« 小春日和の中、また海の向こうから、帆船でオジイ達がやって来た。新しいクルージングヨットのお披露目です。 | トップページ | 11月朝生を観ました。今回は議員だけの討論会でということに。野党議員の劣化した発言に、もう諦めの境地となってしまいました。 »

2014年11月28日 (金)

後妻業が明るみになった。それにしても総選挙はどうなるんでしょうか。一向にその雰囲気になりませんね。

どうもこうも、総選挙が近いのに盛り上がりに欠けますね。テレビのワイドショー番組は、延々とあの遺産金狙いの毒婦婆の後追い報道で盛り上がっている。まさに彼女は”後妻業”に、邁進していたようだった。犠牲者は伴侶探しの後期高齢者だと。男の1人暮らしは寂しいだろう。自分の遺産は彼女のものに法的になっていた。7名ぐらいがその餌食になったとか。

昔知り合いの歯医者が、オイラに「奥さんが旦那を早死にさせるのには、歯医者で使うこの砒素を少しずつ毎日食べ物に混ぜて飲ませると、原因不明の完全犯罪成立です(笑)」とか言っていたが。この毒婦は青酸カリも利用したことで発覚だった。何でも男に相続の遺言を公正証書で作らせ、その後死なせて男の財産を相続していたと。総計5億とか10億だとか。

まさにテレビ番組が喜ぶ事件だ。しかしこんなことは、大昔から秘密裏に行われていたのではないかと思う。まぁ、男の1人暮らしは、健康を気遣ってくれる伴侶がいないと、どうしても偏り勝ちになって大病をし易くなる。そこに結婚相談所に登場の今回の主人公だ。需要と供給なのだが、殺されてしまっては、元もこうもない。メスに喰われてしまうカマキリのオスのような最後だったようだ。

その他、パククネの名誉毀損で起訴された産経記者の公判の報道、高倉健の大往生の件、昨日はジョニー大倉の逝去のニュース。総選挙以外のニュースで盛り上がっている。・・・・・

来月2日公示、14日投開票を迎えて、ネット社会以外は静かだね。特にテレビメディアは、選挙用党宣伝軍資金が野党から入ってこなくて、消極的にならざるを得ないのかも知れない。まぁ、ネット社会では、面白い総選挙関連ニュースがビンビン飛び込んでくる。

みんなの党は解散で「アジェンダ」が「オジャンダ」になってしまったとか。渡辺喜美は、新党立ち上げをやめて(できなくなって)、無所属で出馬すると。彼は、父親美智雄の悪いところだけ引き継いだような男で、自民党時代から、KYな駄洒落は多いが、頭は相当悪いと感じていた。今回の問題の根源はその延長だと解釈している。代表になった浅尾も無所属立候補だと。その他の党員は民主党で拾ってもらったりで、衆院8名いた皆が”馬糞の川流れ”になってしまった。せめて少しは塊を保つ”牛糞の川流れ”だと良かったのにね!

生活の党だが、もはやあの小沢一郎の勢いはない。当時小沢一郎の機関紙とまで云われた日刊ゲンダイでさえ、今回はほとんど小沢一郎、生活の党を取り上げていない。まあ小沢筋からの宣伝費が来なくなったからだと思うが。まったく分かり易い。まあ安倍政権批判だけは健在らしいが。小沢を入れて衆院7人について、幹事長だった鈴木克昌はそそくさと小宮山泰子と一緒に、「やっぱ民主党の方がいい」と出戻った。小沢も他の党員に勝手にしていいと完全に投遣りだ。沖縄の辺野古近くにこれまで蓄財したカネで広い土地を買ってあったが、地上げの便りもなさそうなので、自分の別荘を建設したとの話だ。

まああれだけ自分の選挙を底辺で支えてくれたカミさんから離縁状で離婚し、子供もカミさん側についているそうだ。韓国人女性秘書もカネと威厳がなくなれば離れて行く。これ人間の定則だ。昨年あたりまで、ココ に、あれだけ巣くっていた小沢真理教の信者も、いまでは残党が少しぐらいになってきた。しかしいまだに狂信者はいるのだが。もう今回の総選挙で壊滅に向かうだろう。小沢一郎のどこが良かったのか、オイラはいまだに分からない。これも”馬糞の川流れ”になるだろう。結局「私の生活が第一」の党と記憶されるかもしれない。

大阪市長兼維新の党共同代表の橋下徹も、もはや落ち目の三度傘をやっている。みんなの党を喜美とケンカ分かれをして、結いの党をつくりこれを解党して維新の党の共同代表になった江田憲司なのだが、彼は二流・三流の政治家でしかない。通産官僚から橋本総理の秘書官という経歴なのだが、どうも橋本龍太郎の悪いところを吸収したような。ともかくカリスマ性が感じられない。

増税先送りなら解散を」 維新・江田共同代表 2014.11.9 10:27 http://www.sankei.com/politics/news/141109/plt1411090008-n1.html

国民そっちのけ解散では」 維新・江田代表 2014年11月22日(土) 02:21 http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/elex/ASGCP62KRGCPUTFK01W.html

結いの党 江田憲司@辞職フラグ @2013/12/18 【政治】

結いの党を旗揚げした江田氏、 「次の衆院選までに野党再編 なければ議員やめます 

今だに議員を続けているという不可思議さ全開の男だ。

橋下徹はとうとう大阪市長をやめて、衆院選に挑むことはやめたようだ。散々大きい口を叩いていたようだったが。究極の大阪都構想の実現も遠のいてきている。これが実現できなくては、立党の意味がなくなってしまう。だいたい法的に問題がないとしても、国会議員で構成する党の代表を、国会議員でもない、いち市長が行うという歪さが、党の運営をパラノイアにしてしまう。また橋下徹と江田憲司の仲間割れ勃発ということになりそうだ。慎太郎は、維新と袂を分かってもとに戻り、次世代の党とかを作ったことは良かった。

なんだかんだで現在維新の党の衆院は42名いるが、これも準備不足が効いて、相当数を減らすことになりそうだ。ひとりで莫大な集票力のある候補者がほとんどいない。そもそも沈没船から逃げたネズミ議員が多すぎる。あのルーピー鳩山の腰巾着だった松野頼久なんてもその代表だ。

もう民主党については、語る気力もないが。なんというか海江田を筆頭に稚拙な野党を続けている。昔の社会党員と自民党員がミックスした党だから、支離滅裂になってしまう。とくに3年半続いた民主党政権が証明している。菅チョクトも元総理の昔の名前で出馬するらしい。同じ菅でも訓読みの菅官房長官とは雲泥の差を感じる。

減点法で残るのは、自民党候補者と次世代の党の候補者となる。国会衆院で党員が300前後になると、必ず二つに派閥化が激化する。これは自民党の歴史だ。嫉妬が生まれそれが派閥対立に進んで行く。消費税10%の実行と延期で自民党内の対立が激化して来た。また増税派を押すのは、財務官僚だ。また自民党内の媚中国・媚韓国議員連との軋轢もある。歴史的日本からの援助のキックバック利権の歴史を受け継いでいる連中だ。来年秋に控えている自民党総裁選ごろになると、今のままでは、安倍晋三はかなり危なくなるかもしれない。

そうなると、安倍政権が進めてきた様々な政策がご破算になる恐れも出てくる。党内野党と官僚の圧力だ。それを削ぐためには、ここで中間選挙実行ということだろう。民主党など野党なんてそもそも相手にしていない。自民党内の大掃除なのだ。額賀派などを黙らせることだ。今回の議席確保について、当初自民党は過半を保てれば良いとの評判だったが、これはひょっとして大化けになるかもしれない。

もう顔も見たくないになってしまった民主党議員の総揃い、現在55議席だ。あまりにも準備不足で、今回候補者は200以下しか出せなくなってしまった。候補者だけで過半数にならない。ただ与党に反対するしか取り柄のない党だ。政権を取るなんて「寝言は寝て言え!」なんだが。

消滅したみんなの党、福島瑞穂を隠すしかない社民党、いまはひとりになってしまった小沢一郎の生活の党、グズグズになってしまった維新の党、平常運転なのは自民党と公明党と日本共産党のみが現状ということに。

こりゃー、自民党の議席は300を超えるかも知れない。または、自民党内の反安倍晋三議員を切りまくって党内整理で250台。これ朗報かも・・・・・・。

一粒で二度おいしいオイラのブログ:今日の画像 

なんでも、26日に「菅直人の復活に期待する会」とかの 

非公開の政治資金パーティーが開かれたと。 

参加者は、民主党の宣伝評論家、山口二郎、高野孟、朝日の星浩 

さらに仙谷由人らも、そそくさと集まった。いつまでも懲りない面々だ。 

まぁ、菅チョクト政権のときは彼に散々世話になったのだろう。 

その後、雨の降る街へ出て、街頭演説だ。やる気満々! 

見よ!この聴衆の数を!

Kmnzasa

まぁ、彼はカイワレを喰った時が人生の絶頂期だったかも。

|

« 小春日和の中、また海の向こうから、帆船でオジイ達がやって来た。新しいクルージングヨットのお披露目です。 | トップページ | 11月朝生を観ました。今回は議員だけの討論会でということに。野党議員の劣化した発言に、もう諦めの境地となってしまいました。 »

コメント

山口二郎は政権交代のころから民主党をテレビで応援していたが、あまりにも民主党政権の酷さに「リホーム詐欺にあったようだ」とテレビで言い訳していたが。未だに懲りないようだね。そういえば北海道大学から追い出されたのか、法政大学の教授に変わったみたいだね。

投稿: | 2014年11月28日 (金) 18時04分

今年、安倍総理の解散宣言までは、まさかしないと思ってか、散々「解散せよ!」と迫っていたのにねーー!。

民主・松原議員「集団的自衛権、解散して信を問うテーマだ」(2014-0521)
http://mainichi.jp/shimen/news/m20140521ddm005010109000c.html

菅直人「集団的自衛権を争点に解散して国民の信を問うべきだ」(2014-0630)
http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11886454394.html

社民・吉田党首「憲法解釈の変更をするのであれば、本来ならば国民に信を問うべき重要な問題」(2014-0701)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140701/k10015658381000.html

民主・枝野幹事長「早く解散していただけるなら、こんなありがたいことはない」(2014-1025)
http://www.sankei.com/politics/news/141025/plt1410250020-n1.html

維新・江田共同代表「消費税再増税はこれまでの方針の大転換だから、やはり国民に信を問うべきだ」(2014-1109)
http://www.sankei.com/politics/news/141109/plt1411090008-n1.html

橋下「三党合意を破って先延ばしするのだから、衆院解散・総選挙で信を問わないといけない」(2014-1110)
http://www.sankei.com/politics/news/141110/plt1411100019-n1.html

民主党代表・海江田万里「安倍総理、おやりになるのならどうぞ解散してください。正面から受けて立ちます」(2014-1111)
http://www.asahi.com/articles/ASGCB6CRRGCBUTFK00W.html

投稿: | 2014年12月 1日 (月) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小春日和の中、また海の向こうから、帆船でオジイ達がやって来た。新しいクルージングヨットのお披露目です。 | トップページ | 11月朝生を観ました。今回は議員だけの討論会でということに。野党議員の劣化した発言に、もう諦めの境地となってしまいました。 »