« 初めてのアーク溶接にチャレンジしました。 | トップページ | 2014年最大の祭り、総選挙が終わった。これから4年間の安定政権が定着してほしい。泣き笑いの総選挙ヨタ話 »

2014年12月14日 (日)

2014年衆院選のあれやこれや。信用をなくした民主党の旧幹部たちよ!総入れ替えをしなくては信用は戻らない。

今日は衆院選の投票日。もろもろ今日の午前は用事は集中してあって、珍しく朝8時から、歩いて5分の公民館に投票に行った。ちらほら老人が投票に来ていた(オイラも老人なんだろう)。投票が終わって外に出たら、美女二人がアンケートだと。共同通信と朝日の合同出口調査に捕まった。用紙に、男女別、年代、誰と何政党に投票したか?何党を応援しているか?などだった。出口調査を受けたのは初めてだが、時間的に考えれば、投票日の午前中であまり込み合わない時を狙っているように感じた。

自民党が圧倒的に有利に選挙戦を戦っているようで、あの悪夢のような2009年総選挙とは、一転した雰囲気がある。あの当時は、朝日系・毎日系が民主党有利になるよう、テレビ・新聞で日本中を煽っていた。政権交代だと。また全然関係ないのだが、同じくその前に米国の大統領選で民主党のオバマが勝利し、全然違うが「民主党」という党名にチェンジが重なった。メディアは大衆誘導をして民主党に有利な方向へ。しかし挙句の果てに、民主党が政権を執っての3年半は、稚拙な政権運営、仲間割れ、マニフェストなんて無視、先々に問題を起こすような政策、よくぞ恥ずかしげもなく、厚顔無恥で来たものだとあきれ果ててしまった。

社会党から、自民党から、新興政党からなどの寄せ集め、皆自己顕示欲が強すぎるのか、誰にも反対出来ないような”きれいな言葉”で、政策を語るのは良いが、どうやって実行すればよいのか全然具体的策に欠けていた。・・・・・・

まさにパフォーマンスを恥ずかしげもなく、テレビで披露するかのような、タレント化した議員の独断場のような風景で、テレビもこれら議員らをおもちゃにしていたようだった。

そんなこんなで、いまさら、海江田にしても、枝野にしても、菅チョクトにしても、山井にしても、川内にしても、原口にしても、長妻にしても、・・・・・・・・・まぁ、切りがないが、みな顔相にマイナーなイメージが植えつけられ、もう何を言い訳しても、何を主張しても、イメージはただただ嫌悪感しかない。

維新の党の橋下も、新たな共同代表の江田にしても、民主党の劣化議員と同列なようなイメージしかわかない。大体がみんなの党から来た江田なんかを共同代表に迎い入れたことが失敗のもと。さらに大勢として民主党のクズどもも迎い入れたこと。「王道の能無しほどよく喋る」に橋下はなって行く。まぁ、数年で飽きられるのが橋下のパフォ^マンスなのだが。15年以上続いた、デフレスパイラルから脱出するには、このようにせよという話は一切なく、ただただアベノミクスは失敗だと批判のみの発言しかない。いや、かえってこのデフレは日本経済、日本人を幸せにするとでも言ってくれれば、目につくのだが。新しい発想として。野党が批判するのなら、もとのままで良いとでも言い放ってみろとでも言いたいところだ。

興味があるのは、民主党の議席が多少増える結果になるだろうが、どの程度か?社民党は二人が一人いやゼロになることを願っている。あの福島瑞穂は参院だとしても、もうテレビに出てほしくない。一昨日BSフジのプライムタイムの後半に出演していたが、ぺらぺらまぁ、話はあっちに行ったり、こっちに行ったり。早口にまくし立てていたが。何を言いたいのかさっぱり記憶に残っていない。従軍慰安婦問題の火付け人として国会招致で証人喚問をしてほしい。今年死んだ土井たか子を表看板にしていたが、ソ連と北朝鮮の操り人形だったとの噂は嘘ではないようだった。

日本共産党は、カネがあるねー。政党助成金を党の方針として受け取らないのは良いが、赤旗新聞ってそんなに儲かるのかねー。選挙区すべてに候補者を立てて、これ供託金だけでも莫大な金額になる。まぁ、それによって政党の得票率は大きくなるが、これ究極のやり方のような。かつての極左暴力政党が、2000年から14年間党委員長と言う名の代表志位和夫なのだが、党内民主ってあるのだろうか。トップの独裁制はまるで旧ソ連のトップと似ているところがある。まぁ、鬱陶しい存在の党であることは確かだ。日本共産党と公明党は、党の方針と寸分違わない同じ発言を議員すべてがする。これをまとまっていると感じる人もいれば、党内に自由な考え方を認めない党だと感じる人もいる。公明党は創価学会の宗教党、日本共産党は、マルクス教の宗教党。それを考えれば不思議なことはない。

新党改革の荒井広幸。郵政改革で自民党から飛び出して、ここまで来たが、舛添要一に逃げられ、衆院はゼロ、参院荒井のみ。昔、東海林太郎、今は大江健三郎、坂本隆一の真ん丸いメガネ、ロイドメガネで挑んでいるが、そんなに目立ちたいのかね。発想がチンドン屋だね。ところで、本来の党内議員規模(5人未満)だと、諸派扱いなのに、なんで一人前に他の政党と並んで出演できるのか不思議でならない。NHKさん何でか教えてください。まぁ、またゼロか?”家庭ノミクス”やら”水素発電ですべて解決”やらキワモノがお好きなようだ。まぁ、もう自民党に帰りたくても帰れないだろうね。

生活の党の小沢一郎さん。自分の選挙区で30年ぶりのどぶ板選挙活動とか。カネ目当てで結婚した奥さんにとうとう逃げられ離婚され、息子も母に追随だと。自分の家族をも安寧に守れない男が何を言う。アベノミクスを批判して「一部の人たちが巨万の富を得て、貧しい人たちはますます貧しくなる。そんな政治にストップを掛けたい」と。何をとぼけたことを言っている。確かに運が良く、努力の結果巨万の富を得る人もいるが、お前は、政治資金を転がして、何億、何十億の資産を作って転がしていたじゃかい。沖縄の辺野古に広大な土地を買って、買収待ちをしていたが、それが公になってしまい、最近別荘用として建物を建てたとか。散々政党を作っては壊しを繰り返し、その度に残った政党資金を流用して、どのくらい蓄財したかわからない。政治資金不正流用で生きてきたお前が何を言う。

過去の罪は巧妙に仕組まれて、いまや暴くことは出来ないが、歴代悪党議員の典型が、偉そうに偉そうに。そんなお前に腹が立つ。いったいお前はいくつ政党を作ったのか、またいくつ潰したのか?もう、静かに政界を去って、犬と一緒に老後を静かに暮らせよ。

次世代の党には期待するのだが。ただ逃げ込んだ議員におかしいのもいるから、まだ未定だ。ただし今回の比例には投票してやった。日本の歴史、日本の国益を重要視する政党はあっても良い。憲法改正を堂々と掲げることができる野党はここしかない。普通の国、普通の国民を掲げることはけっして右翼ではない。捏造された従軍慰安婦問題、捏造された南京大虐殺。これら中国・韓国・北朝鮮のプロパガンダに対して、普通の国として反撃、反論することは、国民を守る第一歩だろう。トルコは云われのない虐殺の汚名を米国議会で掛けられたとき、米国に対してトルコ内軍事基地使用を拒絶すると反撃して、米国議会決議を潰したことがある。これこそ普通の国の矜持というものだ。

もし自民党が衆院300議席を越えたら、また党内二つの割れて大騒ぎになるだろう。まぁ、安倍晋三政権ではそのような兆しを予防できていると思うが。二階だとか額賀だとか野田だとか、隙あらばが蠢いていて、安泰、安定を保つにはそうとうな覚悟がいる。男たちの嫉妬ほど本格的に恐ろしいものはない。渡辺喜美、舛添要一、などなど、自民党に砂を掛けて飛び出すのもまたまたやがて出てくることだろう。まあトップとしては、そのリーダーシップをとることは、並大抵なことでは出来ない。いまのところ、安倍晋三は優秀な部下に守られ、そのリーダーシップを発揮出来ているようだが。党の敵は党内にありだ。とにかく総理自身が、国民にその汗をしっかり見せてくれることが、国民の安心と総理に対する信用に繋がる。

さて、今晩の選挙結果が楽しみだ。

|

« 初めてのアーク溶接にチャレンジしました。 | トップページ | 2014年最大の祭り、総選挙が終わった。これから4年間の安定政権が定着してほしい。泣き笑いの総選挙ヨタ話 »

コメント

偶然、辿り着き拝読しました。
仰るとおりで、全く同感です。
開票速報が楽しみであります。

明日の朝は、一段と清々しい朝を迎えたいものです。

ご健筆、お続けになりますよう。

投稿: 失礼します。 | 2014年12月14日 (日) 16時07分

社会党の残党が民主党に逃げ込む
民主党の残党が維新に逃げ込む
クズは逃げ込むのが得意だからね

投稿: | 2014年12月14日 (日) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めてのアーク溶接にチャレンジしました。 | トップページ | 2014年最大の祭り、総選挙が終わった。これから4年間の安定政権が定着してほしい。泣き笑いの総選挙ヨタ話 »