« オバマの声明、米国とキューバが国交回復・経済制裁解除?だって。ロシアなど産油国は大変な事態になってきた。そして中国経済はますます酷くなりそうだ。 | トップページ | 今年の12月に韓国は来年繰り越しの問題が多く発生した。パク・クネにしてもチョ・ヒョナにしても親の七光り娘。もうそろそろ限界だ »

2014年12月22日 (月)

ある高級官僚の死に対面しました。近親者が増えることは嬉しいですが、その分様々な人生にも対面します。

昨日は、東京の四谷で近親者の葬儀の一日でした。10月13日に彼の妹の27回忌で、最後には、彼が取っておきの、鹿児島の幻の焼酎”古八幡(いにしえはちまん)”といわれている一升瓶を数本持って来て、とうとうその一升瓶をも二人で空けてしまいました。彼は珍しい酒を集めて、皆に振舞うのが大好きでした。帰りの新幹線は少しフラフラでした。

そして1ヵ月後、彼の長男の結婚式の4日前に、夜中に突然逝去となりました。息子以下90歳の母親もそのことには触れず(病気を口実に)盛大な結婚式をやり遂げたそうです。享年60歳でした。メタボでもなく、日ごろ水泳などで体には気を使っていたのにと。あまりに突然で知らせを受けたときには、信じられませんでした。 合掌   ・・・・・・・・・

オイラの近親者として、オジ・オバは盛り沢山いた人生でした。父親側が8人、母親側が5人で、それぞれの伴侶とその子供との親族の集まりなどが、オイラが幼児のころから盛んで、その中でいろいろな人間標本を見ながらこんにちまで来ました。これは自分の生き方には十分なプラスを与えてくれたと思う。これは今の少子化時代では考えられない世界だと思う。オイラ達の年代ではこれが一般だった。ウチウチでとにかく賑やかなのだ。

で、長い年月と共に、そのオジ・オバが一人づつ欠けて行き、今や父親側が2人、母親側が2人になってしまった。まぁ、その間にはそれぞれの伴侶の葬儀・法事もあるわけで、いわば近親者の葬儀・法事にはベテラン組となる。そしておカネもその分掛かるわけで。

そして、すでにオイラが主役の新たな近親者関係が始まっている。3人の娘がそれぞれ結婚し、所帯をもち、子供も出来、今やジージ、バーバとなってしまった。その伴侶の近親者も入るから、数はどんどん増えてくる。

で、昨日の葬儀に話を戻すと、彼は娘の伴侶の母親の兄、つまりオイラの義理の息子の伯父ということになる。早くから母を失って、成長期さらに結婚するまで、父親役の伯父をやって頂いていた。彼は東大を卒業して会計検査院に勤め、数年前その審議官を勤め上げて昨年退官となった。凄いのは代々受け継いできたお寺の住職も兼ねていた。といっても檀家の数が少数の小さなお寺であったが。ただ寺の住職同士との会合も多く、優秀だからこそ、ここまでこなし得てきたと思う。参列者は膨大な数で、500名を軽く超えていたと思う。長い列を作っていた。

付き合いは、娘が結婚してからの10年ぐらいだが、その間1年目に奥さんが病死して、50歳からずっと独身生活だった。もちろん高齢の母親と家は同じだし、長男・長女と最初は同居だったから完全独身生活ではなかったが。長女が結婚して家を出て、長男は近くでアパート暮しをしながら教員生活。2年前には僧侶になるための試験に合格していて、この寺を継ぐので、そちらの心配はなさそうだ。

残された90歳になる母親は、まことに可哀想なのだが、死後(密葬)から1ヶ月以上経っての葬儀だったので、落ち着いて様々をこなしていた。もちろん跡継ぎの長男と、オイラの義理の息子らが最後の後片付けで飛び回っていたが。

今回の事がなければ、毎回のように彼と酒を酌み交わし、末長く様々な官僚の世界の話を聞かせてもらうことが出来たのにと残念だった。会計検査院といってもどちらかというと、農林分野関連が専門だったようで、全国各地を飛び回って、好きなお酒にも大変造詣が深く、各地の話を聞くのが楽しみだった。また若い頃からピアノをやっていて、オイラの好きなジャズ関連をスラスラと弾いていた。

10月13日の義理の息子の母親(彼の妹)の27回忌のとき、今度彼がピアノの伴奏でオイラがジャズボーカルを唄う約束をしたのに・・・・・。まことに残念だった。かい間感じるのだが、官僚の世界での酒の飲み方は、いわば体育会系というのか、酒に強いことが勲章のような気配をも感じた。今年になって、ある法人の常勤役員となっていたが、そのストレスもあるのだろうか、肝臓の数値が異常に上がって、実は酒は控えていたそうだ。それなのに、その法事でオイラと二人で焼酎1升だった。

「このごろ夜、眠れなくて困っている。」と何回も言うので、自分の体験を例に出し「アイマスクをしながら寝ると良く眠れるようになりますよ」と話したのだが。その時点でなにか体から警告があったのかもしれない。そちろんこれが原因でということではないが、母親云わく酒を控えたこともストレスになっていたのではと言っていた。死因ははっきり聞いていないが、急性心筋梗塞だと感じる。

60歳になって、これから長年支払って来た共済年金を取り戻す年代が近づいて来たのにそれもパーになってしまった。その分は他の人の懐に入ることになる。とかく優秀で頑張り過ぎた人の第一関門は60歳前後だという話はまんざら嘘ではなさそうだ。

伊東駅新築をも請け負ったオイラの祖父は60歳でやはり真夜中に心筋梗塞で他界した。当時の駅舎関連の建築が専門だった。オイラが2歳の頃だった。、叔父の一人も60歳で突然亡くなった。過去の飲み友達だった友人も数人60歳前後で他界した。

今50歳代の優秀バリバリのご同輩。この60歳を無事乗り越えられるよう、健康に留意して下さい。酒は楽しく控え目に!

|

« オバマの声明、米国とキューバが国交回復・経済制裁解除?だって。ロシアなど産油国は大変な事態になってきた。そして中国経済はますます酷くなりそうだ。 | トップページ | 今年の12月に韓国は来年繰り越しの問題が多く発生した。パク・クネにしてもチョ・ヒョナにしても親の七光り娘。もうそろそろ限界だ »

コメント

このブログの過去記事にもありましたが、アイマスクをしながら眠る件。私も毎朝5時前後に目が覚めてしまって、困っていましたが、ブログ主のようにアイマスクを試してみましたら、このごろは毎朝6時~7時頃までぐっすり眠れるようになれました。何か安心感を得られるようで。

投稿: | 2014年12月23日 (火) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オバマの声明、米国とキューバが国交回復・経済制裁解除?だって。ロシアなど産油国は大変な事態になってきた。そして中国経済はますます酷くなりそうだ。 | トップページ | 今年の12月に韓国は来年繰り越しの問題が多く発生した。パク・クネにしてもチョ・ヒョナにしても親の七光り娘。もうそろそろ限界だ »