« 今日投稿されたアイシルからの動画。ヨルダン側は真実を掴んでいた。もうとっくに3人は処刑されていたと。日本共産党低民度の小池晃よ!このおとし前はどうつけるんじゃい。 | トップページ | 日本には地政学や軍事学がない為に、冷静な外交を行なえる場面が少ない。ましてメディア界はピュアーな高校生の議論で席巻される。 »

2015年2月 5日 (木)

アイシルは、盗賊であり犯罪者集団なのだ。決して国のような見解で論議をしてはならない。この残虐な彼らの犯行を正視すべきだ

今日はウチら地域も雨降りで、これ全国的にはほとんど雪となっている。ほとんど平地では雪の降らないこの地域も、さすが夜には雪に変わるかもしれない。昨年末にペルーで開かれたCOP20(第20回国連気候変動枠組み条約締約国会議)では、ますます人為的排出の温暖化ガスの影響で温暖化は進んでいるという発表があって、いっとき大騒ぎが再開したが、すぐその後米国東部の猛烈な寒気団に寄る風雪が続き、一旦止んでも今再度寒気と風雪が襲っている。12月末ころは、温暖だった欧州も、今は同じように猛烈な寒気団に襲われ、中近東の方まで風雪だ。

矛盾しているのは、「この寒気と積雪は80年ぶりです」なんて解説がよく出るが、あの頃は問題のCO2の割合はいまよりはるかに低かったはずだ。いわゆる寒冷期とも今は言われているが、もしかして今は寒冷期に進んでいるのではないのか?専門家と称するのが温暖化すると寒冷化してしまうなんて分けの解らないことを言っているが。だから温暖化詐欺の疑いを掛けられるのだが。

アイシルという盗賊犯罪者集団の犯した残骸の酷さがますます世界中に広められている。米国やイタリアならギャング団・マフィアで、日本なら山口組のでかくなった奴ってことだ。大昔、中国大陸では匪賊と呼んだ。それが国と戦える規模に膨れ上がった。それにしても、朝日新聞やテレビ朝日は、番組を使ってこのアイシルを叩くのではなく、安倍政権を叩くのが好きだね・・・・・・・・

今朝、遅い朝食を摂っていたとき、テレ朝の”モーニング・バード”を見てしまったのだが。これ録画をしなかったので、記憶に頼るに過ぎないのだが。木曜日は後半に玉川徹(とおる)のコーナーがあって、”そもそも総研たまペディア”ってふざけた名前コーナーだ。これが酷く偏向した構成をするので、いつも呆れてしまうのだが。

Kmnhbgt

彼は、テレビ朝日に入社のプロパーなのだが、リポーター・ディレクターをやっていると。多分このコーナーは、ディレクター兼リポーター兼コメンテーターということなのだろう。まぁ、不愉快になるのでたまにしか見ないが。右のおでこに5センチほどの傷跡があるが、まさかロボトミー手術をされたのでは?と疑うこともある(冗談)

原発事故の余韻のあるころ、放射能被害で昆虫に変異が起こったとか、その手の学者の説を引用して、福島の放射能被害は深刻になっているなど、朝日新聞の”プロメテウスの罠”に同調するかのような論調を張っていた。スタンスとしては反体制と、なんとか目立ちたい思いがこのコーナーの特徴だ。「正しいことを言っているのだから、それが異端であっても、オーバーであっても、間違いであってもテレビで主張することは価値がある」とでも思っているかのような、おっちょこちょいっていう人物像だ。

今回も、アイシルの起こした事件について、あの金子勝、あの孫崎亨(うける)、あの反政府の元防衛官僚:柳澤協二の解説を引用して、アイシルに同調的に、安倍首相の演説発言が原因で、湯川・後藤は処刑されたと。孫崎は、人道支援のカネはカネに色が付かないので、軍事に回される。国際赤十字に渡すべきだと。赤十字に回したら、何に使われるか解らないのに。職員の給料や、全然関係ないところに使われる恐れもあるのにだ。金子勝も一時の注目度もなくなり、ただただ反政府よりの話を持ってきて、早口で視聴者を煙に巻く。もう飽きられているんだよ。日本は国際的にショー・ザ・フラッグ、有志連合側に旗を振ることで、国際的な名誉を得ることが重要なのだ。この犯罪者集団を絶対許さないと。まさにコイツラは、左翼マーケットで稼いでいるに過ぎない。

テロリストと仲よくし、安倍首相は辞任せよという元官僚たち2015年02月05日

この番組は、あの鳥越俊太郎のスーパー・モーニングが前身で、少しはスタンスがまともになったと思ったが、全然変わっていないし、どうやら先祖返りをしているようだ。まさしく偏向番組を垂れ流している。小報道ステーションって印象だね。同じテレ朝だし。

今回の件について、日本の報道番組の論点の錯覚は、どうしてもアイシル=イスラム国で、論調が無国籍犯罪集団ではなく、一つの国として論調を張るからおかしくなる。無国籍犯罪者集団なら、日本もその壊滅に積極的に参加をしなくてならないというのが正論だろう。国対国の戦いなのなら、国際条約で捕虜はそれなりの加護を与えなくてはならないが、このような犯罪者集団は、戦いで最悪皆殺しをされても、壊滅されても、国際条約上問題はない。

それにつけても国連の韓国人の事務総長潘 基文(パン・ギムン)の無作為ぶりには呆れ返ってしまう。本来この問題解決に向けて英知をもって動き回らなくてはならないのに、全然働いていない。国連には様々な委員会があり、それが国際司法裁判所まで繋がっているのに、なんのイニシアティブも発揮していない。彼が事務総長であったことも悪運だ。それでいて、母国をえこひいきして、従軍慰安婦問題には韓国側にへつらう発言をしたり。パク・クネの次の大統領を狙っているとかの話も出ている。

今回投稿動画にはアイシル側の犯罪者は、覆面をしていても画像は残されている。今後はこれらを実行した少なくとも画像で面われしているアイシル兵士は、ユダヤ人虐殺の犯人同様、地の果てまで追い詰めなくてはならない。

今回の火あぶり動画にも執行人が様々画像で記録されている。

ヨルダン国のパイロット虐殺動画:自己責任で閲覧のこと

またこれ以上に残虐な記録もある。これらの犯人は素顔を晒している。地獄の底まで追いかけ、逮捕するか射殺するか罪を法的に償わさせるべきだ。

アイシル兵士による大量斬首の記録動画:自己責任で閲覧のこと

Kmjzsate1 00130

00184 00832665

030060_2

これはハリウッド映画ではない!これはノンフィクションで、まさに犯人が顔を晒して堂々と実行しているという現実なのだ。有志連合国はこれら犯人を地獄の底まで追い詰めることが必要だ。

さらに、イスラム教の人々よ。いつまでイスラム教の法典に基づいた教義に固執しているのか?キリスト教も中世までは残虐な教義だったが、宗教改革などを通して、漸進しながらも、凶暴性をなくした教義に変えてきて、現在に至っている。イスラム教にはその経過がなかった。いまだにシーア派とスンニン派の対決や、そのスンニン派内の対立で、残虐な血が流されている。

2013年にトルコのイスタンブルに滞在したが、トルコは政教分離で世俗主義をとっており、温和なイスラム教となっているように見えた。ムスリム90%以上のこのトルコの若者は、かなりの数は禁忌のアルコールを飲んで楽しんでいる。頭を覆うヘジャブなどを被らない女性が大半だった。このように穏健化したイスラム教なら、我々も受け入れることが出来るのだが。

もとこの地域全体を支配していたオスマン帝国の後継であるトルコが、これからどのようにアイシルに対して対応していくのか、大変興味だある。ただ確実に云えるのは、トルコの東側地域にいるクルド人とこの際どのように対応するのか。トルコは今ビビッテいるのではなかろうか。トルコ・イラン・シリアなどの国々にまたがる、この、独自の国を持たない2500万人以上いると云われるクルド人の扱いは、これからの問題となるだろう。

|

« 今日投稿されたアイシルからの動画。ヨルダン側は真実を掴んでいた。もうとっくに3人は処刑されていたと。日本共産党低民度の小池晃よ!このおとし前はどうつけるんじゃい。 | トップページ | 日本には地政学や軍事学がない為に、冷静な外交を行なえる場面が少ない。ましてメディア界はピュアーな高校生の議論で席巻される。 »

コメント

報道の自由を履き違えてはいまいか?

番組名を挙げさせて頂きますが、「テレビ朝日」の報道ステーションにおいて、以下が明かされた。
・中東の各国に日本人が何名いるか地図で表示
・中東に進出している日本企業の名称・対応
・日本人学校の所在地、取材(学校側に拒否されるも周辺風景を報じる。)

IS ILには、すでに日本語に堪能な者もおり
これは「海外に進出した日本人」を危険に晒す行為である。

一人の政治家として許せない。
報道の自由を履き違えてはいないか?
あなた方にそのような自由や権利はない。

投稿: | 2015年2月 5日 (木) 16時02分

このパイロットを焼き殺す場面の動画で、アイシスの犯罪者たちが、ずらり並んで沈黙で見ている場面は、完全に編集されている合成画面だね。実際は、檻と中にいるパイロット、火を付ける犯罪者と、この場面に出てこない監視役の仲間だったのだろう。

また毎回の被害者が覚悟したかの様子は、麻薬の類のような薬を使われている可能性がある。

投稿: | 2015年2月 7日 (土) 10時20分

「イスラム国(ISIL)」とは、自爆テロなどによって世界大に無差別に民間人をも殺害する凶悪テロ集団とするイメージがあります。その一方で、テロリストの範疇に収まらないもう一つの顔があります。それは、国を盗む匪賊という顔です。

 匪賊と言いますと、満州の闊歩していた馬賊を思い浮かべる人も少なくないでしょうが、戦後は、すっかりこうした集団が存在していたことは忘れ去られてしまっています。強奪、殺到、誘拐人質…などを生業とする普通の犯罪集団との違いは、匪賊は、不法な手段で暴力的に土地を占領し、住民を支配することで、自らの”国”を得ようとするところにあります。匪賊にとりましては、個人のお金や家財などはちっぽけな獲物であり、国家こそが盗むべき最大のターゲットなのです。何故ならば、広域的な支配体制を敷くことができれば、課税権や徴収権といった権力を振るうことで、土地や住民から無限に搾取することができるからです。特に中東の土地では石油が産出されますので、天然資源に対する主権をも奪っていることになります。そして、「イスラム国(ISIL)」は、財政に関する権益のみならず、住民の生殺与奪の権を握り、宗教政策や教育政策においても強権を発動しているのです。

 「イスラム国(ISIL)」に対して軍が出動するのは、その匪賊としての活動にあります。匪賊による国盗りは、国際秩序に対する重大な脅威である以上、日本国内では、「イスラム国(ISIL)」への対応は、対テロ対策として警察に任せるべきとも意見も聞かれますが、匪賊である以上、軍事的な協力とならざるを得ないと思うのです。

投稿: | 2015年2月 7日 (土) 13時44分

想像ですが、フセイン時代の秘密警察・軍親衛隊・諜報機関などの中枢はスンニ派で固め、飛行禁止の元、せっせと地下化に励み、米軍占領後も勢力は温存。スンニ派武装勢力として、シーア派・米軍とのテロ合戦で常に優位だったように見える。米軍がいなくなれば、ISILとして復活。バース党時代のシリアとのチャネルもあり、アサド前大統領死去後は、北シリアにも根を張ったはず。イスラエルは隣国の強国シリアの分裂・内戦は大歓迎で敵の敵は「味方」ISILは今の所、イスラエルの目障りでない。ISIL中枢は経験豊富な傑出した(残虐な)将軍などが指導している旧シリア軍のはずで、にわか仕立てのテロ集団ではないだろう。

投稿: | 2015年2月 8日 (日) 12時52分

訂正上記コメント:シリア軍ー>イラク軍。例えばイラクNO2だったイブラヒム議長と彼の部下たちの活動を想像してみる。イラク軍やシリア軍の装備を入手(事前に基地に相当数の手下を送り込んでおいただろう)して使いこなし、またたく間に「国」「軍隊」「宣伝工作部門」を立ち上げる。サウディ?などとの秘密支援を取り付ける?など、手際は国の運営経験豊富であり、事前計画準備をしっかり立てた組織しか実施不可能にみえる。バグだディなど「お飾り」かもしれない。
アフガンのタリバンでもパキスタン軍・秘密機関が指導していたから、急速にアフガンを制圧できた。

投稿: | 2015年2月10日 (火) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日投稿されたアイシルからの動画。ヨルダン側は真実を掴んでいた。もうとっくに3人は処刑されていたと。日本共産党低民度の小池晃よ!このおとし前はどうつけるんじゃい。 | トップページ | 日本には地政学や軍事学がない為に、冷静な外交を行なえる場面が少ない。ましてメディア界はピュアーな高校生の議論で席巻される。 »