税は0円で、しかし法人県民税(2.1万円)と法人市民税(5万円)は納めなくてはいけません。

納税の為、市役所の前のカン坊のお店の前を通りかかったら、本人がいたので傍の喫茶店でヨタ話。彼とは組織的な関係がなくなったので、ここ数年会うこともなかった。人間関係はそのようなものだ。会う口実がないというかなんというか。30代40代のころは、熱海の繁華街で夜に他の仲間と共によく飲んだものだ。なんでも最近老人会の会長になったと。オイラ嗤ってしまったのだが。50代になって糖尿病を患ってから、あのスケベのカン坊の姿は見る影もなくなってしまったかのようだ。あと残りの人生もあるので、お互い健康に留意しようと元気付けあった。

IOC(国際オリンピック委員会)にしても、FIFA(国際サッカー連盟)にしても、国際的な組織というのは、世界政府がないので、今までも贈収賄、いわゆる汚いお金が動いて、開催地の決定や放映権利の決定、スポンサー企業の決定など、過去から胡散臭い噂はさんざん出ていた。自分たちは汚い運営をしておきながら、選手たちにはフェアープレイをしろなんて喜劇でしかなかった。今回米国がFIFAの幹部たちを逮捕したのは、昨年よりFBIが米国内の汚職やマネーロンダリングを調査している内にここに繋がったとも報道されている。

FIFAの本部はスイスのチューリッヒにある。世界最大の国際競技統括団体だ。有名なFIFAワールドカップの主催団体。オイラここ30年スポーツ観戦には興味がないので、テレビでさえ、短時間しか観ない。野球・ゴルフ・テニスそしてサッカーなどなど。テニスの錦織などはニュースで目に入る程度だ。ただ今回の問題は事件として興味がある。なんたって、実行や未実行の贈収賄金額の総計が180億円を超えるとか。

最初はNHKのBS、ワールドニュースで知ったのだが。画面に出てくるその疑惑の副会長たちのツラが、いかにも悪さをしそうな面構えで感心してしまった。・・・・・・

続きを読む "ついに来た!FIFAの幹部を中心に贈収賄のカネが乱れ飛んでいた20年。ここに米国司法当局のメスが入った。"

| | コメント (2)

2015年5月23日 (土)

セントラル・ワシントン大学での谷山雄二郎の講演の日本語文字起こしです。さあ反日メディアはどうする?

今ウチの法人の確定申告書作りで忙しいのだが、ふと気晴らしでネットサーフィンをしたら、以前の記事で載せた日本に対する”従軍慰安婦問題の嘘”を米国セントラル・ワシントン大学で講演で、動画にあった日本語訳のスーパーを、ある有志が文字起こししてまとめてあったのを見つけた。で、急遽このブログの記事を作りました。

ご同輩よ!日々を大切に暮らすためには毎日、日報を付けましょう。もはやパククネの従軍慰安婦は総崩れになりつつあります。英語発信の論客が現われ始めた。2015年5月15日 (金)

この問題の最終解決は国連の人権委員会、クラマスワミ報告の撤回だ。それには的確な英語での発信と英語での論客による発信だ。この最新youtubeにあげられた大学での慰安婦問題についての講演。彼は英語での論客人といえる。その彼とは

谷山雄二朗なる英語が達者な、論客で嘗て都知事選でも立候補した人物だ。

再度この講演の動画に話を戻そう。・・・・・・

続きを読む "セントラル・ワシントン大学での谷山雄二郎の講演の日本語文字起こしです。さあ反日メディアはどうする?"

| | コメント (3)

2015年5月20日 (水)

熟年建築家が考える今回の川崎市の簡易宿泊所の大火災。実務的視点から今回の事件を見る

川崎の簡易宿泊所2棟の死者5名重軽傷者十数名の大火災なのだが。まだ行方不明が8名ほどいると。これ少なくとも作為的建築基準法違反による刑事罰が加わる事件でしょう。報道によると、この建物は昭和35年に2階建てとして新築工事がされ、もちろん確認申請は認可取得であったが、工事完了検査を受けていなかったらしい。昭和35年といえばオイラは12歳で、そのころは違反建築なんて当たり前の時代だ。ちなみに建築基準法が出来たのが昭和25年、それ以前は市街地建築物法(大正8年より)だった。もちろん以後この法令の改正は夥しいほどの数行われて来ている。それも大事故や災害が起こる度に泥縄式に(まぁ、これは仕方がないことだが)。

オイラが一級建築士の資格を取ったのが、昭和51年でその前後から建築設計業務を開始したのだが、その実務経験の見地から今回の大火災事件を見ると。

現在はこのような公的建物(特殊建築物)は、大雑把なのだが、建築確認申請⇒消防法の同意⇒工事開始⇒中間工事検査⇒工事完了検査(検査済み証発行)⇒消防の検査⇒保健所環境衛生課検査⇒保健所より営業許可証発行⇒営業開始 となる。また建築基準法の工事完了検査⇒検査済証と確認申請書を法務局に提出して不動産登記を行う。法務局の簡単な検査もある。

まぁ今でも、役所の縦割りの弊害は残っているが、オイラがプロの道に入った頃はもっと酷かった。まして昭和35年の頃なんて、考えられないほどだっただろう。・・・・・・・

続きを読む "熟年建築家が考える今回の川崎市の簡易宿泊所の大火災。実務的視点から今回の事件を見る"

| | コメント (0)

2015年5月17日 (日)

今日はサンデーモーニングの口直しに、見ごたえのある討論動画を観た

録画で例のTBSプロパガンダ番組”サンデーモーニング”を観た。珍しくこの番組としては違和感のある、森本敏(さとし)も真ん中に座って討論。他はいつもの論調だったが、その中で今の国会の、安保法制の焦点について正論で解説していた。しかし偏狭ないつもの論客は全然理解が出来ないようだった。いや理解できる能力がないのだろう。

そこで口直しで、チャンネル桜の動画を漁ったら、最近版の聞きごたえのある動画がありました。

題名は「日米首脳会談後の日本とアジア[桜H27/5/9]」

司会進行は、<水島 総(みずしま さとる、1949年(昭和24年)6月18日 - )

出演は

産経新聞編集委員兼論説委員:田村秀男 

経済評論家:渡邉哲也 

拓殖大学大学院特任教授:武貞秀士、

元駐ウクライナ兼モルトバ大使:馬渕睦夫、

月刊正論編集長:上島嘉郎、

元日本共産党議員評論家:筆坂秀世、

ジャーナリスト:福島香織

で、ほとんどNHKや民放番組では知りえない話が続きます。

筆坂秀世も日本共産党を飛び出し(2003年)、洗脳も解け20年前とは見違えるほど、良い顔になりましたね。・・・・・・

続きを読む "今日はサンデーモーニングの口直しに、見ごたえのある討論動画を観た"

| | コメント (1)

2015年5月15日 (金)

ご同輩よ!日々を大切に暮らすためには毎日、日報を付けましょう。もはやパククネの従軍慰安婦は総崩れになりつつあります。英語発信の論客が現われ始めた。

時々、自分の幼い頃の記憶を辿るのも面白い。特にこのブログをやるようになってから、記事の作成で必要なことが多くあるからです。昨日だったか偶然にチャンネル選択をしていたら、民放のBSで小説家”宮尾富子”の生涯に関するドキュメンタリーをやっていて、約1時間ものだったが、食い入るように観てしまった。代表作が「櫂(かい)」で彼女の生い立ちからなる私小説だ。父親が女衒(ぜげん)で父と娘の情念がテーマだった。

時代設定は大正3年。激しく揺れる人生の荒波に、愛憎の櫂を操る男と女を描く。

で、彼女は若い頃から、日記を書く習慣があり、それが彼女の創作に大変役に立っていたようだった。ところが、彼女の父親はもっと詳細に日記を付ける男だった。多分女衒の仕事上でも必要だったのかもしれない。彼女は父親の影響もあったのだろう。憎かった父親の習慣を受け継いだ。これが彼女の晩年の大成に導いたと自ら語っていた。

オイラも30歳代から、日記まではいかないが、仕事上の備忘録+αで手帳に書き留めることが続いていた。大変簡単なのだが、どこに行った、誰と合った、その日の設計業務の内容、等々、いわゆる日報だ。これ50代後半まで続けた。だから、専用手帳は数十冊ある。その後は・・・・

続きを読む "ご同輩よ!日々を大切に暮らすためには毎日、日報を付けましょう。もはやパククネの従軍慰安婦は総崩れになりつつあります。英語発信の論客が現われ始めた。"

| | コメント (1)

2015年5月14日 (木)

BSの”深層ニュース”で桜井よしこと福島瑞穂が・・。世界の人口は増えすぎて、そろそろ摂理が働きそうですね。

前記事にあるように、12日の夜からの大雨が降り、ウチのみかんの苗木が一息つくことができました。昨日は大雨で土に溜まった水分をなるべく逃がさないようにと、また根元の雑草除けに、今度は5年生前後の大苗木15本もガラ袋マルチングを2時間掛けてやり遂げました。みかんの花の匂いがムンムンのなかでした。

今は亡き父親のもとで修繕した、屋根の妻壁の通気口塞ぎ(過去多分ここから雨漏りがあった)が劣化したのか、ここ数年雨漏りが発生して、和室の小床の間の天井から大雨の度に、水が染み落ちて来る。点検しても原因が分からず、屋根妻側の瓦の重なりを目掛け、ポリコーク充填をしたのだが、一向に収まらない。カミさんはオイラの能力を疑り始めていた。そこで、その父親の改修部分を全て分解撤去したらこれが原因だろうと目星をつけた。そこで過去の施工立会いで余ったグラサルボードを貰って在庫にしておいたのを、60×40の寸法切りをして、そこに接着し、その周囲をポリコークでしっかり充填をした。これ大雨の来る半日前に終了。そして大雨だ。完璧に雨漏りは止まりました。ウチは父親のこのような遺産(?)が多いのです。

Dscf3482_r Dscf3487_r

さて、昨日事前予告で録画したのですが、BS放送の”深層ニュース”「桜井よしこVs福島瑞穂」を今朝観ました。そもそもこの”深層ニュース”は・・・・・・

続きを読む "BSの”深層ニュース”で桜井よしこと福島瑞穂が・・。世界の人口は増えすぎて、そろそろ摂理が働きそうですね。"

| | コメント (3)

2015年5月11日 (月)

森村誠一の”悪魔の飽食”は、米国の情報公開で、まったくの捏造話であったことが明確になった。中国は未だこれをプロパガンダに利用している。

ウチら地域では4月20日に雨が降って以来、なんと20日間以上雨が降らなかった。あす夜からあさって午前にかけて、台風6号に刺激され大雨が予報されている。多くの苗木植えをしたオイラとしては、待望の雨なのだ。数日前に約50本を越える苗木に、”マルチング”要するに、根元周囲の乾燥や雑草を防ぐための養生で、90×60センチのガラ袋を敷き、上に土を部分的に被せて押さえとした。ガラ袋は水通しが良いので、秘密兵器となっている。みかんの木には今ちょうど花が咲き始め、近くに寄ると、甘い匂いに包まれます。

しかし、長年メインが部屋に閉じこもっての建築設計だったので、野外で体を動かす仕事は何であれ、開始するまでは、自分にてこずることが多いです。日々の事務的仕事と肉体的仕事の自発的な同時両立はなかなか理想的には行かないものですね。

さて、以前はマスメディアのプロパガンダにより、日本の世論が形成されてきましたが、ここすくなくとも10年、ネット社会においてのコンテンツ(ブログや掲示板、SNSなど)の破竹の勢いの増加で、そこで次々これらプロパガンダの正体が暴かれ、朝日新聞、毎日新聞などの新聞界、テレビの政局番組、各政党の愚か議員などの発言がますます通用しなくなりつつあります。その中の一つとしてこのブログも参加しているわけです。

そして安倍政権になってから、いままでの運動家的なテレビのコメンテーターもだんだんバックアップする組織や人材が少なくなってきたのか、屁のように消えつつあるようで、今は香山リカとか、鳥越俊太郎とか、上杉隆とか、古賀茂明とか、・・・・・・まぁそれぞれ自爆に近いのですが。

さて、自虐的に日本の大罪とされた歴史の検証が、今米国の極秘資料の極秘期間が過ぎて公開され、次々中国や韓国の歴史を巡る糾弾が、実は嘘であったり、誤謬であったり、プロパガンダであったりと解明されつつあります。あの悪名高い”満州第731部隊”についても中国が利用したプロパガンダであったことが、米国極秘資料で明らかになりつつあります。・・・・・・・・・・

続きを読む "森村誠一の”悪魔の飽食”は、米国の情報公開で、まったくの捏造話であったことが明確になった。中国は未だこれをプロパガンダに利用している。"

| | コメント (3)

2015年5月 7日 (木)

「再び、反日メディアを暴く」が面白かった。まぁNHKにしろ、各民放にしろ政局問題の番組は、おかしいことだらけ!

昨日は午前から午後にかけて、”ちゃんねる桜”の討論番組を連続3本見てしまいました。出演者は、お馴染みの方々です。

お題は「再び、反日メディアを暴く」です。いかに過去から現在に至るまで、NHKや民放が健全な報道を表では装い、裏ではドロドロとした魑魅魍魎とした世界なのか、話を聞くにつけ、再認識をします。

例えば、よくある右翼の街宣車の横暴。旭日旗や国旗をたなびかせ昔からよくあるシーンですが、大昔は分からずとして、現在は在日系の組員が多いとか。一見彼らは、愛国の集団だからまぁ仕方がないねと思われがちですが、実は韓国系、中国系からの背景があります(資金援助です)。これを延々とやられるので、日本人は祭日に国旗を家の門口に掲げなくなったようです。考えて見ればその通りで、うっかり国旗を掲げると、「あの人は極右翼?」と言われてしまいそうな気がして、止めてしまう風潮を作ったのです。例えば、これも中・韓の工作の効果でしょう。

その他、日本経済新聞は、経済については、朝日や毎日新聞よりさらに酷い嘘を撒き散らして、中国、韓国の援護をしてきたこと・・・・・・・・

続きを読む "「再び、反日メディアを暴く」が面白かった。まぁNHKにしろ、各民放にしろ政局問題の番組は、おかしいことだらけ!"

| | コメント (0)

2015年5月 5日 (火)

TBS局ってもはや日本のがん細胞だね。習キンピラ主席の賄賂徹底取締りで、中国はどのように変わっていくのか?

連休も後半となりました。ウチらの地域については、天気予報が当たらない。4日は午後から60%の降水率だったのが、少しパラパラのお天気雨。今日は完全に雨予報だったのが、先ほどネット天気予報ではがらりと変わり、午後20%で夜は10%だった。まったく時間単位でチェックしないと的確な予報を得られない。今日雨だと信じて、昨日早々と帰った観光客も多いだろう。まぁ仕方がないが、予報なんてこのくらいのものだろう。

3日は暑いくらいの晴天の中、スーヤンのイサ坊とウチの柑橘段畑で、BBQで午後いっぱい飲み喰いとヨタ話だった。現地に向かう車の中で、午前にやっていた反日プロパガンダ番組のサンデーモーニングを見ていたらしく、「まったく酷い番組だね」でオイラと話が合った。今回は安倍首相の米国での会談や演説に、評価どころか、今にもとんでもないことが始まるごとく、関口宏、田中秀征、姜尚中、西崎文子、安田菜津紀、岸井成格らが全一致で批判の全開。姜尚中などは、日本人でもないのに黒板を使って説教していた。特にイサ坊は安倍晋三と同じ大学だったのか、憤慨していた。

また前日土曜日の報道特集も、相当一方的で、例の金平茂紀と日下部正樹の二人でTBSのやっているもう一つの反日プロパガンダ番組なのだが、

Kmnjzsa5

彼はこれも観ていて、「まったくTBSって局はなにを考えているんだろうね」と。「アメリカにおける日本近現代史研究の第一人者ジョン・ダワー氏 」とまったく頓珍漢な変人米国人を引き合いにして、あーだこーだと。

さて、BBQが始まっての話だが。懸案だった国営商社のゴンちゃんは出所したの?と聞いたら、・・・・・・

続きを読む "TBS局ってもはや日本のがん細胞だね。習キンピラ主席の賄賂徹底取締りで、中国はどのように変わっていくのか?"

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)

あっぱれ安倍首相。敗戦(戦後)レジームからの脱却が果たされた。もう戦後自虐史観からのトラウマから脱却するべきだ。

連休は、こちらでは4日と5日がすこし雨模様なようだ。いまのところの予定は、3日にスーヤンのイサ坊とウチの段畑でBBQで飲んだり喰ったりの予定。昨日香港から帰ってきたとか。中国との商売は順調なのか少し気がかりなのだが。たっぷり香港の話とシナの話を聞き出す良いチャンスと見ている。

さて、今回の安倍首相の米国訪問では、28日の日米首脳会議と国賓待遇の晩餐会、さらに翌日29日の初めての米国議会での上下両院合同会議においての45分にわたる演説は、戦後70年間の日本の自虐史観のトラウマを振り払う効果があったと記憶されるだろう。

米国民の心とらえた“絆”スピーチ、満場の拍手35回…安倍氏への親近感醸成2015.4.30

【ワシントン=青木伸行】米上下両院合同会議での安倍晋三首相の演説は、米側から高い評価を受けた。第二次大戦への「反省」と、未来へ向けた日米の絆への言及が好感をもって受け止められ、日本と安倍首相自身に対する親近感を醸成するものとなった。 ・・・・・・・・・・ 

続きを読む "あっぱれ安倍首相。敗戦(戦後)レジームからの脱却が果たされた。もう戦後自虐史観からのトラウマから脱却するべきだ。"

| | コメント (4)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »