« 柑橘類の季節になりました。毎年恒例の、「ウチのみかんを喰ってくれ!」 | トップページ | またまたやらかした、NHKニュースウォッチ9の大越健介とその仲間たち。 »

2014年12月 3日 (水)

衆院選、公示となり本格化開始です。自民党はもしかして更なる大勝利か?

昨日は、強風が凄かったですが、ウチの段畑は西側が山側になっているので、たいした風は吹いていませんでした。ポカポカ暖かかったです。下に望む海域は全域白波が立っていましたが。そんな中、3時ごろまで、みかんの収穫をしました。昨年は大豊作だった反動なのか、今年は裏年となり昨年の40%ぐらいの収穫となりそうです。そのかわり1月ごろからの賞味となるポンカンと2月ごろからの八朔(はっさく)が豊作です。本来成り過ぎになりそうな時は、大幅に間引いて(撤果)毎年平均的に成らすのが、正道なのですが、どうも撤果の量が足りないらしく、このようなアンバランスが起こってしまいます。

で、事務所に戻って居たのですが、夕方1本の電話が掛かりました。「また何かのセールス電話か?」と身構えました。オイラこの手には、慇懃無礼に断ることにしています。例え可愛い声の女の子(?)でもです。勝手に送って来る融資の貸金業のFAXも、最近、電話に登録していない番号からのは、受け付けない設定に変えました。

その電話は、選挙に関しての世論調査だと。若い男の声で、読売新聞と日経新聞の合同世論調査ですと。オイラ初めての経験なのだが。ウチの選挙区3人の候補者がいるが、誰に投票するのか?比例ではどの党に?選挙に行く動向について、最後にオイラの世帯環境と職業でした。朝日新聞と毎日新聞だったら断るところでしたが(笑)。ただこれ正規の調査なのか、偽り調査なのか確証は出来ません。選挙区なので、どこかの政党か後援組織が、誰それはこのようにというような調査でもあるわけで。油断大敵でもあるわけで。・・・・・

で、NHKの選挙に関しての世論調査なのだが、支持政党について最新のは、12月1日公示前日の発表なのだが。これ定時ニュースでやっていた・・・・・

53c0ece9

エー!自民党ぶっちぎりじゃないかい!とかくNHKは時々反体制の捏造をすることで、批難が多いが、これ正確なのか捏造なのか判断がつかない。まぁ、他の新聞・テレビの世論調査だって、おのおの調査する側の意思が入っているからね。

都市圏のたった500人程度の固定電話での調査を毎週している”新報道2001”の番組の、同じ時期の調査では、

Lmkzac

まぁー、ずいぶん違うね。どちらにしても、自民党はぶっちぎりで優位なのは確かと言える。民主党は、あの和牛投資の安愚楽牧場詐欺商法の広告塔をやっていた海江田を代表としまったことが、躓きの始めだ。彼は被害者にこの事業の推進を煽ったということで訴えられている。民法上の裁判なのだが。まぁ、当時彼には莫大な広告料が入ったことだろうが。しかしメディアはこの件についてはスルーをしているが。

維新も落日の感といったところ。前記事でも指摘をしたが、みせかせのカリスマ性しかない新共同代表の江田憲司とカリスマ性が剥がれてきつつある橋下徹では求心力も遠心力に変わって行く。

”みんなの党”は「アジェンダがオジャンダ」になり消滅、小沢一郎の”生活の党”、福島瑞穂の”社民党”はいくら力んだところで、今回は壊滅的になるだろう。小沢一郎の子分どもは、どんどん小沢から離れている。小沢はそれを認めざるを得ないようになってきた。

創価学会に支えられ固定票を持っている公明党と、いまだマルクス思想にかぶれて、ファンタジーに生きている共産党のみは平常運転のようだ。ところで共産党の政治資金は200億円以上だと。政党助成金を拒否しているのに、なんんでこんなにカネがあるんだ?赤旗新聞の利益が入っていたり、党員からの徴収だとは聞いているが。

”次世代の党”には期待することはある。この党の立ち位置によって、自民党の立ち位置が中庸化されることになる。ともかく、韓国・中国・北朝鮮に恫喝され、まともな反論もせず、見返り便宜を図ってきた日本政府の外交も、やっと国際的常識な発信をできる国になれるのではないだろうか。ただ2、3の他党から逃げ込んで来た議員に掻き回されないことを望むのだが。

自民党安倍政権はしっかり汗を流して、国内・国外問題に王道を進んでいるような実感が沸いているのは、オイラだけではないらしいと結果が出ている。

さあ、オイラこれからみかんの収穫作業です。今日も「天気晴朗、波高し」のようで。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:今日の動画

【日本記者クラブ主催・党首討論】毎日新聞・倉重篤郎の質問に安倍総理が「椿事件」で斬り返し 【NHK党首討論】2014年12月 1日 (月)

また、毎日新聞の倉重篤郎だよ!

偉そうに、偉そうに!

上サイトに、このときの党首討論記者会見の文字起こしがありますが。

未だに、小朝日をやっている。朝日新聞の代理戦だ!

以下動画は、2013年7月3日の日本記者クラブ主催の党首討論での

毎日新聞倉重篤郎の質疑

コイツが、いかにファンタジーな知見なのかが

一目同然だ!

毎日新聞と言えば、岸井 成格(きしい しげただ)とか、与良 正男(よら まさお)とか、TV番組によく出てきて、ファンタジー発言で愚民を誘導しているが、この倉重篤郎も同じ穴の狢。無理やりの反体制しか生きる道のない懲りない面々だ。

|

« 柑橘類の季節になりました。毎年恒例の、「ウチのみかんを喰ってくれ!」 | トップページ | またまたやらかした、NHKニュースウォッチ9の大越健介とその仲間たち。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 柑橘類の季節になりました。毎年恒例の、「ウチのみかんを喰ってくれ!」 | トップページ | またまたやらかした、NHKニュースウォッチ9の大越健介とその仲間たち。 »