« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月の11件の記事

2015年2月26日 (木)

日本政界に生きる利権屋議員。過去の遺物議員は静かに去ってほしいのだが。

また今日は雨降りとなりました。三寒四温、一雨ごとに春が来る。早く3月16日期限の確定申告書を仕上げなくてはならないが、例によってルーズなオイラだ、ついネットサーフィンの方に引き込まれて、成果なしの今日このごろです。

昨日のBSフジ、”プライムニュース”ですが、あの媚中国、媚韓国の政界の流れ者、二階俊博自民党総務会長が出演していました。昔、田中角栄は塀の上を歩いていて、どちらかに傾けば、塀の下に落ちてしまうといわれる象徴でしたが、結局塀の右か左の下に落ちてしまい、最後は脳血栓で悲惨な最後となりました。今も、小沢一郎、亀井静香などなど懲りない面々がその後を追っていますが。

そして、その中にこの二階俊博(としひろ)も、散々政党を流れ歩き、致命的なスキャンダルをなんとか揉み潰し、今は自民党二階派を率いている。さらに安倍晋三政権では総務会長の座を獲得している。今回カネがらみで農水大臣を辞任した西川公也(こうや)は同じ派閥で二階の子分のようなものだ。まぁ、西川の件は昨年ごろから巷では話題になっていたようだったが。替わりに以前、同大臣経験のある林芳正がなったが、彼は岸田派だ。民主党は”グループ”、自民党は”派”を見れば、ぼんやりその人物像が見えてくる。・・・・・

続きを読む "日本政界に生きる利権屋議員。過去の遺物議員は静かに去ってほしいのだが。"

| | コメント (2)

2015年2月22日 (日)

春節で共産中国から爆買いが来た。また民主党議員のブーラメン。資産持の高齢者のカネなど当てにするんじゃないよ!評論家ども!

2月19日が旧正月で、共産中国では平均1週間の連休だと。これ共産中国・台湾・韓国・ベトナム(テト)ほか、華僑界のシンガポール・タイ・フィリピンなどアジアでは盛大な旧正月となっているらしい。BS放送の”ワールド ニュース”ではここ毎回この旧正月特集だった。しつこいくらいに。これ儒教と道教がミックスの伝統行事だそうだ。血族の長に挨拶とそこで滞在して、血族の永続を繋げるそうだ。子供にはお年玉をあげる。これ赤い袋でなくてはならず、”紅包””紅包袋”などと呼ばれているそうだ。今もある中華・朝鮮の慣習”大貫””血族主義”が土台なので、年の最大の血族の家族イベントとなる。冬なので寒い日が続くことが多いので、外より家の中で、大酒を喰らい、ご馳走を食べ、賭け事に興じることが多いと。

日本は新暦の正月で済ませてしまうので、春節の実感はほとんどない。それでも昔は新暦正月であっても、本家を中心に家族・親族の集まりは多かったと記憶している。オイラの記憶ではオジ・オバとその子供が本家のオイラのところに集まって、賑やかだった。もちろんお年玉狙いだが。ただこの旧正月は日本では極一部の中華街どまりでしかない。

共産中国では、今年はビザの発給の緩和で、個人旅行の所得規制が約400万円/年以上から190万円/年以上に引き下げられ(団体旅行はその限りではない)、中間層(中共の場合)も、それ以下も日本に来れるようになり、この期間の春節連休で莫大な人数の中華系が、日本に訪れ、観光ルート地は大儲けだったと、これも連日ニュースで報じられている。日本製品を爆買いだと。しかしこれほとんどが、中間層以下は自分用というより、個人商売も兼ねているようで、地元で買値より多少高く引き取るシステムがあり、旅行費用の一部を賄う算段があることは常識だ。1980年代まで日本でもあった並行輸入買出しのようなもの。香港の乳児用ミルクの例と同じであろう。たとえ、利益は5,000円でも3万円でも彼らには大きいお金なのだ。テレビはこの件については、一切語らないから笑ってしまう。

また、テレビ報道では電化製品販売の”ラオックス”が、中国人爆買いの現場によく出てくるが、この会社は過去経営不振で、中国系企業の蘇寧電器の傘下になっている。団体ツアーは皆ここに誘導されるという仕組みだ・・・・・・

続きを読む "春節で共産中国から爆買いが来た。また民主党議員のブーラメン。資産持の高齢者のカネなど当てにするんじゃないよ!評論家ども!"

| | コメント (0)

2015年2月20日 (金)

オイラの40代前からのご先祖様は2兆人いるんだよ!

時々、自分というものは一体なんだろうと思うことはありませんか。父親が13年前に死去し、そのとき相続の関係から、遡った除籍謄本を取り寄せ、祖父母、曾祖父母、高祖父母の家系を洗い出し、現在の我が家の家系図をJWWCADのアプリケーションを使って完成させた。その後、娘3人がそれぞれ所帯を持ち、毎年父の命日に集まり、父の好きだったタバラカニをメインとした料理を中心に我が家で家族会をやっているのだが、昨年はその我が家の家系図をプリントして、それぞれに渡した。ここから先をそれぞれが繋げて先々の子孫に伝えるようにと。

図形を描くには、様々なアプリがあるが、建築設計で使うアプリが使い易い。まぁ、これを100%近く使いこなすには相当の期間、様々なパターンを熟練しなくてはならないが、家系図を作るぐらい(線描きと文字入れ)程度ならすぐ慣れる。これは無料でダウンロードでき、無料のアプリです。jw cad Ver 7.11 ダウンロードをクリック 試してください。使い方もこのサイトにあります。

で、数年前、ネットサーフィンをしていて見つけたのだが、自分が今存在するのは、具体的には、自分の血には過去どのくらいのご先祖様の血が混じっているのかということを計算してみると、これ信じられない程、大変多くの数のご先祖様ということになる・・・・・

続きを読む "オイラの40代前からのご先祖様は2兆人いるんだよ!"

| | コメント (1)

2015年2月17日 (火)

コペンハーゲンでまた宗教テロだ。リビアでは第2アイシルが残虐処刑。犬に彼らの顔をペロペロさせてあげたいほどだ。

昨年から全開になってきたテロ事件。今度はあのデンマークの街の中で起こった。デンマークといえば北欧の福祉国家の優等生と持て囃されているが。

風刺画家狙い銃乱射、4人死傷 「テロ」とデンマーク首相 ユダヤ教会でも銃撃2015.2.15

【ロンドン=内藤泰朗】デンマークの首都コペンハーゲンで14日、「表現の自由」に関する集会が開かれていたカフェに覆面をした男が外部から銃を乱射し、ロイター通信によると、民間人の男性1人が死亡、警官3人が負傷した。  集会には、2007年にイスラム教の預言者ムハンマドを犬として描いた風刺画を発表し殺害予告を受けていたスウェーデン人画家のラルス・ヴィルクス氏が出席。警察は同氏を狙った襲撃とみている。同氏にけがはなかった。  デンマークのトーニングシュミット首相は「政治的動機に基づくテロ攻撃だ」と断定し、全土で警戒体制を強化した。  しかし、警察によると、その後、コペンハーゲン中心部のシナゴーグ(ユダヤ教会)近くで銃撃があり、1人が頭部を撃たれ、警官2人が負傷した。カフェ銃撃との関係は不明。  現地からの報道では、カフェ襲撃犯は集会を行っているカフェに外部から銃を乱射。現場で警備に当たっていた警官が応戦した。銃撃は約2分間続き、襲撃犯は現場から車で逃走。車はコペンハーゲン近郊で乗り捨てられているのが見つかった。警察は襲撃犯とみられる男の写真も公開した。男は外国語とみられる言葉を叫んでいたという。  集会は、パリの風刺週刊紙シャルリー・エブド本社が襲撃されるなどして17人が犠牲となった1月のフランス連続テロを受け、表現の自由について議論するものだった。集会に出席していたフランスの駐デンマーク大使はフランスのメディアに「犯人の狙いは(表現の自由を攻撃するという)シャルリー・エブドへの銃撃と同じだ」と語った。

今のところアイシル(IS)との関連はないようだが、最初がイスラム教に対する侮辱に対してのテロ行為、次はユダヤ教に対してのテロ行為。今回はこの両方を一人のデンマーク人が行ったそうだ。なにかその前のパリで起こったテロと順番が似ているようだが。・・・・

続きを読む "コペンハーゲンでまた宗教テロだ。リビアでは第2アイシルが残虐処刑。犬に彼らの顔をペロペロさせてあげたいほどだ。"

| | コメント (0)

2015年2月14日 (土)

ギリシャのなりふり構わない居直りに、トロイカはどう対処するのかお手並み拝見だね。原理原則を無視した報いの終わりと始まりか?

ユーロ単一通貨圏(現在25カ国)内の様々な矛盾が噴出して来て、2002年1月1日発足から数えて13年目だが、その行方に関心が集まっている。もともと、冷戦構造の中で、ソ連共産圏の拡大を防ぐ意味からも、EU(欧州連合加盟国)が1993年に、それまであったEC(欧州諸共同体)を引継いだ形で発足して現在28カ国になっている。そしてその中から特定な基準をクリアした国が集まってこのユーロ単一通貨圏になったわけだが。ただEUに加盟していなくても、このユーロ通貨圏に入っている国もある。現在25カ国の内、6カ国はEUではない。

で、話題のギリシャなのだが。2009年10月に政権交代によってそれまでの国家財政の粉飾決算が暴露され、それが翌年2010年から深刻な財政危機に発展した。当時数回に渡って、このブログでも取り上げた。そもそもユーロ圏に入る資格(財政赤字3%以下)を偽って、登録したことが判明し、ECB(欧州中央銀行)を通しての財政援助を受ける条件として、いままでのルーズな国家制度、役人天国になってしまったり、国民の1/3しか所得税を納付していなかったり、大盤振る舞いの年金制度などなど、選挙戦で勝つ為のポピュリズムに迎合した政策の累積が、完全に裏目に出て、国家ディフォルト寸前まできていた。まぁ、日本の民主党政権が長く続けば、同じような国になったかもしれない。・・・・・・

続きを読む "ギリシャのなりふり構わない居直りに、トロイカはどう対処するのかお手並み拝見だね。原理原則を無視した報いの終わりと始まりか?"

| | コメント (3)

2015年2月13日 (金)

オイラの大事なアイマスクはどこに行ったのでしょう。ひさしぶりの家庭内大騒ぎの顛末

以前、このブログでアイ・マスク(目隠し)をして寝ると熟睡できるし、朝起きが1時間長くなる(オイラの場合)と紹介したが。そのアイマスクが1月の末に見当たらなくなった。ベッド周辺をいくら探してもない。仕方がないので、2月始めに近くのドラッグストアーで、新しいのを購入した。

で、最近寝室のそばにあるトイレがどうも調子が悪い。水を流すと、便器一杯に水がたまる傾向がある。排水詰まり解消のパッコンパッコン、これ”ラバーカップ”というが、これでパッコンパッコンやって見た。まぁ、なんとなく排水が進むが、次に流すと全然解消されていない。昨日は、勢いよくパッコンパッコンしたら、水タンク内の止水パッキンが圧力で上がってしまい、便器に一杯水が溜まっている上に、タンク内の水が排水されたから、さあ大変。タンク一杯分の水が便器から溢れ出し、床が洪水状態に、さらに階下の台所の天井から水がポタポタと。大騒ぎだ。で、いろいろ考えたら、これは便器の排水トラップに何かが詰まっていると。今日先ほど、便器の取り外しをしてみた。これは忍耐力があれば誰にでも出来る。・・・・・

続きを読む "オイラの大事なアイマスクはどこに行ったのでしょう。ひさしぶりの家庭内大騒ぎの顛末"

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

今年は朝日新聞とテレビ朝日は厄年となるだろうね。積年の悪行がブーメランとなって返って来る。

昨年の数少ない年賀状に「今年(2014年)はますます混沌とした世界になるでしょう」とコメントを入れたが、さらに今年は混沌としてきた。昨年からの、ウクライナ問題、アイシル問題、中東問題、北アフリカ問題、そしてEU・ユーロ圏のギリシャ問題などなど、いままでローカルな問題でグローバルに拡大しない問題が多かったが、2014年から引きついて魑魅魍魎の世界に引き込まれつつあるようだ。

このブログでアイシル問題を連載して、アイシルとは中世以前からの匪賊と変わりがないこと、軍隊ではなく残虐なギャング超大集団と変わりがないことを、特に日本の大手メディアはこれを前提とすべきと主張してきたが。しかしこれに携わるメディア人は基本に戦闘に関する地政学が皆無だから、観念的、感情的理念で煽りまくる。ネットメディアは、玉石混交の傾向があるが、大手メディアの伝えないインテリジェンスを元に情報交換真っ盛りといったところだ。

NHK・民放のテレビ報道でも、未だに「イスラム国」というまるでイスラムという国が発祥したかのような錯覚を与え続けている。「イスラム国に対して外国勢力は空爆をさらに再開した」なんてさらりと解説するが、いかにも国対国の戦争のような表現になってしまう。「匪賊アイシルの根絶のために、有志連合国は警察権力に変わる軍に依る空爆を・・・」が表現として的確だと思うのだが。何を考えているのだろうか、日本の大手メディアは。まさに知見が浅い。・・・・・

続きを読む "今年は朝日新聞とテレビ朝日は厄年となるだろうね。積年の悪行がブーメランとなって返って来る。"

| | コメント (1)

2015年2月 8日 (日)

日本には地政学や軍事学がない為に、冷静な外交を行なえる場面が少ない。ましてメディア界はピュアーな高校生の議論で席巻される。

ここのところ、アイシル問題が続きますが。今日の日曜日のお約束。新報道2001、サンデーモーニング、報道ステーション・サンデーの3番組を録画でチェックしました。昨日はちらりTBSの報道特集も観ました。このごろテレビ番組をライブで観るのは、疲れます。あのどうでも良いような五月蝿いCMや、その番組の中に入っている他の興味のない件について付き合わなくてならない苦痛からです。録画だと、CM飛ばしや、他件飛ばしで短時間に観ることができますからね。

あの偏向番組サンデーモーニング(サンモニ)も、アイシルの件については、まるでお通夜状態で、今までの発言のほとんどが裏目に出てしまったのか、何を言っているのかほとんど印象に残りませんでした。安全なお花畑で、上から目線で政府批判をするという、毎回の論調が、実際の案件が起こったときには、何も役に立たない論調になってしまう。年に数回でもありがたく河野洋平さまをコメンテーターに頂くという今時不思議な番組だ。

寺島実郎・浅井慎平・西崎 文子・萱野 稔人(かやの としひと)・岸井 成格(きしい しげただ)そして総元締めの関口宏。まぁ、毎日曜日、反面教師としての偏向意見に感謝というか、呆れ果てるというか、まぁ、刺激を与えてくれます。

そもそも・・・・・

続きを読む "日本には地政学や軍事学がない為に、冷静な外交を行なえる場面が少ない。ましてメディア界はピュアーな高校生の議論で席巻される。"

| | コメント (1)

2015年2月 5日 (木)

アイシルは、盗賊であり犯罪者集団なのだ。決して国のような見解で論議をしてはならない。この残虐な彼らの犯行を正視すべきだ

今日はウチら地域も雨降りで、これ全国的にはほとんど雪となっている。ほとんど平地では雪の降らないこの地域も、さすが夜には雪に変わるかもしれない。昨年末にペルーで開かれたCOP20(第20回国連気候変動枠組み条約締約国会議)では、ますます人為的排出の温暖化ガスの影響で温暖化は進んでいるという発表があって、いっとき大騒ぎが再開したが、すぐその後米国東部の猛烈な寒気団に寄る風雪が続き、一旦止んでも今再度寒気と風雪が襲っている。12月末ころは、温暖だった欧州も、今は同じように猛烈な寒気団に襲われ、中近東の方まで風雪だ。

矛盾しているのは、「この寒気と積雪は80年ぶりです」なんて解説がよく出るが、あの頃は問題のCO2の割合はいまよりはるかに低かったはずだ。いわゆる寒冷期とも今は言われているが、もしかして今は寒冷期に進んでいるのではないのか?専門家と称するのが温暖化すると寒冷化してしまうなんて分けの解らないことを言っているが。だから温暖化詐欺の疑いを掛けられるのだが。

アイシルという盗賊犯罪者集団の犯した残骸の酷さがますます世界中に広められている。米国やイタリアならギャング団・マフィアで、日本なら山口組のでかくなった奴ってことだ。大昔、中国大陸では匪賊と呼んだ。それが国と戦える規模に膨れ上がった。それにしても、朝日新聞やテレビ朝日は、番組を使ってこのアイシルを叩くのではなく、安倍政権を叩くのが好きだね・・・・・・・・

続きを読む "アイシルは、盗賊であり犯罪者集団なのだ。決して国のような見解で論議をしてはならない。この残虐な彼らの犯行を正視すべきだ"

| | コメント (5)

2015年2月 4日 (水)

今日投稿されたアイシルからの動画。ヨルダン側は真実を掴んでいた。もうとっくに3人は処刑されていたと。日本共産党低民度の小池晃よ!このおとし前はどうつけるんじゃい。

前記事でも指摘していた通り、ヨルダン国のパイロットのムアーズ・カサースベ中尉は、日本時間の今日未明に投稿されたYoutube動画の通り、惨殺されていた。ヨルダンの諜報機関の情報では1月3日だったそうだ。アイシルの中には当然有志連合側のスパイまたは情報を売る兵士もいるわけで、ヨルダン国中枢は当然この情報は掴んでいただろう。だから捕虜交換にも消極的で、さらに念押しして、この中尉の生きている証拠を見せろと迫ったわけだ。

当然、日本人の人質、湯川がすでに惨殺されていたこと、後藤もその後惨殺されていたことも、裏情報として掴んでいたわけで、当然日本側中枢もヨルダンや有志連合国から知らされていただろう。ただ100%確実とする表の根拠も少なく、日本側はかすかな期待にすがっていたというのが、自然な流れなのだろう。・・・・・・

続きを読む "今日投稿されたアイシルからの動画。ヨルダン側は真実を掴んでいた。もうとっくに3人は処刑されていたと。日本共産党低民度の小池晃よ!このおとし前はどうつけるんじゃい。"

| | コメント (1)

2015年2月 1日 (日)

今日と明日はこの後藤健二殺害されたの報道で埋め尽くされるだろう。アイシス中枢は、捕虜交換なんて方針はなかったと思うが。

昨夜は町内会のウチの組の新年会が、歩いて15分前後の旅館で行なわれました。毎回これには参加していますが、今回はいつの間にか最高齢の参加者となっていたようです。もちろん同じ組の中には、オイラより高齢の住民もいるわけですが、年々参加しなくなってきています。40代・50代が元気があって、中心となっていますので、高齢者は参加費の問題もありますが、話も合わなくなって来たのでしょう。もうすぐ市議会選挙もあるせいでしょう、違う組なのに、選挙宣伝の為なのか本人夫妻が参加していて、酒を注ぎまくっていました。このような場をこれに使うことは、オイラは賛成ではありませんので、つれなく対応をしました。2次会は近くにあるカラオケでしたが、昔のようにJAZZボーカルの取って置きを唄いまくる気もなくなり、さらに今の唄を聴く気もなくなり、さっさとカミさんと家路を急ぎました。

まぁ、これ”猫の集会”と似ていて、猫は夕方になると近所の猫が一ヶ所に集まって、うずくまり、互いを見合ってやがて解散という習性があるが、人間のこれも似たところがあって、たとえ話をしなくとも、お互いの姿や健康状態を確認し合うということに意義があるのかもしれないのでしょう。

そんなこんなで、最近の中東情勢と比べれば、日本は全体でお花畑次元の安寧でよろしいですな。

今朝起きてテレビをつけたら、アイシルがとうとう後藤健二を無慈悲に殺害した動画をyoutubeの公開したそうだ。もちろん全編版は数時間後に消去されたようだが、しっかり保存をされたようで、それが他の動画サイト再投稿され、オイラも観ることになった。・・・・・

続きを読む "今日と明日はこの後藤健二殺害されたの報道で埋め尽くされるだろう。アイシス中枢は、捕虜交換なんて方針はなかったと思うが。"

| | コメント (1)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »